ドラマル

『SUITS/スーツ2』2話のネタバレ感想!3話以降はコロナで延期に悲痛の声殺到!

2020年4月20日に放送されたドラマ『SUITS/スーツ2』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、戻ってきた上杉(吉田鋼太郎)が、巧みな話術でスタッフの心を掌握する!
そんな中、甲斐は東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉を行うが…。

関連記事

『SUITS/スーツ2』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『SUITS/スーツ2』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』2話のあらすじネタバレ

甲斐正午(織田裕二)と幸村チカ(鈴木保奈美)に「幸村・上杉法律事務所」を追い出されていた共同代表の上杉一志(吉田鋼太郎)が復帰して、全スタッフに挨拶。節操がなく強欲だった過去を詫びます。妻の死をキッカケに思い遣りの心を学んだとアピールし、一瞬にしてスタッフの心を掌握します。

弁護士資格を持たない鈴木大輔(中島裕翔)を弁護士として雇い入れているという弱みを復帰した上杉に握られる前に彼を解雇するよう、チカは甲斐に命じます。が、甲斐は、それに反発。大輔より先に自分をクビにせよと迫ります。しかし、甲斐が辞めれば上杉は必ずその理由を探ります。そして、無資格の大輔を雇っていたことを突き止め、それを責めるはずなので、チカは甲斐をクビにはできません。大輔の処遇も据え置きです。

後日、チカが出社すると上杉の指示による内装工事が始まっています。工事の陣頭指揮を取っているのは蟹江貢(小手伸也)です。他に、蟹江は、上杉から事務所の全案件を纏めた資料(インデックスファイル)を作るよう指示されています。蟹江は、アソシエイト弁護士全員を集めて作業を実行させ、その日の内に上杉の要求に応えます。
その一方で、旧知の矢吹晋作(山中崇)から別ファーム(フレイム法律事務所)への誘いを受けることになった蟹江は、どうすべきか悩みます。が、結局、上杉からのプレゼント(欲しかった最新鋭のボイスレコーダー)と、それに添えられていた「君が必要だ」というメッセージにより、「幸村・上杉法律事務所」に残ることになります。蟹江に残されたのは、現代表のチカに付くか、復帰した上杉に付くかの選択だけになります。

東京国際記念病院の院長・長谷川雄一郎(佐戸井けん太)と看護師組合の労使交渉を纏めるよう、甲斐はチカに命じられます。当病院は、もともとは上杉のクライアントだったのですが、チカは、重要案件を上杉に任せるつもりはありません。
甲斐と大輔は、まずは、組合を束ねている看護師長の安田佐緒里(黒木瞳)に、記念病院に会いに行きます。賃上げ要求が通らなければ、内閣官房長官(田辺)の心臓バイパス手術の当日、ストライキに突入すると宣言されます。

甲斐は全国平均に合わせ、平均5%の給与アップを提示。が、安田看護師長はそれを拒否して、病院側が50億円を投じてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%の賃上げを要求しています。三日以内の回答が求められ、そして、それが通らなければスト決行になります。

とりあえず、院長とは旧知であっても看護師側に寄り添いたい上杉。大輔もそれに同調します。上杉は大輔を自分の部屋に呼んで、甲斐には内緒で作戦を練ります。自分の知恵ではなく、大輔の発案ということで、甲斐に忠言しようということにしますが、なかなか甲斐は言うことを聞きません。

何とか解決の道を探りたい大輔は、安田看護師長を祖母の結衣(田島令子)が暮らす「マゼラン湘南佐島(ホーム施設)」に呼び寄せ、そこで、投薬時間と看護師の印鑑というものの存在を教えられます。
祖母の薬袋にある日付と時間、そして、看護師の印鑑が勤務実態を証明しています。時間外勤務で働く看護師の実態が、そこに明らかになっています。

長谷川院長、安田看護師長が「幸村・上杉法律事務所」にやって来て、最後の詰めに入ります。甲斐の他に、上杉と大輔が同席しています。と、突然、甲斐は安田看護師長に対して「解雇通知」を突き付けます。看護師長の他、23名の看護師の「解雇通知」も用意されています。「就業規則に定められた時間を超えての無断の超過勤務は、病院が定める残業ルールに反する」というのが解雇理由です。それが嫌なら、直ちに、「和解」に応ずるよう安田看護師長に迫る甲斐。

勤務環境の完全ホワイト化の必要性を甲斐は説きます。タイムカードによる勤務管理を徹底させて、法的基準を超える残業を無くすべきであると甲斐は言います。
更には、追加人員を確保して、看護師一人当たりのクライアント担当数を減らすことも提案。長谷川院長は、それでは、更にベースアップ以上の予算がかかると困惑しますが、甲斐は、その予算の捻出方法を提示。それは、「交際費」、「接待費」、「役員報酬」、「政治献金」、「院長機密費」など、これまでの支出を再考吟味すれば、簡単なことなのです。

