ドラマル

『新米姉妹のふたりごはん』3話(ネギソーセージ)のネタバレ感想!姉妹の距離感が尊い?

2019年10月25日に放送されたドラマ『新米姉妹のふたりごはん』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、サチがあやりを映画に誘い、初めて一緒に出かけることに!
そして帰宅後、サチは、あやりと一緒にネギソーセージを作ることに…。

関連記事

『新米姉妹のふたりごはん』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『新米姉妹のふたりごはん』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Amazonプライム・ビデオ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『新米姉妹のふたりごはん』3話のあらすじネタバレ

すっかり、二人で料理を楽しむことが習慣となったサチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。
二人で料理動画を撮ることも。
その動画を幼馴染の絵梨(田中芽衣)に見せて自慢するサチ。すっかりあやりと打ち解けた、と話します。すると絵梨は、あやりについての色々なことを尋ねました。星座や血液型、所属してる部活や好きな芸能人など。
けれど、サチはそのどれも答えられず、あやりとは料理の話ばかりで、料理以外のプライベートなことについて何も知らないことに気付かされます。
そこで、絵梨に勧められ、映画に誘ってみることに。

帰宅後、もじもじしながら勇気を振り絞って、今度の休日、映画に行こうと誘うサチ。
あやりは「行きます!」と即答。これまで、休日は家の中で一人で過ごすばかりで、誰かと遊びに出かけるということがなく、舞い上がるほど嬉しかったのです。

そんなあやりは、当日、デートさながら着ていく服選びに悩みます。そして結局選んだのは、学校の制服でした。

映画館で、ホットドッグを購入するサチ。ソーセージが大好きなのだという。
あやりは、そのホットドッグを美味しそうに頬張るサチの姿を、映画そっちのけで見入り、そして自分も一口食べて、その美味しさに笑みを零しました。

その帰り道、八百屋の店先でネギをみつけたあやりは、あるアイデアを閃きます。
ネギの皮を使って、サチの大好物のソーセージを作ろうというのです。
そして、サチにも手伝ってほしいと願い出ます。サチは、初めてあやりから「手伝ってほしい」と言われたのが嬉しくて、喜び勇んで支度をはじめました。

ネギソーセージの作り方は以下の通り。

まずはタネ作り。
一口大に切った豚バラとロース、塩コショウ、ナツメグ、セージ、ガーリックパウダーをフードプロセッサーに入れて、歯ごたえが残るように、少しずつミンチしていきます。
ミンチをボウルに移し、パセリを加え、脂が溶けないよう、ボウルの下に氷水を用意して、さらにミンチにも氷水を少量入れて、低温を保ちながらこねていきます。このとき、手にはゴム手袋を。
粘り気が出るまでこねた後、冷蔵庫でしばらく冷やします。

次に皮作り。
ネギは青い部分と根本を切って、フライパンに入る長さに切り揃えます。
フライパンに張った熱湯にくぐらせ、氷水で冷やします。そして、ネギの中身を押し出して、皮を剥きます。

この皮に、ソーセージメーカーを使ってタネを詰めていきます。
詰めたものをラップでくるんで、中火(熱湯にならないよう)でボイル。
これをフライパンでこんがり焼いて出来上がり。

付け合わせに、ハーブ風味のフライドポテトを作ります。
ジャガイモは皮つきのままくし切りにし、かるく茹でます。
茹で上がったものに、塩コショウ、強力粉をまぶし、フライパンへ。
そこに潰したニンニク、ローズマリーを入れ、オリーブオイルをかけて、揚げ焼きに。

こうして、ソーセージの夕飯が出来上がりました。
ソーセージの歯ごたえとジューシーさ、ネギの旨味のアクセント、そして、フライドポテトのカリっとした食感とハーブの風味に酔いしれるサチ。フライドポテトにつける3種のソース(マヨネーズ&ケチャップのオーロラソース、アボガドディップ、ヨーグルトソース)も用意され、味の変化を楽しみます。

さらに「このソーセージ、パンにも合いそう~」と零すサチ。
するとさっそく、あやりが、千切りキャベツを軽く炒めてホットドッグを作ってくれました。
ソーセージと炒めたキャベツ、そしてケチャップ&マスタードとの絶妙なハーモニーに、サチはまたさらに感動するのでした。

こうして、映画と美味しい食事で休日を堪能した二人は、これからも、いろんな場所へ遊びに行って二人で休日を満喫しようと誓いあったのでした。

スポンサーリンク

『新米姉妹のふたりごはん』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

ネギの皮でソーセージが作れるんですね!
ふつうのソーセージよりネギの風味があって美味しそうでした。
それにしても、ソーセージメーカーまで持ってるあやりがすごい。それを愛でるあやりの視線が、ちょっと妖しげでしたが…。

そして、姉妹の姉妹を超えた友情…というか愛(情)も、微笑ましいを通り越して、何とも言えない空気感に…。とくに、あやりのかじかんだ手を取って見つめ合うシーンは、どきっとしました。
(余談ですが肉をこねるときって、手がかじかんで、とくに冬場などはほんとツラいんですよね…)
原作もこういうノリなんでしょうかね?
でも二人とも可愛くて絵になるし、ちょっと赤面しちゃうけど、幸せな気分になれます。

姉妹の距離感が尊い?

休日に映画を二人で見に行ったサチとあやり。
段々と縮まる姉妹の距離感が見ていてワクワクします。

特に今回、二人に姉妹として深い絆が芽生えたように思えました。お互いを思い合うことができるいい関係ですよね。

サチとあやりの二人が作っていたネギソーセージは、ちょっと手間がかかるから、家では実践出来なさそう。

だから、ネギドッグが売ってたら絶対買いたいですね!
どっか売っているとこあるのかな?

『新米姉妹のふたりごはん』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『新米姉妹のふたりごはん』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

親の再婚により、突然姉妹となったサチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。ある日、同級生の絵梨(田中芽衣)から、家に遊びに行ってもいいかと聞かれたサチ。恐る恐るあやりに相談してみると、あっさり承諾され、料理も振舞ってくれることに。
翌日、初対面を交わすあやりと絵梨。リビングでくつろいだり、お互いの部屋をみた三人は、食事の準備にとりかかる。父から届いたラクレットチーズを使って、今夜はチーズパーティーに!

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/shinmai/story/