ドラマル

2021年6月17日

『ただ離婚してないだけ』原作ネタバレ!ドラマ最終回までのあらすじ・視聴率・結末考察

ドラマ『ただ離婚してないだけ』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

北山宏光さん主演の連続ドラマ『ただ離婚してないだけ』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『ただ離婚してないだけ』全話ネタバレ完了済み(2021年9月30日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『ただ離婚してないだけ』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Paravi」で第1話から最終回までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ただ離婚してないだけ』の基本情報

  • タイトル:ただ離婚してないだけ
  • ドラマ公式URL
    https://www.tv-tokyo.co.jp/tadarikon/
  • ドラマ公式Twitter
    https://twitter.com/tx_tadarikon
  • 主演:北山宏光
  • ジャンル:不倫サスペンスドラマ
  • 放送局:テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送、テレビ和歌山、びわ湖放送
  • 放映日時:水曜・深夜 0:00 – 0:40
  • 放送開始日:2021年7月7日

概要(見どころ)

『ただ離婚してないだけ』は、本田優貴の同名漫画を原作とする不倫サスペンスドラマです。

結婚生活7年目を迎えた冷めきった夫婦、夫・柿野正隆(北山宏光)、妻・柿野雪映(中村ゆり)が、夫の不倫をきっかけに引き起こす事件から、夫婦の関係を「最悪」から「希望」へと変えていく姿を描いた物語です。

キャスト一覧

  • 柿野正隆(かきの・まさたか):北山宏光(Kis-My-Ft2)
    フリーライター、生い立ちに葛藤を抱えている
  • 柿野雪映(かきの・ゆきえ):中村ゆり
    正隆の妻、小学校教師
  • 夏川萌(なつかわ・もえ):萩原みのり
    正隆の不倫相手、新聞配達とガールズバーのバイトを掛け持ちして弟との生活を支える
  • 夏川創甫(なつかわ・そうすけ):北川拓実(少年忍者/ジャニーズJr.)
    萌の弟、少年院上がりのヤンキー
  • 佐野義文(さの・よしふみ):深水元基
    萌の彼氏、萌が働くガールズバーの経営者、多額の借金を抱えている
  • ほのか:大原優乃
    萌が働くガールズバーのアルバイト店員
  • 中浦菜穂(なかうら・なほ):西川可奈子
    雪映の妹
  • 陽菜:道上芳果
    菜穂の娘
  • 薮浩二役(やぶ・こうじ):山口祥行
    仁科の舎弟
  • 柿野利通(かきの・としみち):団時朗
    正隆の義理の父、柿野製薬の元社長
  • 柿野利治(かきの・としはる):武田航平
    正隆の弟、利通の実の息子、柿野製薬の社長
  • 明子:中原翔子
    正隆の母
  • 池崎康介(いけざき・こうすけ):甲本雅裕
    少年課の刑事、創甫のことを気にかけている
  • 仁科徹(にしな・とおる):杉本哲太
    佐野にお金を貸している、どんな手段も厭わない

スタッフ一覧

  • 原作:ただ離婚してないだけ
    作者:本田優貴
    出版社:白泉社
    雑誌・レーベル:ヤングアニマルコミックス
  • 監督:安里麻里、角田恭弥、松本拓
  • 脚本:田中眞一、清水匡、安里麻里
  • 主題歌
    曲名:Fear
    歌手:Kis-My-Ft2
    レーベル:avex trax
  • チーフプロデューサー:山鹿達也
  • プロデューサー:松本拓、矢崎ゆうこ、中野剛、加藤毅
  • 制作:テレビ東京/ジェイ・ストーム/東映ビデオ
  • 製作著作:「ただ離婚してないだけ」製作委員会

各話の視聴率

『ただ離婚してないだけ』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『ただ離婚してないだけ』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話7月7日★★★★★
2話7月14日★★★★★
3話7月21日★★★★★
4話7月28日★★★★★
5話8月11日★★★★★
6話8月18日★★★★★
7話8月25日★★★★★
8話9月1日★★★★★
9話9月8日★★★★★
10話9月15日★★★★★
11話9月22日★★★★★
12話・最終回9月29日★★★★★

『ただ離婚してないだけ』の原作ネタバレ

ドラマ『ただ離婚してないだけ』は、ヤングアニマルにて2018年から連載されていた本田優貴による漫画が原作です。コミック全5巻で物語は完結しています。

主人公は夫であるフリーウェブデザイナーの柿野正隆(かきの・まさたか)、妻である高校教師の雪映(かきの・ゆきえ)の二人です。

二人の夫婦関係は、まさに「ただ離婚してないだけ」の冷めきった関係。夫婦は雪映が身籠った赤ちゃんを流産してから、お互い向き合う事ができなくなっていました。
無気力に夫婦関係を続ける正隆でしたが、結婚生活を継続させるための唯一の秘訣がありました。それは息抜きに不倫をするということ。

不倫相手は夏川萌(なつかわ・もえ)という17歳の新聞配達員の少女です。雪映も薄々正隆の行動に気づいてはいましたが、ある日正隆は出張と偽り萌と二人で不倫旅行に出かけます。
旅行先で正隆は、萌から妊娠したことを告げられます。話し合いの結果、赤ちゃんを中絶することになります。
中絶費用を捻出するために家のお金に手を付ける正隆ですが、この事により、出張費と偽りホテル代を払っていたことも含め、萌との不倫が雪映に発覚してしまいます。

