ドラマル

『テレビ演劇 サクセス荘』9話のネタバレ感想!「アンテナTV」が不適切な動画アップでバン!

2019年9月6日に放送されたドラマ『テレビ演劇 サクセス荘』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、ケントから考案された「アンテナ体操」がまさかのバズに!
勢いに乗ったアンテナは、アンテナ体操の第2弾(ムーさんver)をアップするが…。

関連記事

『テレビ演劇 サクセス荘』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『テレビ演劇 サクセス荘』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ネットもテレ東」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『テレビ演劇 サクセス荘』9話のあらすじネタバレ

リビングでゴーちゃん(和田雅成)、アンテナ(有澤樟太郎)、チャップ(定本颯馬)、ムーさん(玉城裕規)、ケント(黒羽麻璃央)がそれぞれネタについて悩んでいました。
なかなかいい案が思い浮かばなかったのか、ゴーちゃんは外へ歩きに、ムーさんはお風呂、チャップは寝ることに。

残されたアンテナが独り言を言いながらリビングを歩き回っていると、ケントが「うろうろしないでもらえる?」と注意します。二人はそれぞれ12時までに動画のアップと打ち合わせのために漫画の原稿を用意しなければならなかったのです。
漫画を描いているところの実況を提案するアンテナに集中できないとその場を去ろうとしますが、力ずくでその場にとどめられてしまいます。
実況がダメだとわかったアンテナは互いのネタを探しあうことを提案し、さっそくケントの悩みを聞き出します。
ケントの漫画の内容とは、ユイと呼ばれる少女が地底世界から逃げようとするがマグマに囲まれてて逃げたくても逃げられない。
アンテナは即座に『魔法で消える』『気合いで通り抜ける』『地底人が改心して火を消す』などと上げていきますがケントに全て却下されてしまいます。
そして次に思いついたのが、『地底世界の下に大江戸線が走ってて、マンホールを開けて大江戸線に飛び乗る』というもの。
アンテナの案を気に入ったケントは即決で採用、さっそく原稿に反映しようとその場を去ろうとしますが、今度はアンテナのネタをケントが考えなければなりません。
『部屋を大掃除してみた』『目隠しててポテチ食べて味を当ててみた』と案を出してみるもののすでにやってしまったと逆ギレしてしまうアンテナ。
時間がないと焦るアンテナにケントが思いついたのが『アンテナ体操』。
子供たちがすぐに真似できるように『ビンビン』を合言葉に何かをさせようとします。
さっそく動画を取ることになると、数秒悩んだアンテナでしたが覚悟を決めケントの構えるカメラに向かってアンテナ体操をするのでした。

アンテナが考えた漫画の続きを劇で再現することになったようで、主人公のカズキをミスターが、ヒロインのユイ役にチャップ、主人公の友人ユウダイをゴーちゃんが当てられスタートします。
どうやら三人は地底人から逃れ、さらに地下へと潜っているようです。
行き止まりが多く、来た道を戻ろうとするとそこに地底人が現れてしまいます。
地底世界の番人A役のムーさん、地底世界の番人B役のサー、そして唯一名前のある地底世界の王、ポセイドン役のユッキー。
王妃になれとユイに迫りますがユイはそれを拒否し、自らポセイドンにグーで一撃、そしてキックと反撃します。それを思わず止めに行くユウダイとカズキでしたが地底世界の番人たちも応戦します。
番人Aのムーさんからは「火火火火火」という言葉とポーズ的に恐らく口から火が繰り出され、番人Bのサーの口からは「風風風風風風」とともに吐息で攻撃します。混乱する中で、とうとうポセイドンの攻撃が繰り出されました。ただ大きな一声で「ポセイドーン」。場は静まりましたが、何故か仲間の番人Aと番人Bから攻撃されてしまいました。
再び番人たちから攻撃されピンチに陥る三人でしたが、ユイがマンホールを発見し、大江戸線が走る姿を見て迷わず飛び込みました。次週へ続く、とケントの一声で劇は終わります。
楽しかったと感想をいいながら、ケントの連載に皆が期待を寄せます。

そこにアンテナが二階から通知音が響くスマホと共にやってきました。
そして一言、「どうしよう、バズッた!」
バズった原因はハリウッド女優、ナントカ・ジョリーがアンテナTVをみて「funny」とつぶやいたと証拠の画面を皆に見せてくれました。
早速動画を見たいとアンテナに近寄るが一斉に全員が集まってしまうため、画面が見にくいことに気づきました。ユッキーに至っては見ようとした輪から追い出されてしまう始末。
そこで、ミスターが提案します。動画より生で見せてもらおう、と。
大したことじゃないと少し嫌がるアンテナでしたがサーが捲し立てます。
アンテナ以外ソファで座り待機し、アンテナは諦めてビンビン体操を披露します。
が、それを見たあとのサクセス荘のメンバーの反応はわかってはいましたがいまいちなものでした。
バズってしまった動画の次に出す動画にも悩んでいるアンテナにミスターが「ビンビンっていう短い言葉の繰り返し、それとフレーズもいいし覚えやすいし、真似しやすいし癖になる」と上手くいったポイントを的確にアドバイスしてみせます。
そこから話題はアンテナが次に出す動画の案についてそれぞれが案を出し始めます。
サーからは『ビンビン音頭』、ゴーちゃんからも『ビンビンシリーズ』とでてきますが、アンテナはビンビンというフレーズからは離れたいと難色を示します。否定的なアンテナに対し、ユッキーが「ビンビン13章はいけるな」という言葉に全員が聞き返してしまいます。
微妙な空気の中、ユッキーが再度、案を出します。
『シェアハウスで野球やってみた』
全員が野球は、と言葉を濁す中、アンテナは一人乗り気になり、早速野球を行うことになりました。

