ドラマル

『特捜9 season2』9話のネタバレ感想!新藤がアクロバティックなアクションを披露!

2019年6月12日に放送されたドラマ『特捜9 season2』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、浅草の寄席で落語好きのご隠居(中沢幸平)が毒殺された。
特捜班メンバーが浅草の街で事件の真相を追う!

関連記事

『特捜9 season2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『特捜9 season2』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『特捜9 season2』9話のあらすじネタバレ

特捜の青柳靖刑事(吹越満)は、一緒に暮らしている垣内妙子(遠藤久美子)と浅草の寄せ(木馬亭)で落語を楽しむ約束です。青柳が先に到着していた妙子に駆け寄る際、ふと気になる人物の存在に気付きます。青柳は、妙子に先に入るように言い、男の姿を追います。

席に着いた妙子は、すぐ後ろに座っている中沢幸平(勝部演之)という老人からたい焼きをふたつ、あとから来る連れ(青柳)の分も含めて貰います。
妙子は青柳と一緒に食べるつもりですが、中沢はたい焼きを食べながら落語を聴いています。そして、突然、胸を掻きむしって絶命します。解剖の結果、死因はタイ焼きに混入されていた青酸カリ中毒死。
青柳は、寄席の前にいた男が暴力団龍丸会の構成員・塩田徹(大鷹明良)だったと矢沢英明(田口浩正)に告げ、単独行動を求めます。
実は、塩田は過去に妙子を酷い目に合わせていた人物なのてす。
青柳と妙子の辛い過去を知る矢沢とその報告を受けていた浅輪直樹主任(井ノ原快彦)は、青柳の単独行動を黙って見守ります。

直樹と新藤亮(山田裕貴)は、中沢行きつけのたい焼き屋店主、杉田健次郎(松浦慎一郎)とその妻・咲子(真下玲奈)、更には、落語家の春楽亭柳三(笠兼三)に聞き込み。
小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)は、殺された中沢の自宅が荒らされていて、机の上の何か(パソコン?)が持ち去れれていることに気付きます。

そんな中、神社境内で若い男の遺体(龍丸会の片山芳次)が発見されます。左側頭部を鈍器で殴られたのが致命傷。早速、令状も持たずに青柳と新藤が龍丸会浅草支部に乗り込もうとしたところで捜査2課に遮られます。

無茶な捜査をする特捜に対して、三原達朗刑事部長(飯田基祐)から叱責を受けますが、直樹は2課との合同捜査を求めます。
金庫番の片山芳次が金と機密データを詐欺集団から持ち逃げしたという情報を2課から得て、これで一気に先が見えてきます。

そんな中、杉田健次郎が行方不明になります。片山が持ち去り神社に隠したバッグ(現金500万円とSDカード)。それを杉田が持ち去ったことを龍丸会に勘付かれ拉致されています。それは、直樹が杉田の妻の咲子が隠していた事実を引き出したことで分かって来ます。

中沢が殺される前の晩、杉田は何時ものように神社にお参りに行って、そこで片山が持ち去った500万円が入っているバッグを拾います。
店の改装資金になると喜んでいる杉田でしたが、そういうのはマズイということで、前祝いと言って酒を飲み寝込んでしまった夫を残して、咲子は中沢を訪ね、どうしたものかと相談します。すると、中沢は自分が拾ったことにして警察に届けようと申し出ます。

朝起きて夫に金は何処だと尋ねられたら、あれは夢だったと言って騙しておけということになります。ここまでが咲子の話で、その後は、中沢がバッグの中のSDカードを発見し、パソコンでその中身を知ってしまいます。
春楽亭柳三こと田村洋介が特殊詐欺集団(シビリア)の登録団体構成員名簿に載っていることを知り、柳三に自首するよう求めます。きちんと罪を償って出直すように諭します。で、最後の高座を勤めた後、中沢同行で警察に自首するということになりますが、その一方で、龍丸会系シビリアン(フロント企業)の末永良一代表(遠藤雄弥)に青酸カリを渡され、中沢殺しを命じられた春楽亭柳三。その日、最後の高座を前に楽屋を訪れた中沢が持っていたたい焼き袋と、あらかじめ用意していた毒入りたい焼き袋をスリ替えました。

