ドラマル

『新米姉妹のふたりごはん』9話(天ぷら)のネタバレ感想!サチが大人の女性に生まれ変わる?

2019年12月6日に放送されたドラマ『新米姉妹のふたりごはん』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、サチ専属の天ぷら職人として、あやりが大人の料理「天ぷら」を振舞う!
大人っぽいオシャレな洋服にサチは着替え、天ぷらを堪能する…。

関連記事

『新米姉妹のふたりごはん』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『新米姉妹のふたりごはん』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Amazonプライム・ビデオ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『新米姉妹のふたりごはん』9話のあらすじネタバレ

学校の屋上で、メロンパンを食べていたサチ(山田杏奈)。
そこへ同級生の絵梨(田中芽衣)がやってきて、「好きな食べ物」についての話題に。
サチが「ハンバーグ」や「オムライス」や「エビフライ」を挙げると、絵梨から「お子様ランチみたいなメニューね」という反応が。さらには、口の周りにクリームがついていると指摘され「ほんと子供みたい。サチも大人らしくしなきゃ」と、からかわれてしまいます。

帰宅後、絵梨から言われたことを思い出して、いじけてしまうサチ。
そんなサチの姿をみたあやり(大友花恋)は、大人の料理「天ぷら」を作ってあげることに。

まずは二人で食材の買い出しに。
あやりが事細かく、食材の見分け方をレクチャーします。
なすは、先端についてるガクが鋭く尖っているものほど新鮮。重みがあり、つやがあって色が濃いものを選びます。
レンコンは、重量感がありしっかりとした固さがあるものほど新鮮。丸くてキズの無い寸胴型のもの、そして穴の大きさが小さく揃っているものを選びます。
そのほかにも、食材をいくつか選んでいくあやりとサチ。その途中、あやり顔なじみの店員さん(池谷のぶえ)がやってきて、アナゴも勧められ、買うことに。

買い物帰り、あおさを買い忘れたというあやり。
サチは、自分が買ってくると申し出ました。

そうして遅れてサチが帰宅すると、キッチンのカウンターがまるで小料理屋のカウンターのようになっていて、あやりが天ぷらの準備を整えてくれてました。
そこで、本格天ぷらを食すために、サチも大人っぽい服装に着替えることに。

サチの準備も整ったところで、あやりが天ぷらを振舞います。
サクッとした触感の衣になるよう、衣の材料(水、小麦粉、卵)は冷蔵庫で十分冷やしておきます。揚げる順番は、海老やキスなどのたんぱくな味のものからで、かぼちゃなどの濃厚な味のものを最後のほうに。そうすると食材の味が、より繊細に楽しめます。
175度の油で揚げ、揚げてるときに衣を散らすと、よりサクッとした触感に。油に残った天かすは、そのままにしておくと焦げて油の質を悪くしてしまうので、こまめに取り除きます。

海老は殻を剥き、尖った尾の先を切って中の水をしごき出します(油が跳ねるため)。身は、揚げたときに丸くならないよう、お腹に数カ所切り込みを入れます。
なすは5mm幅に縦に切って(上は切らずに残す)、扇形に開いて揚げると火が通りやすい。このとき皮目を下にして揚げると彩りよく仕上がります。

天ぷらにつける調味料も豊富に取り揃えたあやり。
なすとカボチャはてんつゆで。
しし唐は抹茶塩で。
舞茸は梅塩で。
アナゴは山椒塩で。
レンコンはあおさ塩で。
雲丹の海苔巻きはわさび醤油で。

サチは、天ぷらの揚がる音にうっとりしながら、サクッとした食感と素材の味を楽しみました。
最後は、かき揚げのお茶漬け。
かき揚げはサクサクと、ご飯はサラサラとかき込んで、あっという間に完食します。サチは「おいしゅうございました。大人の味、堪能しました」と大満足。
サチは、大人になれたと胸を張ります。が、口元にはご飯粒が…。
やはり大人になりきれず、子供っぽさが残るサチ。それを二人は微笑ましく笑い合いました。

そしてサチはあやりに、「ようやくわかったんだ。わたしが一番好きな料理は、あやりが作ってくれた料理なんだって」と伝えます。するとあやりも「わたしも、姉さんと一緒に食べるふたりご飯が一番好きです」と答えました。

サチが食べ終わった後、料理人に徹していたあやりは、まかない料理として天丼を作ることに。
それを見ていたサチは、自分も食べたいとねだり、またあやりにじゃれつくのでした。

スポンサーリンク

『新米姉妹のふたりごはん』9話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

揚げたての天ぷらをカウンターで食べる。これぞ贅沢!
そんな贅沢を叶えてくれる専属料理人がいるサチは、ほんと羨ましいです。
塩も食材によって何種類も用意してくれるという、行き届いた配慮。
どの天ぷらも美味しそうでしたが、とくに惹かれたのは海苔で巻いたウニ。高級食材のウニはなかなか普段買わないけど、でも試してみたい!と思いました。

天ぷらを食べて大人になれたというサチ。
それでもやっぱりハンバーグやオムライスをリクエストしちゃうところが、可愛いらしいですね。

サチが大人の女性に生まれ変わる?

ウニの天ぷらとまかない天丼の飯テロが半端なかったですね。
明日はてんやに行く人続出かな?

あやりはサチが美味しそうに食べると、本当に嬉しそう(ガッツポーズもする)。
だから、「あやりがつくった料理が一番好き」というサチの言葉は嬉しかったでしょうね。

ますます仲良くお互いを理解し合っていく二人に癒されます。

さて、お姉ちゃんなのに妹に間違われてしまうサチ。
大人の女性になるため、大人の料理「天ぷら」をあやりに振る舞ってもらいますが…
結果は、あやりのまかない天丼にもがっついてしまう子どもっぽいサチのままでしたね。

『新米姉妹のふたりごはん』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『新米姉妹のふたりごはん』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

サチは、絵梨(田中芽衣)からカメラのフィルムをもらう。父から譲り受けたカメラにフィルムを装填したサチは、撮り直しがきかないカメラということもあり、なかなかシャッターを切れずにいた。
そんなある日、海外にいる父から「フォアグラ」が届く。滅多に調理できない高価な食材に驚くふたりは、緊張しながらも一緒に料理をはじめる!そして、サチはある決断をする…

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/shinmai/story/