正隆は不倫を認め、萌との関係を断つことにします。
そして三か月後、雪映が妊娠します。お腹の子の父親は当然正隆です。

萌を殺害して隠蔽

萌は正隆に捨てられたショックから、柿野家へ嫌がらせをするようになります。はじめはいたずら電話程度でしたが、車へのいたずらもされ正隆は嫌な予感を感じます。

ある日、萌は直接柿野家へ訪問します。無理矢理柿野家に入り込むと、雪映が妊娠していることを知ってしまいます。
逆上した萌は刃物で切りかかります。止めに入った正隆は、雪映に切りかかる萌ともみ合ううちに、勢いのままカーテンの紐で萌の首を絞め、殺してしまいます。
雪映を守るためとはいえ人を殺してしまった正隆は、警察に自首することを決意します。しかし、雪映はこれから赤ちゃんが産まれてくるのに父親がいない環境はかわいそうと、隠蔽の打診をします。
結果、家の庭に死体を埋めることにした二人でしたが、その一件によるストレスから夫婦喧嘩が絶えなくなってしまい、雪映は柿野家を出て実家に帰ることになりました。

その頃、柿野家に佐野義文(さの・よしふみ)という男が訪問してきます。
佐野は萌の彼氏であり、萌の浮気相手が正隆であるということを知り、関係を問いただすためにやってきたのでした。
正隆は居留守を使いやり過ごしますが、佐野の訪問により、萌の死体隠蔽が発覚してしまうことを恐れた正隆は、佐野の行動を観察することにしました。

萌が働いていていたガールズバーに行き、佐野の顔を確認しに行きます。しかし、逆に佐野にばれてしまい自宅まで後を付けられてしまいます。

そんな中、雪映の母から連絡が入ります。内容は雪映が自宅2階から飛び降りて病院に運ばれたというものでした。
慌てて病院に駆けつける正隆でしたが、途中、遮る佐野ともみ合いになり所有していた萌の携帯を奪われます。

雪絵は妊娠による鬱病との診断でした。庭に合った草木がクッションとなり、幸い症状は軽症です。
正隆は病院から自宅に帰宅すると、自宅前で佐野が待ち伏せをしていました。萌の死の容疑をかけられた正隆は、怒って佐野を階段から突き落とし、気絶させます。そして正隆はそのまま佐野を監禁します。

翌日、雪映は無事に退院することになりました。退院先は実家ではなく、柿野家に戻りたいと言います。柿野家では佐野を監禁しているため、正隆はそれとなく止めますが、結局柿野家に帰ることになりました。

1階で料理していた雪映は、2階の部屋から物音がすることに気づきます。2階の部屋には佐野が監禁されています。
様子を見に行った雪映は佐野の監禁を知ってしまいます。正隆は佐野のことを雪映に打ち明けると、雪映は冷静に佐野を殺すようにと言い放つのでした。

萌の彼氏・佐野も殺害

勢い余って萌を殺してしまった正隆でしたが、明確な殺意を持って佐野を殺すということができません。
佐野をしつけた雪映から、佐野は借金取りに追われる立場で、姿が見えなくなっても誰も気にする人がいないということが分かります。
正隆は、佐野を殺せないままこのまま監禁を続けることにしました。

その頃、庭に埋めた萌の死体からハエが湧き悪臭がするようになります。慌てて死体を埋めたために、穴が十分な深さではなかったのです。雨の日の夜に埋め直すことにします。

正隆が庭を掘り返していると、ちょうど雪映の妹家族がやってきてしまいます。妹夫婦の子供に佐野の姿を見られてしまいますが、正隆はなんとかごまかすことに成功します。
妹家族の帰宅後、佐野は正隆から激しい暴行を受けてしまいます。
そして8か月の月日が流れます。

柿野夫婦は、温泉旅行に出かけています。二人はすっかりこの生活に馴染んでいました。佐野は理性を失い、動物のようにご飯を貪り食っていますが、これは夫婦を油断させ脱出の機会を狙う佐野の演技でした。割れた食器の破片を隠し持ち首輪を外した佐野は、柿野家からの脱出に成功します。

ボロボロの格好で外に出て助けを求めた佐野でしたが、ちょうどハロウィンの日で、佐野の行動も周りの人から見ればパフォーマンスに見えてしまいます。
長い監禁生活による体力の低下から、佐野はすぐに柿野夫婦に捕まってしまい、再び柿野家に連れ戻されてしまいます。
同じようなことが起きてしまうことを恐れた正隆は、殺意を持った殺人に怯えながらも佐野を殺すことを決意します。

翌日になり、萌と同じように首を絞めて殺すことを決めた柿野夫婦。極限状態の中、佐野に手を掛けます。佐野は諦め、無抵抗で殺されてしまいました。

雪映が無事に赤ちゃんを出産

これで柿野夫婦の殺人を知る者はいなくなりました。しかし、佐野を殺したショックで正隆はどこか精神に異常をきたすようになりました。雪映から出産の連絡が入った際、正隆は自分の首を絞めていたのです。以後、正隆は自分の首を絞める事が癖となってしまいます。

