ドラマル

『サイン』1話のネタバレ感想!東方神起の主題歌「ミラーズ」がカッコいいと好評!

2019年7月11日に放送されたドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話の放送後は、ED(エンディング)で流れた東方神起が歌う主題歌『ミラーズ』が話題を集めました。ドラマにピッタリのカッコいい曲です!

関連記事

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』1話のあらすじネタバレ

国民的人気歌手の北見永士(横山涼)がライブの最中、アンコールに出る直前の控え室にて、ソファで死亡しているのが発見されました。

この知らせを受け、現場へ急行する警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)とその部下の高橋紀理人(高杉真宙)。
しかし、鑑識による現場検証ではこれといった物的証拠が得られず、北見の遺体解剖による究明が期待されることに。そこで北見の遺体は、死因究明に特化した厚労省・警察庁共管の「日本法医学研究院」へ搬送されることになりました。

日本法医学研究院の院長・兵藤邦昭(西田敏行)は、一番弟子の柚木貴志(大森南朋)に北見の解剖を任せます。

一方その頃。
国立大学の法医学教授の伊達明義(仲村トオル)のもとに、自由民政党副総裁の秘書・佐々岡充(木下ほうか)が接触してきました。
佐々岡は権力の手先として暗躍するような男で、かつて日本法医学研究院の院長の座を兵藤と競い負けたという苦い過去をもつ伊達に「研究院に戻り、院長に就任する気はありませんか?」と囁いてきたのでした。

そうした後に、柚木が解剖を行う直前になって、伊達が研究院を訪れ、「警察庁の指示で解剖は自分が行う」と言ってきました。
伊達は、権力や自身の野望のためなら解剖結果の改ざんも厭わない人物。そんな伊達が急に来て解剖を行うということに、胡散臭さを感じる柚木でした。

一方で、千聖も上司の下山益男(利重剛)捜査一課長から、解剖を伊達に委託する件と、これ以上の捜査は行うな、という指示が出されました。
これに納得いかないながらも、女性初の捜査一課長昇進を狙う千聖は、下山の指示に従い、部下の紀理人にも捜査は保留だと言い聞かせました。
けれど紀理人は、絶大な人気を誇る北見が、じつは裏では性格が悪いとか、女性関係が派手だとか、薬物使用疑惑があるといった黒い噂があることを知り、真相を探るべく、独自に聞き込み等の調査を続けます。

そしていよいよ、解剖を行う時間が迫り、解剖医助手の松沢大輝(吉田ウーロン太)と四方田隼斗(小久保寿人)が安置所から北見の遺体を取り出しにきますが、そこに北見の遺体はありませんでした。
柚木が持ち去ってしまったのです。

北見の遺体をのせたストレッチャーを急いで走らせる柚木。
その道すがら、研究院に入ったばかりの新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)にぶつかります。
すると柚木は景を巻き込んで解剖室の中へ入り、邪魔が入らないよう施錠しました。

景を助手として、解剖を進める柚木。
解剖を止めようとする伊達の声を無視します。

そして、喉の中から青い繊維を見つけ出しました。
この証拠と、血液が窒息死や急死に見られる暗赤色流動性だったことにより、北見は青いタオル地のもので口と鼻を塞がれて窒息死した。つまりは「100%他殺」だと断定します。

しかしそんな中、北見のスタイリスト・宮島清花(柳美稀)が警察へ自首し、青酸カリを飲ませて毒殺したという証言の連絡が入ります。
これについて疑問を呈する柚木。
というのも、青酸カリによる粘膜のただれは無く、特有のアーモンド臭も検知できなかったからです。
しかし、そんな柚木の話を全く聞き入れない伊達。
柚木の解剖に立ち会った者が頼りない新人一人だけでは、その解剖の妥当性を証明するには信頼性に欠けると主張します。
そして、伊達はあらためて自分で解剖すると言って、大学へと北見の遺体を引き取ったのでした。

