ドラマル

ドラマ『サイン』9話(最終回)のネタバレ感想!机の下にスタッフ?主人公が死ぬという意外な結末

2019年9月12日に放送されたドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』9話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、決定的な証拠を失った柚木たったが、事件当日の監視カメラ映像の異変に気づく!
そして柚木は、楓の罪を暴く真実のサインを手に入れようとするが…。

関連記事

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』9話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』最終回のあらすじネタバレ

柚木貴志(大森南朋)や和泉千聖(松雪泰子)らが待つ法医研へと戻ってきた中園景(飯豊まりえ)。
伊達明義(仲村トオル)院長から取引を持ちかけられるも、それを跳ね除け、北見永士(横山涼)殺害の証拠品・青い繊維を持ってきたのでした。

しかし、検査の結果、島崎楓(森川葵)が持っていた青いクマのぬいぐるみと、青い繊維との成分が一致しません。
伊達が、助手の四方田隼斗(小久保寿人)に青い繊維の差し替えを命じ、元の証拠品は処分してしまったのでした。

結局、島崎藤一郎(小木茂光)議員の家宅捜索や、楓への任意聴取を行うも、何の成果も挙げらなかったことになり、その責任を負うことになった千聖とその上司の下山益男(利重剛)課長。
閑職への左遷が決まり、一週間後には異動、それまでは一切の捜査を禁じられました。
これにて「私にはもう何もできない…」と、すっかり無気力になってしまう千聖でした。

一方、監視カメラを再チェックする柚木。
一部、映像が削除されていることに気付きます。
そこで、マスターデータを管理していた当時の鑑識官・奥野(廣川三憲)に話を聞くことに。ただ、奥野は重度の糖尿病を患い、既に退職したとのこと。

そこで、柚木と高橋紀理人(高杉真宙)は、奥野が入院している病院まで赴くことに。
しかし奥野は、北見事件の話を切り出した途端、激しく咳き込み「何も知りません」と繰り返すばかり。
柚木はその様子を訝しく思うも、とりあえず連絡先だけ渡して、この日は帰ることに。

その後、奥さんから「真実を明かしたほうがいい」と説得された奥野は、話す覚悟を決め、紀理人たちに「明日の11時に病室へ来てほしい」と伝えました。
これを傍で盗み聞きしていた吉川(水澤紳吾)警部。またもや佐々岡充(木下ほうか)へ密告します。

翌日、少し早めに病室へ入った佐々岡は「柚木たちの代理」と偽り、奥野の告白(鑑識中に吉川が来て、データ削除を命じられ、かわりに金を掴まされたこと)を聞き、加工前の画像が入ったHDD(ハードディスク)を受け取ったのでした。
その後、病室へ訪れた柚木と紀理人。先手を打たれてしまったことに気付きます。

八方塞がりとなってしまった柚木たち。
しかし、柚木は希望を捨てず、すっかり気落ちしてしまった千聖に発破をかけ、そして景には兵藤邦昭(西田敏行)元院長のような理想の解剖医になるための助言を送ります。

そして、ある覚悟を決めた柚木。
楓に「監視カメラの元画像を手に入れた」と伝え、自宅で会う約束をします。

翌日、楓との約束の時間が迫ったところで、今度は景に電話を入れ「今から一時間後に自宅に来い」と命じました。

時間になって、楓を自宅に迎え入れた柚木。
柚木は、HDDを取り出し「すぐに自首しろ。さもなくば、この中にある監視カメラの元画像をネットに流す」と脅しました。
これに大した動揺も見せず「なら、画像を今ここで見せて」とせがむ楓。
柚木はそれに応じるため、HDDを持って椅子から立ち上がると、パソコンを操作しはじめました。
その隙を突いて、ビンに入った薬品(青酸カリ)を親指につける楓。パソコンを操作する柚木に体を摺り寄せます。
そして、その気配に振り返った柚木へ、「永士がどうやって死んだか知りたい?」と囁くと、ゆっくり口付けをし、薬品のついた親指を柚木の唇へ擦りつけました。

すると途端に苦しみだし、椅子に凭れかかる柚木。
楓は、それを楽しむように笑うと、そこに覆い被さり、クッションを柚木の口に当てて窒息死させたのでした。

その後、柚木に言われた通り、自宅へとやってきた景が柚木の遺体を発見。

警察に連絡し、景は吉川から事情聴取を受けます。
吉川は、まるで、柚木が精神的な病を患い自殺した、と言わんばかりの誘導尋問を行います。これを、強く否定する景。

そして千聖は、吉川に「今度こそクビになるぞ」と脅されるも、構わず、捜査の指揮を執り、柚木宅の家宅捜査を行いました。
そこで、額縁の中から隠しカメラを発見します。

柚木の遺体は法医研へ運ばれ、佐々岡から「自殺もしくは病死と診断しろ」との命令を受ける伊達。
しかし、いざ伊達が解剖しようとしたとき、橘祐輔(淵上泰史)から「柚木の遺体が消えた」との連絡を受けます。

