ドラマル

ドラマ『テセウスの船』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『テセウスの船』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

竹内涼真さん主演の連続ドラマ『テセウスの船』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『テセウスの船』全話ネタバレ完了済み(2020年3月22日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『テセウスの船』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Paravi」で第1話から最終回までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『テセウスの船』の基本情報

概要(見どころ)

ドラマ『テセウスの船】は、東元俊哉の同名漫画を原作とする本格ミステリー。

殺人者の息子として育った田村心(竹内涼真)が、拘置所に収監されている父・文吾(鈴木亮平)に会いに行こうとするところから物語が始まります。
ところが、心はいつの間にか31年前にタイムスリップしてしまいます。そこは、父が逮捕されてしまう事件が起きる直前の村でした。
本当に父が犯人なのか?
父の無実を信じて、心が事件の真相を突き止めようと奮闘する物語です。

キャスト一覧

  • 田村心:竹内涼真
    殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う主人公
  • 田村由紀/岸田由紀(旧姓):上野樹里
    心の妻、両親の反対を押し切り心と結婚
  • 車椅子の男/木村みきお:安藤政信
    佐野鈴の内縁の夫
  • 田村鈴:貫地谷しほり
    心の姉、整形し村田藍と名前を変えた

1989年(過去)の登場人物

  • 佐野文吾:鈴木亮平
    心の父親、村の駐在警察官、現在は死刑囚
  • 佐野和子:榮倉奈々
    心の母親
  • 佐野鈴:白鳥玉季
    心の姉
  • 佐野慎吾:澤部佑(少年期・番家天嵩)
    心の兄
  • 木村さつき:麻生祐未
    音臼小学校の教師、実家はメッキ工場を営む
  • 金丸茂雄:ユースケ・サンタマリア
    仙南署の辣腕刑事
  • 佐々木紀子/松尾紀子:芦名星
    父の冤罪の証人、長谷川の婚約者、メッキ工場のパート職員
  • 長谷川翼:竜星涼
    事件の鍵を握る村人、音臼村の新聞配達員、写真が趣味
  • 石坂秀夫:笹野高史
    音臼小学校の校長、絵が趣味
  • 井沢健次:六平直政
    音臼村の商店主、村のまとめ役
  • 田中正志:せいや(霜降り明星)
    村の名士の息子
  • 徳本卓也:今野浩喜
    音臼村の農家の怪しい村人
  • 田中義男:仲本工事
    元県議会議員
  • 森清彦:加治将樹
    金丸刑事の部下、仙南警察署刑事
  • 加藤みきお:柴崎楓雅
    音臼小学校に通う小学生、鈴の同級生
  • 馬淵:小籔千豊(9話から登場)
    宮城県警監察官室

スタッフ一覧

  • 原作:テセウスの船
    作者:東元俊哉
    出版社:講談社
    雑誌:モーニング
  • 脚本:高橋麻紀
  • 主題歌
    曲名:Uru
    歌手:あなたがいることで
    レーベル:ソニー・ミュージックレーベルズ
  • プロデューサー:渡辺良介、八木亜未
  • 演出:石井康晴、松木彩、山室大輔
  • 制作:大映テレビ、TBS

各話の視聴率

『テセウスの船』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話1月19日11.1%
2話1月26日11.2%
3話2月2日11.0%
4話2月9日11.0%
5話2月16日11.8%
6話2月23日13.2%
7話3月1日14.0%
8話3月8日15.3%
9話3月15日14.9%
10話・最終回3月22日19.6%

スポンサーリンク

『テセウスの船』の最終回ネタバレ(予想)

31年前北海道の小学校で起こった無差別殺人事件で、死刑判決を受けた父・佐野文吾(鈴木亮平)が無罪を主張し続けているのを受け、田村心(竹内涼真)はタイムスリップした現場の村で真相を探り始めます。
心の妻・田村由紀(上野樹里)がスクラップしまとめていた当時の記事をたどり、目に留まらなかったような不自然な出来事をあぶり出し、関係者に接触していきます。その中で心の正体が文吾にバレ、事件を止めようと共に奔走していきますが、真犯人に辿り着く前に心が現代に戻ってきてしまいます。

そこでは、心の母・佐野和子(榮倉奈々)と兄・佐野慎吾(番家天嵩)が一家心中で亡くなっており、姉・佐野鈴(貫地谷しほり)は整形し名前を変え生きていました。
さらに、姉には内縁の夫・木村みきお(安藤政信)が存在しており、この男こそ、事件の被害者であり、加害者でもありました。
鈴に好意を抱いていた木村は、鈴を自分のものにしたいという行き過ぎた欲望から事件を起こし、文吾に罪をきせたのでした。木村は、事件当時加藤の姓を名乗っており、事件後は元教員の木村さつき(麻生祐未)に引き取られていました。

父の冤罪の証人である佐々木紀子(芦名星)が現れるもさつきに口を封じられてしまい行き詰ったかに思えましたが、再び心は事件現場にタイムスリップします。ところが、そこで木村も共にきており、子供時代の加藤みきおと接触し、鈴を手に入れるために文吾の殺害計画を立てますが、心が文吾をかばって刺されてしまい死んでしまいます。

令和へと時が流れ、文吾が住んでいた当時の村がなくなるというので、家族でタイムカプセルを掘り起こしに行きます。
その中には、亡くなった心が映った写真があり、末っ子とそっくりでした。
正義と名付けようとしていましたが、文吾が自分の命の恩人と同じ名前にしたいからと、末っ子に心と名付けたのでした。
その心の結婚相手が岸田由紀という女性で、文吾は胸がいっぱいになります。

ドラマでは原作を改変せず、この流れで行くと思います。
この結末以上のハッピーエンドはありません。

『テセウスの船』各話のあらすじ

2020年1月19日からTBS系にて放送開始される竹内涼真さん主演の連続ドラマ『テセウスの船』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

第1話では、雪景色が見どころです。
原作では北海道が現場。ドラマでは宮城県の雪の山中という設定ですが、実際のロケ地は、新潟県内の山中。猛吹雪の中での撮影だったということで、とにかく壮大でした。流石に、リアルスノーの迫力がありましたね。

関連記事

『テセウスの船』1話のネタバレ感想!榮倉奈々の特殊メイクに驚愕!まるでコント?

