ドラマル

『SUITS/スーツ2』1話のネタバレ感想!ビジュアルが豪華すぎるし展開も面白い!

2020年4月13日に放送されたドラマ『SUITS/スーツ2』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、フューチャースカイ社長・三津谷から、甲斐はシステム売却依頼を受ける!
そんな折、甲斐の天敵で、事務所の共同代表でもある上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死し…。

関連記事

『SUITS/スーツ2』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『SUITS/スーツ2』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』1話のあらすじネタバレ

「幸村・上杉法律事務所」の移転で引っ越し作業中、全米進出を夢見るアーティストグループ、「Bradbury」を率いる実力派ミュージシャンのミズナ(加藤ミリヤ)が、アメリカ大手のマネジメント会社、「アトランティス・ミュージカル・グループ」と専属契約するということになっていて、甲斐正午(織田裕二)は、その代理人として契約交渉に立ち会います。
しかし、その席上、収益配分など、それまでの約束を覆す内容に変更されていることに甲斐は気付きます。ミズナの弟のスキャンダルが発覚し、その弱みに付け込んでのゴリ押しサインを迫まられます。

甲斐は、ミズナに一旦、嘘のサインをさせた上で、記者会見の席で、マネジメント会社の不正を暴きます。アーティストの弱みを握っては、法外な専属契約を結ぶというのが、このマネジメント会社の常套手段でした。
甲斐は、記者会見の席上で、契約は白紙撤回になったと宣言します。「卑劣な脅しには屈しません」と言って記者会見場を後にします。
その直後、「アトランティス・ミュージカル・グループ」の窓口になっていた相手弁護士の事務所には、業務上横領容疑で、東京地検特捜部の強制捜査が入ります。

「アトランティス・ミュージカル・グループ」の契約マニュアルを入手して、それを電話で甲斐に伝えていたのが、鈴木大輔(中島裕翔)。ここは、相手の弱みに付け込む手段がマニュアル化されているマネジメント会社だったことになります。――「幸村・上杉法律事務所」のシニアパートナー弁護士である甲斐は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)に相談することなくボストン(アメリカ)で勉強させていたアソシエイト・大輔を日本に呼び戻していました。大輔は、帰国後早速、パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)を食事に誘い、正式なお付き合いを求めますが、真琴はその答えを保留。

翌日、甲斐は大輔に大手出版社(柊出版)からの依頼案件を丸投げします。
柊出版お抱えのベストセラー作家・桜小路都(友近)に小説のアイデアを盗用されたと訴えているのが、吉野麻帆(玉城ティナ)という女性で、彼女は柊出版の元契約社員。今は書店でアルバイト店員をしている麻帆の主張を覆すのが大輔の復帰リハビリの初仕事になります。が、大輔は麻帆に同情し、和解交渉を進めます。
出版社に足を運び、桜小路都の担当編集者・宮原啓子(西尾まり)に会います。
結局、盗用を主張していた麻帆のそもそものアイデアは、過去の海外小説などからの盗用ということになります。似たようなストーリーが少なくないことが分かり、麻帆の主張は通らないことになります。

最終的に、解決金の支払いと商業レベルに達しているという条件下で、麻帆の小説が出版されるということで合意に至ります。それで、小説家デビューが夢だった麻帆の夢が叶いそうです。そういうことで、こちらは大輔の判定勝ち。

同日、甲斐はロケットや航空機の技術開発している「フューチャースカイ」社長・三津谷聡(反町隆史)から呼び出されます。
三津谷は、新開発した無人航空機制御システム(UAシステム部門)の売却を希望しています。全米最大の宇宙ロケット開発会社(ザッガード社)と業務提携を進めたい三津谷は、その売却資金を宇宙部門に向けたい意向です。
三津谷は、今後も顧問料の支払いを続けるかどうかを諮(はか)るテストとして、最低売却価格を百億円に設定。この額で、甲斐に価格交渉を一任します。100億円の売却成立で、甲斐は今後の顧問弁護士として、合格判定されることになります。

甲斐は、三津谷の新技術システム売却の意向を、大手航空会社「新日空」の重役・竜崎慎吾(野間口徹)に持ち掛けます。竜崎の提示額は70億円。そこに、80億円を提示する国際空港などの競合他社を加えて、落札金額の引き上げを画策する甲斐。
万里航空の提示額が85億円で、これが最高額。三津谷の希望額、100億には届いていません。

そんな折、甲斐とチカが事務所から追い落としていた共同代表の上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死します。
表向きは優秀で謙虚。愛妻家で仲間思い。が、裏の顔は、目的の為なら手段を選ばない私利私欲の塊の上杉。これまで病床の妻の看病で長期休暇を取っていましたが、妻が他界して代表復帰の動きを見せ始めます。

100億円の売却案件については、その後も、70億円の提示額を変更しようとしない「新日空」の竜崎。そんな中、国際航空が入札を降ります。「フューチャースカイ」の悪評が出回り始め、皆がそのリスクに巻き込まれるのを回避しようという動きになっています。世には、三津谷社長の豪遊、経費の私的流用などフェイクニュースが溢れます。

三津谷を訪ねる甲斐。スキャンダルが一気に浮上したことで、三津谷は、ノンクレーム、ノンリターンを条件に、「新日空」への50億円での売却を急いでいます。100億円売却の意向を翻して、その半額での売却でOKとしています。
そして、甲斐の最後の仕事が、50億円での売却契約の成立だと告げます。

