ドラマル

『知らなくていいコト』5話のネタバレ感想!野中春樹(重岡大毅)と小泉愛花(関水渚)が恋人に!

2020年2月5日に放送されたドラマ『知らなくていいコト』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、孫を殺害したとされる元警察署長・沖田秀則の事件をケイトが取材する!
そんな中、編集部では連載班・小泉(関水渚)が春樹に交際を申し込み…。

関連記事

『知らなくていいコト』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『知らなくていいコト』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』5話のあらすじネタバレ

30年前の夏に、乃十阿徹(小林薫)が殺人事件を起こしたとされるキャンプ場へやってきた真壁ケイト(吉高由里子)と尾高由一郎(柄本佑)。
ケイトは現場を眺めながら、なぜ無差別殺人なんてしたのだろうと、その動機に思いを馳せるも、答えは出ませんでした。

帰りの道中、尾高から「お母さんの納骨はどうするの?」と聞かれます。
ケイトが「一人で済ませた」と返答すると、「声かけてくれたらよかったのに」と零す尾高。その言葉に「二人で納骨したら、それはまるで恋人か夫婦みたいだ」と心の中で呟くケイトでした。

1月21日(火)。
この日は、元警察署署長の沖田秀則(勝野洋)が、同居していた孫の弘人を、スパルタ教育の末に殺害したとされる事件の裁判で、判決が出る日。「ハロウィンの悲劇」と言われ注目されていた事件のため、傍聴整理券配布には長蛇の列が。「週刊イースト」の黒川班も総出で並びました。ケイトが幸運にも当たり、傍聴できることに。
この事件、沖田は罪を認めるも、動機については多くを語りませんでした。そんな沖田に、つい乃十阿の姿を重ねてしまうケイトでした。

翌日、沖田の人となりを知るために、近所や沖田の職場へ聞き込みへ。
沖田のスパルタ教育を裏付ける証言がある一方で、それとは真逆の「スパルタには見えなかった。孫をかわいがっていた」といった証言も。

次に拘置所へ行き、面会を打診。
しかし、沖田からは面会を断られてしまいます。

世間が認識しているイメージと異なる証言、そして何も語ろうとしない沖田に、一層、本当の動機が気になるケイト。
今度は、被害者である孫の弘人について聞き込みをすることに。
弘人は爆弾作りが趣味で、「バッキン」というあだ名が付けられていました。学生仲間や、エアガンを扱っているアルバイト先の従業員からも「嫌なヤツだった」と散々な評判。

その後、爆弾作りに関する裏サイト掲示板に「バッキン」の名前を見つけたケイト。
そこには「ハロウィンの日に『にじのは保育園』を爆破する」という投稿が。その保育園は、沖田家のすぐ近くでした。
ケイトは、その爆破を阻止するために弘人を殺したのではないかと睨みます。

沖田の弁護士・石川(小須田康人)と接触し、沖田との接見時に同席させてもらうよう打診するケイト。
しかし石川から「沖田は罪を受け入れ、控訴もしないと宣言している。あなたの言うことが事実だったとしても、決して認めないだろう」と言われてしまいます。
そこでケイトは、事実が明らかになれば情状酌量が見込めるとし、「弁護士ならば、真実をつまびらかにして、彼の自由と尊厳を守るべき」と主張。
一方、石川は「彼の望み通りにするのが、弁護士である私の仕事」と主張。
二人の意見は真っ向対立し、石川は沖田の意志を尊重し、ケイトの接見は認めませんでした。

一方その頃。
野中春樹(重岡大毅)が、同じ連載班の小泉愛花(関水渚)に交際を迫られていました。
「真壁さんとうまくいってないんですか?別れたんなら、わたしと付き合ってください」と。
野中は、ケイトと別れた理由を詮索しないという条件付きで、付き合うことに。
そして、小泉の両親がどんな人かもそれとなく聞き出す野中。とくにイレギュラーな人ではないことにほっとします。
そんな野中に「付き合いたいとは言ったけど、結婚は考えてませんよ」と明るく言い放つ小泉。食事の後の別れ際、野中へキスをします。それに思わず動揺してしまう野中でした。

石川に接見を断られ、居酒屋でヤケ酒を煽っていたケイト。
酔い潰れてしまい、偶然そこにやってきた尾高に介抱されて、帰宅します。
家には母・杏南(秋吉久美子)のお骨がまだ置かれたままで、尾高に「納骨した」と嘘ついたことがバレてしまいます。ケイトは尾高に抱き着き、「ママのお骨がなくなったら、この家、広く感じちゃうと思って…」と零しました。そんなケイトに「何も見てないよ」と優しく囁く尾高でした。

