ドラマル

『テセウスの船』5話のネタバレ感想!さつき先生が怖すぎ!でも考察では犯人は貫地谷しほり?

2020年2月16日に放送されたドラマ『テセウスの船』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、父・文吾の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける!
その頃、姉・村田藍は、木村さつきに「正体を知っている」と脅されて…。

関連記事

ドラマ『テセウスの船』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『テセウスの船』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『テセウスの船』5話のあらすじネタバレ

父・佐野文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという松尾を名乗る人物が現れます。31年前に見たことを話してくれるという人物です。
田村心(竹内涼真)は、週刊誌記者の岸田由紀(上野樹里)を誘って、宮城拘置支所の文吾に面会し、冤罪を晴らす証言者が現れたことを報告します。
その事前には、今は村田藍(貫地谷しほり)を名乗っている姉の鈴にも、証言者が現れたことを告げると、自宅にいた鈴は、「良かった。これでやっと父を助けられる」と喜びます。その様子を隠しカメラ映像で見ている義母の木村さつき(麻生祐未)がいます。

さつきは、藍が文吾の娘の鈴であるのを知っているのですが、息子(養子)の木村みきお(安藤政信)には、そのことを隠しています。騙され続けているみきおが可哀そうだから、そのことは内緒にしておくと言って藍を脅しています。
さつきは、「音臼小、被害者の集い」に由紀が来て、そして、文吾の冤罪を晴らす証言者を求めたことを怒っています。「佐野の死刑を願っている人は大勢いるのだから、そんな証言は困る」ということで、藍から証言者の氏名を聞き出そうとします。弟の心から、藍は証言者の名前を知らされていると考えています。

翌、月曜日に松尾に会う約束を取り付けた心。由紀は、それに同行し記事にしたい旨を心に伝えます。が、結局、面会約束日の直前になって、「今回の件は無かったことにして…」と証言拒否の連絡。娘から、家族を巻き込むなと証言を大反対された模様です。

心は、直接、松尾家を訪ね、何とか証言を得ようとします。
由紀も、心に同行して松尾の証言を引き出し、その取材で得た材料で特集記事を書こうとします。が、パワハラ編集長(松澤一之)に、文吾の冤罪事件を追うのを阻止され、別の仕事を押し付けられます。で、心の同行は適いません。
編集長に命じられた仕事を終えた後、由紀が松尾家の門前に駆け付けますと、雨の中、心がそこに小さく丸くなって座り込んでいます。心が体を壊してしまうのを心配した由紀は、心を部屋に連れ帰ります。心が冷え切った体をシャワーで温めている間、買い物に出掛けた由紀が「鍋料理」を作ります。

拘置所の文吾を松尾が訪ねます。
松尾紀子の旧姓は「佐々木紀子(芦名星)」であり、文吾は、その名をよく覚えていました。
松尾、旧姓の佐々木紀子とは、服毒(青酸カリ)死した村の新聞配達員・長谷川翼(竜星涼)と同棲していた婚約者です。
紀子は、文吾の冤罪を晴らす証言が出来ないことの謝罪に訪れていました。「取り返しのつかないことをして、本当に申し訳ございませんでした」と言う紀子に、「苦しかったですね、紀子さんも。何かを守る為に、何かを犠牲にしなければならないことがあります」と、文吾が逆に紀子を慰めます。「これからは自分を大切にして生きて下さい。幸せになってください。わざわざ来てくれてありがとう」と、文吾が言葉を繋ぎます。

今はとりあえず証言を拒否することになっている松尾と名乗る人物が、旧姓、佐々木紀子だと知ることになるさつき。父・木村敏行(不破万作)の経営するメッキ工場のパート事務員だった紀子。
さつきは、メッキ工場閉鎖の整理の際、紀子の私物が事務室に残っていたので、それを返却したいという名目で住所を聞き出し、八王子に居住している紀子に会うことになります。
ついては、紀子の家に藍を送り込む作戦のさつき。最初から、自身が直接行ったら警戒されるので、まずは藍に行かせて、そして、文吾の娘の鈴だと名乗らせたうえで、証言をしないよう頼もうという作戦です。さつきの作った毒入りの「芋ようかん」が、かつてのパート従業員へのお土産です。