景が、こっそり柚木の遺体を持ち出していたのです。
景は、解剖室へ立て篭もると、柚木の解剖を勝手に断行。
これを見た佐々岡は「早く止めろ!」と騒ぎ出します。しかし伊達はそれを拒否し、逆に佐々岡へ「出て行け!」と告げたのでした。

景は、柚木の気管から繊維を取り出します。
そして死因を、柚木が行った北見の解剖診断と同じく「窒息死。これは他殺です」と断定したのでした。

この景の解剖結果と、千聖が発見したカメラの映像とで、ようやく楓の犯行が白日の下に晒されることに。
北見永士と柚木貴志への殺害容疑で逮捕状が出ました。
そして島崎は衆議院議員を辞職。

これにて、一連の事件が解決したのでした。

千聖らは、隠しカメラの映像から、柚木が、鏡越しに、楓が毒薬を親指に塗る姿を確認していたのを知り、柚木が自分の体に真実のサインを残そうと、わざと楓に殺されるよう企てたものだと察し、涙します。
しかし一方で、柚木が生きようとしていたことにも気付く景。
それは先日、柚木に頼まれて渡した解毒剤「亜硝酸アミル」。柚木はそれをジャケットに忍ばせ、楓に襲われたとき、それを取り出そうともがく姿がカメラに映っていたのでした。

柚木は死のうとしていたんじゃない、ちゃんと生きようとしていた。
それを知ることができ、少しだけ救われる景たちでした。

その後。

左遷が取り消され、これまでのように捜査一課課長を目指して精力的に捜査に励む千聖。

伊達は柚木の墓参りをし、今までのような権力に迎合した戦い方ではなく、柚木が望んでいたように、権力との繋がりを断った上で、法医学の発展のためにイチからやり直すことを誓います。

景は、寝たきりの優(黒崎レイナ)の様子を見に病室へ。
そこに父の陽一(中村まこと)が来て、柚木のことを話しはじめました。柚木は、よく陽一の寿司屋に食べに来ては、景の腕前が上がってきたことを嬉しそうに褒めていたという。
景に「いい先生に弟子入りできてよかったな」と言う陽一。
この言葉に、景は涙します。
すると、握っていた優の手が僅かに反応し、その奇跡に喜ぶ景でした。

そして、柚木の遺志を継いだ景は、法医研へ入ってきた新人たちへ、その遺志をまた伝えていくのでした。

スポンサーリンク

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』最終回のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

我が身を以って北見殺害の死因を証明した柚木。
その柚木を景が解剖するくだりが、1話で権力に抗い真実のサインを掴もうとした柚木の姿とそのまま重なって、グッときました…!
景の成長と、そして、柚木の景に対する絶大なる信頼を感じました。ともすれば、自分の死すらも、また権力によって闇に葬り去られる危険もあったわけですしね…。

千聖と紀理人の、言葉はなくとも視線で語り合える関係性にもグッときました。素敵なバディです!

そして、柚木の死でやっと目を覚ましてくれた伊達。
でも…遅すぎましたね。あのとき、証拠品の隠滅を伊達がしなければ、柚木があんな奥の手を使わずに済んだのに…!と、やるせない気持ちに。

柚木の死、じつはツイッターを見ていたせいで、先週あたりからそれとなく知ってしまい、それほど衝撃は感じられませんでした。
ツイッターを見なければいいだけの話なんですが、でも、みんなの反応とか予想とか見てワクワクするのもドラマの醍醐味かと。だから、主人公の死、という衝撃的な結末をウリにするのなら、ネタバレの恐れの無いオリジナルドラマでやってほしかったなと思ってしまいました。
もしくは原作と結末を変えるとか…。
もしまっさらな状態で、原作ドラマを見ていたなら、もっと衝撃受けて思いっきり涙流せたんだろうなぁ。…と、ちょっと切ない気分になった最終回でした。

机の下にスタッフ?主人公が死ぬという意外な結末

机の下にスタッフ…確かにいますね 笑。
音声さんでしょうか?それとも何かの伏線?

さて、最終回、原作通り主人公・柚木 貴志(大森 南朋)が死んでしまうという流れでしたね。わたしは日本版では蘇生すると思っていたので予想が外れました。

まとめ

柚木は死なない(で欲しい)という予想ははずれましたが、劇的な最後で最終回、面白かったですね。
特に、景(飯豊 まりえ)が柚木を解剖するシーンは、景が凛々しくすごく引き込まれました。
そして、千聖(松雪 泰子)さんもカッコ良く、美しい!
ここまで少しキャラぶれしてる?と感じていましたが、最終回でしっかりと締めました。

一方、伊達院長(仲村 トオル)と青い繊維をすり替えた四方田(小久保寿人)はお咎めなしなのはちょっと納得できませんでした。
二人ともなぜか柚木が死んで泣くし、院長は墓参りして決意を柚木に告げるし…
もっと早く気づいてよ!って思いましたよね。
伊達院長が隠蔽しなければそもそも1話で事件解決してます!
今度こそ道を誤らないでくださいね…優しすぎかな?