ドラマル

『35歳の少女』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『35歳の少女』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

柴咲コウさん主演の連続ドラマ『35歳の少女』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『35歳の少女』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Hulu」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。
※放送前のため、今までの日本テレビ系ドラマの見逃し動画配信状況から予測して記載しています。放送開始後、変更が必要な場合は正しい情報に更新します。

スポンサーリンク

『35歳の少女』の基本情報

概要(見どころ)

『35歳の少女』は、25年ぶりに家に帰ってきた35歳の女性、今村望美が主人公となる不思議なテイストのドラマです。
今村望美を演じるのは5年ぶりの民放連続ドラマ主演となる柴咲コウで、脚本は「GTO」「女王の教室」など数々のヒット作を手がけてきた遊川和彦が務めています。

外見は35歳にもかかわらず中身は10歳の少女のままという、これまでにないキャラクターを演じる柴咲コウの持ち味と、遊川和彦の引き込まれるような脚本がどのような作品を生み出すのか、注目の1本です。

キャスト一覧

  • 今村望美(いまむら・のぞみ):柴咲コウ

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 脚本:遊川和彦
  • 主題歌
    曲名:-
    歌手:-
    レーベル:-
  • プロデューサー:大平太

各話の視聴率

『35歳の少女』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話10月(未定)日
2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話・最終回(仮)

スポンサーリンク

『35歳の少女』の最終回ネタバレ(予想)

『35歳の少女』は、「35歳の女性、今村望美(柴咲コウ)が中身は10歳のまま25年ぶりに帰ってきた」という設定以外はまだ明らかにされていません。

ぱっと見はSFドラマのように思えますが、これまで数々のハートフルな作品を演じてきた柴咲コウが演じる本作は、単なるSFではなく、深いメッセージがこめられているのではないかと考えてしまいます。

いったい、今村望美とはどのような人物で、なぜ25年ぶりに帰ってきたのでしょう。
『35歳の少女』のポイントは、望美が帰ってきた家にいる、望美の家族もしくは友人や恋人の心の内にあると予想します。

きっと登場人物たちはどうしようもないほど心の中にぽっかりと穴が空いている状態のまま、25年の月日を過ごしています。
そのぽっかり空いた穴とは、自分が過去にしていまった失敗かもしれませんし、いつの間にかあきらめてしまった夢なのかもしれません。

望美は、その人物自身の心の穴に気づかせるとともに、同じ時間を再び過ごすことで、その穴をうめて前を向いて生きていけるようにしてあげるためにもどってきたのではないでしょうか。
そして望美は自分の役目を果たしたと同時に、またいつの間にか姿を消してしまう。
そんな最終回になるのではないかと、予想しています。

『35歳の少女』各話のあらすじ

2020年10月(未定)日から日本テレビ系にて放送開始される柴咲コウさん主演の連続ドラマ『35歳の少女』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

『35歳の少女』1話のあらすじネタバレは、2020年10月(未定)日(土)22:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。