ドラマル

『テセウスの船』3話のネタバレ感想!ユースケは殺された?よいおっさん・金丸茂雄が掴んだものとは?

2020年2月2日に放送されたドラマ『テセウスの船』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、釈放された心の元に、逮捕される時にノートと共に捨てたはずの免許証が届く!
そんな中、真犯人が再び奇妙な絵で新たな犯行を予告する。次なるターゲットは…。

関連記事

ドラマ『テセウスの船』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『テセウスの船』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『テセウスの船』3話のあらすじネタバレ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件(千夏毒殺、明音拉致監禁、長谷川翼毒殺)の容疑をかけられ、金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)刑事に逮捕されます。
その際、一旦、金丸から逃れ、由紀(上野樹里)ノートと未来の年号が記されている自分の免許証を崖下に投げ捨てていた心。父・佐野文吾(鈴木亮平)が大量無差別殺人を犯して死刑囚になることを知られたくない心。それを知られる前に、出来ることなら、その事件そのものを回避させたいということでしょうか。

が、ほどなく物証不足で釈放される心。県警留置所から、父母、兄弟のいる音臼駐在所に戻る心。――佐々木紀子(芦名星)がパート先の木村メッキ工場から青酸カリの小瓶を持ち出し、それを長谷川翼(竜星涼)に渡し、それで明音を拉致監禁した長谷川が青酸カリ中毒死したものと推理する文吾。いずれにせよ、由紀ノートでは、この事件後、紀子が中毒死するはずでしたが、それに代わって長谷川が死にます。ここでも過去が変わりました。

ともあれ、心が再び駐在所で寝泊まりすることになって、ひっきりなしの電話。「人殺しを匿うのか」ということで、嫌がらせの電話です。文吾に対する村民の風当たりが強くなっています。そんな中、駐在所ポストに捨てたはずの免許証が投函されます。年号部分がマジックで塗り潰されています。

その後日。
加藤みきおが職員室に走り込み、校門に変な絵があると報告します。
泣いている少女に「S」マークが被せられていて、つまり、この絵が暗示するところは、鈴(白鳥玉季)が狙われている、ということになりそうです。
そして、更に、音臼小学校の心のクラスに、送り主不明のオレンジジュースが届きます。ジュースの容れ物の箱には、「21」という文字が手書きされています。青酸カリによる無差別殺人で21人の死者が出ることを知っている人物からの届け物と考えられます。ノートを拾った者(真犯人)からの、挑戦状という意味での届け物です。毒入りではないようですが、ジュースを回収する心。

もはや、これ以上の事実隠蔽は不可能とみて、文吾に新聞記事の内容を伝えます。大量無差別殺人事件を伝えます。――「6年生を送るお楽しみ会」は三月の卒業式前の休日に実施される恒例行事。ジュースに青酸カリが混入されて、21人が死亡。その内訳は、児童18人、職員3人。文吾がその犯人であり、そして、「あなたが私の父」なのだと伝えます。和子のお腹にいる子が、自分だと告げます。文吾は、自分が大量殺人犯と聞いて取り乱し、そして、怒り出します。心を駐在所から追い出します。

駐在所を追い出された心は金丸刑事に会いに行きます。
県警刑事を動員することは出来なくても、自分一人ならどうにでも動けると言う金丸刑事。金丸は、心の言葉の中の真実に気付いて、その日は、仙南警察署の宿泊設備を提供。翌朝から、心を伴って金丸刑事が動きます。

金丸刑事の部下・仙南警察署刑事、森(加治将樹)が文吾のいる駐在所にやって来て、山小屋で発見された三島明音の意識が戻り、そして、長谷川に監禁されたと証言していることを伝えます。

音臼小学校で寝泊まりすることになる心を金丸刑事が車で送ります。絶対に単独行動をしないこと、必ず、事前連絡することを心に約束させて、金丸刑事は帰ります。
小学校で宿泊して、そして、奇妙な絵を見付ける心。それはキツネ二体に挟まれる鈴と思われる少女の絵です。その場所は、長谷川が服毒死していた祠(ほこら)の前。心は、そこに走ります。