雪映は無事に赤ちゃんを出産します。赤ちゃんが産まれたことで、外見上は幸せな家庭そのものです。柿野夫婦はこのまま幸せに生きていくことにします。

結婚して9年の月日が流れました。
夫婦の関係は表面上はすっかりと修復、改善され、幸せな時を過ごしていました。夫婦は、萌と佐野を殺したという秘密を共有したことで絆が深まり、赤ちゃんが産まれたことでそれがさらに強くなったのでした。皮肉にも殺人と隠蔽により夫婦関係が良好になったのです。

正隆の精神状態が限界に

ある日の夕食の時、ふいに警察が柿野家に訪れます。失踪した萌の行方を追っている警察官でした。警察官は萌が新聞配達で柿野家に出入りしていたことを把握しています。
「料金の支払いの時に顔を合わせているはずですが。」と問いかける警察官に、しどろもどろになる正隆でしたが、雪映はきっぱりと「知りません。」と言い放ちます。
もし何か思い出したら連絡すると雪映が警察に言いますが、気づけば正隆の目からは涙があふれ出ていました。正隆は自分が涙を流していることに自分で驚いています。
正隆はそのままその場に崩れ落ちてしまいます。仕事のし過ぎで疲れているから休もうとフォローする雪映でしたが、正隆は顔を覆ったままです。
正隆の目を見た雪映の目からも涙が流れ出します。赤ちゃんが産まれ幸せな家庭を築いても、あれからずっと、正隆の精神状態は極限状態のままだったのです。
「ごめんなさい…全部話します。」正隆がそう警察官に話したところで、物語は終わります。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』の最終回ネタバレ・結末考察

ドラマ『ただ離婚してないだけ』の原作漫画は完結(全5巻)しています。

ドラマ版では、柿野正隆の職業がフリーウェブデザイナーからフリーライターに、柿野雪映の職業が高校教師から小学校教師に設定変更されていますが、物語を大きく変更するような違いではありませんので、原作通りの結末を迎えると予想します。

最終回は、漫画のラストと同じく、一見すると幸せな生活を送っていそうだった柿野夫婦の元に警察官が訪れてきて、萌の件を問い質されます。
しらを切る2人でしたが、押さえていた気持ちを堪え切れず、涙を流しながら萌と佐野の殺害を自供する結末となります。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』各話のあらすじ

2021年7月7日からテレビ東京系にて放送開始される北山宏光さん主演の連続ドラマ『ただ離婚してないだけ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

冴えないフリーライターの柿野正隆(北山宏光)と、小学校教師の雪映(中村ゆり)は、結婚7年目となる夫婦。
正隆の雪映への思いは冷めきっており、関係は「ただ離婚してないだけ」。しかも正隆には新聞配達員の夏川萌(萩原みのり)という不倫相手がいました。
萌は、ガールズバーのバイトも掛け持ちしており、少年院上がりの弟・創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)と二人暮らし。

ある日、萌が正隆に、一緒に温泉旅行に行きたいと誘います。
しかし、萌とはセフレのようなドライな関係と割り切っていた正隆は、「俺たちはそんな関係じゃないだろ」と無下に断りました。

が、その夜、テレビのニュースに映る父・柿野利通(団時朗)と弟・柿野利治(武田航平)の姿を見て、気持ちが変わります。
大手製薬会社・柿野製薬の会長である利通は「父」といっても、正隆が母・明子(中原翔子)の連れ子だったため、「継父」。そのため、一切愛情は注がれず、のけ者扱いされていました。
一方、利通の実の子であり、正隆の弟である利治は、家族皆から愛され、今では利通から継いで社長となり華々しい人生を送っていました。

幼い頃の孤独な記憶に苛まれた正隆は、萌と共に温泉旅行に行くことに。
その旅先で、思いもよらぬ告白を受けます。妊娠したかもしれない、というのです。
正隆の顔が青ざめます。
かつて、雪映が流産した時、泣きじゃくる雪映を尻目に正隆はどこかほっとしていました。それは、家族の愛を知らない正隆が、家族というものに向き合うことに恐れを抱いていたためでした。

2話のあらすじネタバレ

不倫相手の夏川萌(萩原みのり)から妊娠を告げられた柿野正隆(北山宏光)は、即座に、堕胎するよう命じます。
萌としては産みたい気持ちがあったのですが、大好きな正隆のためならばと自分の気持ちを押し殺して受け入れました。

自宅に戻った正隆は、子供を望んで産婦人科へ通う妻・雪映(中村ゆり)の診察券を見つけます。
すると、うんざりしながら「子供なんていらねぇだろ」と吐き捨てたのでした。

今でこそ冴えないフリーライターをしている正隆も、以前は、柿野製薬に勤務。雪映とは、その職場で知り合いました。
正隆は勤勉かつ優秀で、その働きのおかげで柿野製薬の業績は大幅にアップ、事業も拡大。次期社長は正隆に違いないと、重役の誰もが、そして正隆自身も思っていました。
しかし、父・利通(団時朗)は、弟の利治(武田航平)を次期社長に指名。もともと、血の繋がっていない正隆を後継者候補として見ていなかったのです。
これに絶望した正隆は、柿野製薬を辞め、人生は荒れていく一方となったのでした。

