ドラマル

『捨ててよ、安達さん。』9話のネタバレ感想!夢の中の西村マネージャーが北村匠海に!

2020年6月13日に放送されたドラマ『捨ててよ、安達さん。』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、西村マネージャーからドラマのために前髪を5㎜切ってくれと言われる!
そんな中、夢の中で安達さんの前に娘の姿をした10年前の自分と北村匠海が現れ…。

関連記事

『捨ててよ、安達さん。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『捨ててよ、安達さん。』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『捨ててよ、安達さん。』9話のあらすじネタバレ

家事を淡々とこなしていく安達さん(安達祐実)。キッチンペーパーのストックが無いことに気づきます。ストック管理は夫の担当のはず。安達さんはイライラを募らせます。

安達さんは仕事へ。
迎えに来た西村マネージャー(西村晋弥)が金髪になっていました。色々あったので、心機一転とのこと。西村マネージャーは、失恋で髪形を変えるタイプのようです。

俳優の北村匠海と一緒にインタビューを受ける安達さん。北村のカレー作りの話で盛り上がります。北村曰く、「安達さんは、カレー作りの材料で言うと、オールスパイスのようないろんなエッセンスがある人」とのこと。バンド活動も行っている北村。音楽と芝居のバランスを大切にしているという北村の生き方に安達さんは共感します。

仕事終わり、西村マネージャーは北村と苗字が「西」と「北」の1次違いのことや、自分も昔バンドをやっていたことを安達さんに話します。無理やり北村との共通点をみつけて嬉しそうな西村マネージャー。そして、どさくさに紛れて「次の仕事のために、前髪を5ミリほど切って欲しい」とさらっと安達さんに伝えるのでした。
仕事のためにミリ単位で髪形を調整しなければならないことに、安達さんのイライラは止まりません。

安達さんの夢の中。
夢の中でも、髪型まで自由に変えられないことや、夫に対する不満を抱えて、安達さんは愚痴を言いまくっていました。
「それで、その髪?」と謎の少女(川上凛子)に言われ、安達さんは鏡を見て自分が金髪になっていることに気づきます。焦りまくる安達さんに、少女は「夢の中なら、自由でいいんじゃない?」といつになく優しい言葉をかけるのでした。
「コンコン」
いつも通り「捨ててよ候補」が来た様子。ドアを開けると、娘(新井美羽)が立っていました。
「早く寝なさい」と安達さんは声を掛けますが、娘は「私、あなたの娘ではありません。10年前の安達祐実です」と告げます。安達さんは、10年前の自分の姿が現在の自分の娘の姿であることに驚きます。
娘顔の10年前の安達さんは「今の私の仕事何ですか?」と安達さんに尋ねます。
ドラマの主演をしていることや、再婚し、男の子を生んでいることを説明する安達さん。
「いいなー幸せそうだな」と10年前の安達さんは羨ましがります。
10年前の安達さんは、仕事がないと悩んでいました。子役として大ブレークした安達さんは、変にネームバリューがあるからいけないのか、当時、年相応の役をなかなかもらえなかったのです。辛かった20代。
「今は幸せだよ。でもいろいろある」と安達さんは言います。髪形1つ自由にならない役者を不自由だと思うことも。
仕事と家族のバランスをとりながら10年頑張ってきた安達さんに、10年前の安達さんは「頑張りましたね」と声を掛けます。お互いに心の内を語り合う2人。
安達さんは立ち上がり、みんなのための安達祐実像を捨てるために、思い切り自由に10年前の安達さんの髪を切り始めます。
そこへなんと北村匠海顔の西村マネージャーが現れ、必死で髪を切る安達さんを止めます。
「夢の中だからって、かっこよくなりすぎ!」と西村マネージャーに文句を言う安達さん。少女は北村匠海の顔をまじまじと見つめ「綺麗な顔してんなー」と感心します。
「夕焼け、小焼けの~」と弾き語りを始める北村匠海顔の西村マネージャー。素敵な声にしんみり聞きほれる一同。
突然、10年前の安達さんは「髪を切りたい」と言って部屋を飛び出します。その後を追って、西村マネージャーも出て行きました。
安達さんは30歳くらいの時、髪をばっさり切ったことを思い出していました。

目が覚めた安達さん。
自分の意志で美容院へ。美容師に頼んでばっさりと髪を切ってしまおうとしているところに、西村マネージャーが駆け込み必死で止めます。
「新しいドラマ決まったんです。主役の安達祐実役です。前髪5ミリで。」と西村マネージャーは美容師に訴えます。
結局、バイバイリストには「髪の毛(5ミリ)」と書き込まれたのでした。

スポンサーリンク

『捨ててよ、安達さん。』9話のネタバレ感想

50代女性

sun

前回の失恋から心機一転で、西村マネージャーの髪が金髪になっていたのには驚きました。でも、結構似合っていたような。
役者さんは、仕事の繋がりがあるので、勝手に髪形を変えられないという話は聞いたことがあるのですが、ミリ単位で髪形を調節しなければならない安達さんが、少しかわいそうに思えました。
心境の変化で誰しも髪形を大胆に変えたい衝動が起きることはありますが、仕事柄ぐっと我慢をしなければならないのですね。マネージャーとして、髪を大胆に切ろうとする安達さんを必死に止めなければならない、西村マネージャーも辛いところでしょう。

安達さんの夢の中に、北村匠海さん顔で登場した西村マネージャー。西村マネージャーの願望そのもので、何か笑ってしまいました。北村匠海さんの弾き語りを聞けたのは、得をした気分です。素敵でした。

子役として大ブレークした安達祐実さん。ネームバリューが強すぎて、年相応の役のオファーがなかなか来なかったというエピソードを聞いて、その中で10年間頑張ってきた安達さんにエールを送りたくなりました。

思い切ってばっさり髪を切ろうとした安達さんですが、結局新しいドラマのために切れたのは前髪5ミリ。新しいドラマとは、まさしく「捨ててよ、安達さん」このドラマですよね。つくづくリアルです。

夢の中の西村マネージャーが北村匠海に!

北村匠海ファンにはご褒美といえるような回でしたね。
10年前の西村マネージャー(北村匠海)カッコ良すぎと、話題になりました。

急に赤とんぼを歌い出したのは、西村マネージャーがバンドやっていたと言っていたことの証明だったのでしょうかね?

北村匠海との比較はさておき、9話は、リアルでも夢でも安達祐実に髪を切らせない西村マネの仕事への熱心さに好感を持ちました。いいマネージャーですね。

『捨ててよ、安達さん。』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『捨ててよ、安達さん。』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

バラエティ番組の出演のため、暴露する秘密を考える安達さん。すると夢の中で安達さんの秘密を知るという給与明細(じろう)が現れる。そしてその秘密が誰かに狙われているのだという。それは20代のころとあるアルバイトをしていた時のモノで、記憶の中「あんた、目が死んでんだよ」という言葉が頭をよぎり…

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/suteteyo_adachisan/story/