ドラマル

『特捜9 season2』7話のネタバレ感想!科捜研の妹のDVD登場に爆笑!

2019年5月29日に放送されたドラマ『特捜9 season2』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、タワーマンションの一室で死後数日経つ女性の変死体が見つかる。
第一発見者で居住者の夫婦は被害者と面識がないという。目撃者ゼロの難事件に特捜班が挑む!

関連記事

『特捜9 season2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『特捜9 season2』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『特捜9 season2』7話のあらすじネタバレ

不動産会社社長の金田聖人が、ビルの屋上で頭部殴打され殺害されているのが見つかります。特捜班の浅輪直樹主任(井ノ原快彦)は、てっきり自分の班に任せて貰えるものと期待していましたが、警視庁刑事部長の三原達朗(飯田基祐)は13係を指名。三原とは何かと相性が悪い特捜メンバー、ガッカリです。

ですが、その直後、タワーマンションの一室で女性の変死体が発見されて、これは特捜のヤマ。民泊貸し出し中の事件で被害者は部屋の住民ではないとのこと。
被害者、脳挫傷による死亡。三角の鋭利な物体が凶器と推察されます。
鑑識課、佐久間朗(宮近海斗)によれば、死後数日を経過。

第一発見者は部屋(仕事場)の持ち主の売れっ子シナリオライター皆川卓也(近藤公園)と、その妻の悦子(櫻井淳子)。リフレッシュ目的の沖縄旅行から夫婦揃って帰り、遺体を発見しています。夫婦ともに、被害者との面識は無いと言います。
また、犯行推定時(5/29、午後1時から3時)に沖縄のホテルにいたと言う夫婦。

近隣住民に聞き込み開始。民泊を委託されていた不動産屋「ネルトマル」での聞き込みで貸出期間が明らかになります。
沖縄旅行中、民泊に部屋を貸出していた夫婦。月末(5/31)までの旅行でしたが、何故か、5/1~5/28の民泊貸し出しでした。因みに、このマンションは民泊禁止です。

エントランスの防犯カメラをチェックする矢沢英明(田口浩正)は、被害者が前日(5/28)夜にマンションに来ていたことを突き止めます。しかし、犯行現場に鍵は無く、しかも、死体発見時に施錠されていたことから、どうやって被害者が部屋に入ったのかが謎です。

班長の宗方朔太郎(寺尾聰)が、シナリオ出版編集部で聞き込みをして、被害者の身元を割り出します。被害者は落合美奈(上野なつひ)という女性。有望な新人で、シナリオ大賞の受賞者でした。その審査員が皆川卓也でしたので、面識がないと言った皆川の嘘がバレます。皆川と美奈は、師匠と弟子の関係を超えていました。

その後、空港とマンションの防犯カメラ画像に、事件直前の皆川卓也の姿を発見。実は、妻との旅行の最後の3日を自分にくれと言っていた美奈に、皆川は、マンションの合鍵を渡していました。

5/28の夜、美奈が部屋に入った翌日、防犯カメラには、マンションに出入りする変装した沖縄にいるはずの妻、悦子が映り込んでいました。夫の浮気に気付いた妻が愛人との対峙を決意して部屋に向かっていたのでした。
で、愛人に言い負かされた妻はマンションを出て行き、その30分後に夫がやって来ます。

夫の皆川卓也は、部屋の中に死んでいる美奈を発見しました。そこで慌てて証拠隠滅をします。美奈の身元が分かるもの、携帯、鍵、バッグを持ち去ります。
そして、沖縄に戻り、妻と何事も無かったかのようにディナーをしています。で、夫婦で旅行から戻って、遺体発見ということにしていました。

妻が、協力したのは自分の為に夫が美奈を殺してくれたと思ったからでした。それで、夫を庇おうと、犯行時には沖縄にいたという嘘も言っていたわけです。

ともあれ、妻がマンションを出て行き、夫がマンションに入るまでの30分間に犯行は行われたことになります。その間、マンションのエントランスに人影はありませんから、であればマンション居住者が犯人です。
直樹と小宮山志保(羽田美智子)が、2010号室(皆川)の右隣の2011号室、大塚真耶(瀬戸さおり)を訪ね、そこにあったベビーカーの中から凶器のシーサーを取り上げます。そのシ―サーの耳(角)が美奈を直撃したのでした。

