ドラマル

『知らなくていいコト』8話のネタバレ感想!野中春樹が最低すぎる!でも中の人「重岡大毅」は凄い?

2020年2月26日に放送されたドラマ『知らなくていいコト』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、復帰したケイトが、与党議員・梅沢のワイロ疑惑の真相を掴むべく奔走する!
そんな中、ケイトが乃十阿の娘だという野中(重岡大毅)がリークした記事が掲載され…。

関連記事

『知らなくていいコト』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『知らなくていいコト』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』8話のあらすじネタバレ

襲撃事件で右腕を刺された真壁ケイト(吉高由里子)は、まだまだ傷が癒えない中、アームホルダーをつけて早くも職場復帰。
ラーメン屋スープの疑惑ネタまで仕入れてきます。

その頃、編集長の岩谷進(佐々木蔵之介)は副社長の石森(大高洋夫)に呼び出されていました。
襲撃事件で世間を騒がせたケイトを『イースト』から異動させたい、という話でした。
そこで岩谷は、上層部の鼻を明かしてやるため、ケイトへ右トップとなる大スクープ記事を書かせることに。それは、与党議員・梅沢雄三郎(越村公一)の金庫番だった相田正司(住田隆)が、賄賂の罪を被って自殺した件について。岩谷は、顔見知りの検察から、梅沢の資金管理団体の3ヶ月分の帳簿が、相田の自殺と同時に消えたという情報を掴んでおり、それを何としてでも探せと命じたのでした。

岩谷から大役を任され、意気込んで取材に出るケイト。
しかし、襲撃されたトラウマから、通行人の女性が和美(三倉茉奈)に見えてしまうなど、道中、苦しむことも。その辛い心を読んだかのように、尾高由一郎(柄本佑)から体調を案じるメッセージが。けれどケイトは気丈に「心配しないで」と返事したのでした。

取材のほうも難航します。
相田の妻・依子(遠藤久美子)に取材を申し込むも、頑なに拒絶されてしまいます。

翌日、野中春樹(重岡大毅)が他紙にリークした内容(ケイトの父親が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であること。母親・杏南(秋吉久美子)は乃十阿と不倫関係にあったこと)が出版され、編集部に問い合わせの電話が殺到。
ケイトは岩谷に問われ、掲載された内容が事実であることを認めます。
岩谷はそれを皆にも伝え、その上で「我々のやるべきことは変わらない。今まで通りに仕事をするだけだ」と告げ、ケイトにも「仕事でこんな話なんて吹き飛ばしてやれ」と檄を飛ばしたのでした。

ただ、記事が出てしまったせいで、ケイトの目撃情報がツイートされたり、自宅特定されてしまったり、マンションの住人たちから嫌がらせを受けたりと、追われる立場になったケイトは、自宅で日常生活を送るのもままならなくなり、職場で寝泊まりすることに。
尾高からは、スタジオに泊まりにくればいいと打診されますが、妻子のいる尾高に甘えることはできないと断るケイト。その後、仮眠室のベッドで、一人、泣いたのでした。

後日、尾高が退院して職場復帰。
皆、拍手で尾高を歓迎します。そんな中、身を隠すように部屋からそっと出る野中。挙動不審な様子をみせる野中にリークした犯人だと気付いた尾高は、誰もいない給湯室へ野中を引きずり込むと、思い切り顔を殴りました。
野中は負け惜しみのように「もう二人、会わないほうがいいですよ。不倫がバレたら、もっともっと大変なことになりますから!」と、卑しく笑いながら言い放ちます。それには何も答えず、その場を去った尾高。残された野中は、部屋の片隅で嗚咽しました。
そして、顔が腫れ上がってしまった野中は「虫歯で腫れた」と偽って、早退することに。その様子を小泉愛花(関水渚)が訝し気に見ていました。

夜、職場で寝泊まりするケイトのもとへ、岩谷がやってきます。
尾高との関係について言及する岩谷。
「身を挺してケイトを守った尾高の気持ちは、誰の目から見ても明らか。きっと覚悟を決めている。尾高は、家族ではなく、ケイトを選ぶつもりだ」と。その上で、ケイトはどうしたいのか?と問います。
ケイトは、病院で赤ちゃんを抱いていた妻・みほ(原史奈)の姿を見てから、その先に進んではいけない、という気持ちになったと明かします。すると岩谷は「そういうキレイ事は、かえって尾高を苦しめる。ケイトはケイトらしく、真っすぐ尾高を求めればいい。まずは、自分が望む人生を手に入れることだ」とアドバイスしたのでした。

賄賂疑惑を被って自殺した相田の件について、取材を続けるケイト。
妻の依子に根気よく取材を申し込みますが、頑なに拒絶されるばかり。
そんな中、取材にきたケイトが、相田家の門前で、逆に記者たちに囲まれてしまいます。
それを見た依子は、ケイトを中に入れ、勝手口から逃げるよう促しました。記者たちに追われるケイトの姿を見て、以前、犯罪者の家族として追われていた自分を重ねてしまったという。
ケイトは、はじめて心境を吐露してくれた依子に「ご主人の名誉を取り戻したいと思いませんか?ご主人に責任を押し付けて梅沢議員が平気な顔をしているなんて、おかしい」と詰め寄り、書斎を調べさせてもらうことに。しかし、帳簿は見つかりませんでした。

