ドラマル

『シロクロパンダ』1話のネタバレ感想!ミスパンダの着替えは誰が?まさか飼育員さんが?

2020年1月12日に放送されたドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、IT会社「Anterifield」社員・横山愛菜(山口真帆)の死の真相を暴く!
愛菜の葬儀の日、飼育員さんに操られたミスパンダが突如現れて…。

関連記事

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『シロクロパンダ』1話のあらすじネタバレ

「ワタシ ハ ダレ」
薄暗い中、目覚め、ボヤけた視界に映る青年。
「ミスパンダにしよう」

性的暴行疑惑に、講演会場を出る衆議院議員・上坂(川崎麻世)に殺到するマスコミ。
疑惑を否定、迎えの車に乗り込み上坂は立ち去ります。

薄暗い廃屋。
椅子に縛られたパンダの着ぐるみを、上坂と屈曲な男たちが取り囲みます。
上坂はパンダを椅子ごと蹴倒し、これまでの悪行を自ら暴露、パンダの頭を外します。
その正体は秘書・蛯原でカメラを咥えさせられていたのです。
街頭ビジョンに上坂が映し出され、銀髪の女性(清野菜名)が登場。
街行く人々が「ミスパンダ」と騒ぎ、屈強な男たちをあっという間に片づけるのでした。

女流囲碁椿杯。
対局する川田レン(清野菜名)は勝ち筋が見えましたが、何故か別の場所に打ちます。

囲碁喫茶・ゴバン。
対局にわざと負けたレンに、マスター・加賀春男(升毅)が話しかけます。
最年少優勝をするほどの腕前でしたが、いつの頃からかネガティブ思考に陥り、レンは勝てなくなったのです。
上坂が竹藪に吊るされたニュースが流れます。
容疑者はミスパンダ、悪党を成敗し世間を騒がせていましたが、レンは知りませんでした。

医学生・森島直輝(横浜流星)は恋人で報道記者・佐島あずさ(白石聖)に頼まれ、メンタリストNとしてバラエティー番組に出演。
収録後、全日テレビでIT企業アンテリフィールド社長・江本達郎(和田正人)が謝罪する場面に遭遇。
昨日、社員の横山愛菜(山口真帆)がオフィスから飛び降り自殺したにもかかわらず、テレビ番組に出演し炎上していたのです。
愛菜は自殺前、「醜い私…さようなら」と動画を投稿、顔に包帯を巻いていたことから包帯女と呼ばれ、整形の失敗を苦に自殺したとネットで話題になっていました。

そんな中、直輝はミスター・ノーコンプライアンスと名乗る男(佐藤二朗)と会い、包帯女自殺事件の解決を依頼されます。

全日テレビに出入りするフリーディレクター・神代一樹(要潤)は江本に取材、部下の山崎は整形の失敗を愛菜から聞いたと言うのです。
神代は医療ミスと睨み、番組スポンサーの花咲形成外科クリニックの院長・花咲を直撃。

幼い女の子と女性が写る写真、女性の右側が黒く塗りつぶされています。
その写真に挨拶し、レンは家を出ます。
レンは東京誠立大学病院で精神科医・門田明宏(山崎樹範)の診療を受けます。
門田は直輝のゼミの指導教官でもありました。
受診の帰り、レンは直輝に呼び止められ、照れながら先日ご馳走になったパンケーキのお礼を言います。

ゴバンのバイト中、レンは直輝にパンケーキ屋に呼び出されます。
直輝がゆっくりとパンケーキにシロップを垂らしていくと、レンは虚ろな表情になります。
満月の夜、「パンダー」と絶叫、気づけばミスパンダに変身、直輝を飼育員さんと呼ぶのでした。

ミスパンダは愛菜の葬儀に喪服姿で現れ、アンテリフィールドに潜入した映像を流します。
愛菜が飛び降りたとされる窓とは違う窓から飛び降り、「あんな薄汚いとこで死にたくない」と言うのです。
続いて、愛菜の遺書と見られた動画が流されます。
投稿された動画には続きがあり、愛菜は整形を告白、花咲に感謝していました。
自殺する理由はなかったのです。

