ドラマル

『集団左遷!!』9話のネタバレ感想!鮫島正義は味方説が浮上!

2019年6月16日に放送されたドラマ『集団左遷!!』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、新たな証拠を掴むべく動く中で、滝川ら元蒲田支店メンバーも登場!
懸命の調査で、遂に横山専務の不正な金の流れを掴むが…。

関連記事

『集団左遷!!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『集団左遷!!』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『集団左遷!!』9話のあらすじネタバレ

不正融資による裏金工作について、藤田 秀樹(市村正親)頭取によって証拠偽造され罪を逃れた横山 輝生(三上博史)専務。
片岡 洋(福山雅治)は憤りを抑えられず、隅田 勝(別所哲也)常務に、何とか横山の不正を暴くことができないかと相談します。

隅田は、裏金工作については一連の役員たちの処罰も決まってこれ以上の追求は厳しいだろうとしつつも、横山が進めてきたダイバーサーチとの資本提携の裏には何かあるだろう、と推測します。
他のメガバンクを出し抜いて金融庁からの許可を取り付けるために、横山は関係する政治家に金をばら撒いたのではないかと。
もしこれが本当ならば許されざる不正行為だと、調査を始める片岡と真山 徹(香川照之)でした。

そんな折、日本橋支店の支店長室で、鮫島 正義(小手伸也)がキャビネットから現金を持ち出す様子を偶然ちらりと真山が目撃します。

そしてその夜、横山は元金融担当大臣の島津和幸(石丸謙二郎)議員と密会し、便宜を図ってもらうよう現金を渡していました。これに同席し、不正を目撃した梅原 尊(尾美としのり)支店統括部部長は内心動揺します。

一方その頃、キャビネットに何か秘密があるに違いないと確信した真山は、片岡と共に支店長室に忍び込んでいました。
しかし、管理室から持ってきたキャビネットの鍵が合わず慌てる片岡たち。
すると、鮫島が支店に戻ってきてしまいます。あわや捕まる、といったところで間一髪で逃げ果せた片岡と真山。ほっと胸を撫で下ろすも、その後、監視カメラを確認した鮫島に、結局目論見がバレてしまいます。

翌日。
藤田頭取はダイバーサーチジャパンCEOの清水修一(水橋研二)と共に記者会見を開き、資本提携と、今後2年間で27店の統廃合と9500人のリストラを敢行すると発表しました。

片岡たちの目論見を知った鮫島は、キャビネットから現金を移動させ、政治家への献金をメモした黒皮の手帳を梅原に託すことにしました。そして梅原に「万が一秘密が漏れることがあれば、犯人はあなたということになる」と圧力をかけたのでした。

キャビネットの件はもう深追いできないと諦めた片岡は、また別のアプローチで横山の不正が暴けないかと思案します。

そこで、元蒲田支店のメンバーである滝川晃司(神木隆之介)たちと久しぶりに飲むことにした片岡と真山。
今までに判明した横山の不正について明かします。すると、口々に横山の不正を暴く協力をすると声を上げる元蒲田支店のメンバーたち。出向した花沢 浩平(高橋和也)や横溝 厚男(迫田孝也)も加わりました。

そして、片岡は不正を暴くキッカケを得るため、横山に近しい梅原に聞きに行きます。
けれど、総務の窓際族に追いやられた前任の支店統括部部長である宿利 雅史(酒向 芳)の姿を思い浮かべた梅原は、頑なに協力を拒み、片岡にも「これ以上深追いはするな」と強く言い聞かせました。
そんな梅原に、片岡は「不正を見逃して、信頼してくれたお客を、頑張って働く行員を裏切っていいのか?そんな生き方をして自分に納得できるのか?」と情に訴えかけます。それでも過去に出向という苦い経験をした梅原は、簡単に片岡の言葉に乗じることは出来ず、「横山が副頭取に昇格する」と片岡に明かしました。そんな横山に楯突くことは出来ないと言い捨てる梅原でした。

梅原に協力を得られなかった片岡は、宿利を尋ねることに。
宿利は片岡の姿を見るなり「疫病神!」と言って逃げ出しますが、片岡の熱意に圧され、横山の資金源になっているであろう「(外部顧問の)顧問料」のことを口にしました。

そこで、元蒲田支店のメンバーの協力を得て、横山が顧問を務める企業が、いくら横山へ支払っているかを調べました。すると、各企業から法外な顧問料(毎月計420万。過去に遡ると計2億500万)が支払われていたことが明らかになります。