後日、依子の実家が経営する建設会社へ聞き込みに。
相田が自殺して以降、次々と公共事業が舞い込んで羽振りが良くなったこと、出来の悪い相田の息子が有名私立大学に合格したことなどを聞きます。
これにきな臭いものを感じるケイトでした。

その後、相田家の愛犬の首輪から、帳簿データを保存したマイクロSDカードを発見。
そこには消えた3ヶ月分の帳簿データのほかに、相田が記したテキストファイルもあり、梅沢議員との取引内容と相田の葛藤が克明に記されていました。
賄賂を嗅ぎ付けられた際、梅沢議員から、2つの選択肢を与えられたという。
ひとつは、正義を貫いて、全てを告発し、全て(仕事も家庭も)を破滅させる道。
もうひとつは、真相を偽り、罪を被って、家庭の安寧を守るという道。
相田は悩んだ挙句、家族の安寧を選びました。しかしながら、僅かに残った正義の心で、証拠を残すことにしたという相田。
「これを見つけた者に、真実を公にするかどうかの判断をゆだねる」と最後に記されていました。

依子は、命懸けで家族を守ろうとしてくれた夫の想いに涙し、真実を公表することを決意。
実家への援助が打ち切られることや、息子の大学合格が取り消されることも覚悟し、「主人の最期の正義心を尊く思わなければ、妻である意味がありません」と固い決意をみせたのでした。

そうして、ケイトは記事を執筆。
梅沢議員の悪事を暴くスクープは堂々の右トップとなり、石森副社長もこれには大満足。異動の話は消え、代わりに、ケイトに手記を書かせようと提案します。
「真壁杏南と乃十阿徹の不倫の子として生まれ、記者として働くケイトは、何を考え生きているのか」というテーマの手記を。
岩谷は、ケイトの心情を慮ってそれを拒もうとします。
しかし「東源出版は逃げないという姿勢を示す。それが岩谷のやり方だろ?」と迫られ、何も言い返せない岩谷でした。

一方その頃、乃十阿が尾高に連れられ東京へやってきました。

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

先週では仕事のデキる姿を、今週は部下想いの姿を見せてくれた岩谷編集長。
逆恨みにより襲撃され、生い立ちを世間に知られたことで言われなき中傷を受けるハメになったケイトをフォローするのはもちろんのこと、その発端を作った野中にも「(ケイトと尾高の関係をみて)何か無性に不愉快になることもあるかもしれない。そういう闇に落ちる気持ち、俺にはわかるよ」と理解を示しました。
そして、良いか悪いかは別として、ケイトの不倫愛も責めることなく、気持ちを貫けと応援。岩谷は、弱い立場の人にもちゃんと心を寄り添わせ、慮ることができる人なんだなと感じました。
岩谷のような上司なら、本音で、なんでも相談できそうです。

一方、ますます卑屈になっていく野中。
尾高の鉄拳制裁で目を覚ましてくれるかな?と期待したんですが…ダメでしたね。
彼は一体、どこまで落ちていってしまうんでしょう。ほんとに痛々しい…。

ところで、先週、カッコ良くケイトの命を救った尾高ですが、そのネタに関する短編動画(YouTube)【裏スクープチェンネル】が公式サイトにアップされてました。
題して「あの事件を検証!尾高になれない男たち」。
黒川班の福西(渕野右登)と佐藤(森田甘路)と小野寺(今井隆文)が、そのタイトル通り、「はたして尾高のようにスマートにケイトを助けることができるのか」をケイト役、尾高役、襲撃者・和美(三倉茉奈)役に扮して再現し、検証するというもの。これがなかなか面白い!
4分程度の動画で、サクッと見れてクスッと笑えます。おすすめです。

野中春樹が最低すぎる!でも中の人「重岡大毅」は凄い?

ドラマ『これは経費で落ちません!』の山田太陽役など、爽やかで笑顔が似合う好青年が非常に嵌っていて魅力的だった重岡大毅さん。
『知らなくていいコト』では一変、闇落ちしてお馬鹿でサイコすぎる男・野中春樹を見事に演じ、視聴者をイライラさせてます。

野中を見て、重岡大毅さんを嫌いになっちゃった人もいるようですが、わたしは、クズ男を見事に演じる姿を見て、益々好きになっちゃいましたね。

次回、「僕ってそんなに最低ですか?」「なんで僕を疑って尾高さんを信じてるんですか?」とケイトに聞く野中。
本当に凄い!
今回の隠れる野中も笑えましたが、次回のサイコすぎる野中も笑えそうです。

「今晩行ってもいい?」と小泉愛花(関水渚)に言い、「二度とこないでください」と拒絶される野中春樹。
振られることがこれほど腑に落ちる重岡大毅さん扮する野中春樹。最高じゃないですか?

『知らなくていいコト』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『知らなくていいコト』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

岩谷(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。一方尾高(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝こたき(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷マリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。

早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田と新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の福西(渕野右登)に、番組AD・荒牧(三船海斗)に張り付くよう指示する……。そしてその夜、ケイトの自宅に春樹(重岡大毅)が現れる!春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出し……!翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞く。乃十阿と話すなら今しかない、という尾高の助言にケイトは背中を押され……。ついに乃十阿がケイトと対峙!30年前の事件の真相が明らかになろうとしていた……!?

出典:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/