2話のあらすじネタバレ

第2話では、田中義男役の仲本工事さんが見どころです。
仲本さん、とりあえず、歩き回る場面は無かったのですが、演技、上手いです。
付き合いのあった高木ブーさんの紹介があり、そして、いかりや長介さんに、音楽(主にハワイアン)バンドのギター担当だと言われて、ザ・ドリフターズに加入。音楽活動より、コメディアンとしての活動に困惑しつつ、与えられたキャラを起用に熟(こな)していた仲本さん。長介さんが亡くなって早や16年。仲本さん、78歳。お元気そうで、なによりです。

関連記事

『テセウスの船』2話のネタバレ感想!竜星涼が早くも離脱!翼は明音ちゃんが好きだった?

3話のあらすじネタバレ

第3話では、心を逮捕した辣腕刑事・金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)の崖上からの転落死が見どころです。
心の言うことに耳を傾けられる有能な刑事だったのに、それが死亡フラグになってしまいましたね。折角好い人に見え始めたと思ったら、アッという間に劇的に死んでしまいました。合掌。

関連記事

『テセウスの船』3話のネタバレ感想!ユースケは殺された?よいおっさん・金丸茂雄が掴んだものとは?

4話のあらすじネタバレ

第4話では、心の最愛の妻・由紀(上野樹里)が週刊誌記者となっていて、気弱になっている心を、身を挺してバックアップするところが見どころです。
由紀の勇気ある行動が引き金になって、今後、文吾の冤罪を晴らす新証言が集まることになるのでしょうか?

関連記事

『テセウスの船』4話のネタバレ感想!上野樹里に視聴者も惚れた!過去を変えても由紀は素敵な人だった

5話のあらすじネタバレ

第5話では、松尾と名前が変わっていた佐々木紀子(芦名星)の老けメークが見どころです。
違和感があるほどのキツメのメイクでしたが、あっけなく、さつきに殺されてしまいます。が、「未来のことが書かれているノートがある」という犯人の言葉を聞いたということからの証言ですから、おそらく、本当の裁判になれば、その話(タイムスリップ話)は眉唾物(まゆつばもの)として却下されるはずです。放置しておくのが得策なのに、紀子を殺害してしまったことで、悪事がバレていくことになるのでしょうね。

関連記事

『テセウスの船』5話のネタバレ感想!さつき先生が怖すぎ!でも考察では犯人は貫地谷しほり?

6話のあらすじネタバレ

第6話では、木村さつき(麻生祐未)の死に際が見どころです。
余りにあっさりと泡を吹いた姿で死にゆきます。紀子を毒殺したのですから、それなりに毒物混入については注意をしているはずなのに、まさか、みきおに殺されるとは思ってもいなかったのでしょうね。
それにしても、毒入りジュースを病室に運んだのがみきおということになれば、さつきは、車椅子のみきおが、実は歩けることを知っていたことになります。そのあたりが謎です。本筋とは関係ないかも知れませんが、その謎の回収が、今後なされたら有り難いと思います。

関連記事

『テセウスの船』6話のネタバレ感想!みきおが立った!真犯人は安藤政信と原作通り?

7話のあらすじネタバレ

第7話では、加藤みきお役の柴崎楓雅さんの演技力が見どころです。
「計画は完璧だ」と、みきおは言っています。心と文吾の心理状態を見透かしている感じの演技になっていましたね。二人の大人の、いろいろな判断ミスも突いてもいます。

関連記事

『テセウスの船』7話のネタバレ感想!加藤みきお役の柴崎楓雅が話題!黒幕は校長役の笹野高史か?

8話のあらすじネタバレ

第8話では、飛躍的に演技が上達している加藤みきお役の柴崎楓雅さんが見どころです。
結局、第8話は、柴崎楓雅さん一人で、盛り上げた感じになっています。サイコパス感も良く出ていましたね。

関連記事

『テセウスの船』8話のネタバレ感想!1977年に開催された音臼村祭がすべての発端?

9話のあらすじネタバレ

第9話では、県警のキャリア監察官、馬淵役の小籔千豊さんの憎々し気な演技が見どころです。
文吾に対する過去の怨念を晴らそうということで、この機をチャンスとばかりに爆発しそうですね。それを心と文吾がどう撥ね返すのかというのが、最終話でのお楽しみ。

関連記事

『テセウスの船』9話のネタバレ感想!急に登場した馬淵(小籔千豊)に視聴者の怒り爆発?

10話(最終回)のあらすじネタバレ

第10話では、最後の外食場面で、大人の慎吾役が澤部佑さんになっていて、その慎吾の頭を、姉の貫地谷さんが、やたらと張るところが見どころです。
貫地谷さんに叩かれて、澤部さん、結構嬉しそうでした。

関連記事

『テセウスの船』10話のネタバレ感想!心の兄が澤部に成長!最終回に最大のミステリー?