ドラマル

ドラマ『サイン(日本版)』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』日本版の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

大森南朋さん主演の連続ドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、ドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』日本版の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「ビデオパス」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

ドラマ『サイン(日本版)』の基本情報

概要(見どころ)

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』は、韓国で視聴率25.5%を叩きだした大ヒットドラマを日本でリメイクしたドラマです。
偏屈だけど実直に真実と正義を追い求める主人公・柚木貴志を大森南朋、相棒の新人解剖医・中園景を話題の飯豊まりえが演じます。法医学で事件の謎を解くのはもちろん、国家という巨大権力からの隠ぺいや圧力とも戦う法医学サスペンスドラマです。

キャスト一覧

  • 柚木 貴志(ゆずき・たかし):大森 南朋
    (43歳)院長・兵藤邦昭の一番弟子、「日本法医学研究院」の解剖医→埼玉中央医科大学 奥玉分室(1話後半で左遷)
  • 和泉 千聖(いずみ・ちさと):松雪 泰子
    (43歳)警視庁捜査一課の管理官
  • 中園 景(なかぞの・けい):飯豊 まりえ
    (26歳)「日本法医学研究院」の新人解剖医
  • 高橋 紀理人(たかはし・きりと):高杉 真宙
    (26歳)警視庁捜査一課の警部補、千聖の部下
  • 春日 美晴(かすが・みはる):佐津川 愛美
    (34歳)「日本法医学研究院」の薬毒物検査責任者
  • 橘 祐輔(たちばな・ゆうすけ):淵上 泰史
    (35歳)国立大学の法医学准教授、法医学教授・伊達明義のしもべ
  • 松沢 大輝(まつざわ・だいき):吉田 ウーロン太
    (40歳)「日本法医学研究院」の解剖医助手
  • 四方田 隼斗(よもだ・はやと):小久保 寿人
    (30歳)「日本法医学研究院」の解剖医助手
  • 北見 永士(きたみ・えいじ):横山 涼
    (26歳)国民的人気歌手
  • 宮島 清花(みやじま・さやか):柳 美稀
    (25歳)北見永士を担当するスタイリスト
  • 会田 幹彦(あいだ・みきひこ):猪野 学
    (49歳)北見永士が所属する芸能事務所の社長
  • 島崎 楓(しまざき・かえで):森川 葵
    (20歳)謎の女
  • 佐々岡 充(ささおか・みつる):木下 ほうか
    (44歳)自由民政党副総裁の秘書
  • 下山 益男(しもやま・ますお):利重 剛
    (58歳)警視庁・捜査一課長、千聖や紀理人の上司
  • 兵藤 邦昭(ひょうどう・くにあき):西田 敏行(特別出演)
    (64歳)日本法医学界の良心、「日本法医学研究院」の院長→1話で辞任
  • 伊達 明義(だて・あきよし):仲村 トオル
    (52歳)国立大学の法医学教授、「日本法医学研究院」の新院長(1話後半に就任)

スタッフ一覧

  • 原作:サイン
    作者:キム・ウニ、チャン・ハンジュン
    著作:SBS
  • 脚本
    羽原 大介(映画『パッチギ!』『フラガール』『BLEACH』、ドラマ『銀狼怪奇ファイル』『なっちゃん家』『明日があるさ』『とんび』『マッサン』『黒革の手帖』『白い巨塔』)
    香坂 隆史(『限界団地』『ドクターX~外科医大門未知子~』『真昼の悪魔』『無痛~訴える眼~』)
  • 音楽:澤野 弘之、KOHTA YAMAMOTO
  • 主題歌
    曲名:ミラーズ
    歌手:東方神起
    レーベル:avex trax
  • エグゼクティブプロデューサー:内山 聖子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:飯田 爽(テレビ朝日)、下山 潤(トータルメディアコミュニケーション)
  • 演出:七髙 剛、山本 大輔(アズバーズ)
  • 制作協力:トータルメディアコミュニケーション
  • 制作著作:テレビ朝日

各話の視聴率

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話7月11日14.3%
2話7月18日
3話7月25日
4話8月1日
5話8月8日
6話8月15日
7話8月22日
8話8月29日
9話9月5日
10話・最終回(仮)9月12日

スポンサーリンク

ドラマ『サイン(日本版)』の最終回ネタバレ(予想)

韓国版では実在の法医学鑑定機関で働く主人公ら、という設定ですが、日本版では該当する機関がないため架空の「日本法医学研究院」が舞台になっています。主人公たちの職場であり、鑑定の隠ぺいや忖度を求めてくる敵のひとつでもあります。

主人公の柚木貴志(大森南朋)とその仲間たちは、この上からの圧力を押しのけ、ただ愚直なまでに真実を、“真の正義”を追求していきます。

単純な1話完結ではなく、各話で伏線を残しつつ、怒涛のラストへと繋がっていきます。なので見逃し厳禁。

偏屈だけど熱い主人公・柚木貴志を大森南朋、猪突猛進な新人解剖医・中園景を飯豊まりえ、主人公の元恋人である刑事・和泉千聖を松雪泰子、主人公と対立する法医学教授・伊達明義を仲村トオルなど、豪華キャストが演じます。

メインテーマである「法医学」はもちろん、登場人物たちの恋愛関係にも注目です。韓国版と比べると相手との年齢差が広くはあります。もちろん全てが韓国版通りにはならないと思いますが、期待せずにはいられません。

韓国版では主人公が亡くなる、という衝撃のラストと謳われた今作、果たして日本版ではどのような終結をみせてくれるでしょうか。

主人公がぶれずに真実を追い求めた結果の最後なので、芯を通したという意味では正しいかもしれませんが、やはり死んでほしくはないので、生存ルートもありだと思います。

ドラマ『サイン(日本版)』各話のあらすじ

2019年7月11日からテレビ朝日系にて放送開始される大森南朋さん主演の連続ドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』日本版の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

1話では、国民的人気歌手がライブ中に変死。その背後には大きな権力や陰謀の影がちらつき…。
そんな黒い力が迫る中、遺体から真実を掴もうと解剖医の柚木貴志(大森南朋)が愚直に立ち向かいます。
主題歌は東方神起の『ミラーズ』。スリリングな楽曲でドラマのクライマックスを盛り上げます!

関連記事

『サイン』1話のネタバレ感想!東方神起の主題歌「ミラーズ」がカッコいいと好評!

2話のあらすじネタバレ

日本版『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』2話のあらすじネタバレは、2019年7月18日(木)21:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。