ここはイメージアップであり、この説明不能な支出がマスコミに知れたら厄介なことになると院長を説得する甲斐。そういうことで、給与のパーセント(%)アップではなく、「給与体系」の改善、見直しを看護師長に約束させられることになる院長。それで一件落着になります。甲斐の戦略により、給与アップよりも、よりクールな決着になります。
マスコミのインタビュー取材に対して、安田看護師長は、「改善案に合意してくれた院長に最大限の賛辞を」と言って、相手を持ち上げます。

パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)に突然キスされた鈴木大輔(中島)。ファーム内では内緒にしておくのを条件に、真琴は大輔との付き合いを受け入れます。
そして、施設にいる祖母の結衣には、「この子は正直で、嘘のつけない真っ直ぐな子。それだけは私が保証します」と言われます。で、その言葉に大輔は思い悩みます。大輔は、真琴に本当のことを話したいと、甲斐に禁断の話を持ちかけます。
勤務後の夜間に真琴と会い、そして彼女と別れて事務所に戻った大輔は、秘密を真琴に打ち明けたいと事務所に残っていた甲斐に申し出ます。真琴には、本当の経歴を告白したいと言い出します。突然のことに甲斐は驚きますが、「好きにすれば良い」と言って立ち去ります。部屋を出て、そこで弁護士バッジを落とし、それを拾い上げます。

その少し前の時間帯、「事務所規定」を取り出していた甲斐。「代表の選任」の条項で、「シニアパートナーの過半数」の票を得ないと、代表の座をチカから奪い取れないことを確認していた甲斐。弁護士としての仕事がいくら優秀でも、シニアパートナーとの親交が希薄であると代表になれないと知る甲斐。そういう資格要件に関しては、上杉にも、蟹江にも負けていることに、甲斐は気付き始めているようです。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』2話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

弁護士資格のない大輔が問題になっています。替え玉受験で司法試験の受験資格が無いという設定ですが、実は、刑期(または、執行猶予期間)さえ終了すれば受験できるというのは周知の事実。「悪魔の弁護人」での「死体配達人/少年A」、御子柴礼司でさえ弁護士になれているのですから、そういう事実は隠しようがありませんね。替え玉受験での文書偽造罪は刑期を終了しているとして、いま受験を妨げているのは、「履歴詐称」です。甲斐正午が大輔を弁護士として使っているのが問題になります。甲斐が、大輔が弁護士になるのを邪魔しています。高校二年で司法試験の「予備試験」に合格しているという設定ですから、何時でも、受験出来るはず。もし、それが、取り消されているのなら、「予備試験」を再受験すれば良いだけのようにも思われます。

しかし、それを言い出すと、ドラマとしての面白さは半減します。ニセ弁護士として、大輔がどう振舞うのかというのがドラマの面白さなんですね。また、甲斐とチカが、ニセ弁護士をどう使うのかというのも、ドラマの醍醐味なんでしょう。

3話以降はコロナで延期に悲痛の声殺到!

遂に付き合い始めた鈴木大輔(中島裕翔)と聖澤真琴(新木優子)。お似合いの美男美女ですよね。
2話は、大輔の話を聞いて思わず聖澤がキスする屋上でのシーンが良かった!
そして、聖澤とOKを貰いはしゃぐ大輔が可愛すぎました。

残念ながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響『SUITS/スーツ2』の3話以降は放送延期が発表されました。

大輔と聖澤の2人がどうなっていくのか?
大輔は弁護士資格がないことを自ら聖澤と話すと甲斐にいっていましたが、2人の会話を盗聴していた蟹江が暴露しそう…。続きが気になりますね。

『SUITS/スーツ2』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『SUITS/スーツ2』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は、『幸村・上杉法律事務所』のトップの座を狙っている上杉(吉田鋼太郎)の動向を注視していた。上杉が、シニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカは、まず企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう、甲斐に命じる。

一方、真琴(新木優子)と交際を始めたばかりの大輔(中島裕翔)は、彼女にすべてを打ち明けるべきかどうか悩んでいた。そんな折、チカからディナーに誘われた大輔は、幼いころのことなどをいろいろと尋ねられる。だが、チカが自分を呼び出した目的がわからず、困惑するばかりだった。

瀬川のもとを訪ねた甲斐は、チカに対して不満を抱く彼に、力になれることを証明したいと申し出る。そこで瀬川が提示したのは、建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰せ、というものだった。
『大手町スカイビスタ』は今年の春に完成予定だったが、大幅に建設が遅れていた。原因は、プロジェクトを進めるマディソン建設のワンマン社長・芹沢(石丸幹二)のこだわりで、度重なる仕様変更にあったためだった。また、同社はメインバンクの東京ナショナル銀行への返済も迫られていたが、資金は完全に底をついている状態だ。しかし芹沢は、建設を断念すべきだという甲斐たちの提案を聞き入れず、追加融資をしない銀行の方がおかしい、と主張して最新の財務計画書を甲斐に手渡す。

同じころ、アソシエイトを統括する蟹江(小手伸也)は、経済誌に載った“アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所”という記事で、『幸村・上杉法律事務所』がワースト2位だったことにより、東大ロースクールはインターンシップの廃止も検討しているということでチカに責められる。改善を命じられた蟹江は、東大ロースクールから抜き打ちで視察に来た真野麻子を出迎えるが……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/index.html