中絶手術を決意した萌は、しかし金銭的な余裕がなかったため、費用については正隆に工面してもらうことに。
20万を受け取ります。そのとき、「クリニックから手術の日に付き添い人が必要だと言われているので来て欲しい」とお願いします。正隆は、そっけなく「わかった」とだけ返しました。

けれど、手術当日、正隆はクリニックにやって来ませんでした。
仕方なく、麻酔の影響で足がおぼつかないながらも、一人でクリニックを出た萌。正隆に「会いたい」とメッセージを送ります。

メッセージを受け取った正隆は、気が進まないながらも待ち合わせ場所へ。
まずは、手術が済んだことを確認します。
萌は、ちゃんと堕胎したことを報告し、寂しさを埋めたくて正隆に抱きつこうとします。が、正隆はそれを拒み、「仕事の途中だから」と素っ気無く立ち去ってしまいました。
その後ろ姿を見ながら、涙が込み上げてくる萌は「もし…もしわたしがどうしても産みたいって言ってたら、正隆さんはどうしてた?」と問い掛けるように一人呟いたのでした。

3話のあらすじネタバレ

柿野正隆(北山宏光)との子供を堕胎した夏川萌(萩原みのり)は、手術の日以来、正隆から連絡を無視され、不安を募らせます。
そんな折、術後の不正出血で産婦人科へ行くと、偶然、正隆の妻・雪映(中村ゆり)に出くわします。
他人を装って「何ヶ月ですか?」と声をかけると、「今、不妊治療の最中で…」との返答が。これを萌は、正隆が妻と子作りしようとしていると勘違いし、私には堕ろさせたのに…と深い悲しみに襲われました。

それからというもの、しつこく正隆にメールを送ったり、自宅に無言電話をしたりと、徐々に行動がエスカレートしていく萌。時には、リストカットによる自殺未遂も。同居している弟・創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)の制止で、なんとか事なきを得ます。

一方、正隆が銀行口座から引き出した20万円を不審に思う雪映。
浮気を疑いながらも、しかし問い詰めることはせず、ただただ正隆を思い遣り、「自暴自棄にならないで」「私は絶対にあなたを見捨てないから」と声をかけ、やさしく抱き締めます。
その献身的な愛情に絆された正隆は、雪映からのキスを受け入れ、夜を共に過ごすことに。
この日、正隆は萌に「別れよう。今までありがとう」とメッセージを送りました。

しばらくした後、雪映が念願の妊娠。
産婦人科の待合室で、げっそりとやつれた萌に声をかけられた雪映は、妊娠したことを明かします。
これにショックを受けた萌は、その日の夜、正隆の自宅へ。包丁を手にして雪映へ襲い掛かります。
それをなんとか食い止めようと、激しくもみ合う正隆と萌。
反動で、萌の腹に包丁が刺さってしまい、萌は絶叫とともに絶命してしまうのでした。

4話のあらすじネタバレ

絶命した夏川萌(萩原みのり)を見て柿野雪映(中村ゆり)は警察に通報しようとしますが、それを柿野正隆(北山宏光)が制止。
遺体を裏庭に埋め、普段通り過ごすよう雪映に命じました。

翌日、雪映は足取りが重いながらもなんとか出勤。
正隆もフリーライターの仕事をしようとパソコンに向かいますが、萌の幻がちらつき、まったく集中できません。それどころか、食事も喉を通らず、睡眠もままならず、徐々にやつれ狂っていきます。
夫婦の会話も無くなり、また冷めきった関係に逆戻り。
雪映は、そんな正隆に苛つきます。萌を妊娠させ、それを堕ろさせて精神的に追い詰め、挙句の果てに殺害してしまった、その身勝手さを責め、「もうついていけない!」と言い放ちました。

翌日、雪映は堕胎を決意し、産婦人科へ手術を申し込みます。
しかしその夜、萌を殺してしまった罪の意識に耐えかね、子供のように泣きじゃくりながら「ごめんなさい、ごめんなさい…」と謝罪の言葉を繰り返す正隆。雪映に「一緒にいてくれ…」と縋りつきます。
そんな正隆を放ってはおけず、雪映は、あやすように抱き締めました。そして、萌が乗り込んできた日に告げようとして機を逃してしまった妊娠の報告を、ここでしたのでした。

5話のあらすじネタバレ

妻の雪映(中村ゆり)に妊娠を告げられ励まされたことで、柿野正隆(北山宏光)は、雪映に対し本来の優しさを取り戻します。
が、夏川萌(萩原みのり)を殺めてしまった後悔と自責の念は消えず、陰鬱な日々を過ごします。

萌殺害からおよそ一か月後、雪映は定期健診で訪れた産婦人科で、萌を捜している弟・創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)と遭遇。
その夜、雪映は、萌がいなくなったことでその周囲で騒ぎになってなければいいけれど…と、正隆に不安を漏らしました。

