ドラマル

『特捜9 season2』6話のネタバレ感想!アップルパイの飯テロが半端ない!

2019年5月15日に放送されたドラマ『特捜9 season2』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話は、アップルパイが食べたくなる飯テロ回!
特捜メンバーが焼き菓子の名店のぐち店主・野口功子の殺人事件解明に、秘伝の味めぐる後継者争いの真相&過去の事件を追いかけ始める…。

関連記事

『特捜9 season2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『特捜9 season2』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『特捜9 season2』6話のあらすじネタバレ

アップルパイの名店「のぐち」の店主、野口功子(秋野暢子)がペティナイフで刺殺されます。背中から刺され、大動脈損傷による出血死でした。
調理場のアップルパイ一切れが無くなっています。レジの金も無くなっているということで、特捜班は怨恨と物取りの両面からの捜査を開始します。

遺体の第一発見者は、デパート営業マンの島崎透(須藤公一)です。
島崎は、得意客の村岡芳美(三倉茉奈)から「のぐち」を紹介され、そこで、功子の作るアップルパイに魅了されていました。以来、デパートへの出店を要請しようと、「のぐち」に通いつめていました。その日、何時もより2時間早く店を閉めた功子は、藤本理沙(木下あゆ美)に電話し、「のぐち」に来るよう伝えていました。

実は、浅輪直樹(井ノ原快彦)は、「リンゴの魔術師、凱旋フェア」に出掛けた先で、妻・倫子(中越典子)から理沙を紹介されていました。
理沙は、ケーキ店「ミヤハラ」で働いていた頃の倫子の友人でした。その後、理沙は「ミヤハラ」を辞めて「のぐち」で働き、そして、海外に飛び出していました。

島崎に「のぐち」を紹介した芳美の元に向かった小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)は、芳美もかつて「のぐち」で働いており、そして、その当時、理沙と芳美の他に、もうひとり坂出鈴(おりもりお)という弟子がいたことを知ります。

12年前、鈴は橋の欄干から転落死していました。これには自殺の噂ありました。
当時、功子は、技術的にピカ一だった理沙に「のぐち」を託そうとしていました。が、それに待ったをかけたのが鈴でした。自分にもチャンスをくれと言い、負けた方が「のぐち」を辞めるという約束でケーキ作りの勝負になりました。
その判定について、功子は、鈴を先に帰らせてから、頑張っている鈴に「のぐち」を任せたいと理沙に伝えます。理沙なら、どこに出ても通用するからということなのでしたが、理沙は、先に帰っていた鈴に功子の判定結果を問われ、それを聞いた後の帰り道、鈴は橋下に落下しています。

特捜の捜査が進む中、「のぐち」の本来のアップルパイと厨房に残されていたもののエチルエステル成分(香り成分含有量)の違いを鑑識の佐久間朗(宮近海斗)が発見します。

「のぐち」のりんごの種の取り方は「星形」に刳(く)り貫きます。が、厨房に残されていた種は「四角形」に刳り貫かれたものと倫子は推察します。
だから、甘味成分が少ないのだろうと直樹に教えます。そうなった理由は、理沙の右手親指の痛みでした。
監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)によれば、それはドケルバン病という腱鞘炎の一種で、理沙は、常に鎮痛剤を服用していました。そのことを功子は見破って、理沙を「のぐち」に呼び出していたのでした。
そして、自分の目の前で、ケーキ作りをさせていたのでした。売れっ子になり、大量生産の今の理沙の手法を継続するには、「のぐち」のやり方は不可能だということを教えたかったのです。

直樹、新藤亮(山田裕貴)は、児童養護施設「希望つくし園」を訪ねます。そこは、かつて、理沙、鈴、芳美が暮らしていた場所です。功子がパティシェとして、子供たちにケーキ作りを教えていた場所です。
そこで12年前、功子からボランティアをバトンタッチされていた宮原礼二(金児憲史)に直樹は遭遇します。「俺たち親友だよな」と言う宮原に対して、倫子と結婚をしていることを宮原に伏せている直樹は、微妙な雰囲気で宮原に応じます。

因みに芳美は、結婚を機にパティシエを断念し、「のぐち」を去っていました。が、そこで待っていたのは、夫のモラルハラスメントでした。
それで、そのストレス解消にホストクラブ通いが始まります。ホストクラブに通う為の金欲しさに、「のぐち」のレジから現金を盗みます。そこを功子に見られます。「あんたにも旦那にも問題がある」ということで、芳美の夫に電話を掛けようとする功子の背中を芳美がペティナイフで刺したのでした。

