ドラマル

ドラマ『サイン』6話のネタバレ感想!渋谷謙人の演技が上手いと評判に!

2019年8月22日に放送されたドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、柚木が日本法医学研究院を去った矢先、女性会社員が金槌で撲殺される事件が発生!
景は連行された落合が自分の妹を襲った犯人と同一人物だと確信するが…。

関連記事

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』6話のあらすじネタバレ

女性会社員が帰宅途中に、何者かに金槌で殴打され死亡するという事件が発生。

捜査に当たった和泉千聖(松雪泰子)と高橋紀理人(高杉真宙)は、現場付近で金槌を所持していた不審な男・落合亮一郎(渋谷謙人)を任意同行します。

遺体については中園景(飯豊まりえ)が解剖することに。
死因は側頭部打撃による脳挫傷。死亡推定時刻は午後10時。さらに首には「20P」という刻印が。
この刻印に目を見張る景。
というのも、3年前、当時高校生だった妹の優(黒崎レイナ)が、今回と同様、帰宅途中に金槌で襲われ、その首にも「5P」と刻印されていたのでした。そして優は今も意識不明の寝たきり状態。
景は、優の事件と同一犯ではないかと睨みます。

そこで、取調べ中だという落合と話がしたい、と千聖に申し出る景。
千聖は景から妹の事件を聞き、これを承諾します。

落合は、景をみて「かわいいね~」などとからかってきます。
そんな落合を睨みつけながら、3年前も同じことをしたのではないかと問い詰める景。落合は、おどけてシラを切るも、犯人でしか知り得ない当時の優の髪型「ツインテールの女子高生なんて知らねぇよ!」とわざとらしく発言。
これにより犯人だと確信した景は、激昂し、落合に掴み掛かろうとして千聖らに取り押さえられます。

結局、落合には死亡推定時刻の午後10時にはネカフェにいたというアリバイがあり、さらには所持していた金槌からも血液反応が検出されなかったため、釈放されることに。
紀理人は「午後8時なら犯行が可能なのだけどな」と零します。これを聞いた景は、推定時刻を算出し直すと息巻きます。けれど、いくら算出し直しても結果は変わりませんでした。

そんな中、ふと魔が差して解剖所見のファイルデータに、根拠もなく「10時」を「8時」に書き換えようとする景。
そこに、先日退職届を出して法医研を去った柚木貴志(大森南朋)が現れました。
柚木は慶徳小笠原病院の件で解剖結果を捏造し、自責の念に囚われ自暴自棄になっていたところを、千聖から「今、苦境に立っている景のチカラになってほしい」と説得されてきたのでした。

柚木は、自分と同じ過ち(捏造)をしようとした景を窘め、事件解明に協力すると約束。
さっそく、過去3年間で、同様の死亡事件がなかったか、解剖報告書のデータベースを調べることに。
すると、一年前、首に「10P」と刻印され金槌のようなもので撲殺されたという遺体の解剖報告書を発見。この事件も犯人不明で未解決のままでした。

そんな時、父・陽一(中村まこと)から「優の心肺機能が低下しているから、生命維持装置を外すことを医者に勧められた」という連絡を受ける景。
景はすぐさま病院へと向かい、それを断固拒否したのでした。

一方、千聖は落合について調べるべく、以前勤めていたゲーム会社へと聞き込みに。
元上司によると、落合は、あまりに酷く、人間性を疑われる殺人ゲーム企画を提案してきたという。それを突っ撥ねると、急に暴れ出し、その後すぐに会社を辞めたとのこと。
落合が考えた殺人ゲームの内容は、条件設定された標的を殺し、その難易度に見合ったポイントを貯めていくというもの。たとえば、アイドル気取りの女子高生は5P獲得で、安月給で健気に働くOLは20P獲得など。
連続殺人の標的となった人物像と、首につけられた刻印の数字とが、ピタリとマッチすることに気付く千聖たち。

次の犠牲者を出さないためにも、落合を尾行する紀理人と千聖。
しばらくすると、標的の目星をつけたらしい落合が、特定の女性を追いはじめます。そこで、紀理人がそのまま落合を尾けて、千聖は回り込んで挟み撃ちをすることに。

人気のない場所にきたところで、女性に金槌を振り上げる落合。それを紀理人が取り押さえました。そしてインカムで千聖へと報告する紀理人。すると、千聖から悲鳴が。

千聖は、ピエロのお面を被った男に金槌で殴打され、倒れてしまいます。
幸い、近くにいた紀理人がすぐにやってきたことで大事には至りませんでしたが、ピエロ男は逃走。千聖は病院へと運ばれました。

側頭部を殴打され、昏睡する千聖。
柚木は、先日殺害された会社員女性も、側頭部への殴打だったことに違和感を覚えます。
というのも、ふつう、殴るのなら真上から振り下ろすほうが簡単で、確実性があるからです。
なのに、なぜ犯人は敢えて側頭部を殴るのか?と首を捻る柚木でした。

再び、落合の取調べを行う紀理人。
今度は落合から、景と話がしたいと頼み込まれます。これに景は承諾して、落合と話をすることに。
落合は相変わらず、景のことをからかい、「人生で一番戻りたい瞬間は?」などと挑発するような質問を繰り返してきます。

