ドラマル

『特捜9 season3』7話のネタバレ!むらこみ最高!結婚秒読みか?

2020年7月1日に放送されたドラマ『特捜9 season3』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、むらこみこと村瀬健吾と小宮山志保の屋上シーンに注目!
素敵すぎる二人の関係にトキメキます。

関連記事

『特捜9 season3』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『特捜9 season3』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『特捜9 season3』7話のあらすじネタバレ

路上で警備会社(中央セキュリティ)勤務女性の絞殺死体が発見されます。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が臨場します。
被害者、相澤麗美(水沢エレナ)のポケット内には、値札(373,920)付きのダイヤの指輪が入っていました。
盗難被害に遭っていた銀座の宝飾店(ブリッジ)を小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)が訪ねます。
店長の宮坂宏(橋本淳)が対応に出ます。防犯カメラ映像には、店内の一人女性客が万引きをして、それを追う麗美の姿が残されていました。

この万引き女性は鑑識の解析で大森月子(山下リオ)と判明。万引きの前歴は4度。最後の逮捕が私服保安員、麗美によるものでした。そして、厄介なことに、月子の夫はテレビてよく見かける教育評論家、大森総一郎(大内厚雄)でした。大森宅を訪ねて話を聞く志保と村瀬は、月子の余りの従順ぶりを見て、夫によるモラハラを疑います。

一方、それと前後して、直樹と新藤亮(山田裕貴)は、殺害される直前の麗美に電話をしていた清掃員の飯倉秋代(中島ひろ子)を訪ねます。
彼女の話では、絞殺された麗美は12年前に事故死した息子(悠馬)の知り合いであり、電話内容は単なる世間話。で、その息子の事故死というのは、書店で万引きをした悠馬を麗美が追い、逃げる途中で石階段から転落死したというもの。

青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、麗美の勤務先の警備会社を訪問。麗美は万引きGメンとしてテレビ出演経験があり、それで、図らずも捕まった者からの恨みを買っていました。
つい最近も、一人の男が「相澤麗美を出せ!」と会社に怒鳴り込んで来たということでした。その時、麗美はたまたま会社には不在でした。

大森総一郎が特捜にやって来て、志保と村瀬が任意同行で事情聴取していた月子を連れ帰ります。国木田誠二(中村梅雀)班長が総一郎の言い分を受け入れ、志保と村瀬の調べを中止させ、解放を命じたからです。志保の怒りは納まらず、「捜査しないのなら、せめて自分たちの邪魔をしないで下さい」と班長に食って掛かります。
ともあれ、この時点では、麗美殺害時、月子は夫と映画鑑賞していたというアリバイを主張しています。

青柳と矢沢が滝野川板金塗装に勤務する松浦秀人(栄信)を訪ねます。彼こそ、二ヶ月前に麗美の勤める警備会社に怒鳴り込んで来た男です。
秀人は、妹の梨々子(平口ゆき)は麗美に殺されたものと思い込んでいて、それで麗美の会社に怒鳴り込んでいました。
梨々子の自殺は、万引きで逮捕され、それで思い悩んだ末のことと思い込んでいました。

大森総一郎とその母親の姿が、麗美殺害前後の映画館近くの防犯カメラ映像に残されていて、月子のアリバイが崩れます。宗一郎は妻とではなく、母親と映画館に行っていたのでした。そうなると、麗美に万引きを咎められ、それで追いすがって来た麗美を絞殺したという線が大きく浮上しそうです。

青柳と矢沢が、秀人の妹、保育士だった松浦梨々子の勤務先(ひまわりの花保育園)の園長に話を聞きます。
自殺の三ヶ月前、梨々子はこの保育園を依願退職しているということでした。園児の父兄にアダルトビデオ出演を知られ、それで自ら保育園を去っていました。どうやら、そのことを兄の秀人は知らず、それで麗美の勤務会社に怒鳴り込んでいました。

そうこうするうち、飯倉秋代が路上で頭から血を流して倒れているところを発見されます。現場に急行する直樹と新藤。秋代は自分のスマホの他、もう一台のガラケーをバッグの中に持っていました。それは、死んだ息子、悠馬の携帯でした。ショップに復元修理を依頼して、それを引き取ったのが、麗美殺害の三時間前でした。
このガラケーに残されていた日記内容を、秋代は麗美に電話で伝えていたのでした。「ウエダに水をかけられ、殴られ、そして、万引きを強要されている」という日記が残されていて、そのことを秋代は麗美に報告していたのでした。それが最後の電話なのでした。その電話を受けた麗美は心当たりの「ウエダ」に会いに行き、そして、殺されたものと思われます。

なお、秋代の倒れていた現場でも、ベンガラ(天然塗料)の粉末が検出されていました。これは麗美の指にも付着していた物質です。塗装業だけでなく、清掃業界でも研磨剤として使用されるものです。

