ドラマル

『SUITS/スーツ2』5話のネタバレ!玉井さん卒業?嘆く声殺到!

2020年8月10日に放送されたドラマ『SUITS/スーツ2』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、玉井(中村アン)が、コースタル・モーターズに関する重要書類を破棄!
そんな中、天才テニス少年と噂される高山雄哉(髙橋優斗)の依頼を受けることになり…。

関連記事

『SUITS/スーツ2』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『SUITS/スーツ2』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』5話のあらすじネタバレ

原告が被害者の妻、手嶋麻衣(須藤理彩)のコースタルモーターズ訴訟では、コースタルの神崎(伊藤正之)社長が謝罪と賠償金支払いを受け入れ決着したはずでしたが、代理人弁護士、富樫文弘(髙嶋政宏)は、甲斐正午(織田裕二)への追及の手を緩めません。
ボンネットの不具合を指摘していた内部文書を隠蔽した上に、被害者とその遺族を法廷内で侮辱した甲斐を徹底的に叩こうとしています。
上杉一志(吉田鋼太郎)は、優秀な弁護士として副島絵美里(清水ミチコ)を招聘。早急且つ秘密裏に和解を勧めようとする副島に対して、訴訟取り下げに期待している甲斐は反発します。が、幸村チカ(鈴木保奈美)は、甲斐を制して副島を雇い入れます。
とりあえずお詫びが必要と考えた甲斐は、原告と直接会ってはならないというタブーを犯し、手嶋麻衣のいる厚生施設を訪ねます。その厚生施設は、コースタル運転中にボンネットの不具合で死亡した麻衣の夫の作った施設です。

隠滅したものとされる問題文書(メモ)を資料室で発見した玉井伽耶子(中村アン)が、その紙片を持ってシュレッダーの前に立っています。たまたま居合わせた鈴木大輔(中島裕翔)が、コンセントを引き抜き、シュレッダー電源をOFFにします。
そもそも玉井は、この問題文書に心当たりがありませんが、それが出てきた以上、これをシュレッダーに掛ければ、それは間違いなく証拠隠滅という罪になります。大輔は玉井に、正直に機密文書が出て来たことを甲斐に告げるよう求めますが、玉井は、記憶が曖昧なこともあって、なかなか甲斐にそれを言い出せません。

裁判での和解を進めるに当たり、副島絵美里は幸村チカを介して、甲斐に「宣誓供述書」へのサインを求めます。これは、文書メモを受け取っていない、見ていないという宣誓書です。それを預かったチカが甲斐の部屋にやって来て、いざ、甲斐がサインをという時、大輔がコーヒーを供述書に零します。
サインをした瞬間、それ一発で偽証罪が成立してしまうと大輔に諭される甲斐。
甲斐は、玉井をつかまえ、「何故、メモを見付けた」と言わなかったのか責めます。見付かったと言えば隠蔽ではない証明になるので、直ぐにここに出せと言いますが、時、既に遅し。玉井は、見付け出した機密文書を大輔の知らない所で廃棄していました。

そんなゴタゴタと併行して、プロモーターの星川卓郎(田中要次)が天才テニス少年、高山雄哉(髙橋優斗)と一緒に甲斐を訪ねて来ます。雄哉は、プロ入りに反対の父、健吾(高橋努)と法的に親子の縁を切りたいと言っています。
プロ入り契約に際しては、18歳未満(現16歳)故に親の同意が必要なのです。甲斐は、この案件を大輔に丸投げします。
大輔には苦い経験があります。11歳時、父親と喧嘩したまま両親か゛亡くなっていて、それが強い後悔になっています。雄哉に自分を重ね合わせ、まずは親子関係を修復しようと説得します。が、父の健吾に雄哉虐待の疑いが浮上。やはり、裁判ではそれを強調しようという方向性が決まります。

ところが、この一件は全てが星川の絵図なのでした。親との縁切りも虐待も星川のデッチ上げの嘘なのでした。早くプロ契約を結ばせ、その利権などを手にしようという星川の企てでした。彼の口車に、まんまと雄哉が乗ってしまっていたということでした。よって、裁判は取り止めになります。父の言うことを聞き入れ、プロ入りは2年後を待つことになります。

戻って、コースタルモーターズ訴訟からの甲斐追及(証拠隠滅)案件。
和解に向けて動き出している副島弁護士が提案するこちらサイドの許容条件としては、まず、遺族への和解金5億円の支払い。そして、甲斐の弁護士資格剥奪です。チカは、甲斐に解雇通知を発動します。玉井に対しても、即日解雇を告げます。荷物を纏める玉井。
甲斐がエレベーターボタンを押し、収納ボックスひとつを抱える玉井を黙って見送ります。エレベータードアが双方の真っ直ぐな視線を遮ります。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

裁判を勝ち取るために手段を選ばないというのが甲斐の遣り方でした。弁護士に仕立て上げて無資格の大輔を雇い入れたり、大輔に相手側機密文書を盗ませたり、とにかく、これまで甲斐の違法行為は数多いのです。それなのに、ここに来て玉井の証拠隠滅に苦慮しているのは滑稽。上杉の主張通り、知らぬ存ぜぬで押し通すのが、これまでの方向性の見地からなら正解です。なにより、もし証拠隠滅が本当だったとしても、裁判で不利になる文書の処分は甲斐の秘書として、彼の遣り方を熟知している玉井なら当たり前の行為です。
今更、証拠隠滅を責められても玉井は困ります。しかも、この機密文書について、玉井は全く見た記憶がありません。

まずは、勝訴だけが全てではなく、美しい敗訴も有り得ることを認め、これまでの遣り方を改めようという方向性変更を玉井に向けて宣言しないと、秘書としては身の処し方に苦慮してしまいます。チカに解雇された玉井は、甲斐を真正面から見据えたまま、エレベーターで去り行きます。このままでは、玉井は甲斐の遣り方に振り回された犠牲者です。可哀そう過ぎます。

でも、まあ、ここで乱暴な推察をすれば、富樫文弘、それに上杉、副島はグルなのであって、彼らが秘密メモを資料室に運び入れていたと考えられます。
品質管理の内部資料作りをしていた大原陽子(滝川ひとみ)によれば、品質管理部の報告は文書にするなと言われ、神崎(伊藤正之)社長には直接、口頭で伝えていたとのこと。つまり、無いはずの文書が、ファームの資料室から出て来たことの真相は、コースタルの神崎社長と親交があった上杉が口頭でボンネット不具合の件の相談を受けていて、それで、品質管理部文書の捏造が可能だったと考えられます。上杉が、文書を偽造し、資料室に潜ませていたとも考えられます。それで、甲斐を追い落とし、更に、その監督責任ということでチカをファームから追放し、単独代表の座を射止めようとしているものと思われます。

玉井さん卒業?嘆く声殺到!

予告から玉井伽耶子(中村アン)の解雇をほのめかしていましたが、甲斐が何とかすると思っていたので、意外でした。
大前春子を連れてきて、シュレッダーにかけた書類を復元してもらえないのかな…。

聖澤真琴(新木優子)と幸村チカ(鈴木保奈美)、そして玉井さんのファッションショーが本ドラマの魅力の一つでもあったと思うので、非常に残念ですね。

『SUITS/スーツ2』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『SUITS/スーツ2』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れる。碓氷はギャンブル依存症だったが、ここ数年は賭け事を断っていた。だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまう…。しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていたのだ。碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。

一方、真琴(新木優子)と蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になる。公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。

そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していて……。

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行く。奪われたら、奪い返す。甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/index.html