ドラマル

『SUITS/スーツ2』14話のネタバレ!上杉に啖呵を切る蟹江先生がカッコ良い!

2020年10月12日に放送されたドラマ『SUITS/スーツ2』14話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

14話では、甲斐とチカが、『フォルサム食品』に対する訴訟で、上杉と再び戦うことに!
そんな中、上杉は、尾形万智子の不当解雇でファームを訴えると言い出し…。

関連記事

『SUITS/スーツ2』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『SUITS/スーツ2』14話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『SUITS/スーツ2』14話のあらすじネタバレ

幸村チカ(鈴木保奈美)と甲斐正午(織田裕二)は、フォルサム食品の女性昇進差別訴訟で、上杉一志(吉田鋼太郎)と戦うことになります。聖澤真琴(新木優子)の父、敬一郎(竹中直人)が、フォルサム食品会長、蓮見昭雄(伊東四朗)から委任されていたこの訴訟案件を上杉に外注し、そういう流れになりました。
チカはマスコミを集め、昇進差別被害にあった原告126人とともに集団訴訟を起こすと発表。全女性の尊厳を守る戦いであることを強調します。
一方の上杉も、蓮見会長が事実無根の訴訟に心を痛めていると訴え、全面的に戦う姿勢をアピールします。

上杉が、フォルサム食品の女性社員(マーケティング部浜松支局係長)、原告代表の井口華子(安達祐実)のヒアリング名目で乗り込んで来ます。で、そのヒアリングとは直接関係なく、ファームでのシニアパートナーの男女比をチカに問います。そのうえで、幸村・上杉法律事務所を不当解雇された女性アソシエイトの訴状を突き出します。かつて上杉との不倫発覚で解雇された尾形万智子(松本若菜)が、性差別による不当解雇でファームを訴えることになったと通告します。
週刊誌報道も、「フォルサム食品を女性差別で訴えた女性代理人弁護士、幸村チカ/自分も女性差別の常習者」と伝えます。このことで、126人の原告団に不安が広がります。

上杉がファームを去る際、チカは、秘密保持契約にサインしていました。その契約をもって、上杉は何も要求せずに、身ひとつでファームを去っていました。ファーム代表権の譲渡代金も、上杉の提案によりシニアから各1千万円を徴収した訴訟和解金(1億8千万円)で相殺され、ファームを去る際、上杉が手にした金銭は皆無でした。
いずれにせよ、この契約がある以上、上杉の不正行為を第三者に口外できません。これに反すれば違約金が発生するだけでなく、上杉のファーム追放自体が白紙に戻されます。よって、チカと甲斐、そして鈴木大輔(中島裕翔)は、上杉の横領と不倫を表沙汰にできません。そういう条件下で、万智子を解雇した正当性を証明しなければなりません。

とりあえず、甲斐は旧知の裁判官、小野寺晋平(遠山俊也)に会いに出向き、非公開裁判の可能性を探ります。傍聴人を入れず、裁判記録も開示しないという裁判を求めますが、前例がないと拒否されます。前例は貴方が作れば良いと甲斐は言いますが、所詮、無理な話です。

その頃、アソシエイトより優秀な働きをするパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)に、東大ロースクール試験の不合格通知が届きます。その責任を感じた蟹江貢(小手伸也)は、東大ロースクールの真野麻子(MEGUMI)を食事に招待して、彼女を不合格にした理由を問い質します。
蟹江は真琴に謝罪します。以前、紹介された教え子をファーム採用と言っておきながら、それを翻すことになり、それで麻子の面子を潰してしまっていた蟹江。「君がロースクールを落ちたのは私のせいだ」と、真琴に頭を下げます。

上杉が万智子の解雇理由をヒアリングしようとファームにやって来た時、玉井伽耶子(中村アン)は、彼を資料室に誘導し、コースタルモーターズ訴訟での勝訴後に偽装メモを資料室内に仕込んだ一件を問い詰めます。
そして、都合二度、上杉の頬を張ります。張られた後、チカと甲斐に会った上杉は、万智子の不当解雇について、妙な理屈を振り回します。離婚後、仕事が恋人だったチカにとって、「愛する男がいて幸せな万智子は嫉妬の対象だった」というのが、上杉の主張する不当解雇理由になります。

甲斐は、万智子の不当解雇訴訟については早期に和解決着し、フォルサム食品の女性昇進差別訴訟に全力を注ぐべきと主張。しかし、チカはそれを拒否。上杉の完全打倒を甲斐に命じます。その裏ではメインバンクの融資を断られ、資金不足に陥っているファーム。経費節減での別フロアの明け渡しについての事後報告を、甲斐は聞かされます。

ファーム側からのヒヤリングを求められた万智子が、上杉に伴われてやって来ます。万智子は、終始一貫して無回答を貫こうとしていますが、大輔に解雇理由について、思い当たることは無いかと尋ねられます。
すると万智子は、「蟹江のセクハラ」と言い出します。「何度も誘いを断ったのに、付き纏われた挙句にクビになった」と主張します。しかも、クビを言い渡したチカに対して、「不当解雇で訴える」と言うと、「それなら、こちらは横領の共犯で貴方を訴える」と応じられて、それで引き下がることを余儀なくされたと言います。万智子は、上杉の横領には全く関与していませんでした。それは知らないことだったので、驚き、退散していました。

