ドラマル

『特捜9 season2』10話のネタバレ感想!佐久間くんの可愛さにファン歓喜!

2019年6月19日に放送されたドラマ『特捜9 season2』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、大手通販会社社長・橘英輔(大西武志)と副社長・三島綾香(三輪ひとみ)が心中?
特捜班が真相を追うと、死亡推定時刻に1時間のズレが…。

関連記事

『特捜9 season2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『特捜9 season2』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『特捜9 season2』10話のあらすじネタバレ

鑑識課の猪狩哲治(伊東四朗)が特捜班にやって来て、大手通販会社(橘マーケティング)の橘英輔社長(大西武志)と副社長の三島綾香(三輪ひとみ)の心中(橘の自宅マンション5階ベランダからの転落死)に納得がいかないと言います。――6年前、橘の悪徳商法に引っ掛かり自殺した森山隆一(松田章)という人物と友人の猪狩は、「橘のような悪党が自殺するはずが無い」と言い張ります。更に、橘と彩香の死亡推定時間に1時間のズレがあることも指摘します。監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)による司法解剖の結果、彩香は転落死で間違いないが、橘の死因は頭部打撃による脳挫傷ということになります。また、鑑識課の佐久間朗(宮近海斗)が、橘の部屋で血痕を発見します。浅輪直樹(井ノ原快彦)と新藤亮(山田裕貴)が橘のマンションに向かうというところから捜査が出発した中、自殺ではなく他殺の線が浮上します。

6年前の悪徳商法事件について品川南署に話を聞きに行く小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)。事件の所轄署で、悪徳商法と戦う弁護士・佐々木麻里(馬渕英里何)を知り、彼女に会いに出かけます。そこで悪徳商法の被害者リストを得て、森山以外に自殺に追い込まれた夫婦がいることが分かります。――実は、森山の他に自殺している二階堂夫婦とは、佐々木弁護士の両親であることが後に分かります。

橘社長の横領により、橘マーケティングは赤字に転落していました。元龍丸組組員の河村省吾を飼い慣らしている橘マーケティングの顧問弁護士・田端尚は、橘社長に呼び出され、横領は全て綾香副社長がやったことにして会社を追い出そうという策略を練ります。――青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)が、橘マーケティングの撮影スタジオで田端弁護士と会っているところに、弁護士に掴み掛る森山健司(青柳尊哉)が現れます。彼は、自殺した森山の孫でした。大学卒業まで面倒を見てくれた祖父の森山を自殺に追い込んだ者を健司は許せません。高額な寝具を何セットも購入させられ、850万円の「借用書」に無理やり判を押させたのが橘と田端でした。

この詐欺事件は綾香副社長が黒幕でした。青柳と矢沢が河村を絞り上げ、当時の経理担当から真実を吐かせています。もともと橘社長というのは、綾香副社長の傀儡(かいらい)だったわけです。
そんな綾香は、心中事件の1ヶ月前、佐々木弁護士を呼び出しています。佐々木弁護士としては、和解(示談)の話だろうと思っていると、2千万円で協力を求められます。顧問弁護士になって、橘社長の横領追求に協力するよう求められます。が、橘の顧問弁護士の田端を相手に裁判を起こしても長引くだけだということで、それより好い方法があると提案。佐々木弁護士は、彩香に橘を殺害させることを思い付きます。

事件当日夜。まず、田端弁護士が橘のマンションにやって来て、ごく短時間でマンションを出た後、綾香副社長がマンションに入ります。
「佐々木弁護士からの訴状が届いたので、番組が終わったら、そっちに持って行く」と連絡しておいて、通販番組出演後、橘のマンションを訪れます。
その前に、佐々木弁護士の事務所に寄って大量の氷をキャリーバッグに詰めています。で、佐々木弁護士をマンション裏口から引き入れ、2人は橘の部屋に入ります。

佐々木弁護士が訴状を橘に示している背後から綾香副社長が橘の後頭部をハンマーで殴り付け殺害します。で、バスルームに運び大量の氷で遺体を冷やし、死亡推定時刻をゴマかしました。そうすることで、綾香が通販番組出演時に殺害されたということになるはずでした。そういう細工をしたうえで、バルコニーから橘社長の遺体を綾香と2人で落とした後、佐々木弁護士が、綾香副社長の両足を抱え上げ、階下に落としたのでした。悪徳商法の罠に掛かって自殺した二階堂夫婦は佐々木弁護士の両親でした。佐々木弁護士が結婚する前の旧姓が二階堂でした。