シビリアの末永が杉田を拉致していました。アジトの廃工場に杉田は捕らわれ暴行を受けています。金とSDカードを持ち去った片山が殺される前、バッグを神社に隠し、その帰りに杉田とスレ違ったと言っていたので、バッグを持ち去ったのは、杉田の他にいないというのが末永の見込みです。
バッグの行方を知らない杉田も、塩田にハンマーで打たれて殺されるという場面になり、そこに、特捜班と2課が飛び込み杉田を救出します。塩田は、その場をひとり逃走しますが、待ち伏せしていた青柳が確保します。

春楽亭柳三の前に、直樹、志保、村瀬が立ちはだかります。「田村洋介さん、中沢さん殺害容疑で、ご同行願います」と言って連行します。
直樹と青柳が、500万円とSDカードの入っているカバンを探し当てます。それは、自分専用の預け場所、常連客の座布団の中でした。中沢の座布団に鍵が入っていました。駅前のコインロッカーでバッグが発見され、SDカードからは膨大な特殊詐欺グループ情報が出て来ます。
柳三は逮捕されます。塩田も片山殺しと特殊詐欺で逮捕。勿論、特殊詐欺シビリアの末永良一の一味も逮捕されるはずです。

スポンサーリンク

『特捜9 season2』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

連れ(青柳)がいるということで、たい焼きをふたつ貰ったことが妙子の命を救っていますね。おそらく、青柳の到着を待って一緒に食べようということにしたので、妙子のたい焼きにも毒物が入っていましたが、セーフになっていますね。ある意味、青柳の存在が、妙子の命を救ったことになります。

また最後、塩田に、「まだあの女と一緒にいるのか?」と尋ねられ、「ああ、おかげで幸せにやってるけど」と言って、静かに立ち去るところがカッコ良かったですね。そういう塩田の言葉に青柳がカチンと来て殴りかかるものと、止めに入ろうとする新藤でしたが、その心配、無かったですね。

新藤がアクロバティックなアクションを披露!

山田裕貴さん演じる新藤亮のアクションがカッコよかったですね。
あのアクロバティックな動き、受けた方は何をされているのかわからないでしょう。

でも、実際にあの攻撃は上手くいくのかな?
脚カニばさみからの投げ、総合格闘技で見られる日は来るだろうか…。

『特捜9 season2』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『特捜9 season2』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 ある日、鑑識課の猪狩哲治(伊東四朗)が、特捜班を訪ねてきた。世間をにぎわせている大手通販会社の社長・橘 英輔(大西武志)と副社長・三島綾香(三輪ひとみ)の心中自殺に納得がいかないという。猪狩は、6年前に橘の悪徳商法に引っかかり、自殺に追い込まれた森山隆一(松田章)の友人で、「橘のような悪党が自殺するわけがない」と憤慨していた。さらに猪狩によると、橘と綾香の死亡推定時刻には1時間のズレがあるという。浅輪直樹(井ノ原快彦)は、特捜班が捜査を引き受けると宣言する。
 二人がベランダから飛び降りたと見られる橘のマンションに向かった直樹と新藤亮(山田裕貴)だったが、事件当日は防犯カメラのメンテナンスの日で、マンション内の映像が一切ないことに違和感を覚える。
 さらに、司法解剖の結果、綾香は転落死で間違いないが、橘の死因は鈍器のようなもので頭部を殴られたことによる脳挫傷だということが判明。また、橘の部屋を調べていた鑑識課が、現場に残されたわずかな血痕を発見。自殺ではなく、他殺の可能性が浮上する。
 一方、6年前の悪徳商法について所轄署に話を聞きに行った小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)は、悪質な商売をしていた橘と闘おうとしていた弁護士・佐々木麻里(馬渕英里何)の存在を知る。現在も橘の罪を追及するために活動を続けているという麻里から、当時の被害者リストをもらった志保らは、猪狩の友人の森山以外にも自殺に追い込まれた人物がいる事を知る。さらに、6年前の事件の真相も明らかになり…事態は急展開。意外な人物が捜査線上に浮かび上がる…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_02/story/0010/