翌日、ケイトは一念発起し、納骨することに。
それを尾高にも報告しました。

気持ちに踏ん切りをつけたケイトは、再び石川のもとへ。
ケイトの熱意に絆された石川は、ケイトの推察を沖田自身が一体どう考えるのか、弁護士として聞いてみたいという思いに至り、接見を許可することに。
ケイトは沖田へ、次のように自分の推察を述べ、意見を求めました。
弘人を殺したのは、行き過ぎたスパルタ教育ではなく、保育園を爆破しようとしていた弘人を止めるため。そして、弘人の名誉を守るために、沖田は自ら罪をかぶることにしたのではないか?と。
しかし、沖田から一切の返答はなく、一方的に面会を打ち切られてしまいました。

これを編集長の岩谷進(佐々木蔵之介)に報告すると、本人から話が聞けない以上、周囲の証言から得た弘人の人物像とともにケイトが想像する事件の真相を書け、と命じられました。
ケイトは想像で記事を書くことに強く抵抗を感じるも、引き受けることに。
原稿に「殺人犯が守りたかったもの」と書き出して、思わず乃十阿のことが頭を過ってしまいます。その迷いが感じ取れたのか、何度もダメ出しをする岩谷。
しまいには、岩谷自らが原稿の手直しをすると言って、引き取りました。

1月29日(水)。
沖田の記事を掲載した号が発売。
編集部では、記事に関する意見、問い合わせが殺到。中には厳しい意見もあったものの、これ以降、ワイドショーの論調がガラッと変わり、週刊誌の売れ行きも好調でした。
しかし、沖田の意志は固く、弘人が作った爆弾が地中から発見されるも、控訴はせず、厳罰を受け入れたのでした。

ケイトは再び乃十阿のもとへ。
今度は話しかけ、名刺を渡し、真壁杏南の娘であることを明かしました。
すると乃十阿は、その名刺を握り潰し、「(取材のための)金を出せ」と要求したのでした。

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

保育園児たちの命を守るための犯行で、十分情状酌量が考えられるケースだったにもかかわらず、その理由を明かさず、控訴もせず、厳罰を受け入れた沖田。
ドラマ「悪魔の弁護人 御子柴礼司」(東海テレビ)を想起しました。このドラマでも、沖田を演じた勝野洋さんが、介護士の暴力から老人ホームの仲間を助けるために殺人を犯した元・医療少年院の教官を好演。
今回も、勝野洋さん演じる寡黙さの中に、自らを律する厳しさや潔さ、そして己を犠牲にしてでも誰かを守ろうとする優しさや温かさが感じられ、胸が締め付けられました。勝野洋さんの、何も語らずとも、すべてを物語る表情や佇まいに、圧倒されます。
沖田は自ら厳罰を望んでいましたが、事情が事情なだけに、どうか救いがあってほしいと願わずにはいられません。

小泉さんと付き合うことにした野中。突然のキスに動揺しちゃうあたり、初々しいなぁ~と微笑ましい気持ちに。
ただ、小泉さんの妙なテンションと、結婚は考えてないと明け透けに断言するかんじが、ほんとうに好きなのかな?何か企んでる…?と、つい疑いの目が。

納骨の嘘がバレたときの「何もみてないよ」という優しさと労わりの気持ちがこもった尾高の囁き、毎度のことながら、キュンとなりました。
尾高はスタジオで寝泊まりすることが多いのかな?…もしかして、家族とは半別居状態なんでしょうか。

野中春樹(重岡大毅)と小泉愛花(関水渚)が恋人に!

ケイトへの想いを引きずっていそうな野中春樹(重岡大毅)でしたが、同じ連載班の後輩・小泉愛花(関水渚)に求愛されて付き合うことになりましたね。

ケイトに見られないようにエレベーターを急いで閉めるなど、まだ引きずってそうですが。忘れるために次の恋にいったのかな?

さて、ネットでは、「野中のキスシーンや、小泉愛花との恋愛シーンは必要?」という声も出ています。が、必要だからあるシーンと信じ、後半で野中がまたケイトと関わり、ドラマを面白くしてくれることに期待したいですね。

『知らなくていいコト』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『知らなくていいコト』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!心配して駆けつけた尾高(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが……。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?

出典:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/