ドラマル

ドラマ『シロクロ』6話のネタバレ感想!佐島あずさのスマホ写真を欲しがる声殺到!

2020年2月16日に放送されたドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、ミスパンダが浜口死刑囚の殺害容疑で指名手配される中、直輝は真犯人を追う!
一方、レンは門田が殺され、大きなショックを受け、直輝に助けを求めるが…。

関連記事

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

ドラマ『シロクロ』6話のあらすじネタバレ

ボンドモール爆破事件死刑囚・浜口公則(我が家・谷田部俊)殺害容疑でミスパンダは指名手配、一緒に居た飼育員さんも共犯者として警視庁は追っていました。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は本物のミスパンダ(清野菜名)の殺処分を命じ、森島直輝(横浜流星)との関係を断ちます。

門田明宏(山崎樹範)の訃報を知り、囲碁喫茶・ゴバンのマスター・加賀春男(升毅)は川田レン(清野菜名)を気にかけます。
最後に門田に言った酷い言葉を思い返し、レンは後悔するのでした。

フリーディレクター・神代一樹(要潤)は爆破事件の遺族に取材を敢行。
中延陽一(結木滉星)・恭子(三倉茉奈)兄弟はミスパンダに感謝していたのです。

神代から中延兄弟の資料を、直樹は喫茶店で受け取ります。
法務大臣・佐島源造(佐藤二朗)は社会に著しく悪影響を与える者の徹底排除を宣言。
ミスパンダの死刑囚殺害に関し、佐島のコメントがテレビで報じられました。
「助けてください」
佐島の報道を観た直樹は、レンから届いたメッセージに「もう会えない」と返信するのでした。

そんな中、報道記者で直樹の婚約者・あずさ(白石聖)が取材と称してレンを追求。
大学の図書館で直樹と抱き合うレンの写真を突きつけ、あずさと直輝のツーショット写真を見せつけます。
直樹に婚約者が居ることをレンは知らなかったのです。

その頃、直樹は爆破事件の被害者・大地の墓に参っていました。
現れた中延兄弟に死刑囚殺害をほのめかし、陽一に回し蹴りを浴びせます。
そこへ、警察が現れ直樹は逃げ去ります。

ミスパンダ逮捕の報が駆け巡ります。
逮捕されたのは中延兄弟でした。
しかし、陽一は直樹を知らず、埠頭で争った時に負ったはずの怪我もなかったのです。
直樹は追うべき事件が7年前の爆破事件であると気づきます。

神代が調査した結果、元警察官・岩城啓太が浮かび上がります。
岩城は捜査一課長・山野辺龍彦(高橋ジョージ)のもと爆破事件を捜査。
捜査が終了し半年後に退官、1年後に大黒埠頭の廃工場で服毒自殺します。
岩城は化学薬品メーカーに勤めていた経歴があり、爆弾を作れた可能性があったのです。

閉店後ゴバンに1人残り、ママ・佳恵(椿鬼奴)に教わったデミグラスソース作りにレンは励みます。
訪れた直樹に、レンは「さよなら」を告げるのです。
直樹が出されたコーヒーにミルクをゆっくりと回しかけるとレンの意識が遠のき、ミスパンダに変身、シロクロつけます。

パンダちゃんねるの配信が始まり、ゴリラ大臣こと佐島が人質になっていました。
ゴリラのマスクを被せられ、佐島とは特定出来ません。
ミスパンダはナイフを突きつけ、笹10年分と選挙権を要求します。

浜口殺害のナイフと廃工場に山野辺が気づき、何者かに回収を命じます。

ミスパンダは熱々のおでんを用意、ゴリラのマスクを外し蒟蒻を佐島の顔に突きつけます。
すると、捜査一課のハブとマングースこと三津谷彰義(高橋努)と坂下弥生(江口のりこ)が現れたのです。
2人は罠に掛かり捕らえられ、配信が中断します。