猪狩と直樹が森山家の墓前を訪れます。そこで、「お宅の班長だが……」と意味深な言葉を投げかける猪狩。――居酒屋での特捜班の飲み会。直樹が宗方朔太郎班長(寺尾聡)が来ないのを寂しく思っている頃、警視総監室のドアをノックする宗方班長。何か重大な決意がありそうです。

スポンサーリンク

『特捜9 season2』10話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

綾香副社長は、最初から橘社長に「殺意」を抱いていたわけではなく、佐々木弁護士に顧問弁護を依頼していただけなんですね。橘に横領という事実を突き付け、それを認めさせたいというマットウな動機です。しかし、その機に乗じて、橘と彩香の殺害実行を思い付くというのは、弁護士として、なんだか唐突過ぎます。如何に両親を悪徳商法の犠牲者として亡くしていると言っても、弁護士としての矜持(きょうじ)があるはずですし、こうなってしまうと、裁判で「無罪」にされたという汚点を殺しで晴らす感じになっていて、どうも良く分かりませんね。弁護士なら、法廷での決着を目指して欲しいわけで、殺しに誘導する弁護士の罪は重いと思いました。

社長と副社長が、双方ともに相手を殺したいと思っていて、それで、いっそのこと両者を殺すというパターンかと大雑把に思っていましたが、どうやら社長にも副社長にも、当初、「殺意」はありませんから、余計、佐々木弁護士の罪状は重いように感じました。

佐久間くんの可愛さにファン歓喜!

ジャニーズ事務所所属TravisJapanセンター(リーダー)宮近海斗さん演じる若手鑑識課員・佐久間朗の大活躍、そして飲み会で見せた笑顔に、ファンから歓喜の声が殺到しました。

それにしても、佐久間くんは、乾杯の時にビールを高く上げたり、飲みの席で正座だったりと、いかにも新人らしくて可愛いらしかったですね。

いよいよ来週は最終回、どうも宗方班長(寺尾聰)が卒業しそう…。
予告で浅輪直樹(井ノ原快彦)が叫ぶような感動の別れがありそうですね。

『特捜9 season2』11話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『特捜9 season2』11話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 弁護士の小林則夫(坂本直季)が死亡する事件が発生し、特捜班が臨場する。ほぼ無傷の遺体は、指先だけが切れており、床に血で『J・P』と書かれていた。“これはダイイングメッセージか!?”と考える浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班の面々だが、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)の解剖によると、死因は不明…。
 一方、鑑識課の解析により、すべて同じ背広姿の男を隠し撮りした大量の写真がスマートフォンに残っていることがわかる。それを見た班長の宗方朔太郎(寺尾聰)は、写真の背景から撮影された場所は東京地方裁判所だと指摘。さらに調べを進めると、写真に映っている人物が裁判官の櫻井潤(嶋田久作)であることが判明する。
 特捜班が、小林と櫻井の接点を調べ始めた矢先、第2の死亡事件が発生! 死亡したのは、弁護士の松井浩史(古河耕史)で、床には血で『J』の文字が!
 小林と同様死因は不明だが、松井の足裏に軽度の熱傷があることが判明。真澄は、二人は感電死した可能性があると言い、二人の弁護士の死は、連続殺人事件の様相を見せ始める。
 櫻井と二人の弁護士の接点を調べる中で、松井が元々検事だったヤメ検弁護士だということが分かる。さらに、12年前の『青酸ガス無差別殺人事件』でのつながりを見つける。当時の関係者にも聞き込みを始めるが、上からは圧力がかかる事になる。
 しかしそんな中、裁判所から刑事部長の三原達朗(飯田基祐)に、しつこく櫻井に聞き込みをするなとクレームが入り、直樹が降格の危機に…。さらに、優しく人に寄り添いながらも正義を貫く直樹の姿を見た宗方はある決意を固め、特捜班に運命のときがやってくる…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_02/story/0011/