ドラマル

『知らなくていいコト』6話のネタバレ感想!踏みとどまれない尾高さんを推す声殺到!

2020年2月12日に放送されたドラマ『知らなくていいコト』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、棋士・桜庭の妻・和美のタレコミを受け、桜庭と女優・吉澤文香との不倫を取材!
そんな中、桜庭と吉澤の関係に刺激され、ケイトと尾高の関係にも変化が…。

関連記事

『知らなくていいコト』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『知らなくていいコト』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』6話のあらすじネタバレ

乃十阿徹(小林薫)を訪ね、杏南(秋吉久美子)の娘だと告げた真壁ケイト(吉高由里子)。
杏南とのことや、無差別殺人事件のことについて、話を聞かせてほしいと迫ります。しかし、乃十阿にホースで水をぶっかけられ、追い返されてしまいました。

寒空の下、濡れて震えながら引き返すケイト。
するとそこへ、車に乗った尾高由一郎(柄本佑)がやってきました。職場を出るケイトとすれ違ったとき、思い詰めた表情をしていたため、心配になって追ってきたのだという。
尾高はケイトに自分の上着を着せ、車に乗せると、近場のラブホへ立ち寄りました。
そこで暖を取り、おかげで体の震えが止まったケイト。
尾高はケイトに「無茶はするな」と窘めますが、ケイトは懲りずに「本当のことが知りたい」と言い募ります。そんなケイトの固い意志に折れ、殺人事件で乃十阿を担当していた弁護士・高村(平田満)を紹介することに。

高村は、事件の後、乃十阿の妻から「夫は外に好きな人がいるような気がする」と聞かされていました。そのため、ケイトの自己紹介で「あなたのお母様でしたか」と感慨深げに呟きます。
ただ、乃十阿は罪を認めた以外は、完全黙秘で、高村も詳しいことは全く知らないとのこと。
ケイトに「この事件は終わっています。これ以上、彼に近づかないでほしい」と忠告します。しかし、乃十阿から話が聞けないのであれば、離婚した妻や息子の連絡先を教えてほしいと食い下がるケイト。尾高はそれを止めて、高村に無礼を詫びました。
そして、らしくなくヒートアップしてしまったケイトに頭を冷やすよう、言い聞かせたのでした。

2月3日(月)。
実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、将棋番組のアシスタントで今は女優をしている吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると、直々のタレコミを受けました。
「相手の女が悪いんです」と断じる和美は、二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるよう、記事にしてほしいとケイトに依頼しました。

このネタを持ち帰ったケイトは、デスクの黒川正彦(山内圭哉)に報告。
桜庭と文香のツーショットをとってこいと命じられます。
しかし、二人のラブラブメールには将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われており、密会場所を解析することができません。
そこで、高校時代に将棋部主将だった野中春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むことに。

野中の携帯へ電話するケイト。
そのとき野中は、付き合い始めた小泉愛花(関水渚)の自宅で食事をしてました。小泉は、ケイトからの依頼だと知ると、携帯を取り上げてしまいます。
野中はこれに観念して、ケイトからの依頼は明日やることに。

一方、ケイトの携帯には、和美から、さらなる不倫メールのスクリーンショットが送られてきました。
そこに書かれた「会いたい」という言葉の応酬に、ケイトも尾高に会いたいという気持ちを募らせてしまいます。「今はまだ不倫じゃない…」と呟きつつ、心はすでに不倫だな…と自覚するケイトでした。

2月5日(水)。
ついに野中が、難解な棋譜の暗号を解析。
おかげで密会場所と時間を特定することができました。

東山班の小泉にもヘルプを頼み、黒川班総出で張り込みすることに。
桜庭と文香が同じホテルの部屋へ入る写真を撮ることに成功。ただ、ガードが固く、バラバラの行動で、ツーショットを撮ることはできませんでした。

2月8日(土)。
和美から、桜庭が代役で急遽、高知の将棋教室に行くことになったと連絡を受けます。
これはまた文香と密会するだろうと予想し、ケイトたちも高地へ。

予想は的中し、海岸で戯れている桜庭と文香のツーショットを撮ることに成功。
この後、すぐさま二人へ突撃する段取りになっているのですが、「この幸せを私は奪っていいのだろうか…」と、迷いが生じるケイト。
しかし、同行人の佐藤幸彦(森田甘路)に促され、踏み出します。
ケイトの直撃を受けた文香は、堂々と関係を認め、次のように告げました。
「私は桜庭先生を愛してます。たしかに奥様には申し訳ないと思います。でも、後から出会ったっていうだけで、私の愛が薄汚いもののように言われるのは違うと思います。私たちは犯罪者じゃありません。奥様と先生にもいい時代があったように、これからは先生とわたしの時代なんです。それが運命なんです」と。
文香の偽りのない気持ちに、当初は「友人関係」だと言葉を濁していた桜庭も、不倫関係を認め、離婚の意思表示をしました。
そして、ケイトも文香の言葉に感じ入り、「週刊イーストに直撃されて、あんなふうに反論できる人ははじめて。吉沢文香、カッコいいじゃない」と呟いたのでした。