ソファを片付け、ベースをセットする中、何故か一塁だけは位置的にでしょうか。階段上の二階にムーさんがセットしそのまま守備につきました。
実況はアンテナ、解説にケントを迎えピッチャーにサー、バッターボックスにゴーちゃんが立つとアンテナたちに便乗するように茶番劇が始まります。
ゴーちゃんはバントをするものの、ピッチャーに返り、あっさりアウトにされてしまいました。
二番打者としてミスターがバッターボックスに立ち茶番劇は続きますが、ここで思わぬアクシデントが起こります。
ミスターは打ったものの、打った球が壁に跳ね返り一塁に向かいかけたミスターのもとに返ってきてしまいました。
思わずうずくまるミスターに審判となったアンテナが「守備妨害!」と宣言!
場が思わず不思議な空気になるなか、続きを再開しようとしますが、アンテナのスマホから通知音が再びバズった時と同じように鳴り響きます。
スマホを確認すると生放送のコメントに「部屋の中で野球なんかするな(怒)」「非常識すぎる!」などの批判コメントが殺到。

起死回生として「ビンビンダンス」を誰かが踊って投稿しようとまたしてもゆっきーが提案し、ほぼ強引に誰に踊ってもらうか決めようと、ソファに座るメンバーに視線を巡らせます。特に、ゴーちゃんには「ストリートダンスに定評があるやつ」と目をつけ、次いで反対側に座るちゃっぷに近づくと「日ごろ暴力をふるうやつ」とそれぞれ狙いを定めたかのよう。
そして、選ばれたのはなんとムーさん。
リビングのセンターに連れてこられたムーさんにゆっきーは「一番俺はこないだろっていう顔をしていた」と話します。
「ダンスって気持ちだと思うし」といいつつ汗がにじみでている様子のムーさんでしたが、ダンスを踊る位置に立つと腹をくくりました。
ただ、カメラを向けても白目でスタンバイするムーさんに全員が生暖かい目で見守ります。
「よーい、ビンビン!」の合図で録画スタート!
「きたよ」「あいつがきた」「お前も来たのか」「ビンビン」を連呼しながら奇妙なダンスが繰り広げられ、サクセス荘のメンバーはのきなみ笑いをこらえきれずに顔を隠す者続出。
最後に「キタァァァァ」「ビーン」という言葉で体が正面に戻ってくると視線は上にフィニッシュ。

早速動画を上げ反応を早速確認しようとするがケントは「エラー…?」「不適切な動画とみなされ、アカウントは削除されました」の文字。アンテナはただその画面を見つめることしかできませんでした。

スポンサーリンク

『テレビ演劇 サクセス荘』9話のネタバレ感想

30代女性

生駒渉

今回はなんといっても、最年少かつメインとして立っていた有澤樟太郎のいじられキャラがよくでていたと思います。

アンテナがメインとあってビンビン体操を初披露するところや、皆の前でやる時も、どこか有澤樟太郎が恥ずかしがってる!が見てとれます。演劇としてどうなの、とは思うかもしれませんがまあこの番組内であれば視聴者的には、可愛い!と悶えるところでしょう。普通のドラマと違うからか許せちゃうこのゆるさがこの番組のいいところなのかも…。

それ以外でもしっかりと『中の人』ネタとして輝いていたのが紅白の下り!
ケントの「おめでとう二回目」に吹き出し、慌てて否定するアンテナにさらに便乗したゴーちゃんがいつ出たのというメンバーの質問に「去年や去年」と返す流れ。
全員が「あー…」と納得して有澤君に視線を向けるのも面白いし、本人は話の内容を元に戻したそうにしてるし…先輩に愛されてる後輩感がばっちり出て、有澤くんファンにはご褒美のような回で間違いないでしょう!

あと、果たしてバズった動画の名前は『アンテナ体操』なのか『ビンビン体操』なのか、どっちが正しいのかなーというのも気になりましたね。教えて、公式さん!

「アンテナTV」が不適切な動画アップでバン!

せっかく○○ジョリーに「funny」されてバズったのに、アカウントがバン(削除)されてしまうなんて、アンテナは立ち直れるのか心配ですね。

さて今回、個人的には紅白のくだりと、ビンビン野球での「守備妨害」発言、不適切動画でアカウントをバンされたのが、面白かったですね。

言葉選び(アドリブ)が良くて、随所で笑える回でした。

『テレビ演劇 サクセス荘』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『テレビ演劇 サクセス荘』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

今回は、名探偵サー(荒牧慶彦)がミステリーの世界へいざなう…。ある嵐の夜、雨宿りをするため山荘を訪れた名探偵サー。するとそこでは、一人の男が何者かによって殺害されていた。容疑者は3人の兄弟たち。果たして、犯人は一体誰なのか…!?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/success_sou/story/