ドラマル

『集団左遷!!』3話のネタバレ感想!桜庭龍二もとい花沢浩平が本店のスパイだった!

2019年5月5日に放送されたドラマ『集団左遷!!』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、真山の担当である大口の顧客「田口るみビューティーサロン」への30億円の巨額融資を巡り片岡が頑張る!
そして今回、遂に本部と繋がる裏切り者が明らかに…。

関連記事

『集団左遷!!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『集団左遷!!』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『集団左遷!!』3話のあらすじネタバレ

蒲田支店へとやってきた横山 輝生(三上博史)常務。
横山は激励という名の圧力をかけてきました。その横山の圧力に、片岡 洋(福山雅治)支店長だけは額面通り激励と受け取るも、蒲田支店の面々は萎縮するばかり。

そして横山の帰り際、真山 徹(香川照之)副支店長が横山に何か声を掛けられている姿を滝川晃司(神木隆之介)がみて、滝川は真山が本部のスパイなのではと疑いをかけました。
けれど片岡は「仲間を疑うんじゃない」と滝川を窘めます。

そんな中、またもや本部から嫌がらせを受けます。
支店統括部の宿利 雅史(酒向芳)部長から、廃店の決まった小平支店の残務整理に人員を回せとの命令でした。100億ものノルマを抱えるなか、そんな余裕はないと片岡は抵抗するも、宿利は本部の命令は絶対とし、聞く耳を持ちません。片岡は従うしかありませんでした。

さらに追い討ちを掛けるように、苦難が襲い掛かります。
横山が提案した計画(廃店候補の支店がもつ優良大口顧客を本部に移管するという計画)により、蒲田支店の大口顧客も否応無く本部にとられ、100億に加えてさらに30億のノルマを抱えることになってしまったのです。

けれど、真山が担当する田口るみビューティーサロンという大口顧客だけは、なぜか引き上げ対象になりませんでした。
片岡はそれを本部が見落としたと喜び、真山は怪訝な顔を見せます。真山は、田口サロンの不自然な売り上げの伸びに、何か裏があるのではと懸念していたのです。

そんなとき、社長の田口るみ (浅野ゆう子)が30億の追加融資の相談にやってきました。
片岡は渡りに船だとばかりに食いつきますが、ここでもやはり真山は警戒の姿勢を崩さず、融資を決めるのは時期尚早だと苦言を呈します。
そして真山は、自分が売上の実態調査をするから待って欲しいと片岡に願い出ました。片岡は、焦る気持ちを抑えて、渋々真山の答えを待つことにしました。

けれどどうにも気になり、気付くと田口サロンへと足が向かってしまった片岡。
そこで社長の夫・孝一 (高木 渉)と出くわし、運よく田口社長とのお目通りが叶うも、真山が疑っている売上げ実績については大した話も聞けず、結局、年会費10万円という高額パスポートを買わされただけに終わってしまいました。

片岡は肩を落として帰宅すると、買わされたパスポートを貰いものだと偽って、妻・かおり(八木亜希子)にあげました。
かおりは無邪気に喜ぶと、さっそくサロンへと向かいました。しかしサロンは人でごった返し、予約も取れない状態。まるで詐欺だ、と愚痴るかおり。それを聞いた片岡は、眉を顰めます。

そして、なかなか答えを出さない真山に痺れを切らした片岡は、独自でサロンの売上げを調べることに。

調査会社からの報告は「黒」でした。店舗の施術能力をはるかに上回ったパスポートの過剰販売により、売上げをかさ増ししているという。
その報告を受けている片岡のもとに、真山がやってくると、片岡が独自で動いていたことに不快感を露にします。そしてついに真山は、片岡への不満を爆発させました。片岡もそれに応戦して、募らせてきた不信感をぶつけます。
すると真山は「これを見て、信用できるかどうか判断すればいい!」と封筒を片岡に叩き付けました。中身は、真山が今まで慎重に慎重を重ねて作成した、偽りの無い調査報告書でした。

そんな折、マスコミも嗅ぎつけ、過剰販売のことが週刊誌に出てしまいました。
これにより田口サロンの取引銀行は軒並み手を引き、社長はすっかり塞ぎこんでしまいます。窮した夫の孝一は、片岡に縋り「なんとか、るみを助けてやってくれ」と頼み込みました。

