ドラマル

『テセウスの船』6話のネタバレ感想!みきおが立った!真犯人は安藤政信と原作通り?

2020年2月23日に放送されたドラマ『テセウスの船』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、音臼小事件の真相を嗅ぎまわる心(竹内涼真)に、真犯人から招待状が届く!
慰霊碑の前で真犯人を待つ心の元に、木村みきお(安藤政信)も駆け付け…。

関連記事

ドラマ『テセウスの船』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『テセウスの船』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『テセウスの船』6話のあらすじネタバレ

木村さつき(麻生祐未)が、佐野文吾(鈴木亮平)無罪の証言者、松尾紀子(芦名星)を毒殺し、自らも被害者を装う為に微量の毒物(カプセル?)を服用。救急車で病院に緊急搬送されて入院しているさつきの元に、毒入りジュースが届きます。

紀子の証言を邪魔する目的で、さつきに渡されたカプセルを服用して意識不明に陥っていた姉の村田藍(貫地谷しほり)。素姓を夫の木村みきお(安藤政信)に隠しておきたかった藍こと鈴は、義母のさつきの指示に従わざるを得ず、紀子が犯人の心当たりを心に言おうとしている矢先、カプセルを口に含んでいました。
そんな藍が意識を回復し、心と会います。紀子が死んだと聞いた藍は、さつきが紀子を殺したのだと断言します。さつきが、音臼小大量無差別殺人の犯人だと言います。

藍の入院先病院を出て、さつきの入院先に出向いた心。心が病室に入った時、さつきは、泡を吹いて既に死んでいました。心は、これでは自分が疑われてしまうと、急ぎその場を逃走。心の走り去る姿は、監視カメラ映像に残ります。

心に手紙が届き、その中に、21人の被害者が描かれた絵が入っています。喫茶店でその絵を週刊誌記者の岸田由紀(上野樹里)に見せているところに、みきおからの電話。

みきおが、心と由紀を、母さつきの部屋に誘い入れます。心に届いた絵と同様のタッチで、多数の不気味な絵が壁一面に貼られています。中身が空っぽの試薬特級シアン化カリウム(青酸カリ)の瓶も発見されます。
それらのものを見て、音臼小大量無差別殺人も犯人は文吾ではなく、さつきだと、みきおが言います。が、さつきは共犯者に操られていて、その黒幕に、さつきは殺されたものと推察しているみきお。
実際、さつきが毒殺される直前、病室から走り去る男が目撃されていました。どうやら、心が走り去る以前に、さつきの病室に出入りする不審者がいたようです。

目撃証言によれば、走り去ったのは、小柄、小太り、眼鏡が特徴の男ということでした。
由紀が、さつきの交友関係を尋ねると、みきおは、住所録が記載されている母さつきの「手帳」を差し出します。
心と由紀は、その住所一つ一つを当たります。

文吾の弁護士の岡島から連絡。紀子、さつきの二人が死んだことを知った文吾が心との面会を求めているとのこと。
文吾は、金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)刑事の転落死は、犯人におびき出されてのことと言います。
また、金丸の部下だった森清彦(加治将樹)刑事の言葉を思い出していて、森によれば、金丸は死の直前まで、三島明音(あんな)の首に残る小さな痣の意味を気にしていた模様です。

心と由紀が定年退職して久しい森刑事の家を訪ねます。森は既に他界していましたが、代わりに対応してくれた妻が、定年後も音臼小事件に疑問を感じていた夫が遺した資料があり、それを見せてくれます。その中には、明音の首に残る小さな痣が写っている画像も発見されます。

前後して、「はっと汁」大量無差別殺人事件の被害者の一人になっていた元県議で詩人の田中義男(仲本工事)の息子・田中正志(せいや)が、現代では、小柄、小太り、眼鏡という風貌になっていて、それが、さつきの住所録に記載されている人たちを追うことで判明。