その不安は的中しており、創甫は、萌が働いていたガールズバーなどにも足を運ぶなどして捜し回っていました。
そこで、ガールズバーの店長・佐野義文(深水元基)は、萌が不倫の果てに捨てられ、自殺未遂するまで追い込まれていたことを知ります。ヤクザの仁科徹(杉本哲太)から多大な借金を抱えていた佐野は、その不倫相手を脅して金を搾り取ろうと画策。
萌の自宅アパートに押しかけ、萌が残したメモを見つけます。そこには、「カキノ」という名前と自宅番号(嫌がらせの無言電話に使っていたもの)が書かれていました。
さっそく、その番号に電話をかける佐野。
雪映が出ると、「あんたの旦那が、うちの大事な店の子に手を出した。慰謝料として500万払え。もし払わなかったら、あんたの職場に押し掛ける」と脅しました。
雪映は怖くなって、すぐにその電話を切り、泣き崩れました。

一方その頃、萌がいなくなったことで騒ぎが起きてないか確かめるため、正隆は初めてガールズバーに来店。
萌の知り合いだとし、状況を聞き出そうとします。
すると、ガールズバーのスタッフで萌の友人でもあるほのか(大原優乃)から、連絡先を交換しようと提案されます。正隆はこれを拒もうとするも、「萌のことで何かあれば連絡を入れるから」と言われ、仕方なく交換することに。
その後しばらくして、店長の佐野が戻ってきます。
「あいつどこに隠れてんだよ」などと悪態をつきながら、萌の携帯に電話する佐野。すると、正隆の上着ポケットからバイブが鳴動。萌の携帯を持ってきていたのです。
すると同時に、雪映から、つい先ほど萌のことで脅迫電話があったと連絡がきて、急いで店を出ようとする正隆。その時、ほのかから「またね、柿野さん」と声をかけられ、佐野から疑いの視線を向けられます。これにおもわず固まってしまう正隆でした。

6話のあらすじネタバレ

店を出た柿野正隆(北山宏光)は、疑いの目を向けてくる佐野義文(深水元基)に絡まれるも、なんとか逃げ出します。
しかしもみ合いとなった際、上着がはぎ取られてしまい、そのポケットにしまっていた夏川萌(萩原みのり)のスマホが佐野の手に渡ってしまいました。
佐野は、萌のスマホ写真から、正隆の妻・雪映(中村ゆり)の職場を特定。
早速、その学校へ乗り込み「柿野はどこだー!」と喚き散らします。学校は一時騒然となり、雪映はしばらく休職することに。

しかし、ずっと家にいることで余計に事件のことが頭から離れなくなってしまう雪映。
産婦人科で出会った萌は一体誰の子を身籠ったのだろうかと気になります。そこで意を決し、身分を伏せた上で、萌の弟・創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)と会って話を聞いてみることに。
雪映の願い虚しく、子の父親は正隆で、さらには強引に堕ろさせられたということを知らされます。これに雪映は、酷く心を痛めたのでした。

一方、ヤクザの仁科徹(杉本哲太)から借金をしていた佐野は、3日以内に700万返せと要求されます。
そこで、慰謝料を1000万に吊り上げて3日以内に用意しろと、正隆を脅す佐野。
正隆は、貯金を切り崩して、なんとかお金を用意しようと奔走します。しかしどうにも足りず、出版社へ、執筆料の前借りを懇願。出版社側は難色を示しましたが、柿野製薬のことを記事のネタにするならばと条件を出しました。
その頃、柿野製薬の社長(正隆の弟)・利治(武田航平)が、新薬の認可を巡って賄賂を行っていたという疑惑があり、検察が動き出すという噂があったのです。

このところずっと世の中から一切目を背けていた正隆は、この事実に驚き、帰宅後、ニュースをチェックします。
するとその時、庭からドスンという音が。
雪映が2階から自殺を図ったのでした。

7話のあらすじネタバレ

自殺を図った柿野雪映(中村ゆり)は、病院へ運び込まれ、一命を取り留めます。
けれど意識は戻らないまま。
雪映の妹・菜穂(西川可奈子)も病院へ駆けつけますが、正隆(北山宏光)の姿をみて「帰って!わたしがお姉ちゃんに付き添うから」と言い放ちます。菜穂は、日頃から正隆の態度が気に食わず、ずっと雪映のことを心配しており、しきりに離婚も勧めていたのです。

病院から出た正隆のもとに、贈賄疑惑の渦中にいる弟・利治(武田航平)から連絡が来ます。
柿野製薬の会長で父の利通(団時朗)が危篤状態で、正隆と話をしたがっているから会いに来て欲しい、と。
しかし、幼い頃より存在を無視し続けられ惨めな思いをしてきた正隆は「行かない」と即答。
とはいえ、どんなことを話そうとしているのか気になり、数日後、利通の病室へ。けれど時すでに遅く、息を引き取った後でした。

それでも利治は、正隆が来てくれたことに感謝。
正隆が会社を辞めたのは『居場所がなく自棄になって』ではなく『弟に会社を譲るため』と前向きに捉えていた利治は、社長を継いでからの苦悩を明かしました。優秀な兄に少しでも近づけるように努力するも、正隆がまとめ上げていた重役たちからは一向に認められず、人心は離れていくばかり。そこで功を焦り、贈収賄に手を染めてしまった…と。
「兄さんが譲ってくれた会社をダメにしてごめん…」と繰り返し謝る利治。
そんな利治に正隆は何か言葉を返そうとするも、特捜がやってきて、利治は連行されてしまいます。
「俺は一体、これまで何を恨んできたんだ…」「自分の挫折ばかりに目を向けて、周りのことがちっとも見えていなかった…」と、正隆は自己嫌悪に陥るのでした。