片岡は真山の力を借りるべく、真山がこっそり通っている病院へと出向きます。
そして真山の前で、疑るような行為をしていたことを謝りました。その上で、蒲田支店の存続のため力を貸してほしい、と頭を下げる片岡。
真山のほうも、入院している妻・有里(西田尚美)から「一生懸命仕事する夫が好きだ。頑張る夫を、頑張って応援する妻でありたい」と告げられたことで、妻が退院したときも、この職に就いていたいという思いが芽生え、片岡と共に戦う決意をします。

そして、真山は一計を案じます。
それは、パスポートの販売を直ちに止めた上で、田口サロンの店舗を増やすこと。これにより過剰販売された顧客を捌いていこうという狙いでした。その店舗新設の支援として15億の融資を提案しました。
田口社長は、前もってお願いしていた最新美容器具購入のための30億も上乗せしてと頼みますが、これを片岡は「現状では30億の融資はできません」ときっぱりと断ります。そして真山の立てた再建計画を受け入れてもらえるよう、説得したのでした。

そうして再建計画を受け入れてもらい、残す課題は、その融資の稟議書を本部に通すことだけに。
ここでも真山と片岡が一策を講じます。

片岡が本部の宿利部長のもとへ稟議書をもっていくと、案の定、跳ね除けられました。そこで片岡は宿利へ耳打ちします。
「本部への顧客引き上げ時に田口サロンを敢えて残したのは、スキャンダルを知っていたからだ。それを支店に知らせなかった不義を、上に報告したら、宿利さんはお終いだ。そして横山が、その泥を被ることはないだろう」と脅したのです。
宿利は仕方なく稟議書を受け取ったのでした。

一件落着し、片岡は真山と喜びを分かち合います。すると真山もまた、滝川と同じように、内部にスパイがいるのではないかと懸念を口にします。

気になりつつ何気なく片岡が屋上へ向かうと、そこには今まさに横山と連絡をとっていたらしき人物が。
それは、法人営業1課長 花沢 浩平(高橋和也)の姿でした。

『集団左遷!!』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回の話は、とにかく真山が素敵でカッコよかったです!
今までも常識人で冷静な真山は、片岡の良いブレーキ役を担っていましたが、今回も、真山のとことん慎重で堅実な姿勢が蒲田支店を救ってくれました。
真山は一見冷たそうに見えるけど、根っこは相手思いのものすごく優しい人。それが、奥さんへの甲斐甲斐しい介護に表れていると思います。あんな旦那さん、ほんっとうに最高だなぁ。奥さんが羨ましい!

真山と片岡のぶつかり合うシーンもよかったです。大河ドラマ「龍馬伝」を彷彿とさせました。さすが福山雅治さんと香川照之さん、息がぴったり!

スパイは花沢さんということで、予想的中!ただまあ、けっこうあからさまに怪しさが醸し出されていましたね。
こんなに早い段階でスパイが明かされるとは意外でしたが、これで仲間内を疑う嫌な空気も晴れるでしょうし、一層団結力を深めてパワーアップした今後の蒲田支店が楽しみです!

桜庭龍二もとい花沢浩平が本店のスパイだった!

本部スパイが遂に分かりましたね。まさか桜庭龍二(ドラマ日本ボロ宿紀行の役名)もとい花沢浩平(高橋和也)が裏切り者だったとは…ちょっとショック!
やはり三友系の人間ですので繋がりがあったんですね。

でも、多くの人がいっているようにスパイ見つかる展開早い過ぎるから、もう一人ぐらい内通者がいるような気がします。

…そういえば、当サイト『集団左遷!!』執筆担当のドラマ大好きうさうさも、見事に先週スパイを言い当てました。これからもうさうさの考察に期待してくださいね!

『集団左遷!!』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『集団左遷!!』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

蒲田支店廃店か、存続か、ノルマ達成期限まで残り4ヶ月──。
街中で商談会のチラシを配っていた片岡(福山雅治)は、三嶋(赤井英和)から自社ビルを建てる予定だと聞く。うまくいけば20億円の融資につながる。さらになんと花沢(高橋和也)が前の支店にいた時の得意先だった不動産コンサルタントの神崎昇が蒲田支店を訪れ、高級ビジネスホテル建設計画のために40億円融資して欲しいと持ちかけてくる。
この2つの融資が成立すれば、ノルマ達成に大きく前進する。またとないビッグチャンスに、片岡は本部からまた妙な邪魔をされないよう横山常務(三上博史)に直接釘を刺しに行く。しかし、横山は思わぬ言葉を片岡にかける…

出典:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/story/