ドラマル

ドラマ『スパイラル』1話のネタバレ感想!面白いと高評価!貫地谷しほりの演技に魅了される

2019年4月15日に放送されたドラマ『スパイラル』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、企業再生家・芝野健夫(玉木宏)が、亡くなった恩人の天才発明家・藤村(平泉成)の町工場マジテックを救うために立ち上がる!
芝野は倒産寸前の町工場を救えるのだろうか…。

関連記事

『スパイラル』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『スパイラル』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『スパイラル』1話のあらすじネタバレ

「なにわのエジソン社」「マジテック」の創業者の天才発明家藤村登喜男(平泉成)が、娘の藤村浅子(貫地谷しほり)社員の桶本修(國村隼)と田丸学(前原滉)が見守る中、息をひきとります。
知らせを受けた息子の藤村望(戸塚純貴)が懸命に駆けつけますが間に合いませんでした。

曙電気ではCROの芝野健夫(玉木宏)が育てた若手社員たちによって、会長である堀保徳(小野武彦)にヘルスケア事業に参入するためのプレゼンテーションが行われていました。
堀会長も芝野も曙電気の将来に明るい兆しを感じていました。

そんな芝野のもとに藤村登喜男の訃報が届き、芝野は通夜に駆けつけます。
そこで昔、三葉銀行時代に同僚だった村尾浩一(眞島秀和)と出会います。
村尾は現在はマジテックのメインバンク下町信用金庫の支店長代理になっていました。

お通夜の後で芝野は浅子に、特許を売って2億円以上ある借金を返済して会社をたたむつもりだと打ち明けられます。
芝野は桶本に社長になるように依頼しますが「俺は技術屋だから。」と断られます。
浅子の特許を売るという話を桶本にすると、登喜男と英興技巧の先代の社長が親友で、過去にもビンチの時に助けてもらったから相談するといいと言われます。

翌日芝野は、英興技巧専務の桑島孝幸(遠山俊也)を訪ねます。
そこで先代の社長が「マジテック」の前身である「なにわのエジソン社」の特許権を買い取ってピンチを救い、英興技巧も特許を使ってたくさんの素晴らしい製品を生み出したことを聞きます。
さらに、英興技巧に買い取ってもらった特許をマジテックは特許料など必要なく、好きに使って良いとする口約束を交わしていたことも聞きます。

桑島の話を聞いて芝野は、会社を潰さない方がいいと浅子に告げます。
また芝野自身も、登喜男と出会って、
「弱い人を弾く仕事ではなく、救う仕事がしたいと考えるようになった。」
人生が変わったと話します。

マジテックをなんとか存続させようと、芝野が桶本に話を聞いている最中に、原因不明の先天性の関節の病気を患っていて登喜男が発明した、歩行を補助する器具のマジテックガードを装着している正木希実(宝辺花帆美)が痛みを訴えていると母の正木奈津美(野波麻帆)から電話が入り、病院に駆けつけます。

聖桜大学付属病院で、桶本が微調節して希実の痛みもなくなったのですが、調節は限界でサイズを大きくしなければならないと桶本は言います。
しかし、新たなものを作るには1000万円の費用が必要になるのですが、マジテックにその余裕はありません。

マジテックガードの話をしている最中に、下町信金の村尾浩一(眞島秀和)と小笠原純(島丈明)が訪ねてきて、今月の返済期限が過ぎていることを告げられると、芝野が返済プランを作って相談させてもらいたいと申し出ます。

芝野と村尾の関係は、三葉銀行時代に芝野が桶本の首を切ったという経緯があり、村尾には遺恨がまだ残っているようです。
小料理屋「あけみ」の岩崎あけみ(水沢エレナ)に今度は自分が芝野を潰す番だと漏らします。
「あけみ」のテレビに映し出されていた、ホライズンキャピタルジャパン社長ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)の話を聞いて村尾は調べ始めます。

芝野は浅子と望にちゃんと話し合った方が良いと提案します。
浅子が向き合おうと、望に一緒に会社を守っていこうと話しますが、望は頑なになっていて断ります。
追いすがる浅子を望は突き飛ばして頭に怪我をさせてしまいます。

望は父にも姉にも見捨てられたと思い込んでいますが、いつも登喜男は望のことを真剣に考えていました。
そのことを望も心の底ではわかっていました。
しかし、自分は欠点だらけの人間で、何もできないと考えていました。

芝野は欠点のない人間はいない。また長所がない人間もいないと話し、望の長所を生かしてマジテックで働くことを促します。
芝野の仲介、説得もあって、浅子と望の関係は修復され、浅子が社長に、望は営業部主任に就任します。
芝野は曙電気に辞表を出して、マジテックの専務になります。

村尾はホライズンキャピタルジャパンのトミナガに会いに行きます。
トミナガは村尾が提案した、マジテックの債権をホライズンキャピタルジャパンに売却することに興味を持ちます。
もちろんこのことは、マジテックの誰も知る由もありません。

そんな不穏な動きもある中で、新生マジテックは5人でスタートします。

スポンサーリンク

『スパイラル』1話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

日本の零細企業の現状が浮き彫りになっているドラマでしょう。決して技術がないわけではなく、それをどう活かしていけば良いのかが見えてこない。
この現状をどう打破していくのか、これからのマジテックと芝野健夫(玉木宏)のチャレンジが楽しみです。

多分とてつもない高いハードルが目の前に何重にも立ちはだかることになるでしょう。
すでに悪意のある動きも見えていますが、それらの障害をどう乗り越えていくのか見ものですね。

1話で最も話題になった出来事

面白いと高評価!貫地谷しほりの演技に魅了される

キャストがよく面白いと高評価の声が多め。1話では、特に貫地谷しほりさんの演技が光っていました。そして、復讐に燃える眞島秀和さん悪役っぷりもピカイチでしたね。

『スパイラル』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『スパイラル』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

芝野健夫(玉木宏)はマジテックの再生のために奔走。新規取引先を開拓すべく藤村望(戸塚純貴)を連れて営業へ。張り切る望だが徐々に営業の厳しさを知っていく。
そんな時、先天性の障害がある正木希実(宝辺花帆美)に保険のCM出演話が。奈津美(野波麻帆)曰く出演すれば多額の支援金が入るというが、芝野は希実が矢面に立つリスクを心配する。
その頃、村尾浩一(眞島秀和)はマジテック買収に向け本格的に動き始めていた。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/spiral/story/