ドラマル

『SUITS/スーツ2』8話のネタバレ!美女祭り!豪華すぎる女性キャストが話題

2020年8月31日に放送されたドラマ『SUITS/スーツ2』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、ファームが隠し続けてきた、過去の真相が明らかに!
そんな中、甲斐は大輔に尾形万智子を探すよう命じて、父親の墓参りに行く…。

関連記事

『SUITS/スーツ2』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『SUITS/スーツ2』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』8話のあらすじネタバレ

コースタルモーターズ訴訟での証拠隠滅の件で、甲斐正午(織田裕二)が富樫文弘(高嶋政宏)に訴えられ、その対応を巡って、ファーム(幸村・上杉法律事務所)代表の幸村チカ(鈴木保奈美)の手腕(判断)が、上杉一志(吉田鋼太郎)から疑問視されます。上杉は、シニアパートナー会議での投票によるトップ人事改選を提案。

そんな代表権選挙が迫る中、甲斐は鈴木大輔(中島裕翔)を東京駅に呼び出し、以前、上杉が妻の看病名目(表向き名目)で休職すると同時にファームを去って行ったアソシエイトの尾形万智子(松本若菜)を探し出すよう指示。そのまま甲斐は何処かへ旅立ちます。
数年前、シニアアソシエイトだった甲斐は、上杉との共同代表として財務を仕切っていたチカから、ファームの金を横領している人物を突き止めよと命じられ、ジュニアパートナー昇格を交換条件にそれを引き受けていました。甲斐は、秘書の玉井伽耶子(中村アン)とともに犯人捜しを開始して、当時、口座を管理していた万智子のパソコンから、蟹江貢(小手伸也)への金の流れを突き止め、それをチカに報告していました。確かに、蟹江は、高級会員制テニスクラブに入会するなど怪しい部分はありましたが、彼はピエロ役の囮(おとり)であって無実。

6千万円横領の真犯人は上杉であり、それというのも、乳癌末期(ステージ4)の妻に国内外の無認可医療を含むあらゆる高額治療を受けさせる費用が必要なのでした。また、それだけでなく、愛人関係にあった万智子と暮らす豪華な部屋の維持経費も必要でした。

甲斐は、万智子と暮らしている上杉を突然訪問し、「退所願い」へのサインを迫ります。3分後に上杉の妻がこの愛人宅を訪ねる手筈になっているので、急いだ方が良いと脅します。で、上杉は、甲斐の脅しに負け、ファームを去ることになりました。万智子も即時のクビを通告されます。
それと期を一にして、甲斐の父、栄治が永眠したと玉井から告げられていた3年前の甲斐。

甲斐が東京駅から向かった先は、父、栄治の眠る墓所でした。
万智子の行方を探すよう甲斐に指示されていた大輔は、彼女と親しかった聖澤真琴(新木優子)の名を借りて、彼女を喫茶店に呼び出し、ファームを不当解雇で訴えるべきと迫ります。慰謝料請求の時効は既に過ぎていますが、地位確認請求、そして、和解金の支払いを求めることを提案します。ファーム退所後の万智子は、以前から憧れだったブティックを開店したものの、今はそれも閉店に追い込まれていて、現在は、飲食店の契約スタッフとして日々をやりくりしています。弁護士バッジは机の引き出しに眠っています。大輔の申し入れを万智子は断固拒否し、喫茶店を立ち去ります。上杉との愛の巣に踏み込んだ甲斐をかなり憎んでいる様子で、大輔を甲斐に似ていると言って非難もしていました。

数年前の大輔は、悪友の谷元遊星(磯村優斗)、その妹の谷元砂里(今田美桜)と同じ家に暮らしながら、メッセンジャーの仕事をしていました。そんなある日、遊星は大輔を飲みに誘い、そこで、大輔の元恋人(幼馴染み)の黒崎怜(吉谷彩子)とその友人の矢代千夏(堀田真由)とを引き合わせます。で、千夏が弁護士予備試験の替え玉受験を大輔に持ちかけます。この流れは遊星による絵図(悪だくみ)なのです。それを承知のうえ、3百万円の提示額を1千万円に値上げさせて、それで替え玉受験を引き受けた大輔。祖母、鈴木結衣(田島令子)の身体の状態が悪くなっていて、それで大輔には祖母を介護施設へ入所させる費用が必要なのでした。

