ドラマル

ドラマ『サイン』3話のネタバレ感想!予告「クライマックスへ急加速」に動揺の声!

2019年8月1日に放送されたドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、暴力団員がスナック店内で、腹部と眉間を撃たれて死亡!
橘の短すぎる解剖に疑念を抱いた柚木は、千聖の協力を得てある矛盾のサインに辿り着くが…。

関連記事

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』3話のあらすじネタバレ

台東区のバー店内で拳銃発砲事件が発生。
被害者は龍厳会という暴力団の組員・千葉雄一(諫早幸作)で、腹部と眉間を撃たれて死亡。犯行に使われた拳銃は、現場にあった薬莢からロシア製トカレフと推測。
被疑者は同じ龍厳会の伊沢明夫(高尾悠希)で逃走中とのこと。

以上の報告を高橋紀理人(高杉真宙)から受ける和泉千聖(松雪泰子)。
捜査に乗り出そうとしますが、組織犯罪対策四課の本郷正治(土屋佑壱)から「この件は四課で取り仕切ることになった。一課は手出しするな」と言い含められます。

その頃、某所で副総裁の島崎藤一郎(小木茂光)議員と秘書の佐々岡充(木下ほうか)らと、料亭で会合をする伊達明義(仲村トオル)院長。
そこへ組織犯罪対策四課の課長・入江浩二(山崎一)もやってきました。

その翌日、副院長の橘祐輔(淵上泰史)に千葉の解剖を命じる伊達。
その場には、本郷と入江も同席しており、捜査内容が読み上げられました。橘はそれを聞いて「解剖結果と一致するかどうか確認します」と述べます。がしかし、間髪を入れずに「一致する」と断定する伊達。橘にプレッシャーをかけたのでした。

そうして行われた橘の解剖は、20分という速さで終了。「捜査内容および現場の状況と一致する」との結論を出します。
柚木貴志(大森南朋)は、この話を橘の解剖助手を務めた四方田隼斗(小久保寿人)から聞いて、疑念を抱きます。

柚木は激しく橘を問い詰めますが、橘は、全く取り合いません。
その隙に、中園景(飯豊まりえ)が副院長室に潜入して解剖データをUSBにコピーしたのでした。

コピーしたものを柚木に見せる景。
橘の解剖所見を見て、柚木は疑惑を確信へと変えます。解剖所見の銃創を見ると、凶器とされているトカレフとは思えない銃創だったのです。

一方その頃、紀理人と千聖も、捜査結果に疑問を抱き始めていました。
暴対法が強化された今、一介のチンピラが銃を持っているとは信じ難く、眉間を打ち抜けるほどの腕前を持っているとも思えなかったのです。
そこで、被疑者の伊沢とつるんでる男・原(笠松将)を知っているという紀理人が、聞き込みに行こうと提案しました。

原は事務所にて、銃に撃たれて負傷した伊沢を介抱していました。
がしかし、たいした手当てもできず、かといって指名手配の伊沢を病院に連れて行くこともできず、途方に暮れる原。

とりあえず自宅に戻ると、紀理人がやってきます。
原はそっと逃げ出そうとしますが、難なく捕まってしまいます。
そこで、知っていることを全て白状する原。
伊沢は誰かにハメられたという。伊沢らは銃など持っておらず、事件現場にはもう一人の男がいて、そいつに千葉と伊沢が撃たれたとのこと。
伊沢は、駆けつけた原に「黒…だ」というメッセージを残していました。

原から証言を聞いた後、千聖の携帯に柚木から着信が。
現場検証をしたいから、現場に入るために千聖に立ち会ってもらいたいというのです。
仕方なく千聖は、伊沢や原のことは紀理人に任せ、柚木のもとへ向かうことに。

原の案内で、紀理人が事務所を訪れると、伊沢はすでに息絶えていました。
伊沢の遺体を近くの病院へ運び、柚木に解剖してもらうため景へと連絡する紀理人。
しかし柚木は現場検証で外出中。とりあえず景が病院へ向かいます。

景は法医研での解剖を勧めますが、紀理人は「法医研ではまた証拠隠滅されてしまう。今すぐこの場やってほしい」と懇願。
すると、四課の本郷と入江が病室に押し入ってきて、伊沢の遺体を引き取ろうとします。それを拒もうと、本郷たちと言い合いをする紀理人。
景はその3人を部屋から締め出すと、その場で解剖することを決意し、柚木から指示を仰ぐべく電話をしました。

景の電話を受けた柚木は、伊沢の腹の中に残る弾丸こそが最大の証拠になるだろうと踏み、「とにかく弾丸を取り出せ」と命じます。
柚木の的確な解剖指示により、無事弾丸を取り出すことのできた景。写真を柚木に送信します。

弾丸はトカレフのものではなく、警官が使っている銃(ニューナンブM60)のものでした。
これにより、現場にいたという第三者は警官であることが濃厚と踏んだ千聖。「黒…だ」という伊沢が遺した言葉から、警官のデータベースと照合します。
すると紀理人が「黒川時雄(内村遥)」という四課の警部補が怪しいのではないかと取り上げました。
仕事上、龍厳会とも面識があり、事件のあったバーへもよく出入りしていたとのこと。

