ドラマル

『東京独身男子』1話のネタバレ感想!タラレバ娘の男版?こじらせ男子・高橋一生が面白い!

2019年4月13日に放送されたドラマ『東京独身男子』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、3人のAK(あえて結婚しない)男子が独身生活を謳歌すると思いきや、結婚したいのにうまく行かない男子のような流れに…
片思いの石橋 太郎(高橋一生)、男の自信を失った三好 玲也(斎藤工)、親の介護に悩む岩倉 和彦(滝藤 賢一)ら3人はどうなってしまうのか?

関連記事

『東京独身男子』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『東京独身男子』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『東京独身男子』1話のあらすじネタバレ

「結婚は女に自由を与え、男から自由を奪う」

これを合言葉のように、独身生活を満喫する『AK男子』(あえて結婚しない男子)の三人がいました。
女性のちょっとした仕草から目ざとく人格を分析して扱き下ろしてしまうこじらせ男子でメガバンカーの石橋太郎(高橋一生)、一度は結婚したものの半年前に離婚し今は独身を謳歌して女遊びに勤しむ審美歯科クリニック院長の三好玲也(斎藤 工)、何でもそつなくこなすデキる男で美人な彼女をもつ大手弁護士事務所ボス弁の岩倉和彦(滝藤賢一)。

確固たる社会的地位にいる三人は、家庭に縛られることもなく、いつも三人つるんで食事したり酒を飲んだりと、お気楽で優雅な日々を送っていました。

そんなとき、太郎の前に忘れられない一人の女性が現れます。
それは三年前に別れてロンドンへ渡った元カノ・竹嶋舞衣(高橋メアリージュン)でした。
舞衣のことが気になりSNSで調べる太郎。どうやら舞衣はまた日本に戻って働いてるらしく、太郎は心揺さぶられます。

一方、恋多き三好は、バーで目を引くほどの美人・日比野透子(桜井ユキ)に出会い、軽い調子でナンパを仕掛けました。
冷たくあしらわれながらも、しぶとく食い下がった三好は、透子と情事に縺れ込むことに成功させます。深く口付けを交し、透子を押し倒す三好。すべてが順調でした。
がしかし、下半身がいつもと違い…。自身の身体の異変に戸惑う三好でした。

岩倉は、美人な彼女を家に呼び、しっぽりと酒を酌み交わしながら大人の恋愛を楽しんでいました。
けれど突然、招かれざる客が家にやってきて一変します。それは岩倉の兄でした。兄は玄関に入るや否や土下座をし「脳梗塞で倒れた父親の面倒をみてほしい」と頼み込みます。
家族の多い兄の家庭ではとても面倒は見きれないという事情から、しぶしぶ了承する岩倉。
そこで岩倉は彼女にプロポーズしようと決意します。
いつものように家に呼び、彼女の指に婚約指輪を嵌め、そして「結婚しよう」と耳元で囁く。
そんな良いムードが漂う中、けれど彼女は怒りの感情を見せ、きっぱりと断りました。父親の介護が必要になった矢先のプロポーズ、岩倉の魂胆を見抜いたのです。
彼女は岩倉へ指輪を突き返すと、家を出て行ってしまいました。

太郎は、どうにも舞衣のことが気になってしまい、舞衣が勤める店舗に顔を出しに行きました。
偶然を装って声を掛けるも、舞衣から「会ったことありましたっけ」と返されてしまい、ショックを受ける太郎。いつものように仲間に愚痴を零す太郎でした。

そして後日、また街角で舞衣に出会います。
そこで太郎は勇気を振り絞って、別れた三年前の本心を明かしました。あのとき、快くロンドン行きの背中を押したけれど、本当は行って欲しくなかった、と。
それを聞いた舞衣は、突然、太郎にキスします。そして忘れたフリをしたことを謝り、舞衣も「ロンドンに行かなきゃ良かったかな」と本音を吐露したのでした。
太郎は、舞衣とよりを戻せるのではないかと、期待を膨らませます。

そして舞衣から呼び出しがあり、カフェで待ち合わせる太郎。太郎の目の前に、婚姻届が差し出されます。それを見て、急展開に戸惑いつつも、舞衣となら結婚してもいいと思っていた太郎は、その気持ちに応えようと口を開きます。
けれど、よくよく見ると婚姻届の夫の欄には自分ではない名前が…。
舞衣は、婚姻届を出す前に太郎に伝えておきたかったという。想像していたこととまるで違う展開に戸惑う太郎は、舞衣の結婚を「よかったね」としか言えませんでした。
しばらく放心する太郎。そしてふと、舞衣のコースターが裏返されていたことに気付きます。それは以前、二人で約束した合図で、口に出した言葉と本心が違う場合に示すものでした。