捨てたはずのトロフィーが動画に映り、気になった江本が、夜、アンテリフィールドに現れます。
直輝が待ち構えていました。
トロフィーは直輝が用意したレプリカでした。
江本はトロフィーで襲いましたが、直輝に一撃で気絶させられます。

気づくと江本は手術台に拘束され、手術衣を着たミスパンダが登場、その映像が街頭ビジョンに流されます。
そして、愛菜の動画が再び流されます。
まだ、続きがあったのです。
それは、江本の卑劣なセクハラを告発するものでした。
江本のセクハラは、愛菜への歪んだ愛情表現でした。
愛菜と共に社長秘書の山崎(仁村紗和)は江本を告発しようとしましたが、逆上した江本はトロフィーで愛菜を殴り、勢い余って愛菜は窓から転落したのでした。
江本は自殺に見せかけるため、山崎を脅し動画の前半部分のみ投稿させたのです。

ミスター・ノーコンプライアンスは江本が竹藪に吊るされた記事を読みながら、直輝と電話。
ミスター・ノーコンプライアンスは、法務大臣・佐島源造だと判明します。

自宅アパートで目覚めたレン。どう帰ったか記憶がありません。

一方の直輝は、パンダのぬいぐるみを見て、父・哲也(田中圭)の記憶が甦ります。
ぬいぐるみは、守っってくれると誕生日に幼少の頃に父・哲也から貰ったのです。
そして、行方不明だった哲也の白骨化した遺体が見つかり、ぬいぐるみの目からUSBメモリを取り出します。
コアラのマスクを被った男が、縛られた女の子に銃を突きつけ1億円を要求する動画が保存されていました。

レンは母・麻衣子(山口紗弥加)を見舞います。
病室には、レンの部屋にあった同じ写真があり、左側の女の子が塗りつぶされていたのでした。

スポンサーリンク

『シロクロパンダ』1話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

現代版仕置人かと単に思っていましたが、何かが違います。
仕置の依頼をしているのは、ミスター・ノーコンプライアンスこと現役閣僚の法務大臣・佐島、権力側です。

パンダである理由も単に白黒つけるだけの意味ではないようです。
守ってくれると亡くなった父親から幼少の頃に貰った誕生日プレゼントが、パンダのぬいぐるみ。
直輝は父親のニュースを見て、直ぐにパンダのぬいぐるみからUSBメモリを取り出しています。
恐らく父親が何かを言い残していたのでしょう。
そして、パンダの意味を佐島は知っているようでした。

佐島と直輝の関係も気になりますが、何と言っても写真の女の子でしょう。
塗りつぶされ箇所が違う同じ写真が、レンの部屋と母・麻衣子の病室に飾られています。
麻衣子の左右には2人の女の子、1人はレンとしてもう1人は今どこに。

もうワクワクが止まらない。

2019年、何かと世間を騒がせた2人をキャスティング。
離婚騒動の川崎麻世、NGT48暴行事件の山口真帆。
特に山口真帆が演じる愛菜は、事件を想起させるような告発する役です。
これまでも新日曜ドラマは挑戦的でしたが、今回もなかなか攻めていると感じます。

ミスパンダの着替えは誰が?まさか飼育員さんが?

ミスパンダの着替え問題!
気になりましたよね?

飼育員さんこと森島直輝(横浜流星)が催眠を解き、眠るミスパンダこと川田レン(清野菜名)をおぶって帰っていましたが、誰がミスパンダの衣裳を脱がせて、レンの服を誰が用意して着せたのでしょうか?
ていうか、レンはその後、パジャマに着替えて自宅で眠りについています。

つまり、2度着替えをしています。
まさか飼育員さんが着替えさせたのでしょうか?
それとも、ミスパンダと飼育員さんの関係を知る第三者がいるのでしょうか?

1話ではこの「ミスパンダの着替え問題」が一番の謎でしたね。
ちなみにメイクもしっかりと落とされていました。

おそらく答えは、催眠によって「ミスパンダが自分で着替えた」だと思いますが、モヤモヤするので種明かしをしてもらいたい。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。
事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。
レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。そして、ミスパンダが出現。直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。
そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け…。

出典:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/story/