以上のことから、上司の下山益男(利重剛)課長に黒川の取調べを願い出る千聖。
下山は、警察官への容疑ということで難色を示すも、千聖の熱意に押され、その日の17時までという条件つきで許可しました。

しかし、取調べするも、弾は失くしたなどとごまかす黒川。
さらに本郷や入江たちもやってきて、黒川を取調べから連れ戻そうとします。
これはもう動かぬ証拠を突きつけるしかないと、千聖は、現場検証をしている柚木からの連絡を待つことに。

柚木は、無断で解剖した罰として伊達から謹慎処分を受けていた景を呼び出し、現場検証をしていました。
井沢の解剖をした景は、手の平にいびつな裂傷があったことを思い出します。その手で掴んだと思われる、血がべったりとついたビリアードの玉を、台の中から発見しました。

その玉を法医研に持っていき、検証すると、数列が浮かび上がりました。
それは、手の平に強く押さえつけられて跡になったもので、黒川が警察功績賞の受賞で貰った腕時計のシリアルナンバーと一致しました。

確たる証拠を突きつけられて、観念する黒川。
黒川は、龍厳会へガサ入れ情報の横流しをして稼いでいることを、千葉たちにゆすられ、それに逆上して撃ったのでした。
そして、本郷も警察情報の横流しに関係していたことが明るみに。
黒川と本郷は逮捕されました。
しかし、入江は部下から真相を知らされ隠蔽に走ったにも関わらず、知らぬ存ぜぬを貫き通し、罪に問われることなく、結局トカゲの尻尾切りで幕を閉じました。

そして、いい加減な解剖をしたことで橘も法医研をクビに。
ここでもトカゲの尻尾切りを目の当たりにし、柚木と千聖は「組織が人を腐らせるのか。人が腐るから組織が腐るのか…」と憂います。

そして柚木は伊達に直談判して、景の謹慎処分を撤回させたのでした。

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

井沢の遺体を前に、真実が闇に葬られるのを阻止すべく解剖を断行した景。
柚木イズムがちゃんと継承されてますね。いいぞ、景ちゃん!
そして勝手に解剖した罰で謹慎処分を受けてしまった景を、実家から連れ出し、ちゃんと最後まで事件に関わらせてあげた柚木の優しさにもジーン。それでいて容赦なく憎まれ口を叩き合う間柄、というのが尚良いですね~。益々、いいコンビになってきました!

千聖と紀理人も名コンビ!
「出世が何より大事」と言って憚らない千聖。でもその本意は、正義を貫くための力を得るためで。それを紀理人はなんだかんだ言っても、ちゃんと分かってくれてそうですし、千聖にはぜひ頑張って上を目指してほしいです。

そして、伊達も以前は正義と理想を掲げた人物だったという。
それが今は…。伊達の人格を変えてしまうほどの何かが過去にあったということで、それが次回、明かされるとのこと。楽しみです!また西田敏行さん演じる兵藤元院長が出てくるのも、嬉しい!

予告「クライマックスへ急加速」に動揺の声!

あまりに早い「クライマックス」という言葉の登場に、「クライマックス詐欺?」という声まで出てますね(笑)。

前回(2話)、視聴率10%を切ってしまいまいたが、ドラマ2話は割と視聴率が落ち込むことがあるので、見切りをつけるには早すぎるような気がします。
ですので、第1部(伊達明義の編)がクライマックスという流れになるんでしょう。

そして、真のクライマックスに向けて、更にスケールをあげて面白くなっていくと期待します。実際、ようやく登場人物たちの人柄を掴み面白くなってきました。

原作となる韓国版は全20話なので、6話終了とかはないでしょう。たぶん…。

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 過去に「慶徳小笠原病院」で起きた医療ミス事件で、「日本法医学研究院」が解剖結果をねつ造した――そんな不穏かつ執拗な書き込みが「日本法医学研究院」のホームページで見つかった。ひどく狼狽した院長・伊達明義(仲村トオル)は前院長・兵藤邦昭(西田敏行)に連絡。報告を受けた兵藤も動揺を隠せず…。

 そんな中、奇妙な事件が起こる。2人の男性がほぼ同じ時刻に別々の場所で、突然倒れて死亡したのだ! 警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は正確な死因を突き止めるため、「日本法医学研究院」へ。柚木貴志(大森南朋)と中園景(飯豊まりえ)はさっそく遺体を解剖するが、特に異常は認められず、心不全としか診断できない状態だと分かる。そんな状況下で千聖らがなぜ事件性を疑うのか、不審がる柚木…。だが、死んだ2人の職業と勤務先を聞いた途端、柚木は顔色を変える。2人は医師で、共に勤務先は「慶徳小笠原病院」――何を隠そう、今は亡き柚木の父も同じ病院に勤めていたのだ!

 やがて、死んだ医師らと親しくしていた元看護師が、1週間以上前から失踪していることが判明。一方、柚木のもとには「やすもとしょうこ」と名乗る人物から、ネットの書き込みと同じように「日本法医学研究院」の解剖結果ねつ造を暴露する封書が届き…!? 次々と起こる想定外の事態、なかなか見えてこない真実…。そんな中、柚木を奈落の底へと突き落とす“あってはならない出来事”が起こってしまう――!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/sign/story/0004/