ドラマル

『トレース~科捜研の男~』1話のあらすじネタバレと感想!意外な犯人に驚愕

ドラマ『トレース~科捜研の男~』1話のあらすじネタバレと感想、視聴率、次回放送話(2話)のあらすじ、今後の展開(予想)をご紹介します。

関連記事

『トレース~科捜研の男~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『トレース~科捜研の男~』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』1話のあらすじネタバレ

大学院で遺伝子の研究をしていた沢口ノンナ(新木優子)は、大学のOGである海塚律子(小雪)の誘いで警視庁科学捜査研究所に入所する。

初出勤の日にいきなり、殺人事件の捜査に関わることになり、戸惑いを隠せないまま医科長の海塚の指示により真野礼二(錦戸亮)に同行するよう命じられる。真野は、「鑑定結果こそ真実だ」という理念を胸に研究に没頭する研究所では一匹オオカミの変わり者だが、海塚はそんな真野に一目置くところがあった。

真野は、研究所に持ち込まれたバラバラ殺人の遺体の爪の間から採取された珪藻の生息地から、発見されていない遺体の部位の捜索場所の見当をつけ現場に向かい、沢口はひょんなことから真野の推測どおり地中に埋められていた未発見の遺体の部位の第一発見者となる。遺体の傍には土に半分埋もれた一輪の花があった。

持ち帰られた女性の遺体は、検死の結果心臓を刃物で刺されたことによる失血死と判明し、遺体からは暴力を受けていたと思われる痕跡も見つかる。そんな中、見つかった遺体が娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)とその再婚相手である著名な教育評論家の五十嵐康信(吹越満)が名乗りを上げる。

一方で警視庁捜査一課の刑事である虎丸良平(船越英一郎)はベテランの勘による独自の捜査を行うが、真野に先を越され苦虫を噛み潰していた。科捜研と捜査一課の連携の下、捜査は意外な結末を迎える。

被害者が教育評論家の五十嵐(義父)にDVを受けており、母が子供の頃の被害者を庇ったこともあったことを母にノンナは思い出すように言う。

すると母は隠していた被害者の血のついた灰皿を提出する。

そして、義父が殺人犯だと虎丸らは言うが、真野は義父の言った言葉が気になり、玄関を出た廊下の血液反応を調べると一筋の反応が見つかる。隣の部屋の住人 飛田慎吾(池田純矢)であることが分かる。

飛田はDVに気づき盗聴をしている間に被害者を愛していた。飛田自身もDVの被害者だったからだ。そこから逃げ出そうとした被害者は飛田に殺された。飛田は被害者を愛していたので、被害者が好きだった花を手向けた。それが事件場所の花だったのだ。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』1話の感想

30代女性

yuming

まず最初に感じたのは、ちょうど一年前に他局で放送されていたアンナチュラルみたいなドラマだなということ。科捜研と法医学研究所の違いはあるものの、遺体から真実を見つけるというドラマの構成は近年よくありがちのパターンで、メインキャストが過去に家族を失う事件の関係者であるという点も類似していた。

科捜研に出入りする刑事とのやりとりも、メインキャストを温かく見守る上司(本ドラマでは小雪)がいるというのもお決まりのパターンだった。

再新話では、母親の再婚相手から母とともにDVを受けていた女性が、自身の結婚を機に今もその再婚相手から暴力を受けている母を救い出そうとするストーリーであった。

再婚相手が犯人だったら面白くないと思ったが、犯人は意外にも母たちが住む部屋の隣人で、日常的に被害者と母が暴力を受けていることを盗聴しており、幼少期に虐待を受けていた共通点から勝手に被害者に親近感を抱いていたという狂気に満ちたものだった。

40代女性

blueearth

いきなり手首を野犬がくわえてやってくるというギョッとするようなシーンから始まりビックリしました。連続殺人事件がテーマなのかと思ったらDVがテーマでした。それでも話は二転三転し犯人がなかなか分からず最終的には隣人が犯人で狂気に満ちた愛からの殺人。大どんでん返しでストーリーはとっても楽しめました!

ただ被害者の母の不甲斐なさにはあまり気持ちの良いものではなかったですね。出来た火傷も子供(被害者)を庇おうとしてではなく、反対に子供が庇おうとしていた事が最後の告白で分かり、同じ母親としてはモヤモヤが募りました。

「あの子はなんのために生まれて来たのでしょう?」という母親に対して真野が「お母さんを守るために生まれて来たんじゃないですか」と優しく話すシーンはなんとも言えない気持ちになりました。

時折混ざる真野の小さい頃の殺人事件のシーンでは、意味が分からなかったものの最後に真野の家族が殺されたんだろうと分かって、次回の話も楽しみになりました。

『トレース~科捜研の男~』1話の視聴率

『トレース~科捜研の男~』1話の平均視聴率は、12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

放送後、船越英一郎が演じる虎丸が常に切れていて、「うるさい!」「きつい!」などSNSが大荒れでしたが、前回の同時間帯に放送された「SUITS」の1話視聴率14.2%を下回ったものの、10%を超える好調な滑り出しでした。

『トレース~科捜研の男~』2話のあらすじと展開予想

公式サイトが発表している『トレース~科捜研の男~』2話のStory(あらすじ)は以下の通りです。

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/story02.html

【公式】『トレース~科捜研の男~』第2話15分拡大!1分予告公開!!

『トレース~科捜研の男~』2話以降の展開を予想・考察

ノンナも真野に付いて色々な事件に遭遇しながら鍛えられていくのでしょうが、それと同時に真野と心を通わせていくのではないかと思います。出来れば恋愛という形に発展して欲しい。

目指しているものは同じなので虎丸ともだんだん心が通いそう。今は虎丸が主観で捜索しようとするので真野に毛嫌いされているが、徐々に真野も心を開くのではないか予想します。