伊達の鑑定結果は、自首した清花の証言を裏付ける「青酸カリによる毒殺」。
ただし、ごく微量の青酸カリで、健康な成人男性にとっては致死量ではないものの(そのため粘膜のただれも無かった)、北見には肺結核の既往歴があり、肺が弱っていたため微量でも死に至ったのだと断じました。

これに柚木は異を唱えます。
というのも、柚木が解剖した際には、肺にそのような痕跡は全く認められなかったのです。

いつもの伊達の改ざんだろうと察した柚木は、独自に事件の真相を調べることに。
ライブ会場の警備室に入り浸って、北見を窒息死させた不審人物が防犯カメラに映っていないかチェックします。
そこへ景までも乗り込んできました。乗りかかった船だから最後まで付き合いたい、と。また、尊敬している兵藤院長の一番弟子で優秀だと名高い柚木の助手につけるのは光栄だから、とも。
これに柚木は、乱暴な言葉をぶつけて景を追い払おうとします。けれど景は柚木の暴言など物ともしません。強引に居付いて、柚木を呆れさせたのでした。

そうして柚木と景は、ついに怪しい人物が映った映像を見出します。
青いクマのぬいぐるみのようなものを手にした黄色いドレスを着た女性(森川葵)が、北見の控え室に入っていく瞬間を防犯カメラが捉えていました。

これを、警察関係者で唯一ツテのある千聖(かつての婚約者)に報告する柚木。
千聖は「余計なことはするな」と窘め、捜査は終わったと告げます。そして、勝手に解剖したことへの懲罰会議もあるのだから、柚木はおとなしくしたほうがいい、とも忠告します。
しかし柚木は逆に「お前はそれでいいのか?」と千聖に問いかけました。真実を究明するために捜査官になったんじゃないか?と。
この柚木の言葉に胸を抉られた千聖は、下山に再捜査したいと願い出ました。

懲罰会議、前日。
兵藤と、解剖医を目指すことになった原点について語り合う柚木。
25年前、柚木の父親が死に、その死を自殺だと決めつけた警察に対し、事故死だと真相を突き止めてくれたのが兵藤でした。そのお陰で、父は成仏し、自分も納得して前に進むことができたと、柚木は話します。
このことで、兵藤のようになりたいと解剖医を目指した柚木。兵藤は柚木にとって恩人で、憧れで、父のような存在であり、兵藤もまた柚木を一番弟子として我が子のように可愛がっていたのでした。

懲罰会議、当日。
有識者たちが集まる中、北見の解剖で、肺に疾患が認められたか否かが論点に。
柚木と伊達の両者は自身の主張を一切曲げないため、皆の立会いのもと、兵藤が解剖して検証することになりました。

兵藤が解剖する直前、院長室へ伊達が入室してきます。
そして伊達は「肺に疾患は無く、柚木の見立てが正しい」と真実を明かしました。
このまさかの告白に驚く兵藤。
しかしその後、伊達は「全てはこの研究院のため」と言葉を続けたのでした。

兵藤による解剖が行われ、鑑定結果が下されます。
兵藤の結論は「肺に疾患有り」でした。そして、柚木が誤った解剖結果を出したことは研究院の院長である自分に責任があるとし、兵藤は引責辞任しました。

一ヶ月後。
兵藤の後任として、伊達が日本法医学研究院の院長に就任します。
そして柚木は「埼玉中央医科大学 奥玉分室」に飛ばされることに。

その柚木の左遷先に、景が凝りもせず弟子として使ってくれとやってきました。
柚木はまたも乱暴に景の申し出を跳ね除けようとしますが、景は奥の手として土産を突き出します。
それは北見の喉にあった「青い繊維」。
証拠品整理のどさくさに紛れて、こっそり持ち出したのだという。

