ドラマル

2020年3月2日

『シロクロパンダ』8話のネタバレ感想!佐藤仁朗の怪演が怖い!佐島大臣が庇うものは?

2020年3月1日に放送されたドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、父の汚名を晴らすため、犯人は佐島だという証拠を見つけようと直輝が奔走!
一方のレンは、拘置所で麻衣子と対面し、門田を殺した理由を聞こうとするが…。

関連記事

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『シロクロパンダ』8話のあらすじネタバレ

8年前のコアラ男誘拐事件の犯人が森島直輝(横浜流星)の父で元捜査一課刑事・森島哲也(田中圭)であると示す証拠が見つかり、全日テレビが報道。
フリーディレクター・神代一樹(要潤)のスクープでした。

憤る直輝は全日テレビに乗り込み、神代に詰め寄ります。
神代は法務大臣・佐島源造(佐藤二朗)を直撃、コアラ男であると告白した哲也の遺書を手に入れたのでした。

哲也を殺害したのはMr.ノーコンプライアンスこと佐島と睨む直輝。
佐島に直接会い問い質すとシロクロつけろと言われるのでした。

川田レン(清野菜名)は精神科医・門田明宏(山崎樹範)を殺害した母・麻衣子(山口紗弥加)と拘置所で面会、開口一番レンかリコか問われます。
そして、レンだと分かると、麻衣子は直輝の殺害を指示するのでした。

直輝は哲也の残した動画を見ようとしましたが、3つあるファイルのうちの1つはパスワードでロックされ見ることが出来ません。

恋人・あずさ(白石聖)に呼び出され、利用するために近づいたと直輝は告白します。
どうしようもなく直輝が好きなあずさは、直輝に協力することにします。

兄・一郎(きづき)の手引きで、あずさは法務大臣室に侵入、直輝の言った引出しと「令和」と書かれた額を調べます。
引出しからは何も見つからず、額の裏には大臣の辞令があり、辞令の裏面に3つの数字が書かれていました。
「A. ZB0186951」
「B. ZB7101984」
「C. XF1123047」

あずさが撮影した写真を拡大、直輝はタブレットに3つの数字を入力、それぞれ検索します。
数字は場所を示す座標、Aはあずさが保護された公民館、Bは哲也の遺体の発見現場、そしてCは「東京都西多摩郡直井町2904」、ふたりとも心当たりがありませんでした。

その夜、直輝は山奥に入りC地点を掘り起こすと、ボストンバッグが見つかり、中にコアラ男誘拐事件と書かれた封筒が入っていました。

翌日、直輝はレンのアパートを訪ねパンケーキ店に連れ出します。
シロップで催眠をかけミスパンダに変身させていたことを打ち明け、直輝はレンに協力を依頼します。
ミスパンダであることは信じられませんでしたがレンは快諾、直輝の復讐が成就した後、もう一度だけ会うことを、ふたりは約束します。
そして、直輝はシロップを回しかけレンは意識が遠のくのでした。

レンはミスパンダ(リコ)になり、パンダちゃんねるで『大発掘!!ジャイアントパンダ黄金伝説を追え!』をライブ配信。
山中で見つけた宝箱から古いパンダのマスクとミスターパンダが携わってきた事件の封筒が見つかります。
その中の1つはコアラ男誘拐事件の封筒、そして詳細は明日の正午というナレーションで配信は終了します。

直輝はミスパンダの催眠を解き、レンのアパートに送り届けます。
そして、アパートを後にする直輝、その姿を何者かが見ていました。

アジトの廃屋で待つ直輝のもとに佐島が現れます。
コアラ男の正体は当時の佐島の部下、コアラのマスクを持った男に佐島が金を渡す写真を、直輝が突きつけます。
コアラ男誘拐事件は、知名度と好感度を上げるための佐島の自作自演だったのです。
そして、このことに気づいたのが当時グレーな事件にシロクロつけていたミスターパンダこと哲也だったのです。
佐島は自演の発覚を怖れ、哲也を射殺したと告白します。
丸く収まると思った佐島でしたが罪の意識に苛まれ、Mr.ノーコンプライアンスを名乗りミスターパンダの意志を継いだのでした。