数日後、雪映が退院。お腹の中の赤ちゃんも無事でした。
雪映は、正隆の手を取り「新しい人生を生き直そう」と力強く誓い合います。
するとその時、佐野義文(深水元基)が慰謝料の請求に自宅まで押しかけてきました。
正隆がこれまでかき集めた金を渡すも、1000万には足りず、家の中で暴れだします。そんな佐野に、正隆は「必ず用意しますから!」と懇願。その必死さに、佐野は「お前…萌(萩原みのり)を殺したな」と漏らします。
図星を突かれた正隆は、思わず佐野を突き飛ばしてしまい、佐野は昏倒。
気を失ってる間に佐野の両手足を拘束しようとしますが、意識を取り戻して、また暴れ出してしまいます。すると、雪映が熱湯をかけて、もだえ苦しむ佐野の顔を踏みつけながら「言うことを聞きなさい」と冷たく言い放ちました。
まるで別人のような雪映の変貌に、ただただ驚愕する正隆でした。

8話のあらすじネタバレ

「もう後戻りはできない」と言って包丁を取り出す柿野雪映(中村ゆり)。
柿野正隆(北山宏光)は、雪映にそんなことはさせられないと、包丁を受け取り佐野義文(深水元基)にトドメを刺そうとします。が、いざ首に包丁を突き立てようとするも怖くなって、結局、殺せませんでした。
そこで、臭い物に蓋をするが如く、佐野を2階の部屋のクローゼット奥に監禁することに。

1か月後。
夏川創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)は、日々、警察署に出向いては、姉・萌(萩原みのり)の捜索願を出したにも関わらず全く進展がない、ちゃんと捜査しているのかと騒ぎ立てていました。
その様子を偶然見かけた少年課の刑事・池崎康介(甲本雅裕)が、創甫に声をかけます。池崎は、数年前、創甫が悪さをしたときに捕まえ、それ以来、創甫のことを気にかけて面倒を見てくれている刑事でした。
創甫から話を聞いた池崎は、萌の捜査に協力すると約束しました。

一方、柿野夫婦は監禁している佐野のことに気を病みながらも、お腹の中で育ってきている子のためにも普通の生活を送ろうと努めていました。
そんな中、雪映の妹・菜穂(西川可奈子)が娘の陽菜(道上芳果)を連れて訪問。
目を離した隙に、陽菜が2階の佐野を目撃してしまいます。
雪映と正隆は、妖精でも見たのだろうとその場を誤魔化しました。

けれどその後も、人を見たと主張する陽菜。
「こんな人がいた」と絵に描いて見せます。それは、暗闇の中に捕らえられているやつれた中年男の姿でした。これを見た菜穂は不審を抱き、あらためて柿野家へ。
2階をあらためさせてほしいと正隆と押し問答します。その最中、一方で雪映は、佐野に「おとなしくしているように」と釘を刺しました。が、これが逆効果で、誰か人が来ていると察した佐野は、助けを求めるべく、渾身の力を振り絞って暴れ出しました。
その物音を聞いた菜穂は、問答無用でその部屋へと向かいます。
焦った雪映は、近くにあった扇風機を手に取り、暴れる佐野を思いっきり殴り倒したのでした。

9話のあらすじネタバレ

昏倒した佐野義文(深水元基)を急いでクローゼットの奥に隠し、物音を聞きつけてきた中浦菜穂(西川可奈子)には、部屋の片づけをしていたと誤魔化す柿野雪映(中村ゆり)。これにより、2階に人がいるという疑いを払拭しました。
菜穂は、変な言い掛かりをつけて申し訳なかったと謝罪し、家を後にしました。

その頃、近所では柿野家から異臭がするという噂が。
後日、その苦情を受けて市役所の男が訪ねてきます。この時、柿野正隆(北山宏光)と雪映は、裏庭にわざと生ごみを沢山置いてカモフラージュ。ここでも誤魔化すことに成功します。
しかし、それももう限界だろうと思い至った二人は、夏川萌(萩原みのり)の遺体を、どこか遠くの山林に埋めようと計画しました。

一方、萌の弟・創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)に協力するかたちで萌の捜索を始めた刑事の池崎康介(甲本雅裕)は、萌が働いていたガールズバーに聞き込みへ。
ほのか(大原優乃)から、オーナーの佐野が、萌のことに関して柿野という男をゆすろうとしたところ行方不明になってしまった、という証言を得ます。
池崎は、柿野という男に関わった人間が二人もいなくなったという事実に、疑惑の目を向けます。
また、これらの会話をその場で聞いていたヤクザの仁科徹(杉本哲太)も、柿野になにかあると睨み、舎弟の藪浩二(山口祥行)に命じて自宅を特定させました。

