ドラマル

2021年3月29日

『ソロ活女子のススメ』原作ネタバレ!ドラマの1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『ソロ活女子のススメ』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

江口のりこさん主演の連続ドラマ『ソロ活女子のススメ』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『ソロ活女子のススメ』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Paravi」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ソロ活女子のススメ』の基本情報

概要(見どころ)

『ソロ活女子のススメ』は、朝井麻由美の同名エッセイ本を原案に、及川博則が脚本を手掛けた、見れば元気になる人生応援ドラマ。
「ダイジェスト出版」の契約社員として働く、主人公・五月女恵(江口のりこ)が、好きな時に好きな場所で、ひとりでしか味わえない贅沢な時間を過ごすため、ソロ活に邁進しながら、新たなひとり〇〇を体験していく物語です。

YouTubeのテレビ東京公式ドラマチャンネルでは、青木遥を中心とした同僚たちによるスピンオフドラマ「ソロ活女子のススメのススメ」を配信。本編で取り上げるネタとは一味違う、鉄板ネタから変化球ネタまで様々なソロ活を紹介していきます。

キャスト一覧

  • 五月女恵(さおとめ・めぐみ):江口のりこ
    39歳、「ダイジェスト出版」編集部の契約社員
  • 黒田彩子:小林きな子
    41歳、「ダイジェスト出版」編集部の部長
  • 石岡洋平:渋谷謙人
    32歳、恵の同僚、「ダイジェスト出版」の社員
  • 青木遥:佐々木春香
    25歳、恵の後輩

ゲスト一覧

  • 焼肉屋の店員:佐伯大地(1話)
  • 野村:掘有里(1話)
    ドレスレンタルショップ『DRERICH』専属スタイリスト
  • 熊谷:正名僕蔵(1話)
    レンタルリムジンの運転手
  • 恵のソロ活コースにいたカップル:諫早幸作、荻野栞(2話)
  • 『宇都宮動物園』の飼育員:ベンガル(2話)

スタッフ一覧

  • 原案:ソロ活女子のススメ
    作者:朝井麻由美
    出版社:大和書房
  • 脚本・監督:及川博則
  • ナレーター:大塚明夫
  • オープニングテーマ
    曲名:Genius
    歌手:Sano ibuki
    レーベル:EMI Records / UNIVERSAL MUSIC
  • エンディング・テーマ
    曲名:Herge
    歌手:Homecomings
    レーベル:ポニーキャニオン / IRORI Records
  • プロデューサー:森田昇、村上浩美、永井清
  • 制作:テレビ東京、株式会社ライス
  • 協力:レッツエンジョイ東京

各話の視聴率

『ソロ活女子のススメ』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『ソロ活女子のススメ』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話4月2日★★★★
2話4月9日★★★
3話4月16日
4話4月23日
5話4月30日
6話5月7日
7話5月14日
8話5月21日
9話5月28日
10話・最終回(仮)6月4日

ドラマ『ソロ活女子のススメ』の最終回ネタバレ(予想)

出版社「ダイジェスト出版」の契約社員である五月女恵(江口のり子)が様々な場所でソロ活を満喫する、という1話完結型のドラマです。

恵は普段、ソロ活を優先するため同僚からの飲み会の誘いを断り足早に退社します。そのため恵のプライベートは謎につつまれており、勤務先である出版社の上司・黒田彩子(小林きな子)、同僚・石岡洋平(渋谷謙人)、後輩・青木遥(佐々木春香)たちは「普段飲み会にも参加せず直帰しているが、彼女はなにをしているんだろう?」と疑問に思っています。

しかし実は直帰しているのではなく、日々ソロ活に勤しんでいます。
誰かと行動するのではなく1人でじっくり提供されるサービスと向き合うことで、新たなサービスの一面を見つけていく恵。ソロ活は寂しいことなのではなく、ドキドキワクワクしながら新しい経験ができることを知って、行動の幅をひろげる恵の姿に、私たちもなにか真新しい扉を開いてみたいと考えるでしょう。

軽くみれるのが長所のドラマですので、きっと大きなアクシデントやトラブルは発生しないと思いますが、途中でソロ活をすることになったきっかけの過去回はあるでしょう。
おそらく、過去の恋人と別れた直後に予約がキャンセルできなかったレストラン、もしくは思い出のラーメン屋さんだと予想します。

原作となっているエッセイ(著者:朝井麻由美)では難易度別に実に30か所ものオススメソロ活スポットが紹介されております。その中でも難易度最高ランク、最後に紹介されているのが「ひとりラブホ」です。ドラマ版でも最終話にひとりラブホでのドキドキソロ活を満喫する、というストーリーになると予想します。
視聴者は恵になった気持ちでひとりラブホを疑似体験することになるでしょう。

『ソロ活女子のススメ』各話のあらすじ

2021年4月2日からテレビ東京系にて放送開始された江口のりこさん主演の連続ドラマ『ソロ活女子のススメ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

「ダイジェスト出版」編集部の契約社員・五月女恵(江口のりこ)は仕事を終え、会社の同僚・石岡洋平(渋谷謙人)から歓迎会に誘われるものの、誘いを断り足早に退社します。
その理由は、好きな時に好きな場所へ行き、ひとりの時間を楽しむ『ソロ活』に邁進中だから。