その夜、心が千葉在住の正志のアパートに急行すると、ドアは施錠されておらず、部屋に入ると正志は死亡しています。首に絞められた痕があります。そこに近隣住民からの「叫び声が聞こえた」という通報を受けた警官がやって来て、殺人現場の心を連行します。心は、刑事(藤原)の取り調べを受けます。

正志の死をサイト情報で知った由紀。心の拘留も知った由紀は、心が正志の部屋に向かう直前に防犯カメラ映像に不審者が写り込んでいるのを示して、拘留中の心を救出。「任意での拘留は違法だから記事にする」と言って、心を釈放させます。
ともあれ、由紀が探し当てた防犯カメラのその不審者は、背は低くもなく、かといって高くもない普通の身長であり、フードを被っているので顔は良く分かりません。

釈放された心は自分の部屋で休みます。チャイムが鳴って、差出人さつきの封筒が届きます。死んだ筈のさつきからの届け物です。
犯行予告なのか、挑戦状なのか良く分かりませんが、「3月8日、END」と書かれた絵が入っています。音臼小の慰霊碑の元に目から出血する人物(心?)がいて、その周囲に22個の眼が点在しています。
その絵を、みきおに見せます。犯人が心を呼んでいる絵と解釈され、明日、慰霊碑のある場所に向かうと言う心に、みきおが同行を希望します。が、心は、一人で行くことにします。姉の藍に心配させまいと、彼女には何も言わないで欲しいと、夫のみきおに釘を刺します。

決着を付けるべく命を賭けて真犯人と対峙する前に、心は、由紀に会ってタイムスリップの話をします。
「ありがとう、信じてくれて」と、心。「超特ダネだけれど、記事には出来ない、胸の中に大切にしまっておく」と、由紀。

翌日(令和2年3月8日)。慰霊碑の前に心。そこに、来ないはずのみきおが、車椅子で近付きます。
「真犯人、本当に来ますかね?」と、みきお。真犯人が来たら殺すのかと尋ねるみきおに、「自首させます。罪を一生かけて償わせます」と、心。そこで、突然、「それは無理だよ、心先生」と、みきおが言い放ちます。みきおが車椅子から立ち上がって、後ろ手にナイフを隠し持っています。「みきおさん、立てるんですか?」と驚く心の腹部を、みきおが飛び込みざまに刺します。馬乗りになって止めを刺そうとします。「折角、歴史に残る完全犯罪をやり遂げたのに、犯人とし名乗り出るわけが無い」と、みきお。明音の首に残っていた小さな薄い痣は、子供の小さな手、加藤みきおの小さな手によるものだったのかと気付く心。

サイレンが鳴って、警官が慰霊碑の方に駆け付けている様子です。心が、事前に、慰霊碑に警官が来るよう仕向けていました。木村さつきを殺した犯人を名乗って、慰霊碑まで捕まえに来いと警察に電話していました。
「俺が犯人だという証拠はない」と、みきお。が、ポケットに忍ばせていたボイスレコーダーに心は、それまでのみきおの言葉を納めていました。それが公になれば、かつて小学五年生の加藤みきお、現在、成人した木村みきおが真犯人であることが明るみに出ます。

みきおは、心の止めを刺すのを止めて、微笑んでその場を立ち去ります。そこに霧がかかって、過去にタイムスリップ。
霧が晴れると、腹部に刺し傷を負ったまま、音臼小学校の校庭に心は横たわっています。ボイスレコーダーも、意識不明の心の右手前に落ちています。
目覚めると、そこは三島医院(?)の病室。カレンダーを見ると、1989.3.10です。本番の事件の2日前です。
加藤みきおが犯人だと、一刻も早く父の文吾に知らせたい心。半身を起こすと、目の前にはボトル入りのオレンジジュースがあります。