一方、その証拠整理と処分を任されていた伊達の忠実なるしもべ・法医学准教授の橘祐輔(淵上泰史)は、完璧に証拠隠滅ができなかったことを、伊達から激しく叱責されたのでした。

スポンサーリンク

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』1話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

国民的人気歌手の変死から終盤の兵藤院長の裏切りに至るまでの間、息もつかせぬ展開でグイグイと引き込まれていきました…!
しかも院長の裏切りも、単純な裏切りではなく、何かやむにやまれぬ事情が垣間見え、一体どんな経緯と想いがあって苦渋の決断に至ったのか。真相が気になって仕方ないです。

ただ、ドラマチックさを引き立たせるためか、所々リアリティに欠けるような演出が目についたものの、それでも息を飲む展開と、登場人物の個性に心惹き寄せられました。
無骨で口が悪い柚木と詰られながらも柚木を慕って食らいつく新人・景との微笑ましいやり取りや、柚木とは対照的で権力や陰謀に迎合し自身の野望を叶えようとする伊達との緊迫した関係や、人情派の兵藤院長との間にある深い恩義や信頼など、見所となる登場人物の個性や関係を挙げていくと枚挙に暇がありません。

演者も素晴らしく、おじ様方のシブい演技はもちろん、飯豊まりえさんや高杉真宙さんといった若手俳優の演技も光ります!
そして「家売るオンナ」や「チーム・バチスタ」シリーズなどでキュートなおとぼけキャラを演じていた仲村トオルさんが、今回は100%シリアスな悪役。トオルさんのおとぼけ演技は素晴らしいですが、今回の悪役も大人の色気があってとても素敵!

そして東方神起の主題歌が、緊張感あるドラマのクライマックスを盛り立て、次なる展開へのドキドキを膨らませてくれます!

東方神起の主題歌「ミラーズ」がカッコいいと好評!

エンディングで流れる東方神起の主題歌『ミラーズ』が、ドラマ『サイン』の雰囲気とマッチしていてカッコ良すぎると評判になりました。

チャンミンの高音に痺れますね!

さて、伊達明義(仲村トオル) VS 柚木貴志(大森南朋)・中園景(飯豊まりえ)コンビどちらが勝つのか?
これから面白くなりそうですね。

『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 殺された国民的歌手・北見永士(横山涼)の司法解剖をめぐる騒動を受け、国立大学の法医学教授だった伊達明義(仲村トオル)が「日本法医学研究院」の新院長に就任。北見の死因について、伊達の解剖結果とは異なる“窒息死”を主張した解剖医・柚木貴志(大森南朋)は、埼玉中央医科大学に飛ばされてしまった。あれから1カ月――。新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は柚木の弟子になりたい一心で、埼玉へ。なんと、北見が窒息死だったと証明できる唯一の証拠品=青い繊維を「日本法医学研究院」から盗み出し、柚木のもとへ持ち込む! だが、柚木は「それだけでは何の意味もない」と言い捨て…。

 その矢先、埼玉の山中で若い女性の首吊り死体が見つかった! 遺書もあったことから、自殺の線が濃厚かと思われるが、解剖した柚木は胸部の奇妙なアザに注目。徹底的に調べた結果、「自殺に見せかけた他殺」と結論づける。一方、都内でも若い女性の首吊り死体が発見され、「日本法医学研究院」で伊達が解剖に着手することに。奇しくも、その胸部にもアザが認められるが、伊達はある事情から早々に解剖を終了。「首吊りによる自殺で間違いない」と言い切り…!?

 同じ頃、警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は連続放火事件を捜査。空き巣の前科があるタクシー運転手で、埼玉在住の須賀原学(柾木玲弥)に目を付ける。だが、管理官の和泉千聖(松雪泰子)から「物証もないのに、前科者というだけでマークはできない」と、突き放されてしまい…。

 そんな中、さらなる事件が発生! あろうことか、埼玉で新たな首吊り死体が立て続けに発見される――。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/sign/story/0002/