ドラマル

『SUITS/スーツ2』15話(最終回)のネタバレ!女将とのギャップが凄い!観月ありさに賞賛の声殺到

2020年10月19日に放送されたドラマ『SUITS/スーツ2』15話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、チカの判断でダービー総合法津事務所と幸村・上杉法律事務所の合併が進む!
反対する甲斐は反対し、合併前に『フォルサム食品』訴訟を解決しようとする…。

関連記事

『SUITS/スーツ2』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『SUITS/スーツ2』15話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『SUITS/スーツ2』15話(最終回)のあらすじネタバレ

甲斐正午(織田裕二)と鈴木大輔(中島裕翔)が「フォルサム食品昇進差別訴訟/原告団(126人)向け説明会」の大会場に入ると、そこには誰もいません。
ファームに戻ると、幸村チカ(鈴木保奈美)からの事後報告があります。今回の訴訟については、ロンドンを拠点とする世界三大ファームのひとつ、ダービー総合法津事務所の力を借りるとのこと。大手の資金力(裁判費用の資金)が訴訟を勝ち抜くのに不可欠だというのがチカの判断です。しかし、この最大手事務所からやって来たのは、チカが要請していたエドワード・ダービー代表ではなく、甲斐のハーバードロースクール時代の後輩で、恋人でもあった綿貫紗江(観月ありさ)です。ダービー代表の懐刀の彼女は甲斐の秘書を名乗り、勝手に説明会の延期を原告126人に伝えていました。彼女には甲斐に対する配慮もマナーもありません。

甲斐は、ダービー代表が幸村・上杉法律事務所の吸収合併を前提にしているのを見抜き、紗江の協力を拒否します。これは合併ではなく乗っ取りなのだというのが甲斐の解釈です。実際、これまでダービー代表のやって来たことを見ても、吸収合併後、吸収された側の代表は必ず追放されています。甲斐は「合併したらファームを辞める」とチカに宣言し、それに対してチカは「止める気はない」と突き放します。チカは合併に前向きな姿勢を崩しません。
猶予の無い中、今回の案件のみという条件で、甲斐は協力を受け入れます。合併話が本格的に進行する前に、蓮見昭雄(伊東四朗)会長を叩き潰そうと画策します。が、蓮見会長は経恊連理事長に再任され、勢いに乗っています。マスコミを集め、訴訟勝利の前祝いを兼ね、再任祝いパーティーを開催しようという運びになっています。

合併話の取り纏めにダービー代表が来日する前夜、証拠隠滅など甲斐自らの不正行為をデッチ上げ、その不正行為の数々が記載されたファイルを朝食前の紗江に渡すよう、大輔に指示した甲斐。ファーム内での不正行為を明かし、合併を阻止しようというのが甲斐の狙いです。大輔が甲斐を告発する形で、紗江に会うという絵図になります。が、大輔が紗江の宿泊しているホテルの部屋に出向くと、そこにはチカが待ち構えていて、甲斐の不正を認めた資料を奪われます。

とある料亭で、チカはダービー代表が来るのを待っています。双方、財務帳簿を交換し、問題が無ければ合併いう運びになりそうです。
大輔が甲斐に、ファームの不正資料を紗江に渡せなかったことを報告。チカに資料を渡してしまったのは、ある意味、大輔の裏切りです。甲斐はファームを去る決意を固めます。大輔に「辛い役ばかり押し付けたな」と謝罪し、チカには「お世話になりました」と頭を下げます。

フォルサム食品の財務データを蟹江貢(小手伸也)が入手し、それを藤嶋春香(上白石萌音)に渡します。春香が裏で良い仕事をしています。
蓮見会長の経恊連理事長再任パーティー会場です。春香、蟹江、大輔が、蓮見会長と代理弁護人の上杉一志(吉田鋼太郎)を待ち構えています。そこで、大輔が蓮見会長のメールを提示します。それは、結婚しても仕事に支障が出ないという確約が取れる女性のみに昇進を許すという蓮見会長のメールです。大輔と春香が、蓮見会長直々の各支局宛メールを入手していました。二人は、違法(?)な手口で警備員に取り入り、社内潜入。パソコンからメールを抜き取っていました。蓮見会長が、春香と大輔の二人を不法侵入で警察に突き出せと部下に命ずると、大輔は、即座に、そういう発言は、「メールは本物と白状したのと一緒」と断言します。全ての会話を録音している蟹江が、フォルサム食品の粉飾決算の疑いにも言及します。そこに、全ての絵図を描いた甲斐が登場します。

井口華子(安達祐実)、本田実花(野村麻純)も登場し、「全ての女性社員に謝罪してください」と蓮見会長に迫ります。続いて紗江も登場し、上杉の6千万円の横領金について言及しますと、上杉は、ここぞとばかりに「私との秘密契約を破ったな」と勝ち誇った顔をします。が、紗江は、甲斐からもチカからも、上杉の不正について、何も聞いていません。ただ、合併に際してファーム双方の財務帳簿確認があり、それで不明瞭な金の流れが発見されていました。紗江の独自調査で上杉の横領が発覚したのでした。
外で待機していたマスコミ各社が会場に雪崩れ込み、蓮見会長と上杉に厳しい質問をぶつけます。で、ファームの合併は御破算です。

