ドラマル

『SUITS/スーツ2』3話のネタバレ!鈴木大輔と聖澤真琴が早くも破局!

2020年7月27日に放送されたドラマ『SUITS/スーツ2』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、上杉の画策を阻止するため、チカの命で、甲斐が瀬川(笹野高史)に近づく!
一方の大輔は、交際を始めた真琴(新木優子)と幸せな時を過ごしていたが…。

関連記事

『SUITS/スーツ2』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『SUITS/スーツ2』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』3話のあらすじネタバレ

甲斐正午(織田裕二)と幸村チカ(鈴木保奈美)は、事務所(ファーム)トップを狙う上杉一志(吉田鋼太郎)の動向に注視。上杉がファームに復帰したからには、シニアパートナーの過半数の票を集めて単独での代表権を獲得しようと画策するに違いないと考えるチカは、まず、企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方に引き入れるよう甲斐に命じます。瀬川は上杉と親しく、チカを嫌う人物です。
甲斐は、ゴルフに興ずる瀬川を訪ねます。まずは、お近付きの印に力を貸すと甲斐は申し出て、それなら建設中の商業ビル、大手町スカイビスタプロジェクトを潰すようにと要求されます。

今春にも建設予定だった大手町スカイビスタビルは、建設が大幅に遅れています。原因は、マディソン建設のワンマン社長、芹沢(石丸幹二)の拘りであって、彼の度重なる仕様変更が原因です。
メインバンクの東京ナショナル銀行への借入金(53億円)返済も迫られる中、資金は完全に底を突いています。が、それでも芹沢社長は建設断念を聞き入れません。芹沢社長の後方に控える重田友彦(飯田マサノブ)専務も何とかなると見込んでいます。
甲斐と鈴木大輔(中島裕翔)の説得に耳を貸さない芹沢社長は、追加融資をしない銀行の方がおかしいと主張して、最新の財務計画書を甲斐に提示します。

同じ頃、経済誌に載った「アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所」という記事中、幸村・上杉法律事務所がワースト2ということになります。それで、東大ロースクールでは、幸村・上杉法律事務所でのインターンシップを廃止を検討しているとのこと。
アソシエイトを統括している蟹江貢(小手伸也)は、その指導力不足をチカに責められます。蟹江は改善を命じられ、そして、東大ロースクールからの抜き打ち視察に来た真野麻子(MEGUMI)を出迎え、四苦八苦させられます。

その後、東京ナショナル銀行融資担当課長の吉永由紀子(太田緑ロランス)に、マディソン建設への追加融資の件を打診をする蟹江。甲斐の依頼で銀行に出向いた蟹江は、追加融資をしない銀行の遣り方を不審に思いますが、吉永課長は、芹沢社長の経営者としての能力を疑問視していて、それで追加融資を断念せざるを得ないと言います。
芹沢社長の抱える他企業も共倒れになったら困るということで、現在進行中のビル建設を止めさせようというのが銀行としての決定事項のようです。

が、大手町スカイビスタビルにある周囲の四つの大きなビルの内の三つは、東京ナショナル銀行がメインバンクです。真ん中のスカイビスタビルの建設が止まるのは、周囲のビルにとって不都合のはずということで、大輔は、裏に何らかの隠し事があることに気付きます。
スカイビスタビル建設によるこの地域への集客が見込まれているのに、その後押しの為の追加融資を銀行がしないのはいかにも不自然です。建設中止となった後のビルの引き取り手は誰なのかが判明すれば、裏のからくりが分かります。

東京ナショナル銀行を訪ね、吉永課長に会う甲斐。ビル建設中止後、担保として引き渡された土地と建設途中の建物は格安物件になります。
つまり、これは、銀行によるビル横取り作戦なのでした。この事実が周囲のビルの所有者に知られたら、銀行に対する莫大な損害賠償請求が起こります。スカイビスタビル建設での集客を目論んでいた周辺ビルからしたら、銀行のやっていることは許せない行為です。甲斐は、吉永課長にマディソン建設への追加融資を約束させます。