裁けと煽る佐島を殴り倒し首を絞めた直輝でしたが、突如手を離します。
まだ何か隠していると思い佐島を追求、しかし佐島はポケットから錠剤を取り出し飲み込むと力尽きるのでした。

コアラ男誘拐事件の自演と哲也の殺害を告白、そして死んで詫びるとする佐島の動画が『ANNS NEWS』の番組宛てに届き報道されます。
全日テレビの『情報ワイド イブニングビュー』での哲也が犯人という報道が誤報であることが伝えられます。
更に、都内の倉庫で意識を失った佐島が見つかり、救急搬送されたことが速報されました。

テレビを消した直輝は、佐島の傍で拾った警察手帳から直輝と哲也が写った写真を取り出します。
「1. コアラ男」
「2. 佐島源造」
「3. 直輝へ」
写真の裏に書かれていました。

商店街を買い物袋を持って歩くレン。
ラッピングされた大きな箱を乗せ、コアラのきぐるみが台車を押します。
すれ違い樣、コアラがレンの口を塞ぐと、レンは意識を失い箱に押し込められます。
ところが、周りの人は誰も気づかなかったのです。

直輝はパスワードロックされた動画ファイルを開き、「tonaoki」とパスワードを入力、ロックが解除され哲也が映し出されるのでした。

スポンサーリンク

『シロクロパンダ』8話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

直輝の父・哲也が誘拐事件当時のパンダということですが本当でしょうか。
今のところ佐島の回想だけで明確な証拠はありません。
動画で何を哲也が語るのか待ち遠しいです。

その哲也を佐島が射殺したと言っていますが、誰かを庇っているようにしか見えません。
そもそも自演なのだから、銃を用意しておく必要がありません。

ラストに向かい大きくドラマが動き出していますが、そうなると益々気になるのが直輝の母親、そしてレンとリコの父親です。
どちらも片親というのが、凄く引っかかります。
あまりにもあからさま過ぎるので、実際は何の関係もない大きな釣り針かもしれません。
ただ、最後の最後で出自が影響する気がしてなりません。

佐藤仁朗の怪演が怖い!佐島大臣が庇うものは?

佐藤仁朗さんと横浜流星さんの決着シーンが見応えありましたね。
随所でモニャモニャと何を言っているかわからないヤバい感じを醸す佐島源造役を演じる佐藤仁朗さん。
最後、やり遂げふと浮かべた安堵の表情が最高でした!

佐島大臣が庇う人物(組織?)とは?
一郎かあずさというのが、多くの視聴者の見解。確かにこの2人のどちらかならば、佐島源造が庇うのも頷けます。

でも、今シーズンの他ドラマからも分かるように、殺人者の親を持った子は、世間から冷たい目で見られ続け、救われない!
よって、源造は、何かもっと大きな力から一郎とあずさの"命"を守るために、罪を被ったのではないかと予想します。
ドラマの締まりは悪くなりそうですが、捜査一課長・山野辺龍彦(高橋ジョージ)ら警察上層部が黒幕でしょうかね。

『シロクロパンダ』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。直輝(横浜流星)は神代(要潤)から「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。神代に対して「まだ終わってないんです」と答える直輝。彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。
佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか? 直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。
その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた――。

そんな中、直輝は、ビデオチャットの着信を受ける。連絡してきたのは、コアラ男だった。直輝は、コアラ男がレンに銃を突き付けている映像を見せられる。コアラ男がレンを監禁している場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所で、8年前の事件と同じ状況になっていた。
直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。
命の危険にさらされ、恐怖に震えるレン。彼女は、コアラ男に「どうしてこんなことをするんですか!?」と訴える。すると、コアラ男は「森島直輝を恨むんだな」と告げる。
直輝は、あずさとともに、8年前にあずさが監禁された廃屋へ向かった。2人が廃屋の中へ入ったその時――!

出典:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/story/