ドラマル

岡田准一主演『白い巨塔2019』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『白い巨塔2019』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

岡田准一さん主演の連続ドラマ『白い巨塔2019』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『白い巨塔2019』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「テレ朝動画」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。
※放送前のため、今までのテレビ朝日系ドラマの見逃し動画配信状況から予測して記載しています。放送開始後、変更が必要な場合は正しい情報に更新します。

スポンサーリンク

『白い巨塔2019』の基本情報

概要(見どころ)

開局60周年を迎えるテレビ朝日が、スペシャルドラマとして新たなキャストで作り上げる、平成最後の「白い巨塔」。
何度も映像化され知らない人はいないほど有名な作品である山崎豊子の小説ですが、主演に岡田准一、そして松山ケンイチ、沢尻エリカといったベテランの域に入りつつある豪華なキャストが集結した、いわば新・白い巨塔です。
ストーリーはもはや言うまでもありませんが、野心に燃える准教授・財前と、愚直なまでに患者優先の准教授・里美の対照的な二人の医師を中心とし、大病院の中で蠢く、出世や名声に命をかける医師たちの人間模様や生き様が描かれます。
しかし、これまでドラマ化されてきた白い巨塔と違うのは、舞台が2019年と現在の設定であることです。
平成も終わりを迎える現代に生きる財前や里美たちが、「白い巨塔」と揶揄される大学病院の中でどう生きるのか…医療や医師のあり方を考えさせてくれます。

キャスト一覧

  • 財前五郎(ざいぜん・ごろう):岡田准一
    浪速大学医学部第一外科・准教授
  • 里見脩二(さとみ・しゅうじ):松山ケンイチ
    浪速大学医学部第一内科・准教授
  • 花森ケイ子(はなもり・けいこ):沢尻エリカ
    財前の愛人
  • 東貞蔵(あずま・ていぞう):寺尾聰
    浪速大学医学部第一外科・教授

浪速大学

  • 鵜飼裕次(うがい・ゆうじ):松重豊
    浪速大学医学部部長
  • 大河内恒夫(おおこうち・つねお):岸部一徳
    浪速大学医学部病理学科・教授
  • 柳原雅博(やなぎはら・まさひろ):満島真之介
    浪速大学医学部第一外科・医局員
  • 佃友弘(つくだ・ともひろ):八嶋智人
    浪速大学医学部第一外科・医局長
  • 亀山君子(かめやま・きみこ):美村里江
    浪速大学医学部第一外科・看護師
  • 野坂奈津美(のさか・なつみ):市川実日子
    浪速大学医学部脳外科・教授

財前家

  • 財前又一(ざいぜん・またいち):小林薫
    財前の義理の父・財前産婦人科医院・院長
  • 財前杏子(ざいぜん・きょうこ):夏帆
    財前の妻
  • 黒川キヌ(くろかわ・きぬ):市毛良枝
    財前の母

東家

  • 東政子(あずま・まさこ):高島礼子
    東の妻
  • 東佐枝子(あずま・さえこ):飯豊まりえ
    東の娘・浪速大学病院図書館で司書として勤務

東都大学

  • 船尾徹(ふなお・とおる):椎名桔平
    東都大学医学部第二外科・教授

佐々木家

  • 佐々木庸平(ささき・ようへい):柳葉敏郎
    繊維問屋・佐々木商店の店主
  • 佐々木よし江(ささき・よしえ):岸本加世子
    庸平の妻
  • 佐々木庸一(ささき・よういち):向井康二
    庸平とよし江の息子

弁護士

  • 関口徹(せきぐち・とおる):斎藤工
    関口法律事務所・弁護士、佐々木家の代理人
  • 国平幸一郎(くにひら・こういちろう):山崎育三郎
    河野法律事務所・弁護士、財前の代理人

スタッフ一覧

  • 原作:白い巨塔
    作者:山崎豊子
    出版社:新潮文庫
  • 監 督:鶴橋康夫(『後妻業の女』『のみとり侍』『警官の血』『坂道の家』)、常廣丈太(『BG~身辺警護人~』『緊急取調室』『グッドパートナー 無敵の弁護士』)
  • 脚本:羽原大介(『フラガール』『パッチギ!』『マッサン』『黒革の手帖』)、本村拓哉、小円 真
  • 音楽:兼松 衆
  • チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
  • エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)、秦 祐子(ロボット)
  • 企画協力:一般社団法人山崎豊子著作権管理法人、野上孝子、新潮社
  • 医療監修:國頭英夫(日本赤十字社医療センター)、高本健史(国立がん研究センター中央病院)
  • 協力:日本赤十字社医療センター
  • 法律監修:本山信二郎(広尾マイスター法律事務所)
  • 制作協力:ロボット
  • 制作著作:テレビ朝日

各話の視聴率

『白い巨塔2019』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話5月22日
2話5月23日
3話5月24日
4話5月25日
5話5月26日

スポンサーリンク

『白い巨塔2019』の最終回ネタバレ(予想)

白い巨塔の原作は有名な長編小説であり、何度も映像化されてきた作品なので、大筋は大きく変わることはないでしょう。
しかし、2019年と言う現代を舞台にしたとき、財前や里美たちを中心とした人々の物語がどう動くのか予想してみました。