マディソン建設の臨時取締役会が始まっています。
芹沢社長はビル建設中止の責任を取って勇退を報告。そこに、甲斐と大輔が入り、東京ナショナル銀行の追加融資決定を伝えます。芹沢社長退任は無用であると進言します。が、重田専務がそれを許さず、芹沢社長の解職動議を提出。賛成の者の起立を求めますが、居合わせた役員は誰も立ちません。追加融資が決まり、ビル建設がこのまま続行されるのなら、それで良いということになります。おそらく、事前の打合せでは、芹沢社長解任の流れが決まっていたのですが、それが回避されます。
芹沢社長の忠実な右腕と目されていた重田専務でしたが、彼も銀行の企てに一枚噛んでいて、芹沢社長を裏切っていたことになります。

臨時の取締役会に同席し、そこからファームに戻った瀬川は、甲斐による案件乗っ取りをチカに抗議します。自分の担当案件なのに、何の事前相談も無く勝手に甲斐がカタを付けたことに対して怒りをぶちまけます。このルール違反については、共同代表の上杉にも報告し、甲斐への厳重処分を依頼すると息巻いています。が、実は、銀行と手を組んでビルを乗っ取ろうとしていた張本人が瀬川なのでした。その証拠を甲斐がつかんでいて、チカは、瀬川に退所届の提出を求めます。これで、代表権争いで上杉に投じられる一票が消えました。

大輔は、甲斐の理不尽な忠告に従い、「君とは付き合えない」と言って、パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)と別れます。
大輔と真琴に辛く悲しい思いを強いる甲斐の真意は不明です。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言で順延されていてた第3話以降でしたが、その解除により撮影が再開されました。
この撮影休止期間中、女優陣はシェイプアップに余念がなかったようです。言うまでもなく本作では、鈴木保奈美さん、新木優子さん、中村アンさんという三人の美女のボディーラインの競い合いがあります。それを楽しみにしているファンも多いと思われ、だからこそ、皆、ヒップラインを中心に体を鍛えているようですね。

各回、ファッションでの競い合いもあるわけですから、女優陣の陰の鍛錬も熾烈なのかと推察されます。

鈴木大輔と聖澤真琴が早くも破局!

聖澤真琴(新木優子)が何だか可哀想!
すんなりとハッピーエンドにはならないと思っていましたが、別れが突然すぎました。
一方の鈴木大輔(中島裕翔)も別れを惜しみ、所々で真琴を見つめる描写があり、切なくなります。

原作では最終的に結ばれる2人。
ドラマ版ではどうなっていくのか楽しみですね。

『SUITS/スーツ2』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『SUITS/スーツ2』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

甲斐(織田裕二)のもとに1枚の訴状案が届く。差し出し人は、甲斐とは何かと因縁深い弁護士・富樫文弘(髙嶋政宏)だった。

大輔(中島裕翔)は、秘密を抱えたまま真琴(新木優子)と交際することができず、彼女と別れた。同じころ、大輔を貸してほしいと上杉(吉田鋼太郎)から指示された蟹江(小手伸也)だったが、見栄を張った結果、大輔は自分の案件を手伝っていると嘘をついてしまう。辻褄を合わせるために、さっそく甲斐に大輔を借りたいと申し出る蟹江。甲斐は、大輔が真琴との別れから立ち直っていないことを知ると、失恋の傷は仕事で癒せ、と言って蟹江に貸し出すことに。

富樫の呼び出しに応じた甲斐は、『コースタル・モーターズ』訴訟の話を切り出される。それは、コースタルの自動車に乗っていた運転手が事故死した件だった。遺族はボンネットの欠陥を疑っていたが、コースタルと代理人弁護士の甲斐は、欠陥はないと主張し勝訴していた。ところが、実はコースタルの自動車には欠陥があり、一部関係者がそれを認識していたことを示す社内メモが見つかったと言うのだ。富樫は、コースタルが重大な事実を隠蔽していたとして、損害賠償請求を行うと同時に、それに加担した甲斐も訴える、と言い放つ。

甲斐から報告を受けたチカ(鈴木保奈美)は、上杉がコースタルの神崎社長(伊藤正之)と親交があることに触れ、公になる前に事実確認をするよう甲斐に命じるが……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/index.html