ドラマル

『特捜9 season3』8話のネタバレ!犯人が憎むべきは警察では?

2020年7月8日に放送されたドラマ『特捜9 season3』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、NPO団体に所属する桜川梨花が、首を吊り亡くなっているのが見つかる!
梨花の住むマンションを捜査していた浅輪は、エアコンクリーニングのチラシを発見し…。

関連記事

『特捜9 season3』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『特捜9 season3』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『特捜9 season3』8話のあらすじネタバレ

マンションの一室で桜川梨花(小林涼子)が首吊り自殺状態で発見されます。
旅行会社(アルタイル観光)に勤務し、そして、女性の労働環境を改善することを目的とするNPO法人(For W)の役員も務めていた梨花。このNPOは、職場で悩む女性の駆込み寺。
因みに、梨花は女子大生時代、一日に三人の痴漢を捕まえるなどして警察から表彰されています。
非常に正義感が強い女性であり、また、勤め先の旅行会社ではセクハラ被害に悩む女性に代わり、その上司を告発。課長、黒木亮(児玉貴志)を退職に追い込んでいました。

因みに、梨花の部屋は荒らされた形跡はなく、普通に考えれば自殺なのですが、小宮山志保(羽田美智子)は他殺の線を疑います。洗濯物が干されることなく洗濯籠に残っていて、それが不自然なのです。
第一発見者は、NPO代表の長谷岡幹子(千葉雅子)でした。青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、この幹子を疑います。
梨花のことを学生時代から面倒を見ていた幹子は、部屋の合鍵を持っていました。何の連絡もなく梨花が大事なNPO会議を欠席したので、それで心配した幹子が合鍵を使って梨花の部屋に入り、そして、梨花の自殺遺体を発見したことになります。
幹子の証言では部屋には鍵がかかっていたとのこと。そう証言する幹子の腕には絆創膏(ばんそうこう)が張られていて、それに青柳は注目します。その下に梨花と争った痕があるのではないかと推察します。

臨場した浅輪直樹(井ノ原快彦)は、「エアコンクリーニング」のチラシとともに、床上に落ちていた粉末に注目。その鑑定を鑑識課の佐久間朗(宮近海斗)に依頼。この粉末は、滑り止めに使う炭酸マグネシウムでした。

ところで、梨花がアルタイル観光に入社したのは、謂わば、潜入捜査のようなものだったことが分かります。この旅行会社勤務の岡崎美緒(川添野愛)が、梨花のいるNPOにセクハラ相談を持ち込み、それに応えて、梨花が内部調査目的で、その真意を隠したまま、この会社に入社していました。で、美緒からの相談ターゲットの社長、小坂順也(松澤一之)を仕留める前に、たまたま発覚したセクハラ男、黒木課長を会社から追放。

就労紹介センターから出て来る黒木を待ち伏せして、志保と村瀬健吾(津田寛治)が話を聞きます。黒木はセクハラ被害の女性に謝罪して一件落着していたのに、執拗に退職を梨花に迫られていました。
梨花は黒木の愛人の存在を調べ上げ、退職しなければ家族に不倫をバラすと脅しました。それで黒木は、止むなく会社を去ることになりました。

それ以前、まず、相談者の会社に入社してターゲットに制裁を加えようという梨花の遣り方に反対する幹子に対して、梨花は生温いのはダメだと撥ね付けます。
そして、穏便にことを進めようとする幹子に代わって、自身がNPOの代表になると言い放ちます。で、その代表者変更が決まる会議を梨花は欠席し、そして、自殺していたということになります。

NPO法人が乗っ取られそうになっての自殺偽装殺害かということになり、幹子に疑いの目が集まります。しかし、彼女には、梨花の死亡時にボルダリングジムにいたというアリバイがあります。
幹子への聞き込みでは、青柳は幹子の毛髪を許可なく採取して鑑識に回します。が、これを国木田誠二(中村梅雀)班長に阻止されます。梨花の爪の間から採取された犯人のものと思われる皮膚片のDNAと幹子の毛髪のDNAが一致するかどうか調べようという青柳の思いを踏み躙ります。

「事件を解決する気があるのか?」と、青柳が国木田に噛み付きます。しかし、DNA鑑定の同意書を得た上での毛髪採取でないと違法捜査になります。「不法捜査は認められません!」と班長が言葉を返します。特捜班現場刑事と班長との波長は、なかなか噛み合って来ません。
結局、幹子はDNA鑑定に同意し、そして、DNAは不一致。

梨花の自殺時間帯に、幹子がいたと証言しているボルダリングジムに直樹と新藤亮(山田裕貴)が入ると、そこには、布江浩一(荒谷清水)がいます。勿論、布江の手には、滑り止めの炭酸マグネシウムが付着しています。

梨花が真のターゲットとの決着を付けるべく、小坂社長の室に向かいます。梨花がそういう行動を開始したという連絡を、美緒から受けた幹子。幹子は、梨花の無謀な企てを阻止しようと社長室に走ります。
梨花は、小坂社長を罠にハメることでの完全抹殺を狙っています。自分のマンションの合鍵を社長に渡し、「今夜……」と誘います。その瞬間、何とか幹子の到着が間に合い、幹子が社長の手にある合鍵を取り返し、そして、梨花の手を引いて社長室を飛び出します。
作戦を阻止された梨花は怒り、幹子を廊下で突き飛ばします。その時、絆創膏を貼ることになる打撲を負います。