合併したら辞めると当初言い、その後、合併とは関係なくファームを辞めると言ったのは甲斐の作戦ではありますが、チカは甲斐に対して、どこか怒っています。甲斐は「私はあなたに背いた。一度、辞めると言ったことは撤回しない」と言い、立ち去る素振りです。そんな甲斐に、チカは、「何があっても、あなた(チカ)を守る」と言った約束を思い出させます。「これからも私を守って!」とチカに言われ、甲斐は、「では、私も代表に……」と言いかけますが、あとの言葉を飲み込みます。母を守る息子の形を甲斐は受け入れたようです。

幸村・上杉法律事務所の看板を前に、ハンマーを振り被る甲斐の秘書、玉井伽耶子(中村アン)。彼女が「上杉」の文字をハンマーで打ち剥がします。ポッカリ、その部分が空間になります。そこに「甲斐」の名前が入る様子は、とりあえず、今のところはありません。

パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)は、蟹江の言葉を鵜呑みにして、東大ローススクールの合否判定について、直接、当局に抗議文書を出すつもりでいました。
つまり、自分が不合格とされたのは、真野麻子(MEGUMI)の顔を潰した蟹江の失態が原因と確信しているようですが、それは間違いです。実力通りの不合格でした。蟹江は、自信を無くしてしまいそうな真琴を思いやり、咄嗟に、「不合格は、自分のせい」と嘘を言っていました。そうとは知らない真琴。真琴に抗議文書を託された大輔は、それを持って蟹江に相談。勿論、そんなものは東大当局に提出できず、実力通りの結果だという真実を真琴に伝えざるを得ません。彼女は激怒し、蟹江の嘘はともかくとして、大輔の嘘を罵ります。
嘘吐きと言われた大輔は、真琴の前で真実を語ります。ハーバードロースクール卒ではないこと、弁護士資格が無いことを告白します。そういう白状の後、「僕は君に相応しい男ではない」と言って、二度、頬を打たれます。その時、大輔は、今後、全てを隠さず話すと誓っていました。
大輔と真琴は、これからは、秘密無しで行こうということで、仲直りです。

『SUITS/スーツ2』15話(最終回)のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

中央競馬GⅢダービー杯は、第18代エドワード・ジョン・スタンリー伯に因んだもの。ダービー家とはスタンリー家の系統であり、産業革命を支えた一家としても有名。ダービー製鉄法というコークスを使った製鉄技術に、今もその名を残しています。エンディングに向け、ファームとしての家族感を醸し出そうというドラマ構想の中、英国ダービー一族(一家)を連想させるダービー総合法津事務所という名称が面白いですね。そこに吸収合併されることなく、自立して生きようというファーム(幸村法律事務所)の着地も、OK。

因みに、現在の英国王室に繋がるランカスター家の他、フェラーズ家、スタンレー家(ダービー家)という二系列が英国貴族の大きな流れ。ダービー総合法津事務所の代表がエドワード・ダービーということですから、まさに、このドラマでの事務所名、代表者名については、英国の伯爵家(貴族)の潮流が念頭にあるようですね。

そういうダービー総合法津事務所という世界最大手の傘下に入ることを善しとするチカに対して、あくまで自立を望む甲斐の戦いがあったわけですね。で、合併が回避されても、チカの意向に背いたことを気にしている甲斐はファームを去る決意なのでしたが、チカがそれを許さないというところに、家族感が出ていましたね。息子が家を出て行くのを許さない母親という図式なんですね。

女将とのギャップが凄い!観月ありさに賞賛の声殺到

『私たちはどうかしている』で老舗和菓子屋光月庵の女将・高月今日子を演じていた観月ありささん。
全く異なる配役で、なんだか違和感を最初感じましたが、本役・綿貫紗江は、観月ありささんの美貌が生かされていて、嵌っていると感じました。

最終回に突如登場でどうなるかと思いましたが、甲斐とのやり取りも元恋人を感じさせられ、凄く良かった!

『SUITS3』の放送があるならば、今度はレギュラー出演して欲しいですね。

まとめ

見応えある最終回でしたね。スッキリしました!
「今日はやめてくれ!今日だけは…」という大輔に、グイグイ詰め寄りビンタを2発食らわせ、真実を語らせるという大輔と真琴が個人的には最高に面白かったです。

ネットで嫌われている上杉ですが、最後のへこんでいる姿や、ファームで甲斐・大輔・綿貫紗江(観月ありさ)にスルーされている姿を見て、少しだけ可哀想に思えてきました。
なんか弱くて…。

甲斐が共同代表となり、名を刻む日は訪れるのか?
次シーズン(SUIT3)の放送も楽しみです。