ドラマル

『やめるときも、すこやかなるときも』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

藤ヶ谷太輔さん主演の連続ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『やめるときも、すこやかなるときも』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Hulu」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『やめるときも、すこやかなるときも』の基本情報

概要(見どころ)

ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』は、窪美澄による日本の小説を原作とした恋愛ドラマです。

家具職人である須藤壱晴(藤ヶ谷太輔)は過去に大切な人を失ったことがきっかけで、12月のある時期になると声が出なくなるという「記念日現象」がおこってしまいます。壱晴は自分の欠けた心を救うために「自分のために」新たな恋愛を始めようとします。
その相手というのが本橋桜子(奈緒)という女性です。彼女もまた問題を抱えコンプレックスとひずみの中で自分だけでは乗り越えられない壁に囲まれながら、息苦しさを抱えて生きている女性です。桜子も変えたいけど、捨てきれない今から脱却し、幸せになるために「自分のために」恋をしようとします。
そんな相手を思う純粋な気もちからではなく、自分が幸せを諦められないから始めた恋愛の中で二人はどのような恋愛をし、どのような道をすすむのか。新たな視点からのラブストーリーとなっています。

キャスト一覧

  • 須藤壱晴:藤ヶ谷太輔 (Kis-My-Ft2)
    30歳、家具職人、記念日反応という病を抱えている
  • 本橋桜子:奈緒
    26歳、広告制作会社『創栄堂』勤務、壱晴の死んだ恋人に似ている
  • 柳葉優太:五関晃一(A.B.C-Z)
    30歳、壱晴の元兄弟弟子、小料理屋の店主
  • 佐藤哲:火野正平
    67歳、壱晴と優太の師匠、天才家具職人
  • 水沢彩芽:金澤美穂
    26歳、桜子の同期で一番の友人、独身主義
  • 本橋勝己:遠山俊也
    58歳、桜子の父
  • 本橋幸枝:手塚理美
    54歳、桜子の母
  • 朝倉桃子:浅見姫香
    23歳、桜子の妹、結婚して娘が一人いる
  • 大島真織:中井友望

スタッフ一覧

  • 原作:やめるときも、すこやかなるときも
    作者:窪美澄
    出版社:集英社
    レーベル:集英社文庫刊
  • 脚本:桑村さや香
  • 音楽:赤い靴
  • 主題歌
    曲名:memento
    歌手:Kis-My-Ft2
    レーベル:avex trax
  • チーフプロデューサー:福士睦
  • 企画プロデューサー:長松谷太郎
  • プロデューサー:能勢荘志、髙橋純之介、松山雅則
  • 演出:小室直子
  • 編成企画:田中宏史、川口信洋
  • 製作プロダクション:トータルメディアコミュニケーション
  • 製作著作:日本テレビ、ジェイ・ストーム

各話の視聴率

『やめるときも、すこやかなるときも』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話1月20日
2話1月27日
3話2月3日
4話2月10日
5話2月17日
6話2月24日
7話3月3日
8話3月10日
9話3月17日
10話・最終回(仮)3月24日

スポンサーリンク

『やめるときも、すこやかなるときも』の最終回ネタバレ(予想)

学生時代に大切な人を失ったトラウマがきっかけで「記念日現象(記念日反応)」という12月のある時期になると声が出なくなってしまう主人公の須藤壱晴(藤ヶ谷太輔)は、医師から「その声が出なくなった原因の出来事が起きた場所に信頼できる誰かと行けば声が出るようになるかもしれない。」と言われます。
しかし、壱晴は10年以上も症状を改善されることはできずにいました。そんなときに出会ったのが、家庭環境も含めて、どこか死んだ恋人に似た本橋桜子(奈緒)という女性でした。

桜子と出会い、死んだ恋人に似た彼女に惹かれた壱晴は、初めて自分の過去と向き合おうとします。しかし、それは桜子を純粋に愛していたからではなく自分の傷を癒すため、自分の欠けた心を癒すための「自分のため」の恋愛でした。
桜子もまた、傷を抱えて生きる壱晴に惹かれていきます。そして桜子も壱晴を純粋に愛していたからではなく問題とコンプレックスを抱え、そんな今から脱却するために「自分のため」の恋愛を始めていきます。

そんな純粋とはいえない理由で始まった不器用な二人の恋は、やはりすんなりとはいきません。壱晴の過去は桜子にとってはとても重く、暗く、暴力的な父親と閉鎖的な環境で育った桜子の問題もまたすぐに受け入れ簡単に解決できるものではありませんでした。
きれいごとだけでは上手くいかない恋愛模様。好きという気持ちだけではどうしようもないことが二人に試練を与えます。しかし、そんな試練を二人は乗り越えていくでしょう。

『やめるときも、すこやかなるときも』の原作では、「自分のため」だけに始めた二人の恋愛は、話が進むにつれその意味を変えていき、二人で協力して同じ方向をむき歩み始め、辛い過去や今を忘れるのではなく、前向きに受け入れ、幸せになれるラストになっています。
ドラマでも壱晴と桜子が互いのことを受け入れ、理解しあい、やめるときも、すこやかなるときも信じあい、愛し合えるようなハッピーエンドになると予想します。

『やめるときも、すこやかなるときも』各話のあらすじ

2020年1月20日から日本テレビ系にて放送開始される藤ヶ谷太輔さん主演の連続ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

1話では、過去にトラウマをもつ須藤壱晴(藤ヶ谷太輔)と、今の辛い生活から抜け出したいと願う本橋桜子(奈緒)が運命的な出会いを果たします。
キスマイ藤ヶ谷太輔さんの愁いを帯びた色気が、たっぷり堪能できます。

関連記事

『やめるときも、すこやかなるときも』1話のネタバレ感想!声に注目!奈緒と藤ヶ谷太輔の声が魅力的

2話のあらすじネタバレ

『やめるときも、すこやかなるときも』2話のあらすじネタバレは、2020年1月27日(月)深夜0:59の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。