岡田准一演じる准教授・財前は「腹腔鏡のスペシャリスト」として絶対的な自信のもと、日々自分の腕を求めてやってくる患者の手術をこなしていく日々を過ごしています。
その最たる目標は第一外科の教授の座に着くことですが、それを叶えるため今以上に実績を残すこと、魑魅魍魎の現教授たちに気に入られることに躍起になっています。

一方、松山ケンイチ演じる同期の里美は財前とは対照的に出世に興味がなく、むしろ教授選には嫌悪感すら持っており、純粋に患者のため・最善の治療のための医療を追求しています。
その愚直さ故に、財前を始めとする医局の医師たちに疎んじられながらも、患者を救うため自分の信念を曲げずに日々を過ごしています。

財前は沢尻エリカ演じる花森ケイ子のホステスとしてのネットワークをも利用し、接待や賄賂なども厭わず、手段を選ぶことなく着実に教授の椅子へ近づいていきます。
しかしこれを阻むのが寺尾聰演じる現教授の東です。可愛がっていたはずの財前の卑しいほどの出世欲や自分への敬意を欠いた態度を目の当たりにし、財前の教授への道を阻むため、動き出します。

そんなある日、財前は生活保護を受ける患者のCT画像からガンを見落としてしまいます。しかしその責任を後輩に押し付け、患者の家族にはお金を握らせて事実をもみ消そうとします。
患者はやがて死亡し、里美はそんな財前に失望し怒りをぶつけます。財前は里美にもお金を握らせようとするなどますます横暴になっていき、次第に後輩や同僚たちからも恐れられていきます。
しかし、死亡した患者の家族は財前が誤診をした際の病状説明を録音しており、これをSNSに投稿したことで話題になってしまい、ニュースでも取り上げられる事態になります。

財前は多額の報酬で弁護士をつけ裁判に持ち込み戦いますが、ある日裁判中に倒れてしまいます。
財前もまた、自身が見落としたのと同じガンに罹っており、もはや末期の状態でした。
それを隠して裁判に教授選にと奔走する財前でしたが、あるとき里美にガンであることを知られてしまいます。
少しでも延命するため手術を勧める里美に対し、財前は死ぬ前にどうしても教授になりたいと懇願し黙らせます。
やがて財前はニュースの影響と東の策略により教授選に破れ、病状も悪化していきます。
出世の道を絶たれ、もはや死を待つのみとなった財前は姿を消します。

財前が失踪して数ヵ月後、里美はSNSに投稿された写真に財前の姿を見つけます。それは紛争地帯で国境なき医師団として患者を救う財前の姿でした。
財前は見落としや初心を忘れ欲にまみれた自分の人生を後悔し、残りの命を患者を救うことに捧げていたのです。
里美は財前のいる地へ向かいますが、到着した数日前に財前が亡くなっていたことを知ります。
財前は彼に救われた人々の手で埋葬され、そこには大きく白い墓標が建てられていました。

『白い巨塔2019』各話のあらすじネタバレ

2019年にテレビ朝日系にて5夜連続で放送される岡田准一さん主演のドラマ『白い巨塔2019』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

第1夜のあらすじネタバレ

腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名を馳せる、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一)。逞しい体と精悍な顔つきに加え気さくな人柄は、付属大学の学生や医局員たちに慕われ、浪速大学のスター准教授として君臨していた。
ある夜、浪速大学・滝村名誉教授の喜寿を祝うパーティの最中、“スペ患”である近畿新聞会長・山田音市の容態が急変。膵癌を患う山田は、執刀医に財前を指名する。本来、山田は第一外科・東貞蔵教授(寺尾聰)の“スペ患”。上司である東を差し置いて自分が執刀するわけには…と躊躇いを見せる財前だったが、心の中では期せずして舞い込んだチャンスにほくそ笑んでいた。
手術は無事成功し、財前には山田から高級ワインと数百万の現金が贈られる。財前によって自分の“スペ患”が救われたことに、表面上では平静を装いながらも、東はその事実を苦々しく受け止めているのだった…。
そんな中、浪速大学医学部では東の退官に伴う教授選挙が近づいていた。「君を次期教授に推薦しようと思う」――そう、恩着せがましく財前に囁く東だったが、その実、腹の内では財前ではない人物を、と考え始めていた。
その矢先、同期である第一内科・准教授の里見脩二(松山ケンイチ)から胃癌再発患者のカルテを見せられる。財前の診断では、原発巣は胃ではなく膵臓。再発は誤診断である、と指摘するが、その診断を下したのが、浪速大学医学部長の鵜飼裕次だとわかった途端、翻意する!教授選に備え、上層部に楯突くようなことは避けようとする財前を非難する里見だったが…?
やがて、東が財前以外の人物を教授選候補に擁立することが判明。財前は、義父である財前又一の財力と政治力を最大限に活かし、浪速大学医学部第一外科教授という悲願に向けてさまざまな工作を開始する。
欲望が渦巻く教授選は、思いもよらぬ展開へ…。そしてその後も、過酷な運命が財前を翻弄していくことになる!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/shiroikyotou/story/0001/

『白い巨塔2019』第1夜のあらすじネタバレは、放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。