ドラマル

『テレビ演劇 サクセス荘』6話のネタバレ感想!笑いすぎてお腹痛い!即興面白すぎるの声!

2019年8月16日に放送されたドラマ『テレビ演劇 サクセス荘』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、「サクセス荘」恒例のお楽しみ会として、みんなで即興劇にチャレンジ!
果たしてどんな展開が待ち受けているのか…。

関連記事

『テレビ演劇 サクセス荘』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『テレビ演劇 サクセス荘』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ネットもテレ東」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『テレビ演劇 サクセス荘』6話のあらすじネタバレ

今回のサクセス荘では、恒例のお楽しみ会として、即興劇にチャレンジすることになりました。

まずは、夢が芸人で102号室に住むゴーちゃん(和田雅成)が夢が映画監督で303号室に住むチャップ(定本楓馬)の出題するお題で話を展開させていきます。

サクセス荘即興フェスティバルの司会は、夢が南極料理人で205号室に住むユッキー(髙木俊)です。

まずはチーム分けで2チームになるのですが、ボックスの中のボールを引いて黄色チームと白チームに分かれます。
各チームのメンバーは、黄色チームがゴーちゃん、夢がアクション俳優で204号室に住むノブ(高野洸)夢が英国貴族で302号室に住むサー(荒牧慶彦)ユッキーで、白チームがチャップ、夢がプロボウラーで305号室に住むヒッピ(寺山武志)夢が弁護士で203号室に住むミスター(高橋健介)となりました。

次に『お題』と『ジャンル』を選んで演じることになります。時間は1分でお題を演じて、ジャンルの音楽がかかって1分です。
先攻の白チームはお題『大家族』ジャンル『ミュージカル』で即興劇スタート。
ヒッピが大家族のお母さんになり、チャップとミスターが子供たちです。
朝食の場面で、大家族の朝の忙しさを表現していき、そこでミュージカルの音楽が始まり、デパートのゲームコーナーに出かけ、デパートで昼食です。
ここでタイムアップの熱演でした。

後攻の黄色チームはお題が『伝説の少女』ジャンルは『キッズ』で即興劇スタート。
ノブが伝説の少女の髪の毛を見つけ、サーが登場して伝説の少女だと思うのですが、ウクレレを抱えたユッキーがサーは伝説の少女をを蘇らせる生贄だと説明します。
ここでミュージックが始まり、サーとノブ、ユッキーが儀式をすると、伝説の少女ゴーちゃんが蘇る。ここでタイムアップです。これも熱演でした。

最後は全員で即興劇です。
今度はボックスの中の玉に書いてある番号の順番に登場して演じることがルールです。
登場の順番は、ユッキー、ヒッピ、ミスター、ゴーちゃん、チャップ、サー、ノブになりました。
そしてお題は『決闘』です。

ユッキーが決闘に臨むアフロ、そこに現れたヒッピは応援の味方、次に現れたミスターも味方でした。
次に現れたゴーちゃんは拳銃を手にユッキーの決闘相手として現れます。
そこに現れたチャップはウクレレマシンガンを持って現れユッキーに渡します。
サーも拳銃を持って現れゴーちゃんの仲間でした。
撃ち合いが始まり、チャップが撃たれて倒れ、ヒッピが伝説の指揮者を召喚するしかないと叫ぶと伝説の指揮者のノブが現れ、指揮の儀式で決闘相手を倒し、チャップを蘇らせます。

全員の熱演が終わったところでカット。

スポンサーリンク

『テレビ演劇 サクセス荘』6話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

人生いつでも即興劇のようなものですね。
常に予期せぬことが起こり、それに対処して行かなくてはなりません。
これを乗り切り、人生を謳歌していくには引き出しを多く持つことが大切ですね。

たくさんの引き出しをストックできていれば、何があっても動じることなく過ごしていけます。
経験はもちろん大事なのですが、人間にも自分の記憶の経験を超えた引き出しがあることに気づくことも、多くの引き出しを使えるようになる秘訣です。
この引き出しの開き方を体得していけば人生何倍も楽しくなります。

笑いすぎてお腹痛い!即興面白すぎるの声!

今までで、一番「面白い」「お腹痛い」というつぶやきが溢れた回でした。

特に、『大家族のミュージカル』で腹筋を酷使してしまった人が多発したようです(笑)。

『テレビ演劇 サクセス荘』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『テレビ演劇 サクセス荘』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある日、サー(荒牧慶彦)宛に牛肉が届く。そのお肉を使って鍋パーティーをする一同は、それぞれに夢の進捗を報告し合う。団らんの中、途中参加のミスター(高橋健介)から、大学の研究室のパーティー用にお肉が届いているはずだと聞かされ…

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/success_sou/story/