シニアパートナーによる代表権投票が迫る中、大輔のアシストを受けたチカの演技が決まります。自然の流れに見せて、上杉の不正、不倫がファーム内に拡散されます。ファーム代表権争いの票はチカに集まり、上杉は再びファームを去ることになりそうです。あとは、野に放たれている秘書の玉井伽耶子を一刻も早く呼び戻したい甲斐。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』8話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

東京駅から列車に飛び乗った甲斐の向かった先は、父の墓所だったのですね。そして、上杉がファームを去ったタイミングに合わせて退社していたアソシエイトの尾形万智子は、上杉の愛人だったのですね。もっと他の凄いオチがあると予想していたので、これは、当たり前過ぎて意外でしたね。変化球があると思っていただけに、やや、拍子抜けしました。

しかしながら、そもそも米国原作ドラマでも、経費横領と部下との不倫が発覚して、共同代表はファームを追放されていますから、このあたりは原作を完璧に踏まえていることになりますね。

美女祭り!豪華すぎる女性キャストが話題

8話は、過去の回想交えての回でしたが、内容云々よりも、登場する美女たちが話題を集めましたね。

レギュラー陣の鈴木保奈美さん、中村アンさん、新木優子さん。この3人だけでも充分に華があるドラマなのに、8話は更に今引っ張りだこの女優達が登場しました。

警視庁捜査一課長やナギサさんでも出演した大人美女の松本若菜さん。
今もっとも勢いのある女優の一人と言っても過言ではない今田美桜さん。
ビズリーチでのインパクトだけでなく、演技力も昨今話題の吉谷彩子さん。
悪役として確かに足跡を残している堀田真由さん。
4人のゲスト女優陣を加えた8話のSUITは、一時間、華がありすぎましたね。

『SUITS/スーツ2』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『SUITS/スーツ2』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある日、甲斐(織田裕二)と大輔(中島裕翔)は、有名キャスターの浜崎哲平(中村芝翫)に会いに行く。浜崎は、自身のテレビ番組で人気プロ野球選手・等々力真一(佳久創)の薬物使用疑惑を報じて訴えられていた。等々力の所属球団は、浜崎と番組を放送した『東都テレビ』に対して、それぞれ賠償金3億円と、番組での公式謝罪を要求していた。浜崎は、これまでも社会のタブーに踏み込み、何度もトラブルを起こしていた。だが今回は、相手側が日本経済のドンが球団親会社のトップということもあって、謝罪するしかないのでは、と考える甲斐と大輔。しかし浜崎は、これまでも経験と勘で断定的な発言をしてきたが自分には負けた記憶がない、といってそれを頑なに拒む。

そして『幸村・上杉法律事務所』のトップは、チカ(鈴木保奈美)か、それとも上杉(吉田鋼太郎)か。シニアパートナーによる投票で代表を決める会議が5日後に迫っていた。

甲斐は、玉井伽耶子(中村アン)を復職させるため、彼女に会いに行く。「俺が君を必要としている。ずっと君とやってきた。君なしじゃ、やれない」。ボーナスの小切手を差し出されても首を縦に振らなかったが、甲斐のその言葉に心を動かされた玉井は、復帰するにあたってふたつの条件を出し……。

一方、上杉は蟹江(小手伸也)を呼び出し、シニアパートナーに指名する。ファームの共同代表である上杉は、独断でひとり、シニアパートナーに昇格させる権限を有していた。喜ぶ蟹江に対して上杉は、代表を決める臨時パートナー会議までは秘密にしておくよう告げる。このとき、密かにトップ争いの均衡が崩れようとしていた。

そんな中、『幸村・上杉法律事務所』に大輔の祖母・結衣(田島令子)が訪ねてくる。実は大輔は、結衣と一緒に住むために、新居をプレゼントしようと密かに考えていて……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/index.html