美奈と真耶のトラブルは煙草の煙が原因でした。僅かに開けている窓越しに煙草の煙が流れて来て、その都度、気管支が弱い子供が泣きました。
真耶は、隣室の美奈に苦情を言いに行っています。そこで、愛人なのに子供を産んで捨てられた女と罵られていた真耶。皆川に、隣室の真耶の身の上を聞かされていて、そう口走っていたのでした。
その2人の遣り取りを聞いてしまったのが、2009号室のデイトレーダー、日暮洋介(小路勇介)でした。

真耶に思いを寄せていた洋介は、美奈に殺意を抱きます。真耶をイジメる者は洋介が許しません。洋輔が2010号室をいきなり訪れ、玄関に置いてあったシーサーで美奈を撲殺。それを美奈が喜んでくれると思って、真耶の部屋に報告に行きます。
で、真耶のベビーカーにシーサーを隠しました。が、結局、真耶は洋輔の思いを拒否します。部屋から洋輔を追いやります。

志保と直樹が、大塚真耶の部屋にある親子写真に気付き、それで、彼女の子供の父親が判明します。そこに写っていた父親は、先日殺された不動産会社社長、金田聖人でした。こちらの犯行も、洋輔の仕業でした。「彼女をイジメる者は許さない。みんな殺してやるんだ」という洋輔の殺人でした。

これで、三原刑事部長の指示により13係の担当になっていた金田聖人殺人事件も、日暮洋介の犯行ということで特捜班が解決しました。

『特捜9 season2』7話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

人生の裏側も透けて見えているはずのベテランシナオライターなのに、そういう人に限って、どう見ても問題がありそうな女性に惹かれてしまうというところ、なんとなくリアリティを感じました。

頭では分かっていても、つい、そうなってしまうということはあるものです。ちょっと無理筋の感はありますが、そういう理解も可能です。

ただ、仕事部屋にしているマンションで会うということに、やや違和感がありました。何故、民泊も、ベランダでの喫煙も禁止になっているマンションでないといけなかったのか、その理由が、ちょこっとでも分かる作りになっていれば良かったと思いました。

科捜研の妹のDVD登場に爆笑!

売れっ子シナリオライターの皆川卓也(近藤公園)の仕事部屋に『科捜研の妹』のDVDが陳列されていたことが話題を集めました。

テレ朝は先日の『科捜研の妹』ではなく、『科捜研の女』での「白い巨峰」のお菓子といい同局放送ドラマをネタにした小ネタが好きですよね。

ところで、『科捜研の妹』ことカソイモのパッケージの女性(マリコさん役)は一体誰なんだろう?土門さんの妹?

『特捜9 season2』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『特捜9 season2』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の大学時代の友人で、AI(人工知能)を製作する会社の社長・田嶋康太(大浦龍宇一)がプールで死亡。死因は水泳中の心臓発作で間違いないと思われたが、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)は、アレルギーの原因となる物質を口にして2時間以内に激しい運動をしたことによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーショックで心臓停止に至った可能性も考えられるという。
 浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、三原刑事部長から、田嶋の死の真相を明らかにするよう依頼される。いつもは特捜班を目の敵にする刑事部長が自ら依頼しにきた事に、驚きを隠せない面々だったが、事件の真相を解明するために動き出す。
 捜査を開始した特捜班のメンバーはそれぞれ聞き込みを行い、田嶋が看護師の曽我景子(大浦千佳)と口論していたという目撃談や、クッキングスクールを任されていた元妻の江守美佐(久世星佳)が、田嶋からスクール閉鎖を通達されていたという事実をつき止める。
 さらに、田嶋と広報の北村萌香(小橋めぐみ)が男女の関係にあったことや、商品開発部の早乙女凛(新山千春)がAIロボットを巡って田嶋に不満をもっていたことも明らかに!
 次から次に判明する田嶋を巡る女の存在…。更に、最新の人工知能を持ち合わせたAIロボットの謎に特捜班が挑む!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_02/story/0008/