ドラマル

『トップナイフ』5話のネタバレ感想!西郡琢磨が遂に自らを平凡な医者だと認める!

2020年2月8日に放送されたドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、自信をなくした西郡が天才的ピアニスト・景浦の難しいオペを担当する事に!
プレッシャーを感じつつも努力を重ねる西郡は、景浦(柿澤勇人)のオペを成功させるが…。

関連記事

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『トップナイフ』5話のあらすじネタバレ

母・山田喜和子(中尾ミエ)の言葉に傷つく西郡琢磨(永山絢斗)。
バー・カサブランカのマスター・来島達也(古川雄大)との恋に悩む小机幸子(広瀬アリス)。
深山瑤子(天海祐希)は、2人の異変に気づいていました。

そんな中、テレビでコメンテーターを務める著名なピアニスト・景浦祐樹(柿澤勇人)が外来を受診。
巨大な聴神経腫瘍が原因で難聴になっていたのです。
影浦は聴神経と共に顔面神経の温存を希望。
手術室が空いている日は黒岩健吾(椎名桔平)は手術があり、瑤子が執刀すると思われましたが、脳外科部長・今出川孝雄(三浦友和)は執刀医に西郡を指名するのでした。
自信を喪失している西郡の執刀に瑤子は反対、しかし今出川はオペでしか自信が取り戻せないと聞く耳を持たないのでした。

一方、幸子は来島との恋を瑤子に相談、来島と寝たと言うのです。

ベランダから転落し入院した根岸麻理恵(大西礼芳)は、昨夜シミュレーション中の西郡をからかったことを診察中に謝罪します。
その時、自殺と皮肉った西郡でしたが、図星だったのです。
麻理恵は景浦と同じ音大出身で、ピアノ講師の職を失い景浦との差に悲観していました。
同じ年齢の麻理恵が既に人生を諦めていることが許せず、西郡は叱咤するのです。

その頃、息子と思われる田辺保(嶺岸煌桜)とのDNA鑑定を、黒岩は依頼していました。

検査に来た麻理恵が作曲を始めたことを西郡に報告、前向きに生きる麻理恵を西郡は応援します。

西郡がトップナイフになれるか、回診に来た今出川に喜和子は尋ね、病室の前を通りかかった西郡は様子をうかがいます。
トップナイフに成れないと悟った喜和子に、西郡は逃げないと今出川は言うのでした。

幸子の件で来島を問い質す瑤子。
キスはおろか、寝たというのは添い寝だったのです。

麻理恵の作曲した曲は病院で評判になります。
そんな中、麻理恵の脳に腫瘍が見つかり、しかも内出血しており瑤子と西郡は手術と判断します。
レコード会社を紹介されるとの話もあり、人生最大のチャンスに何ヶ月も入院して棒に振りたくない麻理恵は手術を断ります。

ほだされた西郡は放射線治療を選択、反対する瑤子と口論になります。

仕事を休み入院中の景浦は荒れていました。
ピアニストとしての才能が枯渇していることを知る景浦は、タレントの自覚があったのです。
景浦が怖れていたのは、聴神経を失うことではなく顔面神経だったのです。

聴神経、顔面神経ともに残し聴神経腫瘍を見事に摘出、しかし執刀した西郡は平凡であることを痛感し落ち込むのでした。

一方、麻理恵は曲が認められレコード会社との契約が決まります。

10時間にも及ぶ手術を座って待ち続けていた景浦のマネージャーが、くも膜下出血で倒れ緊急手術。
本来4本ある動脈が先天的に1本しかなく、その1本に動脈瘤がありました。
執刀中に動脈瘤が再破裂、西郡は対処出来ず黒岩が代わります。
血管を一時遮断、脳死もあり得る状況でしたが、黒岩は手術に成功します。

そんな中、レコード会社からの帰り脳腫瘍による症候性てんかんで倒れ、麻理恵が入院していました。
手術が必要でしたが、この期に及んでもまだ西郡は反対します。
麻理恵からメールが届き、レコード会社と契約目前であることを知っていました。
ところが、瑤子は契約を止めさせるべきと言うのです。

西郡は麻理恵に真実を打ち明け、手術を勧めます。
麻理恵は腫瘍による後天性のサヴァン症候群だったのです。
麻理恵のバイトするカフェでは世界中のインディーズの曲が流れており、その1曲が麻理恵の作曲した曲と同じでした。
麻理恵は無意識の内に曲を再現、自身で作曲したと思い込んでいたのです。

作曲の才能がないと知った麻理恵は絶望し涙が溢れます。
どう生きるべきか麻理恵に問われた西郡でしたが、分からないとしか言えませんでした。

その足で、西郡は喜和子の病室を訪ねます。
喜和子の前で平凡であることを認め、そして病室を後にします。
その様子をうかがっていた今出川が惜しみない拍手を送ると、西郡は止めどなく涙が溢れるのでした。

景浦は退院、麻理恵は手術を終え、喜和子も退院、そしてDNA鑑定の結果、黒岩と保は親子と判明します。

来島の毒牙から守ろうとする瑤子をよそに、幸子は恋愛の解禁を宣言します。

一方、記事中の瑤子が写った集合写真、何者かが瑤子の顔の部分にメスを刺し切り裂くのでした。

スポンサーリンク

『トップナイフ』5話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

才能がないか、あっても気づいていない、あるいは才能に気づいていても、その分野を本人が好まない。
世の中の大多数の人が、思い通りになかなか生きられていないのではないでしょうか。
そして、目指す人生に必要な才能がないと分かった時、どうするのか、それは人それぞれ十人十色です。

景浦のように別の分野で生きて行く道を選んでも良いし、麻理恵のように死を選んでしまう人もいると思います。
「命枯れるまで逃さないでチャンス」という歌詞のエンディング曲と根本的に考え方が違うのですが、死を選ぶことを推奨するわけではありません。
ぶっちゃけ、死を選んだ人を止めるだけの根拠を持ち合わせていないというのが、正直なところです。

毎回、エンディングが変わるのですが、今回ほど本編とエンディングにギャップを感じたことはありません。
何だったんだろうJUJUの女王様的衣装は。

西郡琢磨が遂に自らを平凡な医者だと認める!

偶然での手術成功から、立て続けのオペを行う西郡。
成功させて自信を取り戻すと思いきや厳しい現実が!
またしてもトップナイフ・黒岩の圧倒的な才能を見せつけられます。

才能がなくても必死に生き食らいつく西郡琢磨(永山絢斗)。
最初は偉そうで憎らしいイメージでしたが、何だかカッコいいし応援したくなってきてしまいました。

才能がないことを認め、自分は「平凡な医者だ」と自覚した西郡。
トップナイフにはなれなくても、平凡でも救える命はあるし、努力で輝くこともあるから、患者に寄り添える医師として頑張って欲しいですね。

『トップナイフ』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山(天海祐希)。一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。深山に取り入ろうとするが……。

そんな中、西郡(永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤卓司(山本浩司)を診察する。実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川(三浦友和)に真偽を確かめるが……。

一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保(笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

そして深山が自分を避けていると感じた大澤は、“幻の自分”の悪魔の囁きに背中を押され復讐を実行しようと決意。深山を狙って細工をしたエレベーターに立てこもる!しかも、ちょうど出張販売に来ていた来島 (古川雄大)と入院患者・木元 (吉田美佳子)も巻き込まれてしまい……。大澤がメスを手に深山に迫る中、木元が突然倒れ、一刻を争う緊急事態が勃発する!深山はエレベーター内で前代未聞の緊急オペをしようとするが……!!

出典:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/