実際、3年前の事件当時、優から「変な人につきまとわれているから迎えにきてほしい」と電話がきたときに、いつもの夜遊びだろうからとお灸を据えるつもりで、まともに取り合わなかったことを後悔していた景。落合の挑発に心を痛めます。

しかし、反撃に出るべく、独自の調査で掴んだ落合のトラウマについて話し始めます。
かつて、落合は優と同じ有名進学校の特進クラスに入学するも、ついてゆけず、落ちこぼれとなって留年し、一つ年下の生徒たちに虐められて、結局は中退したという過去があったのです。

この暗い過去を突き付けられた落合は、今までの余裕な態度を一変させ、気が狂ったように激昂し、景に襲い掛かります。それを紀理人らに取り押さえられました。

その後、意識を取り戻した千聖。その傍には看病に来ていた柚木がいました。
そこへ、さらなる情報を掴んだ紀理人と景がやってきました。

落合が勤めていたゲーム会社には、高校時代の同級生・野田時人(濱正悟)が今も勤めており、野田も高校2年生のときに留年して、落合とは仲が良かったという。
千聖は、その野田の写真をみて、会社へ訪れたときに見かけ「頚椎ヘルニアで肩が上がらない」と言っていたことを思い出します。
これにより、側頭部殴打の謎が解け、野田が落合の協力者であることを確信する柚木たち。

すると、捜査本部から、落合が別のゲーム会社へも、殺人ゲームの続きとなる展開が提案されていたという連絡を受けます。それは「誕生日に、海浜シェルズパークで幸せそうな5組のカップルを殺害せよ」というミッション。

紀理人たちは、今日こそが野田の誕生日であることに気付き、急ぎ、標的とされた公園へと向かったのでした。

スポンサーリンク

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

妹の悲劇に直面し涙する飯豊まりえさんの演技、胸に迫るものがありました…!
景が内に秘める、自責の念や焦燥、悲しみ、怒りなど、いろんな感情が切に伝わってきて…。その姿が、痛々しくもあり美しかったです。

そして、被疑者落合役の渋谷謙人さんも。
他ドラマ(最近では「わたし旦那をシェアしてた」)でも、笑って人を殺すような猟奇的な男を怪演されてました。演技とわかっていながら、心の底から「イヤな奴~!」と苛立ちと恐怖を感じてしまうほど。さすがですね!

今回、劇中ニュースで、最初の北見永士(横山涼)殺害事件の真犯人と思しき謎の黄色いドレスの女性(森川葵)の正体が、副総裁・島崎藤一郎(小木茂光)の娘であることが判明。
今度こそは、柚木が権力に立ち向かい、気持ちよく事件を解決してくれることを期待します!

渋谷謙人の演技が上手いと評判に!

殺人をゲームに見立てて行う犯人・落合亮一郎を演じた渋谷謙人が話題を集めました。

渋谷謙人さんは、もう死んでしまいましたが、同じ曜日に放送されているドラマ『わたし旦那をシェアしてた』でも、個性的な犯人(悪人)役を演じていました。

犯人役が板についてきた渋谷謙人さん。
今後ドラマに登場したら、「犯人?」という先入観を持ってしまいそうですね。

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 元同級生が作ったゲーム用シナリオに沿って、女性ターゲットを金槌で襲う非情かつ不気味な連続殺人事件――。3年前に新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)の妹・優(黒崎レイナ)も襲われた、あの事件のシナリオには続きがあることが判明した。そこには、とある公園で「幸せそうな5組のカップルに復讐せよ」との指令が…! 解剖医・柚木貴志(大森南朋)と景、警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、新たな凶悪犯罪を未然に防ごうと、現場へ急行するのだが…!?

 さらに、もうひとつの事件も大きく動き出す。国民的人気歌手・北見永士(横山涼)を青酸カリで毒殺したと自首し、服役していたスタイリスト・宮島清花(柳美稀)が警視庁捜査一課に電話をかけてきたのだ! しかも、清花は管理官・和泉千聖(松雪泰子)に、自分は無実だと主張。「真実をすべてお話します。会いに来てください」と懇願する。だが、上層部からは終わった事件だと一蹴され、千聖は八方塞がりに…。そんな中、事件直後の解剖で北見は窒息死だと確信していた柚木は、今度こそ真実を明らかにしようと決意。清花と面会するが、なぜか「話すことは何もない」と、追い返されてしまう。

 電話があってから面会までわずか1日。その間になぜ清花の言動は180度覆ってしまったのか…。訝しがる柚木の脳裏をふと、ある人物の存在がかすめる。その人物とは面会の直前、刑務所の廊下ですれ違った謎の女・島崎楓(森川葵)。だが、彼女が清花とどういう関係なのかは不明で…!?

 やがて、さらなる不測の事態が起こってしまう。清花が刑務所のシャワー室で死んでしまったのだ! しかも調べを進めると、北見事件に関する“驚愕の事実”と“さらなる謎”が浮かび上がり…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/sign/story/0007/