夜中、萌の遺体を埋め直す計画を決行。
正隆と雪映が裏庭の遺体を掘り起こしている頃、2階に監禁されていた佐野は、落ちていた毛抜きをこっそり拾い上げ、それを使って、いくつも施された結束バンドのひとつを解くことに成功。
すると裏庭の物音に気付き、二人が掘り起こしている様子を、棚にあったカメラを手に取って写真に収めました。

遺体を車に乗せ、出発する直前、雪映は佐野の様子を見に2階へ。
佐野は寝たフリをします。その様子に雪映は安心しますが、念のためにと、スタンガンで佐野を気絶させました。

萌の遺体を山林に埋めた翌朝。
池崎と創甫が正隆の自宅へとやってきました。

10話のあらすじネタバレ

自宅にやってきた池崎康介(甲本雅裕)と夏川創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)に対し、柿野雪映(中村ゆり)は、夏川萌(萩原みのり)の殺害と佐野義文(深水元基)を監禁していること以外は、すべて正直に明かしました。
(産婦人科で萌と出会ったこと、萌が夫・正隆(北山宏光)の愛人であったこと、佐野にゆすられていたことなど。)
その上で、慰謝料を受け取った佐野は、萌とともにどこか遠くで暮らしているのではないかと話します。
けれど創甫は、「姉ちゃんがあんな男について行くわけない!」と猛反論。
池崎は、二人が殺されている可能性を指摘し、家中の部屋を見せるよう要求しました。しかし雪映は、それを断固拒否。
雪映と正隆(北山宏光)の反応に疑惑を深める池崎でしたが、任意の聞き込みのため、この場ではこれ以上深追いはせず、いずれは尻尾を出すだろうと踏んで二人をしばらく泳がせることに。

一方、正隆の仕事部屋に監禁されている佐野は、ピンセットを使って両手足を拘束している結束バンドを全て切ることに成功。
雪映と正隆がともに外出する時を見計らって、脱出を試みます。が、忘れ物を取りに戻った雪映に見つかり、また拘束されてしまいます。
佐野の行動に危険を感じた雪映は、衰弱死させようと正隆に切り出します。その冷酷な提案に、正隆は、まるで昔の自分の毒が雪映にうつってしまったようだと、ほの暗い気持ちになるのでした。

翌朝5時、物音がして正隆が目覚めます。
監禁部屋を確認すると、そこに佐野の姿がありません。
昨日、両手足が自由になった佐野は、自分の荷物からライターを取り出し、それを隠し持っていたのです。

結束バンドをライターで焼き切り、外に出ることに成功した佐野。
しかし、すぐに追い掛けてきた正隆と雪映に捕まってしまいます。「助けてくれ!」と力の限り叫ぶも、早朝のため人通りは無く、救いの手は差し伸べられませんでした。

部屋に連れ戻され、また結束バンドで拘束されそうになる佐野。しかし、渾身の力で抵抗し、2階の窓から飛び降りて逃げます。
それを、包丁を手に追う雪映。するとその姿を近所の人に見られてしまい、追跡を断念。
家に戻った雪映は、もう終わりだ…と泣くじゃくりました。

一方、晴れて自由の身となった佐野は、カメラのSDカード(先日、正隆たちが萌の遺体を掘り返している様子を撮影したもの)を手に、高笑いするのでした。

11話のあらすじネタバレ

佐野義文(深水元基)が逃げ出し、自分たちの身に警察の捜査が及ぶだろうと恐れた柿野正隆(北山宏光)と雪映(中村ゆり)は、逃避行生活を始めます。
その暮らしは苦しいものでしたが、そんな中でも、雪映は、正隆と寄り添い助け合って生きていけることにささやかな幸せも感じていました。

一方、佐野はやっと逃げ出せたものの、すぐに仁科徹(杉本哲太)に見つかってしまい、拷問を受けます。
耐え兼ねた佐野は、正隆たちが夏川萌(萩原みのり)の遺体を掘り返している様子を撮影したSDカードを、仁科に渡します。これがあれば、いくらでも正隆に金を請求できる、と。
仁科は、佐野の成果を大いに喜びました。

数日後、正隆たちは逃避行先で、佐野が焼死体で発見されたというニュースを耳にします。
佐野が死んだのならば自分達の罪を知る人物がいなくなると安堵し、二人は自宅へ戻ることに。
しかしそれは仁科の罠でした。
正隆たちを油断させて戻らせるために、わざと身元が分かるように遺体を遺棄したのです。

そうとは知らず、束の間の平穏な暮らしを噛み締める正隆と雪映。
新たなライターの仕事も舞い込み、すべてが順調に思われました。
そんな矢先、正隆が、ナイフを手にした萌の弟・創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)に襲われます。が、すぐに警察官が駆け付け、大事には至りませんでした。
逮捕された創甫は、以前傷害事件で少年院に入った過去があるため、それなりに重い刑罰になるだろうと、池崎康介(甲本雅裕)は正隆に耳打ちします。
正隆は、自分のせいでまた萌に関わる人の人生を狂わせてしまったと、重苦しい気持ちに苛まれるのでした。

