ドラマル

『トップナイフ』4話のネタバレ感想!才能ない?黒岩と喜和子が西郡の心をへし折る!

2020年2月1日に放送されたドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、2年前西郡の手術が原因で記憶をなくした喜和子が救急搬送されてくる!
黒岩は西郡が切除しきれなかった腫瘍が原因だと酷評。更に、深山の甘さも指摘する…。

関連記事

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『トップナイフ』4話のあらすじネタバレ

救急搬送された70代の老女は、逆行性健忘症で名前すら分かりません。
開頭した痕跡があり、内頚動脈から海綿静脈洞に掛け腫瘍がありました。
カンファレンスが終わり、深山瑤子(天海祐希)、黒岩健吾(椎名桔平)、今出川孝雄(三浦友和)、そして看護師・犬飼剛(福士誠治)が医局を後にします。
西郡琢磨(永山絢斗)は1人残り、スマホを取り出すのでした。

山口清(本田博太郎)に付き添われた内田正(綾田俊樹)が受付票を落とし、今出川が拾います。
内田は同世代の今出川をおじさんと呼び、礼を言うのです。
自身は33歳で、幼馴染みの山口を叔父だと思い込んでいまいた。
今出川は「コルサコフ症候群」と呟きます。

廊下で西郡が瑤子に老女のことを告げようとした時、西郡の後姿に気づいた女性が駆け寄ります。
西郡は瑤子に老女が母親と打ち明け、駆け寄った女性は西郡の妹・千春(三浦透子)で父親は違いました。

西郡の母・山田喜和子(中尾ミエ)は、心臓外科医で女性では第一人者でした。
2年前、喜和子の脳腫瘍が発覚、いよいよものが二重に見えるようになり、西郡の居る帝明大学病院で受診します。
誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀、目覚めた喜和子は西郡も千春も誰だか分からなくなります。
千春に問い詰められた西郡は、右手が震えるのでした。

西郡には優秀な兄が2人おり、喜和子は西郡に厳しく西郡は喜和子を憎んでいました。
そんな西郡が喜和子を殺そうとしたと、千春は疑っていたのでした。

コルサコフ症候群の内田は、30年前に事故に遭い、そこで記憶は止まり、短期記憶は3分経つと消えてしまうのです。
経過観察となり、個室に移しました。

喜和子の逆行性健忘症は、西郡が残した腫瘍が影響していると考えられ、黒岩は「俺なら全部取る」と西郡を非難したのでした。

山口が前の病室に出刃包丁を忘れたことに気づき戻ろうとしたところ、今出川に出刃包丁を返されます。

その夜、カサブランカで瑤子と黒岩が鉢合わせ、瑤子は黒岩の西郡への言動を批判。
しかし、全てを犠牲にトップナイフに上り詰めた黒岩は、母親への承認欲求が動機の西郡が許せませんでした。

内田は高卒で証券会社に入社、大卒に負けないよう頑張って来ましたが、バブルが弾けリストラされます。
やっとの思いで取引先の投資会社に拾われ、必死に働いたのです。
ここから先の記憶は内田にはなく、山口は記憶がない振りをしているのではないかと疑っていました。

山口は内田を連れ出し殺そうとしましたが、瑤子に止められます。
山口の父親は長野で旅館を営み借金の末、旅館を手放します。
この時、旅館を安値で買い叩き高値で売り抜け、旅館を潰したのが内田でした。
この結果、山口の親父は首を吊ったのです。

山口と内田は幼馴染で、よく果樹園で勝手にりんごを取っては食べていました。
記憶を失くしたことが信じられず、治療して復讐しようとしていたのでした。

瑤子は事情があったのではと、山口を諭します。
ほとんどの記憶は海馬に記憶されますが、感情は扁桃体に記憶され、内田の扁桃体は損傷していなかったのです。
山口が傍に来ると内田は落ち着き、何より山口が大好きでした。