三津谷が新開発の無人航空機制御システム(UAシステム部門)の売却を急ぐ理由は、実は、アメリカ「ザッガード社」の特許侵害を隠していたからでした。このシステムに用いられている「アルティメット・デュアル・クローラー」という新技術は、「ザッガード社」が特許取得済みなのでした。
しかし、この技術盗用はバレないはずでしたが、「ザッガード社」との提携話が持ち上がり、それで、その部門の切り離しを急いだというのが真相になります。
つまり、特許技術の盗用を隠した上で、三津谷は、甲斐にUAシステムを高値で他社に売るよう要請していたのでした。

三津谷は甲斐をテストすると言いましたが、甲斐にも、三津谷をテストする権利があって、甲斐は三津谷に「不合格」を言い渡します。甲斐はリングを降りることを決意して、三津谷に背を向けます。

三津谷が甲斐を呼び止め、「あなたなら、どうしますか?」と尋ねます。
最後のアドバイスとして、甲斐は、「クロスライセンス契約」を提案します。これは互いの会社の特許技術を共有しようというものです。
「ザッガード社」側も、「フューチャースカイ」の他の二つの特許に興味を示していて、どうやら、そういう契約が可能なのです。それで「ザッガード社」との提携が上手くゆきそうです。であれば、UAシステム部門の売却も不要になります。
今後も顧問弁護士契約を望む三津谷に、甲斐は、隠し事をしないこと、自分の遣り方に口出ししないこと、良心価格の見直しを約束させます。

「新日空」社員の逮捕のニュースが街に流れます。「虚偽の情報を拡散」させたと報じられています。どうやら、「フューチャースカイ」の三津谷社長絡みのフェイクニュースは、50億円で新技術(部門)を買い取ろうとしていた竜崎の戦略展開の一環なのでした。――こちらは、甲斐のKO勝ちになりました。

甲斐と大輔が事務所に戻ると、上杉がスーツ姿で事務所復帰していて、皆に拍手で迎えられています。チカと甲斐は渋い顔です。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

依頼案件がいくつも重なって煩雑ですが、今回は、当人の弱みになる「スキャンダル利用」と「盗用」がテーマでしたね。つまり、スキャンダルで相手の弱みに付け込んだり、アイデア、技術の盗用で世の中を上手に渡ろうとする人たちへの警鐘になっています。しかし、まあ、正々堂々、王道を歩みたいのはやまやまですが、今日の「コロナ禍」など、いろいろと難しい問題が押し寄せています。自分だけが無事ならば良いということでなく、全体にとって何が良いのかを考えますと、非常に困難な課題が山積しています。ひとり王道を歩けばそれで良いという時代ではないのかも知れません。

チカと甲斐にしても、上杉のスキャンダルを彼の弱みとして握っていて、それで自分らに都合の良い展開に持ち込もうとしているわけですから、そこに、何か、引っ掛かりを感じます。チカと甲斐の暗部も見え隠れしていますね。

ビジュアルが豪華すぎるし展開も面白い!

1話は、織田裕二、中島裕翔、反町隆史(ゲスト)のハンサム男性陣に、鈴木保奈美、中村アン、新木優子、玉城ティナ(ゲスト)、森七菜という美女が揃い、豪華すぎました。

また、爽快な逆転劇が見ていてスカッとしたし、甲斐(織田裕二)と天敵・上杉一志(吉田鋼太郎)とのハラハラするやりとりも面白かったですね。
これから幸村・上杉法律事務所がどうなっていくのかワクワクします。

そして、鈴木大輔(中島裕翔)と聖澤真琴(新木優子)との恋も気になるなんともバランスが良いドラマ。『SUITS/スーツ2』は、今後も楽しめそうですね。

『SUITS/スーツ2』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『SUITS/スーツ2』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)によって、『幸村・上杉法律事務所』から事実上追い出されていた共同代表の上杉(吉田鋼太郎)が復帰した。上杉は、全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いを詫びると、妻の死をきっかけに人を思いやることの大切さを学んだとアピールし、あっという間に彼らの心を掴む。

チカは、上杉に弱みを握られる前に大輔(中島裕翔)を解雇するよう甲斐に命じた。しかし甲斐は、大輔を辞めさせるなら自分もクビにして欲しいと返す。甲斐が辞めれば、上杉は必ずその理由を探り、無資格の弁護士を雇っていたことでチカを責めるはずだと言うのだ。

あくる朝、チカたちが事務所にやってくると、内装工事が行われていた。上杉の指示だった。その陣頭指揮をとっていたのは蟹江(小手伸也)だ。蟹江は、上杉から事務所の全案件をまとめた資料も作るよう指示されていた。蟹江からその許可を求められたチカはOKするが……。

そんな中、甲斐は、難航している東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるよう、チカに命じられる。東京国際記念病院は、もともと上杉が獲得したクライアントでもあった。だがチカは、重要な案件は上杉に任せない心づもりでいたのだ。

東京国際記念病院では、待遇に不満を持つ看護師たちが組合を結成し、賃上げを要求していた。それが受け入れられない場合は、内閣官房長官の心臓バイパス手術が行われる日にあわせて一部業務のストライキを行うと宣言していた。

甲斐は、大輔とともに組合をまとめる看護師長の安田佐緒里(黒木瞳)に会いに行く。かつて被災地のボランティアをまとめた手腕でも知られる佐緒里は、弁護士もつけずにたったひとりで交渉の席につく。そこで甲斐たちは、平均5%の給与アップを提示した。しかし佐緒里はそれを拒否し、病院側が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%もの賃金アップを要求。「私たちの仕事を舐めないで」。佐緒里は、甲斐たちにそう言い放ち……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/story/index.html