後日、月子からの電話があり、志保の聴取を自ら受けると言って特捜に来訪。月子の証言で、「太陽と光の会」という万引き常習者の自助会(月一回の集会)の存在が明らかになります。
月子の証言によると、この会に参加した直後、「坂上唯」を名乗る女性から自宅に手紙が届き、そこには「今度(このたび)、銀座にあるブリッジという宝飾店で働き始めました。よろしければ、おいでください」とありました。「坂上唯」という女性に心当たりはありませんが、とにかく会のメンバーなのだろうということで、その宝飾店に月子は出掛けたのでした。が、応対に出た店員は、「坂上唯」という店員はいないと言います。
とにかく妙なのですが、しかし、折角銀座まで出掛けて来たということで宝石(ダイヤ)を見ている内、つい、月子には万引き衝動が沸き上がってしまいました。が、それを止めたのが宝飾店に居合わせた麗美。

悠馬の日記に登場するイジメ加害者の「ウエダ」とは、ブリッジ店長、宮坂宏のことでした。「女部田」を「ウエダ」と読むことを直樹は知っていました。直樹は、「女部田」を学生名簿から発見していました。
その後、「女部田」は「宮坂」に改名していました。読み難い名字の改名は法的に許されていますが、この改名の本意は、過去のイジメ行為の隠蔽が目的です。また、ベンガルは、宝石の研磨にも使われますから、宮坂の犯行の線が俄然強まります。

麗美を絞殺し、そして、秋代を返り討ちにしたのは宮坂宏でした。麗美はネクタイによる絞殺で、秋代については、ナイフで襲い掛かって来られたものの、それを返り討ちにしていました。逆に、道路脇の壁に秋代の頭部を叩き付けていました。頭部から出血したものの、こちらは辛うじて一命をとりとめ、秋代は病院に緊急搬送されています。

半グレ集団の主導によるアダルトビデオ制作に加担していた宮坂宏。宮坂の役目は、出演女性(女優)の調達でした。
万引きを繰り返す女性を狙い、次々にアダルトビデオ現場に引き込んでいたのでした。
宝石店で万引きをするよう仕向けるという罠が用意されていました。そういう手口で、自殺した梨々子に次いで、月子が宮坂のターゲットになっていたのですが、それに気付いた麗美が、宮坂の企みを阻止しようと動きました。それで、邪魔をする麗美が殺害されました。
その際、宮坂は、月子が盗もうとしていた宝石を麗美のポケットに捻じ込み、月子と麗美のトラブルによる殺人事件に偽装しようとしました。月子に罪を着せようという魂胆だったことになります。

悠馬の事故死以来、万引き常習者の更生に尽力していた麗美は、「太陽と光の会」の実態を疑い、それでこの会を調べていました。そんな麗美の活動を、怪我から回復しつつある秋代に、直樹が聞かせます。

スポンサーリンク

『特捜9 season3』7話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

捕まった者からの恨みを買ってしまうという哀しい万引きGメンという職業。恨みを買わない為にも、テレビ出演は、断るのが良いのですね。
それでも、請われるままに出演する人もいるわけで、テレビ出演する万引きGメンの女性の身が心配になりました。

また、数ある職業に中で、何故、万引きGメンなのかというのも気になるのですが、とりあえず、麗美の場合は、懇意にしていた書店主が、万引き被害に閉口して、それで店をたたむ決意をしていて、それ以来、万引きを許せず、その道に進んだということなのでしょうね。そのあたりの説明は、丁寧で良かったと思いました。

むらこみ最高!結婚秒読みか?

7話は、村瀬健吾・小宮山志保(むらこみ)の屋上シーンに湧きました。

志保に「いつだって君の味方だから」とキメる村瀬。からのズッコけ村瀬を見て…「あれ、何かかなりいい感じ!むらこみ結婚する?」と感じてしまいました。

特捜スタッフとしては、してやったりといったところでしょうかね。

『特捜9 season3』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『特捜9 season3』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 マンションの一室で住人・桜川梨花(小林涼子)が首を吊って亡くなっているのが見つかる。部屋は荒らされた様子もなく、自殺と思われたが小宮山志保(羽田美智子)が異議を唱える。洗濯物が洗ったままとなっていたのだ。自殺をする前に洗濯をするとは考えられないと言う。しかし、玄関の鍵は閉まっており、現場は完全な密室。誰かが自殺を偽装したのではないかと思われる。
 第一発見者は梨花が役員を務めるNPO団体の代表・長谷岡幹子(千葉雅子)だった。話を聞いた青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、彼女に疑惑の目を向ける。梨花を学生時代から面倒見てきた幹子は、何かあったときのために、部屋の合鍵を持っていたのだ。遺体を見つけた際も、梨花と連絡が取れず心配になり、部屋を訪問。鍵がかかっていたものの、室内から電話の音が聞こえたため、合鍵で部屋に入ったという。青柳は幹子の腕に、大きな絆創膏が貼ってあることに目をつける。一方、梨花の部屋周辺を捜査していた浅輪直樹(井ノ原快彦)は、マンションのエントランスで気になるものを見つけて…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_03/story/0008/