太郎は急ぎカフェを飛び出し、舞衣の姿を追います。
けれど時既に遅く、舞衣は待ち合わせの彼氏と抱き合うと、肩を並べて立ち去ってしまったのでした。

傷心で家に帰ると、同じように気落ちした三好と岩倉もやってきて、さらに家飲み常連の三好の妹・かずな(仲 里依紗)もやってきます。
結局いつものメンバーでつるむ四人。
太郎は「このままでいいのか…?」と、この現状に疑問を抱きます。そして結婚について真剣に考え始める太郎。

そこに、舞衣の「小休止」と銘打ったまるで彼と何かあったかのような意味深ツイートを見つけます。

太郎はこの機会を逃すものかと、勢いのままに舞衣に電話をかけ、プロポーズをしたのでした。

スポンサーリンク

『東京独身男子』1話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

高橋一生、斎藤工、滝藤賢一と色気たっぷりの三人がひとつの画面に集まって、じゃれ合うように酒を飲んでいる、それだけで十分絵になりますね。また三人とも声が、めちゃくちゃイイ!魅惑の低音ボイス。この三人の会話聞いてるだけで、至福のひと時を感じられます。

とくに三好演じる斎藤工のキスシーンは、まるで「昼顔」ドラマを彷彿とさせるような濃厚さで、見てるこちらが赤面しちゃうほど。

そして驚いたのは、岩倉演じる滝藤賢一!
滝藤さんといえば、社会派で硬派な役を演じることが多いイメージで、恋愛を演じてるのを見た記憶がなかっただけに、キスシーンには驚きました。滝藤さん、色気ありすぎ!まさかこんな演技も魅せてくれるとは…いや~ほんと見てよかったです、このドラマ。今後は、恋愛ドラマのオファーも増えたりして…?!

太郎演じる高橋一生は、つい強がって空回りしちゃうかんじが可愛かったです。すごく純粋で不器用で、だから太郎だけはAK男子というよりKD(結婚できない)男子にも見えてしまい。だからこそ、個人的には太郎に一番魅力を感じました。
一生さんの歌う主題歌もよかったですね。歌も上手い!

第一話は優雅でスマートな三人を堪能できましたが、今後はお気楽な三人が危機感を抱いたり、結婚に向けて泥臭く頑張る姿が見られるのかな…?それもまた面白そうです!

1話で最も話題になった出来事

タラレバ娘の男版?こじらせ男子・高橋一生が面白い

タラレバ娘の男性版みたいと感じた人がたくさんいました。タラレバの第〇出動や男3人と三好かずな(仲 里依紗)をタラレバの金髪役?としてわちゃわちゃしている感じが似てますよね。

昔のトレンディドラマ感があると思った人も多かったですね。まあ何にせよ、こじらせてて可愛いくて面白い高橋一生を見たさに次回も期待!

『東京独身男子』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『東京独身男子』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 太郎(高橋一生)は、結婚まで考えた元恋人・舞衣(高橋メアリージュン)と再会。かつての気持ちが再燃し、電話でプロポーズをした!
 直接会って話したいという舞衣の答えに太郎は好感触。だが岩倉(滝藤賢一)と三好(斎藤工)は思いとどまるよう忠告する。かずな(仲里依紗)も反対するが、太郎の決意は変わらない。
 約束の日、太郎と舞衣は、互いの気持ちをゆっくり確かめあうが、途中、舞衣の元婚約者・糸井立樹が、“人の女に手ぇだしてんじゃねえよ”と怒鳴りこみ!やむなく舞衣は、また今度と言い残して糸井を連れて行く。結局、太郎は舞衣の本心を聞けないままで…。
 その頃、岩倉は介護ベッドと共に豪華マンションに転がり込んできた父・和雄(小野武彦)に手を焼き、既にうんざり。片や“アイデンティティー”に不安を感じていた三好には、希望の光が差す!喜び勇んで透子(桜井ユキ)をデートに誘い、順調に関係を深めて、いよいよ…。だがそのタイミングで、とんでもない出来事が!
 一方、太郎は、舞衣から『太郎君。突然だけど、温泉行かない?』と、メッセージを受け取って…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/tokyo-dokushin-danshi/story/0002/