藤嶋春香(上白石萌音)が、上杉と万智子の接点をパーフェクトに探り当て、それを大輔に報告。ファーム在籍当時、毎週火曜日に外出し、ホテルで上杉と会ったり、レストランで食事していたという事実が明るみに出ます。
上杉は、万智子との不倫を認めたうえで、万智子の不当解雇訴訟の一件は、単なる時間稼ぎゲームなのだと言い放ちます。万智子の不当解雇訴訟とは、フォルサム食品の女性昇進差別訴訟の準備を着々と進める為の、上杉サイドの罠であったことになります。

万智子にセクハラを言われた蟹江は、ここに至って上杉の本性を完全に知り、エレベーター内で対峙します。万智子を金で動かしている上杉を非難します。ブディック開業資金を餌に、上杉の駒として動かされている万智子のことは、春香の調べで判明していました。

大輔が、再三、上杉にブディック開業資金提供の約束を取り付けている万智子と会っていて、最後に、フォルサム食品に勤務する126人の女性差別被害者の証言が纏められているファイルを手渡します。「彼女たちをこのまま苦しめたいのかどうか、自分で決めてくれ」と言って立ち去ろうとする大輔を、万智子が呼び止めます。万智子は不当解雇訴訟を取り下げます。

甲斐と大輔が「フォルサム食品昇進差別訴訟/原告団向け説明会」会場に向かいます。
ファームにいるチカが「それは話が違う…」と顔を曇らせます。会場に入ると、そこには誰もいません。
チカからの電話があり、「甲斐、冷静に聞いてちょうだい」と言われます。甲斐は一言も発すること無く、眉間に皺を寄せます。そこから離れたところでは、上杉が高笑いをしています。上杉は、ファーム乗っ取りを企てているものと思われます。

『SUITS/スーツ2』14話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

蟹江がいろいろ哀しい目にあう第14話でしたね。真野麻子のメンツを潰したことで真琴がロースクールを不合格になったり、万智子にはセクハラがあったと主張されたり散々でしたが、どうやら、少しずつ甲斐との一枚岩が形成されそうな雰囲気になっています。互いに、気持ちが通じ合うようになっています。

それにしても、解雇理由の心当たりを尋ねられて、蟹江からのセクハラを言い出したのは、上杉、万智子側の作戦ミス。蟹江の行動は、常に、一歩間違えばセクハラなんです。万智子だけでなく多くの女性に対しても同様の言動があったはずで、特にそれを言い出しても、問題にはなり難いでしょうね。何時もの悪ふざけということになりそうですね。――しかし、まあ、初めから時間潰しゲームとしての不当解雇訴訟であれば、そのあたりは、どうでも良かったのでしょうかね。

上杉に啖呵を切る蟹江先生がカッコ良い!

14話は蟹江先生があっちにこっちに大活躍の回だった気がします。

受験に落ちた真琴に対して、自分の責を認めて謝罪し、真野麻子(MEGUMI)へ必死に真琴をアピール姿がカッコ良かったです。

また、上杉に啖呵を切る蟹江先生。ちょっと男らしいかも…。
シーズン後半に来て、甲斐との仲もなんだかほっこりしてしまう蟹江先生。実はすごく良い人ですよね。

『SUITS/スーツ2』15話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『SUITS/スーツ2』15話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)とともに『フォルサム食品』訴訟の女性原告団126人を集めた説明会の会場へと向かった。だが、会場には何故か誰も来ていなかった。ファームに戻った甲斐に、チカ(鈴木保奈美)は、ロンドンを拠点とする世界3大ファームのひとつ『ダービー総合法律事務所』の力を借りるつもりであることを告げる。人材の流出と資金不足に苦しむ『幸村・上杉法律事務所』にとって、訴訟を継続するためには圧倒的な資金力を誇る彼らの力が必要だったのだ。

ほどなく、『ダービー総合法律事務所』から担当者がやってくる。それは、代表のエドワード・ダービーではなく、甲斐のハーバードロースクールの後輩で、元恋人でもある綿貫紗江(観月ありさ)だった。甲斐の秘書を名乗り、原告の女性たちに説明会の延期を伝えたのは彼女だった。甲斐は、『ダービー』側が合併も視野に入れて協力を申し入れてきたことを見抜き、彼らの力を借りることに反対する。だが、その間も『フォルサム食品』側はメディアをコントロールし、世論を味方につけていた。そこで甲斐は、一緒にやるのは『フォルサム食品』訴訟のみ、という条件で、紗江と手を組むことにする。

一方、真琴(新木優子)は、蟹江(小手伸也)のトラブルが原因で東大ロースクールの試験に落ちたことを大輔に打ち明ける。大輔は、蟹江から直接その経緯について、聞こうとするが……。

甲斐は、『フォルサム食品』の全国335部署の女性幹部数と昇進率を調査する。その中から甲斐が敢えて戦いに選んだのは、女性の昇進率が最も高く、勝ち目の少ない日本橋支局だった。だが、敵の裏をかこうとしたその狙いは、『フォルサム食品』の代理人弁護士・上杉(吉田鋼太郎)に読まれていて……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/index.html