さらに帰宅後、追い打ちをかけるような悲劇が。
仁科が舎弟を引き連れ自宅に押し掛け、二人が遺体を掘り起こす写真を突きつけながら、これを一億で買い取るよう要求してきたのです。
正隆がそんな大金は無理だと反論すると、大金持ちの実家を頼ればいいと恫喝。

仁科たちが去り、正隆が絶望に打ちひしがれていると、雪映が、金の受け渡しの時に奴らを殺そうと切り出しました。

12話(最終回)のあらすじネタバレ

仁科徹(杉本哲太)たちを取引の場で殺害しようと決めた柿野正隆(北山宏光)と雪映(中村ゆり)は、そのための準備を着々と進めます。
そんな中、正隆の弟・利治(武田航平)から連絡が。贈賄容疑で逮捕された利治は、懲役3年、執行猶予5年の判決が下されていました。
利治は正隆に、父・利通(団時朗)からの遺言を伝えます。そこには、正隆への懺悔と後悔の念が込められていました。
本当は、正隆へ父親としての愛情を注ぎたかった、次期社長を任せるに相応しいと心中では評価していたにも関わらず、代々続く同族経営、血脈を大事にすべきという古くからのしきたりに囚われ、それが出来なかった(本心を隠していた)ことを悔やんでいる、と。
だから、正隆には自分と同じ思いをしてほしくないから、大事な人を傷つけないために自分に偽りなく生きてほしいという想いを遺言に込めました。
また、遺産については兄弟で等分とする、と。その額、5億円。
父の真実の想いを知った正隆は目が覚め、ある決断をしました。

仁科との取引の日。
正隆の身を案じる雪映に、正隆は「大丈夫。絶対にうまくいく」と言って口付けし、出掛けます。
しかし明け方になっても正隆は戻って来ず、心配で居ても立っても居られなかった雪映は、取引場所の廃工場へと向かいました。そこはもぬけの殻で、もちろん正隆の姿もありません。
フラフラになりつつ、正隆を捜し回る雪映。
街に戻ると、正隆が逮捕されたというニュースを目にします。
正隆は、取引の場へ行くとみせかけて、刑事の池崎康介(甲本雅裕)に連絡を取り、自首していたのです。夏川萌(萩原みのり)を殺害して山奥へ遺棄したことなど、すべて洗いざらい自供。
おかげで、仁科は柿野家をゆする材料が無効となり、正隆が逮捕されたことで手も出せなくなったのでした。
その後、雪映は赤ちゃんを無事出産。

3か月後。
傷害未遂で逮捕された夏川創甫(北川拓実/少年忍者 ジャニーズJr.)が出所。その創甫のもとに、差出人不明の5億円の小切手が届きます。それは正隆が送ったものでした。
池崎は、その金を大学進学に使うといいと進言します。

雪映は、生まれた子を連れて正隆の面会へ。
正隆は、罪人である自分のことは忘れて、二人で幸せに生きてほしいと告げます。雪映はその想いを汲んで、もう二度と会わないと約束。がしかし、送られてきた離婚届は破り捨てます。どんなことがあっても、自分が正隆の妻であること、正隆が子の父親であることは変わりないのだから、と。
そして、今でも十分幸せだと伝える雪映。正隆も、幸せだと答えます。
二人は、今後一切会わないと誓い合いますが、夫婦であり続けることを選んだのでした。

原作漫画をチェック

漫画『ただ離婚してないだけ』は、「まんが王国」でお得に読むことができます。ドラマを200%楽しむために、放送前・後お好みでチェックしてみてください。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ただ離婚してないだけ』を無料視聴する方法

『ただ離婚してないだけ』は、違法サイトでの配信を除くと、以下の見逃し配信サービスで、最新話に限り安全に無料視聴できます。

  1. Tver
  2. Gyao
  3. ネットもテレ東

『ただ離婚してないだけ』1話から最新話までを動画で見る方法

最新話だけでなく、『ただ離婚してないだけ』の1話から最新話までの全話を動画で見る方法をご紹介します(無料視聴も可能)。

まずは、国内の主な動画配信サービスでの、『ただ離婚してないだけ』の配信状況をご覧ください。

配信状況:〇=定額視聴、△=PPV(1話購入)、×=配信なし

動画配信サービス配信状況
FODプレミアム×
Paravi
TERASA×
Hulu×
U-NEXT×
dTV×
Netflix×
Amazonプライム・ビデオ×
ひかりTV
TSUTAYA TV×

以上のように、『ただ離婚してないだけ』は「Paravi」「ひかりTV」で配信されています。

ちなみに、「ひかりTV」は「Paravi」より割高な上に、視聴にチューナーが必要ですので、見逃した『ただ離婚してないだけ』を見るなら、「Paravi」での視聴がおすすめです。

Paraviとは?

  • テレビ東京系・TBS系ドラマ配信
  • 国内最大級のドラマアーカイブ数
  • Paraviオリジナルドラマ作品を配信
  • 初回登録後2週間は無料視聴可能

「Paravi」では、『ただ離婚してないだけ』だけでなく、北山宏光さん出演のドラマ『ミリオンジョー』や、映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』も配信されています。

Paravi公式サイト

「Paravi」のサービス内容および作品の配信状況は、記事の公開日(更新日)時点の情報です。正確な情報は公式サイトでご確認くださいませ。