人間味溢れる優しさを持つ文吾に会った紀子が、気持ちを翻して、やはり、証言してくれることになります。その連絡を受けた心が、藍と由紀にその旨を報告し、単身、紀子の家に一番乗りで入ります。
紀子は、既に夫に先立たれていて一人暮らしです。そこに、さつきの指示で動かされている藍が「芋ようかん」を手に、やって来ます。
ことの発端は、長谷川翼にメッキ工場から青酸カリを盗み出すよう紀子が命じられたこと。三島明音の拉致監禁事件では、何者かの指示通りに明音を殺害できず、それで自ら服毒自殺していた長谷川。
自分が盗み出した青酸カリで婚約者の長谷川が死んで怖くなった紀子は、雪山に死に場所を求めます。で、その時、雪山奥に分け入ったところで、何者かによって金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)刑事が崖下に突き落とされるのを目撃します。吹雪いていて、犯人の顔は良く見えていませんでしたが、「未来のことが書かれているノートがある」という言葉が紀子の耳に届いていました。で、そのノートを拾った場所の崖下を差し示す人物により、金丸刑事は転落死させられていました。それを目撃した紀子は怖くなり、自殺するのを止めて、音臼村から離れました。
別の場所に転居し、音臼村での出来事を忘れるようにして暮らして来ました。

金丸を突き落とした人物、つまり、金丸殺しの犯人について、「思い当たる人物がいます」と、紀子が心に犯人名を告げようとした時、藍が、さつきの指示通り、渡されていたカプセル(毒物)を飲みます。
藍は気を失って、ソファーから転げ落ちます。藍は病院に緊急搬送されますが、とりあえず命に別状無しで、お腹の子も無事です。
藍と心がいなくなった紀子の家に、さつきが乗り込みます。で、その後、何者かの通報で紀子の家前に救急車が駆け付ける中、証言者の紀子は死亡し、そして、さつきも宅内に倒れていて、救急車で病院に運ばれます。それを、藍の無事を確認後に再び現場に戻った心と由紀が見送ります。
心は、さつきが何故、ここにいるのかと訝(いぶか)ります。

病室のさつきが、「命がけだったけど、うまくいった」と、呟いています。全てが、さつきの描いた「絵図」だったようです。
さつきが藍に要求したのは、紀子が心に肝心な部分の証言をしようとする直前に、カプセル(クスリ)を飲むことでした。「大丈夫、死にはしない。あなたに選択肢は無い」と言われ、その指示通りに実行した藍。その結果、紀子の証言を得るより先に、藍を病院に運ばなくてはいけなくなった心。で、その隙を狙ったさつき。紀子を残して誰もいなくなった家に入り込んで、お土産の「芋ようかん」を紀子に食べさせることに成功していたさつき。さつきは、藍に飲むよう指示したものと同じカプセルを、紀子殺害後に服用したものと思われます。

スポンサーリンク

『テセウスの船』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

原作なら、木村さつきは、佐々木紀子を包丁で刺殺です。まだ、確定されてはいませんが、本ドラマでは「芋ようかん」での服毒死ということになるのでしょうかね。そのあたりの詳細は、まだ明らかになっていませんが、おそらく、そういう流れだろうと推測します。

それにしても、藍こと鈴は、何故、車椅子生活者の夫・木村みきお(安藤政信)との現状生活を、父の文吾の冤罪を晴らすこと以上に優先させているのか、その理由が良く分かりませんね。素姓がバレている義母(さつき)に脅され続ける生活で良いのでしょうかね。そのあたりを視聴者に納得させるには、それなりの理由が必要になりますね。どう納得させて貰えるのかに期待したいと思います。
特に、「芋ようかん」が毒入りだと、うすうす気付いているのに、それをお土産として紀子宅に運び入れたのは藍こと鈴ですから、もう、さつきの共犯者として弁解のしようがない状況になっていますからね。

さつき先生が怖すぎ!でも考察では犯人は貫地谷しほり?