「心先生は負けた。だからここで死ぬ。佐野文吾の息子の死に場所としては最高」と、真犯人の声。
3月12日が赤丸で囲まれていて、そこに「お楽しみ会」と記されているカレンダーのある部屋です。「これで音臼小事件も全て終わり」と言う加藤みきおの手に、何故か、心のボイスレコーダーがあります。藍の夫の木村みきおが、「ジ・エンド」と言うまでの、慰霊碑前の音声、心との遣り取りの言葉が入っているボイスレコーダーが、小学五年生の加藤みきおの手の中にあります。

スポンサーリンク

『テセウスの船』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

公式ツイッター「おじいさんの古い斧」は、「音臼小大量毒殺事件」とそれ以前の連続事件の真犯人のアカウントという設定になっています。因みに、「おじいさんの古い斧」とは、刃は3度交換、柄は4度の交換。それでも、おじいさんの斧に変わりはないということで、「テセウスの船」と同義。
前回、第5話放送の直前には、「やっと一番欲しいものを手に入れたのに。邪魔するヤツは許さない。それが、誰であっても」とあり、放送直後は、「ずっと、欲しいものはたったひとつ。それを守るだけ。何をしてでも」と投稿されました。
次いで、2/19の投稿では、「念入りに、慎重に。幸せな未来に、もうあなたはいらない」とありました。ここから推理されることはひとつ。
実は歩ける車椅子生活者の木村みきおが、毒入りジュースで、入院中の義母・木村さつきを殺すという流れが予測されていました。これは、見事に大当たりでしたね。

で、今回の第6話放送の当日には、「まだ終わっていない。最後の通告をしよう。心さん、全部知ってるよ」とのことでしたから、かつての加藤みきお、現在の木村みきおが心の前に立ちはだかるものと予測されていましたが、こちらも、予想を裏切りませんでしたね。
今回迄のところでは、姉・藍(鈴)の夫、即ち、義兄に当たるみきおが、その小学五年生の時に、父・文吾を大量無差別殺人の真犯人に仕立て上げていたことになるのですね。

みきおが立った!真犯人は安藤政信と原作通り?

「クララが立った!」というシーンを思い起こさせる真犯人・木村みきお(安藤政信)とのラストシーン。

前回、視聴者に松尾紀子(芦名星)とのやりとりを「レコーダーで録音した?」と心配され学習した心…笑。
今度はちゃんとボイスレコーダーでみきおとの会話を録音!
それがよっぽどしてやったりで嬉しかったのか、犯人・みきおにこれ見よがしにレコーダーを見せてしまう心。
これには、なんでいつもいつも君は…と、視聴者から呆れる声が殺到しました。

それに比べて、小学生の加藤みきお(柴崎楓雅)くんは賢い!
ボイスレコーダーを手に入れ全てを知ったみきおくん。天敵となる心を生ませないため、身籠の和子(榮倉奈々)をターゲットにするとは。頭の回転が違います。

さて、真犯人は安藤政信(柴崎楓雅)さん扮する加藤みきおで確定なんでしょうか?

公式サイトでは、原作と異なる犯人と煽っています。
そして、7話予告で、「本当の犯人が動き出す」というテロップや、加藤みきおが「ねぇ次どうする?」と誰かに問いかけています。

こうなると、やはり5話で推理した音臼小学校の校長・石坂秀夫(笹野高史)が黒幕・真犯人のような気がしますね。
元々は校長・石坂秀夫と加藤みきおの犯行だった。木村さつきは、校長に音臼で起こった事件の真相と一緒にみきおを託された。

校長の犯行動機や、さつきがみきおを受け入れた理由は謎です。が、過去の段階の木村さつきが事件に関与しているようには思えない。また、金丸刑事は、犯人が子どもと睨んでいたので、加藤みきおにみすみす殺されるなんてことは考えられません(金丸刑事は中々出来る刑事だったので…)。

果たして、原作通りの展開となるのか?加藤みきおを操る真犯人がいるのか?
原作を大きく書き換える新しいドラマの作り方をTBSが試みるのか、楽しみですね。

『テセウスの船』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『テセウスの船』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。
 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

出典:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/