ドラマル

『年下彼氏』第3回(5話・6話)のネタバレ感想!西畑大吾・天野はなと西村拓哉・小島藤子の物語

2020年4月26日に放送されたドラマ『年下彼氏』5話・6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話・6話では、天才小説家・雲雀友也(西畑大吾)と新しい担当編集者の佐倉美晴(天野はな)、学級委員長の白鳥(西村拓哉)と臨時担任の桜庭(小島藤子)の物語。

関連記事

『年下彼氏』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『年下彼氏』5話・6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『年下彼氏』5話・6話のあらすじネタバレ

第5話「机上の恋論」

19歳の雲雀友也(ひばりともや・西畑大吾/なにわ男子)は若き天才小説家。
15歳で『犯人は俺だ』で文芸界に鮮烈デビューし、18歳で発表した『魔術師対完全犯罪』が人気シリーズとなって累計発行部数は1000万部を突破。今、最も新作が期待される気鋭の小説家です。

そんな雲雀に、26歳の佐倉美晴(天野はな)が編集担当者につくことになりました。
佐倉から依頼されたのは恋愛小説。
青春時代、すべてを執筆に捧げてきた雲雀は、恋愛経験など皆無に等しく、そのため、まるでリアリティーのある描写が書けずスランプに陥っていました。
そこで佐倉は「実際にわたしとデートを経験してみましょう」と提案。
雲雀は「なんで好きでもない人とデートなんて…」と内心気が進まなかったものの、執筆活動のためにと了承しました。

デート当日、いつもの地味な佐倉が、見違えた姿で登場。雲雀は思わず見惚れてしまいます。
執筆活動の一助になるようにと、気合を入れておしゃれをしてきたという。
その後、スイーツを食べに行ったり、ボーリングで遊んだり、観覧車に乗ったりと、デートを楽しむ二人。恋愛経験の無い雲雀にとって、それらはどれも新鮮で、心躍るものでした。

そうしてデートを重ね、雲雀の自宅でおうちデートを楽しんでいた日のこと。
ふと、雲雀は焦燥感を抱き始めます。どうにも佐倉のことを女性として意識してしまって、会話が続かないのです。そんな様子の雲雀に、デートを楽しめていないと勘違いしてしまった佐倉は、「やっぱり仕事相手じゃデートになりませんよね。デートごっこはこれでおしまいにしましょう」と切り出したのでした。

後日、佐倉は編集長から、雲雀の担当から外れるようお達しがありました。
これは雲雀本人の意向だという。
佐倉は、自分が何か失礼をしてしまったのかと不安になり、雲雀の自宅へ謝罪に行くことに。

雲雀は謝罪に来た佐倉に、そういうことじゃないと否定し、書きかけの原稿を手渡しました。
そこには佐倉とデートした日々のことが綴られていました。
そして突然、「佐倉さん!僕と結婚してもらえませんか?」とプロポーズ。
あまりのことにキョトンとしてしまった佐倉ですが、担当を外した理由が「仕事相手じゃデートにならないと言われたから」と知り、なんだか微笑ましい気持ちに。
「結婚は急ぎすぎですね」と返しながらも、「小説が完成したら、もう一度デートをするのはどうでしょう」と提案する佐倉。これに雲雀は「はい!」と答え、二人は幸せそうに微笑み合ったのでした。

第6話「優等生の苦悩」

高校1年生の白鳥(西村拓哉/Lil かんさい)は、小学校のときからずっと学級委員長をし続けている自他ともに認める優等生。
掃除をサボる問題児たち、小田(高橋楓翔)や大原(井上稀翔)にも厳しく注意します。

ある日、教頭(山田敦彦)から臨時担任として桜庭(小島藤子)先生を紹介されます。
その可愛らしい笑顔に、「天使と出会ってしまった!」と一目惚れしてしまう白鳥。
桜庭先生を支えるべく、より一層、学級委員長として励み、先生の手伝いも率先してやりました。

そんな中、いつもの問題児、小田と大原を注意している桜庭先生を目撃。
注意しているのだけど、親し気に話をしている様子に少し苛立ってしまいます。
そこで桜庭先生に、二人がいかにだらしなくて遊び人かということを強調し、「もっとちゃんと怒った方がいい」と進言。すると桜庭先生から「そんなに人のことを悪く言うもんじゃないわ」と窘められてしまいます。
これにショックを受けた白鳥は、「きっと先生は、優等生よりも問題児のほうが好きなんだ…」と思うようになり、これからは悪い男になるぞ!と決意。

翌日、髪をリーゼントで固め、いかつい恰好で登校した白鳥。
しゃべり方も不良を真似て、粗っぽい言葉遣いに。掃除もサボるし、道端に落ちているゴミも敢えてスルーします。

そんな白鳥の変貌を心配した桜庭先生は、白鳥を呼び出して面談。
そこで白鳥は正直に理由を明かし、先生のことを女性として想っていると告白しました。
けれど桜庭先生は、すでに結婚しているとのこと。夫は、高校時代から付き合ってた人で、真面目で困っている人がいると無視できない性分で、白鳥にとてもよく似ているという。だから、白鳥のことも素敵だと感じているという桜庭先生。
その言葉に、いつもの自分に自信が持てた白鳥は、明日からまた、服装も髪も戻すと約束。そして、「このままの僕で、いつか絶対、最愛の恋人を作ってみせます!」と宣言したのでした。

その直後、教頭に呼ばれ、教育実習生の山田(喜井琴美)先生を紹介されます。
山田先生の美しさに、「天使と出会ってしまった!」と、また一目惚れしてしまう白鳥でした。

スポンサーリンク

『年下彼氏』5話・6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

優等生な学級委員長の白鳥が、突然、髪をリーゼントにしてごっつい鎖を首にかけて登場した時には、思わず吹いちゃいました。
また、西村拓哉くんの初々しい演技がうまいこと相乗効果となって、「がんばってワルい男演じてます」感が滲み出ていて微笑ましかったです。

第5話の雲雀も、王道デートのひとつひとつにときめいていたのが初々しい。
あんな可愛らしい姿を見せられては、世のおねえさま方はつい「いろいろ教えてあげたい~」と思ってしまいますね。

西村拓哉の不良姿が可愛い!

西村拓哉くんツッパッていても可愛すぎましたね。
首の奴は真壁刀義さん?
そしてチュッパチャップス。どういう不良像なんでしょう…笑。

先生に恋するっていう設定よくあるけど、15分という時間制限があることもあり、ここまで直球で早い展開は初ですね。
既婚者という即終了させる落ちからの、すぐに次乗り換える思春期男子の姿も雑だけど良かったです。

『年下彼氏』第4回(7話・8話)のあらすじ

公式サイトが発表している『年下彼氏』7話・8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

しっかり者の生徒会長・森野有希子(岡本夏美)にとって、うっかり者の後輩・山村旭(長尾謙杜)は悩ましい存在。生徒会唯一の男子として期待しているのだが、何を頼んでも失敗ばかり…。そんな二人がある時、誰もいない体育館倉庫に閉じ込められてしまう。不安がる有希子に、旭はそれまでにない顔を見せる…!?

漫才で売れることを夢見て相方の明と上京してきた太一(草間リチャード敬太)。太一がお笑いを目指す動機は不純にして明快。ずばり「モテること」。超満員のステージを夢見て、公園でネタ合わせをする日々を送っていると、ついにファン一号ができる。年上で会社員の桜子(鈴木ゆうか)。太一は桜子に惹かれ告白を決めるが…。

出典:https://www.asahi.co.jp/toshikare/