5話は、麻生祐未さん演じる木村さつき先生が怖すぎましたが、文吾と松尾紀子(芦名星)、心と由紀とのやり取りでは感動させられました。
でも、多くの人の注目点は、心が紀子の証言を録音していたかでしたが…。

さて、どうやらさつき先生が犯人と共謀している?
もしくは犯人を庇っているということで間違いなさそうですね。
ですが、どうやら真犯人はそんなさつきをも6話で手にかけてしまうようです。

気になる真犯人は誰なのか?
物語が半分終わったので、ここで考察してみたいと思います。

考えられる犯人候補は以下の7人。

1.加藤みきお/木村みきお:安藤政信
2.井沢健次:六平直政
3.徳本卓也:今野浩喜
4.石坂秀夫:笹野高史
5.田中正志:せいや(霜降り明星)
6.田村鈴:貫地谷しほり

では順番に犯人を考察していきます。

1.加藤みきお/木村みきお:安藤政信
実は原作の犯人は加藤みきお。犯行の理由は鈴のことが好きだったからという子どもらしいものです。
ですが、原作者が「ドラマは原作と犯人が違うと聞いています」と発言していることから、怪しいですが、原作者に違う伝えた制作陣の言葉を信じて、犯人ではないと考えます。

2.井沢健次(六平直政)
3.徳本卓也(今野浩喜)
井沢と徳本は、物語の中で今まで全くもって事件と絡んでいないので、ここから犯人とするには、いささかストーリーが強引過ぎるので除外。

4.石坂秀夫(笹野高史)
犯行現場である音臼小学校の校長ですし、趣味が絵を描くことであるなど、犯人像にあてはまります。
また、校長ならば町の誰もが安心して接近を許すでしょう。
長谷川翼(竜星涼)は、校長に何か弱み(ロリコン)を握られていた。木村さつきは、校長先生と特別な関係があったと仮定。
そして、金丸刑事も校長の言うことなら信じて動くでしょう。
よって、校長・石坂秀夫は犯人有力候補です。

5.田中正志(せいや)
犯人と思わせるような顔をしていましたが、ミスリード。
火事で死ぬはずの父・田中義男(仲本工事)が、学校に連れていかれてわざわざ殺されるなど、「介護疲れで犯行を」と思ってもしまいますが、さつきと結びつかないし、ドラマ初出演でこの大役はないかと…。

6.田村鈴(貫地谷しほり)
心の姉ですし犯人だというのはありえませんが、もし鈴ではなく、貫地谷しほりさんが「三島明音」だとすれば腑に落ちる点があります。
まず、なぜ心の姉(鈴)ではないと思ったかですが、それは5話での鈴の不可解な行動。なぜ紀子との話をさつきの言う通りに阻止したのかが不明だし、そもそもなぜ事件解明のチャンスを逃そうとするのか?
それは、実は自分が村田藍でも田村鈴でもなく、三島明音であるということがバレてしまうからではないでしょうか?
では、なぜ三島明音が犯行をおかしていたかですが、加藤みきお(木村みきお)のことを幼少期から好きだったのではないでしょうか?
明音は、みきおが鈴を好きなことを知っていた。だから、鈴が邪魔だった。
と考察しましたが、先(最初)の過去では、明音は殺されています。
ですので、明音が犯人だとすると、一つ前の過去と今の過去の犯人が変わってしまうことになるので、三島明音が田村鈴と入れ替わっているという説はないでしょう。

ということで、原作の加藤みきお(安藤政信)が犯人でないならば、音臼小学校の校長・石坂秀夫(笹野高史)が真犯人であると予想します。

『テセウスの船』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『テセウスの船』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!
それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

出典:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/