配信が再開すると『上野回遊ジャイアントパンダクイズ』が始まります。
解答者は捕らえられた佐島、三津谷、そして坂下の3人。
ミスパンダはクイズ形式で、7年前の爆破事件と浜口殺害事件の真相を暴きます。

浜口の誤認逮捕後、真犯人が自殺した岩城と判明、しかし警察は事実を隠蔽しました。
浜口が再審を請求、三津谷と坂下は口封じのためパンダを装い浜口を殺害、その罪を中延兄弟に着せたのです。

佐島に土下座し、直樹は今回の協力を仰いだのでした。

佐島はパンダを懐かしむような言葉を投げかけましたが、ミスパンダに覚えはありません。
ミスパンダが証拠のナイフをゴリラのマスクに刺し立ち去ろうとした矢先、テーブルにぶつかりコンロが落ちテーブルクロスに火が燃え移ります。
ミスパンダはトラウマが甦り、動けなくなります。
警察の捜査員が突入、佐島の「逃げろ」という言葉に我に返り、その場から逃げ出します。

警視庁はミスパンダの主張を退けましたが、神代が岩城の母(朝加真由美)の独占告白をものにしニュースで公開します。

遺書の中で岩城は犯行を告白、母親は警察に遺書を渡しましたが、警察は無視し公表しなかったのです。

佐島は証拠のナイフで山野辺を追求。
しかし、佐島には8年前のコアラ男事件で山野辺と警察に恩があり、ナイフを山野辺に渡すのでした。

待っていたミスパンダに直樹が声をかけましたが、ミスパンダは直樹が分かりません。
レンはリコに戻っていたのです。

スポンサーリンク

ドラマ『シロクロ』6話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

ニッポンノワールに繋がっても不思議はない展開になって来ましたが、まさかね。

当初、Mr.ノーコンプライアンスこと法務大臣・佐島が呟いた「よりによってパンダか」は、単にシロクロに掛けているだけかと思っていましたが違うのでは。
そう思い、これまでの佐島の呟きを振り返ってみたいと思います。

直樹がグレーゾーンの悪を暴く覚悟を佐島に示した時の「どんどん君(直樹の父・哲也)に似てきたねー」

直樹が佐島の指示を無視した時の「似なくて良いところまで似てきたねー」

ミスパンダに出会った時の「久しぶりだなーパンダに会うのは」

過去にもパンダと飼育員が居たと考えると、佐島の呟きがしっくり来ます。
そして、パンダは最近影の薄いレンの母・麻衣子、飼育員が哲也。

佐島は身に危険が及ぼうとした時、あっさりとミスパンダの殺処分を直樹に指示しています。
レンのトラウマとなった10年前の火事、そしてコアラ男事件の真相に辿り着いた可能性のある哲也、何れも殺処分ではないかと思います。

明確な証拠はなく点と点でしかないですが、佐島が暗躍しているのは間違いないはずです。

佐島あずさのスマホ写真を欲しがる声殺到!

佐島源造大臣の娘・佐島あずさ(白石聖)が、父親に似た嫌な人でしたね。
でも、スマホ写真の森島直輝コレクションの解禁に、横浜流星ファンから感謝の声が殺到!

佐島あずさの直輝を独占したい気持ちが溢れているコレクションでした。
直輝は全くあずさにもレンにも興味ないんでしょうかね。
あずさはともかく、レンには少し興味ある?と思っていましたが、5話に引き続き6話も「さよなら」からの容赦ない「直輝がけ(催眠)」を見て、本当に黒に徹しているんだなと感じてしまいました。

それにしても、ミスパンダへの催眠はパンケーキじゃなくても成立するんですね 笑。

ドラマ『シロクロ』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。彼女にとって、門田は恩人だった。リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。リコは再び眠りにつき、レンが戻った。レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。

直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入。門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。
神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。

一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく――!

出典:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/story/