金丸刑事が無線で文吾に連絡。奇妙な絵を発見したという心からの連絡を受けた金丸は、心が、単独で祠に向かうであろうことを心配してその警護を依頼します。
金丸自身は、文吾の大量殺人を止めることになるはずの捜査に向かう為、今は、心の元に駆け付けられないので、文吾に心の身の保全を頼みます。――その頃、心は、神社で青酸カリの小瓶を発見していましたが、その時、何者かに背中を押されて石階段を転げ落ちます。小瓶が割れて掌を切ります。そこに文吾が駆け付けて止血、病院に急ぎます。文吾が前を歩いて鳥居を潜ります。

その頃、金丸刑事は何者かによって崖上に誘導され、そこから突き落とされます。

文吾の後ろを歩いていた心は、神社の鳥居手前でタイムスリップして現代に戻ります。――スマホ検索で大量無差別事件の経緯を見ますと、やはり、文吾が犯人として逮捕されていて、過去は変わっていません。ただし、母の和子(榮倉奈々)が文吾の死刑判決確定後に一家心中を図り、兄の慎吾(番家天嵩)とともに他界していました。鈴(白鳥玉季)と、生まれたばかりの赤ん坊の心は、なんとか生き延びているようですが、タイムスリップで、過去に戻ってからの心の行動により、母と兄を死なせています。

スポンサーリンク

『テセウスの船』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

1/29、第3話を前に、「犯人考察大会」があったようです。ガル探偵学校の生徒、講師(現役探偵)を前に、主演の竹内涼真さん、映画コメンテーターの赤ペン瀧川さんも参加。そこに、原作者の東元俊哉さんからの手紙が届き、「ドラマは原作と犯人が違うと聞いています」との声明文。竹内さんも、これには随分と驚いた様子。で、探偵学校生徒の犯人当ての、その第一位候補は、「木村さつきと車椅子の男」とのことでした。犯人は原作とは違うという前提にしては、あまり気の利いた答えにはなっていませんが、もし、本当に、原作とは違う真犯人ということになれば、これは、新手法の開拓です。犯人が分かっていて、それは動かせず、あとは、着地点の微妙な違いで、ドラマとしての自己主張をするという形が多かったことを思うと、これは新しい試みです。

原作者以外の人物がそれを言ったとしたら僭越であり、傲慢の誹りを免れませんが、原作者自身が言う分には、たぶん、構いません。故K・Iさんのように、セリフなども含めて一切の変更を認めなかった「漫画原作者」がいる中、こういう柔軟な感性の原作者が多くなれば、今後、多くの推理ドラマが、更に面白くなりそうですね。原作が存在するドラマでも、YouTubeでの「考察(犯人当て)」が可能になり、盛り上がりそうですね。

ユースケは殺された?よいおっさん・金丸茂雄が掴んだものとは?

「ドラマは原作と犯人が違うと聞いています」という原作者・東元俊哉さんの言葉を受け、益々、ドラマ『テセウスの船』が面白くなってきましたね。

おそらく、真犯人に殺されてしまった金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)。

文吾に「あいつひとりじゃ危ない 助けてやってくれよ、親父殿」と、車のナンバー【4103】通りの「よいおっさん」ぶりを出し死亡フラグ立ちまくりだったから、「ユースケさん死んじゃう!」って思った矢先に、案の定やられてしまいましたね。

金丸刑事は何に気づいたんでしょう。
左手を見て何かに気づいていたようですが…分からない。
でも、犯人に近づいた金丸刑事が即排除されたことを考えると、犯人は警察関係者?
公式チャートにいないけど、金丸の相棒刑事・森(加治将樹)も犯人候補とすべきかな。

それにしても、鈴木亮平さん演じる佐野文吾の「アントニオ猪木×腹踊り」が最高でした。
大河ドラマ『西郷どん』の時よりも引き締まった鈴木亮平さん。役作りが凄いし、本当に素晴らしい踊り…もとい演技で魅了されます。

『テセウスの船』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『テセウスの船』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。
 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。
音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

出典:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/