まず、恵が最初に向かったのは焼肉店。
席へ案内されメニューを見ていた時、店内にいた若者3人組の行動に、かつて抱いていた素朴な疑問を思い出します。
みんなで焼肉店に来ると、とくに好きでもないのになぜ「とりあえずタン塩」と注文するんだろう?と。
この疑問を、ひとり焼肉をし始めた数年前、店員さん(佐伯大地)に聞いてみたことがありました。
はじめに「タレ」を焼くと網が焦げたり、味がうつったりするから、まずは「塩」からいくのが定石だからだろう、と。
他にも、脂が苦手な人にはロースがオススメなど、いろんなアドバイスを受けます。
そこから正しい焼肉の楽しみ方を学んだ恵は、「とりあえず」注文ではなく、「今、これを食べたい」という心の声を大事に、一品一品こだわってメニューをチョイス。
一口の肉を味わうことに全集中し、ソロならではの焼肉を堪能したのでした。

その後、メインとなるソロ活・リムジンに挑戦。
レンタルリムジンは、最低料金2万5千と少々値の張るものでしたが、この日、40歳の誕生日という特別な日を迎えた恵は、おもいきって奮発することに。
まずは、ドレスレンタルショップ『DRERICH』へ。
専属スタイリストの野村(掘有里)が、ドレスをチョイスしてくれます。
ドレスに着替えた恵は、迎えに来たリムジンへ。
オプションで付けたレッドカーペットの上を歩き、乗り込みます。
豪華な内装、用意された美味しいスパークリングワイン、そして自分好みの曲を素晴らしい音響で堪能。
レンタルリムジンの利用者は5~6人でパーティしながら楽しむのが一般的だけれど、一人だからといって侘しいかんじはしないと実感する恵。一人でゆったりと、リムジンならではの空間、車窓からの夜景を楽しめる贅沢を味わいます。
東京タワーに到着すると、運転手の熊谷(正名僕蔵)が記念写真を撮ってくれました。
見慣れた東京も、リムジンのおかげで、なんだか特別に思えてくる恵でした。

シメは、車内でバースデーケーキを食します。
これも自分の好きなケーキ屋さんで注文した一人用のケーキ。ソロ活ならではのシメを味わっていると、ふと、メッセージが書かれたバルーンが目に入ります。
そこには「誕生日おめでとうございます!おひとりでお乗りいただき、大変幸せでございました」と書かれていました。
熊谷曰く、パーティで利用すると、大人数で楽しむことが目的となり「リムジンのハイクオリティな空間をじっくり味わう」ということがおろそかになってしまいがち。だから、リムジンの良さをじっくり味わってもらえたことが嬉しかった、とのこと。
熊谷からの心温まるメッセージに感動した恵は、リムジンを降りた後、リムジンを背景に熊谷と一緒に記念写真を撮ったのでした。

翌日、恵は、良い思い出となった誕生日を思い浮かべながら仕事に励みます。
そんな幸せそうな恵を見て、おもわず羨ましくなってしまう同僚の青木遥(佐々木春香)や石岡たちでした。

2話のあらすじネタバレ

仕事を時短で終わらせた五月女恵(江口のりこ)は『宇都宮動物園』へ。
「早くしないと全部回れない」と嘆くカップル(諫早幸作)(荻野栞)を横目に、恵は「見たい動物を心ゆくまで見る」をモットーに、人気動物のライオンやカピバラ等には目もくれず、絶滅危惧種の「ニホンイヌワシ」通称「ゴールデンイーグル」のエリアに向かいました。
このワシに心惹かれるきっかけとなったのは、小学生の頃。
「幻の鳥」と呼ばれる希少だったワシを撮るために人生を捧げた写真家の本を読んだことがあり、そこにロマンを感じたのです。
それから自分でも写真を撮るようになった恵。それらはSNSに上げるでもなく、ただただ自分の満足のために撮影。
そうしていると、飼育員さん(ベンガル)に話しかけられました。
ワシをじっくり観察している恵に感心し、恵と「ニホンイヌワシ」談議で盛り上がります。
会話の中で、飼育員さんのワシに対するほとばしる愛が感じられ、恵はなんだか幸せな気分に。

動物園のシメは、ZOOグルメ。
可愛らしい動物を模したお菓子にかぶりつきます。
すると横のベンチに、入り口で見たカップルが少し疲れた顔でやってきます。どうやら急いで回った結果、動物についての印象があまり残っていない様子。
次の目的地もあるらしく、足早に立ち去っていきました。

恵も、今日はソロ活のダブルヘッダー。
夜の水族館へ。向かった先は『マクセルアクアパーク品川』。
珊瑚に囲まれた雰囲気の良いバーでビールを一杯ひっかけ、その後、魚ひとつひとつをチェックすることなく、幻想的なイルミネーションを楽しむように気ままに散歩します。
するとまた、動物園で見たカップルに遭遇。
さらに疲れ切った顔で、「次行くときは、もっとゆっくり見よう…」と零します。そんな様子を傍目で見ながら、急いで回った結果動物の思い出が残らなかったとしても、「あのときたくさん回って疲れたよね」という二人の思い出が残ったのなら、それはそれでデートとしては良かったのではないかと感じる恵でした。

存分に動物園と水族館を満喫した恵。
翌日、同僚の青木遥(佐々木春香)がソロ活動物園について興味を示します。そこで、何の動物が好きか?という話になり、ハイエナについて熱く語り出す遥。
すると恵も興味を引かれ、次はハイエナに注目してみようと、次のソロ活動物園について算段するのでした。

3話のあらすじネタバレ

『ソロ活女子のススメ』3話のあらすじネタバレは、2021年4月16日(金)深夜 0:52の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。