山口が個室に戻ると、りんごを見て幼馴染みと勝手にりんごを取っては食べた頃のことを思い出し、「あいつ元気かな」と内田は懐かしみます。

手術を千春が拒否しましたが、悩んだ末、西郡は黒岩に頭を下げ喜和子の手術を頼みます。

その頃、内田は退院し山口と共に家路につくのでした。

瑤子は帰宅時間が遅い真美(桜田ひより)と衝突。
捨てられたと思い込む真美に、「捨ててない」と瑤子は語気を強めます。
トップナイフを目指す瑤子は忙しく、子育てのことで真美の父親と言い争うようになり家を出たのでした。

門限9時、口答えは許さないことを条件に瑤子は一緒に暮らすことを許可。
真美は薄っすらと笑みを浮かべるのでした。

バー・カサブランカのソファーで寝ていたマスター・来島達也(古川雄大)が目覚めると、カウンターで小机幸子(広瀬アリス)が寝ていたのです。
来島が話をしていたので待つ内、寝てしまいました。
そんな幸子に来島はキスをします。

手術が成功し喜和子が目覚めると、千春に気づきます。
「やっぱり才能ないね、お前は」
西郡を見た喜和子は軽口を叩き、西郡の顔から笑みが消えるのでした。

スポンサーリンク

『トップナイフ』4話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

借金は完済し旅館も続けられると内田が騙し、その後、山口の父親は解任され旅館は高値で転売。
筋の悪い個人の借金だけは残り、父親は自殺したといったところでしょうか。

これどころではないかもしれませんが、恨みを晴らしたいのなら、治療してでも記憶を甦らせたいという山口の気持ちはよく分かります。
本当に記憶がなく、今のまま復讐したのなら、復讐した山口に罪悪感だけが残り、恨みは晴れないでしょう。

瑤子は感情は別のように言っていましたが、その方が個人的にはショックです。
結局、利害が友情を超えたということです。

内田が事故に遭った原因は分かりませんが、せめて事故の切っ掛けが山口の父親の死であって欲しいものです。

西郡の恨みも相当根深く、母親の記憶が戻ってハッピーエンドとはいかなかったようです。

幸子がポンコツを遺憾なく発揮してくれないと、恨みとか死とかちょっと重くて疲れます。

才能ない?黒岩と喜和子が西郡の心をへし折る!


https://twitter.com/a__mnons/status/1223612850465206273

さすが「世界のクロイワ」の異名は伊達じゃありませんでしたね。
西郡の母・喜和子の脳腫瘍手術の黒岩の手際の良さが凄まじく、圧倒されました。
あれ見ちゃったら、対抗心を燃やす自信家(だった?)西郡琢磨も心が折れてたのでは?

更に、手術で記憶が戻った母・喜和子から、琢磨に向けて「才能ない」とキツイ一言。

喜和子は、琢磨が手術に失敗したことをしっかりと覚えていたのかな?
それとも術後に娘から聞いた?

果たして、西郡はこのまま才能を閉じてしまうのか?
きっと黒岩と喜和子は、西郡の弱さに気づいていて、乗り越えさせるためにあえて厳しいことを言っている気がします。

でもやっぱり、親からの「才能ない!」の一言はキツイかな…。

『トップナイフ』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡(永山絢斗)と、来島(古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子(広瀬アリス)。深山(天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。

そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。

プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸麻理恵(大西礼芳)を診察する。西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。その言葉は激励のようでもあり……。

一方、幸子の様子を見かねて恋愛相談に乗った深山は、「来島と寝た」と聞いて遊び人の来島に事情を聞きに行くが……!そして、元交際相手から息子・保を押し付けられて共同生活を続ける黒岩は、自分の子供ではないことを証明するため、DNA鑑定を受けることに……。

西郡の言葉に励まされ、自分の才能を諦めずに前向きに歩み始める麻理恵。夢への道が開きかけた矢先、深山は麻理恵の開花した『才能』について、ある真実に気づくのだった-。

出典:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/