片岡たちは、この巨額の顧問料が政治献金に使われているに違いない、と予測を立てました。しかし、その政治家への金の流れの証拠を、なかなか突き止めることができません。

そんなとき、片岡は横山から「これ以上探るのはやめてもらいたい。さもなければ、協力者たちを処分する」と脅されました。
そして梅原は、横山から「処分するから協力者を調べて上げてほしい」と命じられます。これにショックを受けるも、とりあえず命令通りに片岡を尾行する梅原。

尾行した先で、元蒲田支店メンバーに調査打ち切りの指示を出し、一人で泥を被ろうとする片岡の姿を目撃し、そこで真山と遭遇します。
片岡の姿に胸打たれた梅原は、「俺はバカだ…」と自嘲しながら、真山に政治家への献金が記された黒皮の手帳を託しました。

手帳の金額と顧問料の金額が一致し、これが決定的な証拠になると歓喜する片岡たち。
片岡はすぐさま梅原を追い、感謝を伝えたのでした。

証拠を携え、隅田へ調査報告する片岡。
横山の副頭取昇格の決議の前に、なんとか横山を断罪すべく、役員会議の直前に提訴することにしました。

役員会議の日。
梅原は姿を見せません。

役員会議が始まる直前、社外取締役の人たちには会議室の外でしばし待ってもらうことにし、片岡と隅田は、役員たちの前で横山の不正(政治家への賄賂問題)を明かしました。
そして「改革のためとはいえ、このような不正を働く人間は副頭取にふさわしくない」と強く訴えたのでした。

しかし…

片岡たちの訴えは虚しく、賛成多数で、横山は副頭取昇格を果たしたのでした。

スポンサーリンク

『集団左遷!!』9話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

梅ちゃん、あなたはちゃんとイイ奴でしたね…!
今まで、梅原は片岡に酷い裏切り行為をしてくるんじゃないかとハラハラしてきましたが、自分の人生を投げ打ってまで、片岡のために、正義のために行動を起こしてくれるとは!
そんな梅ちゃんを疑っていたわたし。世知辛いと嘆いていた自分の心が、世知辛かったです…ごめんなさい、梅ちゃん!

いよいよ来週は最終回。
最終回はさすがに、片岡が横山を断罪し、勝利するのだと信じています。
横山が退任した後は、今までお飾り的だった藤田頭取が実権を取り戻して、名実ともに三友銀行の旗振り役となって、ダイバーサーチとの交渉の場にもつくことになるのでしょうか。
9500人のリストラを敢行すると発表されましたが、これも交渉次第では少しでもリストラが抑えられるといいですね。そうすれば頭取が理想とする、リストラは極力抑えつつ巨大資本と提携して生き残る!のかたちが実現できることになるのかな。
片岡からすれば、銀行のためとはいえ横山の不正を見逃した頭取にも釈然としない想いがありそうですが、頭取自らが不正したわけでもないから罪に問うことはできないでしょうし、頭取の完全勝利、ということになりそうですね。

鮫島正義は味方説が浮上!

横山輝生(三上博史)副頭取の側近・日本橋支店長の鮫島正義が、実は片岡らの味方なのではという説が浮上しています。

確かに、大事な黒革の手帳を、なぜか横山派に最近引き入れた梅ちゃんこと梅原尊(尾美としのり)に預けるなど、理解できない行動をしています。

さらに、注目すべきは名前!「正義」と書いてまさよし。
つまり、鮫島は正義の化身です…よ!!ってことですかね。

次回予告で、横山副頭取うるうるしてたし、最終回は鮫島さんの裏切り・活躍が見物です。

『集団左遷!!』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『集団左遷!!』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

とうとう副頭取の座にまで上り詰めた横山(三上博史)。島津議員(石丸謙二郎)への献金の記録が書かれた手帳を渡せばすべてを水に流すという横山だが、片岡(福山雅治)は突っぱねる。
梅原(尾美としのり)は最後の手段としてマスコミに告発することを片岡に提案。会社の不正を自分たちの世代で断ち切るべく、決意を固めた片岡は、真山(香川照之)とともに手帳の裏取りを進めていく。しかし、それを知った横山の非情な仕打ちが襲いかかる。

果たして自分たちがやろうとしていることは正しいのか、三友の為になるのか、部下の為になるのか、お客様の為になるのか、葛藤する片岡の最後の戦いが始まる。
片岡がたどり着く下克上の形とは…

平成から令和を駆け抜けた諦めない男の物語がついに完結!

出典:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/story/