一方その頃、スタジオでケイトへの物思いに耽っていた尾高。
そこへ妻・みほ(原史奈)が、小さい息子と義母の英子(伊藤こうこ)を連れてやってきました。尾高のスタジオを一目見てみたいという英子のために。
みほが、ケイトとの思い出のコーヒーメーカーで珈琲を淹れるのを、ついじっと見つめてしまう尾高でした。

2月12日(水)。
桜庭と文香の不倫を報じた号が発売。
瞬く間にワイドショーのネタとなり、文香はCMやドラマ等の降板を余儀なくされます。桜庭も、対局で二連敗。
和美は、桜庭が家に帰ってこなくなり、マスコミの前で「夫を返してください!」と泣いて訴えました。

このような結末に、後味の悪さを感じるケイト。
そこで、少しでも文香の気持ちを世間にわかってもらえるよう、手記をとろうとしますが、文香は「世間に向かって語ることは何もないです」と一切を拒否したのでした。

一方で、売れ行き好調に沸き立つ編集部。
野中の上司・東山秀則(本田力)は「直撃したケイトと棋譜解読した野中、二人のファインプレー。公私ともに順調だね」と褒めます。野中は、その誤解を解くため、ケイトと別れたことを周囲に明かしました。

2月17日(月)。
差し入れを持って、尾高のスタジオを訪ねるケイト。
尾高はケイトの心境を察し、次のように告げます。
「俺とケイトは乃十阿のことでよく会うけど、不倫とは違う。けれど、俺の心の中には、いつもケイトがいる。かといって、家族に不満はない。大事に思ってる。でも、ケイトを想わない日がない。…で、これが罪なのかっていわれると、そうも思えない。だからこうやって正直に言葉にすれば、思い止まれると思ったんだ。踏みとどまろう」と。
ケイトはこれに頷きます。
しかし、次の瞬間、尾高はケイトを強く抱き寄せ、キスをしたのでした。

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

踏みとどまろう…からの、突然のキス!
あまりの衝撃に、声にもならない声が出て、心臓が飛び跳ねました。
こんなことされたら、もう気持ち全部持っていかれちゃいますね。また、そこに至るまでの「俺の心の中にいつもケイトがいる」「ケイトを想わない日がない」といったセリフの数々、たまらんです。
今回は不倫報道ネタということで、胸がザワつくことが何度かありましたが、それもラストのキスシーンで全てが吹き飛びました。なので、今回はこまかいこと言いません。尾高の男らしい「胸きゅんキス」、これに尽きます!

踏みとどまれない尾高さんを推す声殺到!

放送後、ネットは尾高さん(柄本佑)一色になりましたね。

ケイトが乃十阿の元へ行くことを見抜き、追いかけ、ずぶ濡れのケイトを上着で包み込む100点満点の尾高さん。
ホテルに行っても、決して野獣にならない紳士的な尾高さん。
でしたが、ケイトとの写真を見て至福の笑みを浮かべた時点で「これはやばいな!」と感じてしまいました。
6話まで姿を隠していた尾高妻を出したのも完全にフリでしたよね。

尾高の仕事場を訪ねたケイト。
そこで、尾高さんから衝撃の告白!
「俺の心の中にいつもケイトがいる」
「ケイトを想わない日はない」
「正直に言葉にすれば、踏みとどまれると思ったんだけど」
ケイト「けど?」
尾高さん「踏みとどまろう…」からの"キス"。

視聴者からは、「こんなガバチューされてみたい。」「キスするまでの流れがマジで神業」「尾高さん!!好き!!」と尾高さんを押す声が殺到!

今期は、火曜は天堂浬に、水曜は尾高由一郎にキュンキュンさせられますね。

さて、次回もめまぐるしい展開で面白そうですね。
ケイトを刺したのは桜庭和美(三倉茉奈)でしょうかね?
結局、吉澤文香(佐津川愛美)に洋介(田村健太郎)をとられ、逆恨みしたんでしょうか。
そして、野中が更に好感度を落とす言動に走りそう!
後半戦に入り、面白くなってきましたね。

『知らなくていいコト』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『知らなくていいコト』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!

連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。

出典:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/