前後して、窃盗で前科三犯の唐木虎吉(中西良太)が、同級生だった功子の「宝箱」を盗んでいました。功子が、いま何を大切にしているのかを知りたくて、「宝箱」を盗んだということでした。で、その中に、裏に書き込みのある1枚の写真がありました。「先生(功子)は、私のことなんかどうでも良かった」と言う芳美に、志保がその写真を示します。「四角いりんご、優しいね」というのが芳美への功子の評価でした。「三角のりんご、頑張ってる」、これが鈴への評価です。「まあるいりんご、形は綺麗」というのが理沙に対するもの。功子先生は、みなに気を掛けていました。

功子が「鈴が後継者」と理沙に言ったのに、理沙は鈴に、それを正確に伝えませんでした。それで鈴が自殺したというのが理沙の悔恨になっていました。しかし、直樹が、橋桁(はしげた)に鈴の右手親指の指紋だけが無かったことを告げます。
誤って転落した直後、両手で橋桁を掴んだのですが、右手の親指だけは掴み切れずに浮いていて、それで落下したのだと直樹が言います。
自殺ではなく、鈴は、必死に生きようとしていたと伝えます。鈴は生きようとしていたが、今の理沙と同様に、全く親指が利かずに落下したのだと諭します。

スポンサーリンク

『特捜9 season2』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

第一発見者の島崎透が怪しいと思っていましたが、結局、一番優しいという評価を功子先生から得ていた芳美が犯人だったのですね。ちょっと、意外で、ビックリでした。

それにしても、今後の「のぐち」はどうなるのでしょうかね。倫子がやるという流れになるのでしょうかね。しばらく、「希望つくし園」で宮原礼二と一緒にケーキ作りのボランティアをして、それから、「のぐち」の後を引き受けることになるような気がしますが……。

ボランティア15年で、12年前に功子から「希望つくし園」の「ケーキ作り教室」の後を託されたということは、宮原は、3年間、功子先生の仕事を見ていて、その技術を学んでいる人なのですから、「のぐち」をやるという流れに、そんなに無理がありませんよね。
おそらく、直樹が2人の急接近に強硬に反対するのでしょうが、倫子も、宮原も、直樹の言うことなど無視するに決まっています。だから、大丈夫……だと思うが。

アップルパイの飯テロが半端ない!

アップルパイが食べたくなる飯テロが凄かったですね!
放送後、「アップルパイ食べたい!」「スイーツテロ!」「明日はアップルパイを食べに行きます!」と、視聴者の多くが完全にアップルパイの魅力にやられちゃいましたね。

さて、今回は実に報われない話でしたが、秋野暢子さん演じる野口功子が可哀想でした。3人の愛弟子に、死なれたり、裏切られたり、殺されたり…なんて辛い人生なんでしょう。

『特捜9 season2』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『特捜9 season2』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 タワーマンションの一室で女性の変死体が見つかり、直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が臨場する。遺体の頭部には傷があり、鑑識課の佐久間朗(宮近海斗)いわく、死後数日経っているらしい。また、この被害者の女性は住民ではないことがわかる。
 第一発見者は、この部屋を仕事場にしている売れっ子シナリオライター・皆川(近藤公園)と妻・悦子(櫻井淳子)。リフレッシュを兼ねた沖縄旅行から帰ってきて遺体を発見したが、被害者と面識はないという。旅行中、民泊として部屋を貸し出していたという皆川の話を聞いた特捜班はそれに絡んだ事件ではないかと疑い、近隣住民に聞き込みを開始する。
 また、マンションはセキュリティもしっかりしており、防犯カメラには出入りする人物達が映っていた。エントランスにある防犯カメラの映像をチェックしていた矢沢(田口浩正)は、被害者が殺害前日からマンションに来ていたことをつき止める。しかし、現場に鍵はなく、しかも発見時は施錠されていたことから、被害者がどうやって部屋に入ったのか、さらに、カメラの映像に映ったときには持っていたバッグがなくなっているなど、謎は深まるばかり…。
 そんな中、班長の宗方(寺尾聰)が被害者の身元を割り出す! 被害者は落合美奈(上野なつひ)という名前の女性だった。美奈のアルバイト先での聞き込みや、犯行当日の防犯カメラの映像を調べていくうちに、事態は二転三転。予想外の展開を見せ始める!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_02/story/0007/