幹子が梨花と最初に会ったのは、梨花の女子高生時代です。幹子のジョギング中、草叢から出て来たのがセーラー服を乱し、そして、口から出血している梨花でした。見知らぬ男から暴行を受け、以来、梨花は幹子のNPO法人に顔を出すようになっていました。
そして、自分のような痴漢被害者を根絶する為ということで、女子大生になった頃からは、自ら怪しい男に近付き、罠にハメるという手法を繰り返すようになっていた梨花。

梨花が女子大生時代に捕まえた痴漢の一人、布江信司の父親、布江浩一が梨花を背後から襲い絞殺し、そして、首吊り自殺偽装していました。――10年前、信司は最後まで痴漢行為の無実を訴え続けましたが、有罪確定。それで首吊り自殺を遂げていました。その息子の敵討ちでした。

401号室潜入目的で開始した「エアコンクリーニング」業作戦。「エアコンクリーニング」チラシの電話番号は布江の携帯でした。
梨花の401号室の近くの部屋のポストに「エアコンクリーニング」チラシを投函し、そして、301号室からのクリーニング依頼に応じて仕事をしている間に、上階の401号室のベランダにボルダリングの要領で登りました。

なお、最近になって、布江が梨花に遭遇したのは偶然でした。幹子がNPO法人事務所のエアコンクリーニングを布枝に依頼した折、その室内に入った布江は、自分の息子を痴漢として捕まえた女子大生の新聞記事を女性職員の机の上に発見。その机が、梨花のものでした。
布江は梨花と対峙して、痴漢偽装で捕まり自殺した息子の父だと名乗ります。息子の痴漢はデッチ上げだと迫りますが、しかし、梨花は、たとえ冤罪であろうと、痴漢で逮捕された男が見せしめになることで、それで痴漢する男が無くなってゆくのだと言い張ります。
それで、梨花には信司の哀しい胸の内は伝わらないと観念した布江は、梨花を殺害することを決意。階下からのベランダ伝いに401号室に潜入した布江は、背後から梨花に襲いかかり絞殺。そして、首吊り自殺の偽装工作をしました。

直樹は、「無実を証明してやるのが息子さんの為でしたね。息子をハメた相手女性を殺しても、おそらく息子さんは喜ばない」と、布枝を諭します。

スポンサーリンク

『特捜9 season3』8話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

普通に考えますと、NPO法人を乗っ取られそうになった幹子が、若い芽の梨花を潰したということかと思われますが、実は、梨花は自ら蒔いた種で、殺害されてしまったという筋書き。

ただ、セーラー服時代の性的暴行というのは、梨花にとってこの上ない重荷になっているものと推察され、その復讐心が爆発するのも頷けます。

つまり、復讐、反撃を企てる女性がいるのだという認識が、あるいは、一定の抑止力になる可能性があります。
痴漢をすると逮捕されるということを世間に教えるのも抑止力でしょうが、被害届の提出を躊躇しないとか、そういうことで、ひるまず立ち向かう強い女性の出現が一番の抑止力です。罠を仕掛けてハメようとしなくても、梨花には、強い女を演じることはできた筈です。

なにより、合鍵を渡して男(旅行会社社長)を自宅マンションに誘い込むという手法自体、それでは強い女の体現にはなっておらず、妙に女の武器を振り回しているだけ。弱い女故の武器を使っているだけ。そのあたりの矛盾が、巡り巡って、梨花を死に追いやったのかな、とも思いました。

犯人が憎むべきは警察では?

最後、浅輪が「なんでわかなかったんですか?」と、犯人・布江に問うていることに違和感が…。

もし冤罪だとしたなら、桜川梨花(小林涼子)をもちろん許せないでしょうが、一番に許せないのは警察および現法律ではないでしょうか?

痴漢冤罪の可能性を疑い、しっかりとした捜査をしていれば、布江の息子・信司の自殺も、今回の悲しい事件も起きなったはずです。

梨花も警察も犯人も正義が暴走した回だなと感じましたね。

『特捜9 season3』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『特捜9 season3』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、女性を殺害した容疑で、吉井宏也(一ノ瀬颯)という青年を緊急逮捕する。吉井は1年前にも別の女性を殺害した容疑をかけられていたが、証拠不十分で送検されていなかった。
 女性たちは吉井とSNSでやりとりをしたあと消息を絶ち、山中で遺体となって発見されていた。死因はともに、ロープで首を絞められたことによる窒息死。状況証拠は吉井が犯人と示していたが、現状では決定的な証拠が見つかっていなかったのだ。
 取り調べで無罪を主張する吉井は、それぞれの被害者が身内や恋人とトラブルを抱えていたと言い出す。特捜班のメンバーは吉井が口からでまかせを言っているだけだとあきれるが、村瀬健吾(津田寛治)があることに気づく。吉井は前回の逮捕で送検前に釈放されたため、送検が逮捕後48時間以内に行わなければいけないことを知っているのではないか? 今回も48時間の時間稼ぎのために、直樹たちが調べ直す必要のあることを言い出しているのではないかと…。
 誰もが憤る中、国木田誠二(中村梅雀)は必ず裏を取るよう命じる。そうでなければ、班長として送検書類は出せないと。この時点で残り時間45時間。吉井を送検すべく特捜班の戦いが始まる。
 時間ばかり過ぎていく中、元法務省事務次官である吉井の父親・大二郎(鈴木晋介)が、息子の逮捕は不当であると思わぬ圧力をかけてきて…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_03/story/0009/