ドラマル

『集団左遷!!』6話のネタバレ感想!蒲田支店ロス!地域住民もガッカリ?

2019年5月26日に放送されたドラマ『集団左遷!!』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、ついに蒲田編が完結!奇跡の下克上なるか!
支店 VS 本部の最終決戦、蒲田の運命やいかに?蒲田支店の行員は生き残れるのか?

関連記事

『集団左遷!!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『集団左遷!!』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『集団左遷!!』6話のあらすじネタバレ

融資詐欺で、20億の小切手を持ったまま海外逃亡を謀った三嶋和生 (赤井英和)。
しかし片岡 洋(福山雅治)が、間一髪、空港で三嶋を捕らえることに成功。無事、小切手を取り返すことができました。

そうして残すノルマは、5億円から25億円へ逆戻り。
早急に営業会議を開いて作戦を練ります。
そこで滝川晃司(神木隆之介)から「羽田支店に取られた分を取り返す」という案が出ましたが、片岡は「あくまで顧客第一。客の利益にならないことはやるべきではない。それが銀行員のプライドだ」と制しました。
ということで、顧客の新規開拓を重点的に取り組むことに。今まで営業をかけていなかった場所、老人ホーム等へも積極的に営業をかけるなどして、地道に業績を伸ばしていきます。
さらには、意外な人たちからの援護も。
片岡の妻・かおり(八木亜希子)がネイルサロン出店を考えている友人・樋口冴子 (松居直美)を連れてきたり、スーパーのチェーン店に出向した花沢 浩平(高橋和也)が新規店舗の出店話を持ちかけてくれたり。

おかげで、ノルマまであと1億円となりました。

そんな中、ふたつの案件が片岡のもとに舞い込みます。

ひとつは、若者3名(小林広樹、佐藤稔、西尾有美)が、サイボーグ義足を生産するベンチャー企業を起こしたいという案件。
ただ彼らは十分な自己資金を持たないないため融資ができない。そう説明した上で、片岡は「ベンチャーキャピタルなど、投資家を紹介することはできる。まずは事業計画をしっかり立ててみては」とアドバイスしました。

もうひとつは、藤田 秀樹(市村正親)頭取から紹介された案件。
藤田が昔、蒲田支店にいた頃に担当していた「西村精機」という会社が、工場を畳んで駐車場にするらしく、そのための費用として1億円の融資をしてほしい、というものでした。
この案件の担当として、片岡は滝川を指名しました。

さっそく西村精機を訪ねる滝川。
代表を務める西村雪子 (丘みつ子)に会って話を聞きます。
雪子は、夫が大事にしていた工場への想いを語るも、自分一人では工場は回せないからと、駐車場にする決意をしたのだという。
けれど滝川は、雪子が今でも丁寧に手入れしている機械や、メンテナンスのための油がそこかしこに置かれているのを見て、複雑な気持ちになります。
雪子は、本当は工場を畳みたくないのではないか、と。

それを片岡に相談する滝川。
片岡も同様に悩みます。ノルマ達成までの期限が迫る中、残す実績はあと1億。その1億が喉から手が出るほどに欲しいものの、けれどその融資案件は顧客である雪子の本意ではない。雪子の願いを叶えるならば、何らかのかたちで工場を継続させること。
それを考えたとき、ふと、相談を受けていたベンチャー企業を起こそうとしている小林たちの話が頭を過ぎりました。
精密加工する技術はあるものの、生産する施設と資本がないと。雪子に彼らを紹介すれば、互いのニーズが一致すると思い至ります。
けれどそうすれば、工場を潰して駐車場にするという融資は白紙になって、ノルマ達成も露と消えてしまいます。
悩む片岡。この答え如何によっては蒲田支店の命運が分かれるため、片岡は、支店の皆に意見を求めることにしました。

廃店決定が下されるまであと1日。
この1日で、皆それぞれに結論を出してもらうことに。

そうして出された答えは、全員一致で「西村精機への駐車場融資は白紙にし、ベンチャー起業を夢見る若者たちに工場を託す」でした。
自分たちの利益より、顧客の利益を、銀行員としてのプライドを優先した蒲田支店の一同。

そして、雪子に小林たちを紹介します。
雪子と小林らは、互いの夢を叶えられることに涙して喜んだのでした。

また、その結論を受けた藤田頭取も、蒲田支店の英断に感服しました。

そうしていよいよ、役員会での審判のときを迎えます。
横山 輝生(三上博史)常務は「目標実績に1円でも足りなけれ廃店は断行する」と宣言しました。
そこで藤田頭取は、廃店は仕方ないとしながらも「厳しい戦いの中、目覚しい業績を出した優秀な人材まで切り捨てるのは銀行の利益となるのか?」と問いかけた上で、「そんな優秀な人材を見出すに至ったのは、横山常務が悪役を買ってくれたからこそ。その功績は昇格に値する」と賞賛の拍手を送りました。そうして行員のリストラについては阻止したのでした。

翌日。皆の前で役員会での決定を報告する片岡。
廃店の決定に皆、肩を落とすも、その後の内示発表に救われます。蒲田支店の全員が、出向ではなく、銀行内の異動もしくは栄転となりました。
頑張りが報われ、喜びに沸く蒲田支店。

互いの前途を祝し、粛々と蒲田支店を閉じたのでした。

『集団左遷!!』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

廃店にはなったものの集団左遷は免れた蒲田支店。
ダブついた支店を整理した上で優秀な人材を残したという点では、銀行としても良い結果となりましたね。
集団左遷を阻止すべく、横山常務を敢えて役員たちの前で褒め称えた藤田頭取の行為は粋でした。たしかに、リストラ候補の行員たちに高い業務目標をふっかけて、残すべき優秀な人材をふるいに掛けるという点では、横山の意図ではなかったにしろ、良い施策でしたね。邪魔は不要だったけど…。

最後は、自分の利益よりもお客様の利益を優先させた蒲田の皆。
わたしだったら…悩んだとしても最終的には自分の利益をとってしまいそう。自分の人生投げ打ってまで、客に、会社に尽くすのってなかなか難しいですよね…誰かが言ってたけど、ちょっと「カッコつけすぎ」な感もあるけれど、それでも、銀行員のプライドを貫いた蒲田のみんな、カッコよかったです!

そんなチーム蒲田を今後見られなくなってしまうのはさみしい…。
出向した後も何かと気に掛け融資の話まで持ってきてくれた花沢も含め、蒲田のチームワークは最高でした!ブラボー、蒲田!
これからは、それぞれの新天地で活躍するであろう蒲田支店の皆。そんな様子を少しでも垣間見れたらいいな。
とくに真山と片岡の友情は今後も続くと信じてるので、窮地に立たされた片岡を真山が救う!という画が見られるのを楽しみにしています。

蒲田支店ロス!地域住民もガッカリ?

早くも蒲田支店のメンバーに対するロスがつぶやかれていますね。
最終回まで蒲田支店VS本部という形で物語が展開していくと思っていたので、ビックリしましたね。

それにしても、蒲田支店を潰さないでと融資・預金を協力してくれた地域住民の人びとはガッカリしたでしょうね。
羽田は遠いですからね。他銀に顧客が流れてしまうんではないでしょうか?

さて、少し腑に落ちない部分もありますが、次週から第2章ということでよりスケール大きく展開していき面白くなるんじゃないかと思います。

梅ちゃんこと梅原尊(尾美としのり)は、既に専務に昇格した横山輝生に丸め込まれていそうですし、逆境の中、片岡洋がどう頑張るのか楽しみですね。

『集団左遷!!』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『集団左遷!!』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

蒲田支店の廃店により、本部の融資部へ異動した片岡(福山雅治)。落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷に喘いでいた。
金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。それは、ダニエルの解任及びウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を 再び社長に就任させるというものだった。だがそんな折、日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)のもとに「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。果たしてメールは事実なのか。片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出そうとするが・・・。

出典:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/story/