ドラマル

『デザイナー 渋井直人の休日』8話のネタバレ感想!渋井の老いらくの恋がいよいよ成就?

2019年3月8日に放送されたドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、渋井のことをとっくんと呼ぶ三浦カモメ(黒木華)が登場!急速に接近する二人は恋に落ちるのか?

関連記事

『デザイナー 渋井直人の休日』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『デザイナー 渋井直人の休日』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「TSUTAYAプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『デザイナー 渋井直人の休日』8話のあらすじネタバレ

カメラマンの得部(杉本哲太)の蔵書処分で、ピータードッグ店主(池松壮亮)についてきた渋井直人(光石研)。
得部は、デジカメは使わないという主義を曲げなかったために需要がなくなり、カメラマンを辞めた、と渋井に打ち明けます。渋井は、古いものは淘汰されるという時代の流れを憂います。
そこへ得部の若い彼女・ニャオコ(三浦透子)がやってきました。猫のふりしてじゃれあう二人。
仕事を失った得部は、これからはのんびりニャオコと一緒に店でもやろうと考えてるとのこと。渋井は、ニャオコのフシギキャラに戸惑いつつも、得部の老いらくの恋を心から応援しようと誓うのでした。

そして帰路の途に渋井は自問自答します。
はたして自分は、仕事を失ったとき何が残るのだろう、と。
そこでふと自分には何も無いことに気づき、寂しい気持ちでいっぱいになります。

身も心も寒くなったところで、ちょうど目に付いた小料理屋へ入る渋井。
店には愛想の無い女将が一人。
一杯だけ飲んですぐに出ようと酒を煽ると、そこに常連客の三浦カモメ(黒木華)が入店してきました。
カモメはテレビをつけるとカラカラと軽快に笑い、女将と親子のような会話を繰り広げます。その雰囲気に一家の団欒のような温かさを感じ、渋井はつい長居してしまうのでした。

翌朝。
渋井は見慣れぬベッドで目を覚まします。隣にはカモメの姿が。
全く記憶もなく、何か過ちがあったのでは?と内心焦るも、互いに下着を着ていたことに、ひとまずほっとする渋井。
一方カモメは何ら動じず、気さくに「コーヒー飲む?」と尋ねてきます。
カモメの気さくな物言いと、急に渋井のことを「とっくん」と愛称で呼んできたことに、渋井はやはり何かあったのではないかと勘ぐります。けれど聞く勇気もなく、悶々とする渋井。
そしてなにより、何かあったとしても、がさつで部屋を散らかし放題なカモメは渋井の好みのタイプではなく、付き合う気持ちになれない、というのが問題でした。
そんな中、カモメは渋井の家に行きたいと言い出します。
渋井がそれとなく断ろうとするもカモメは意に介さず、仕方なく自宅へ招くことに。

室内を物色するカモメが、渋井のアイドルCDを見つけました。
渋井は慌てて取り繕うとするも、カモメは自分も好きだと言って、同じ趣味であることに喜びます。
今までの女性には無かった反応に、渋井は感動すら覚えます。
無邪気にはしゃぐカモメの姿を見て、その純粋さや、偽りのなさ、明るさに惹かれ、「僕はこんな子と付き合いたかったのかもしれない」と考えを改める渋井なのでした。

スポンサーリンク

『デザイナー 渋井直人の休日』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

年甲斐もなく過ちを犯してしまったんじゃないかと挙動不審になる渋井がとにかく可笑しかったです。

エンドロールで流れてた、ベッドを出た後に、カモメの様子を窺いながら服をひとつひとつ拾い上げて、裏返った服を直しながらまごまごと着ていくオジサンの姿が、もうほんっとおかしくて可愛くて!光石さん、キュン死させる気ですか?と言いたいくらいの名演技でした。可愛いといえば、フシギちゃんのニャオコにドン引きする渋井の表情もなんとも言えず、可愛かったです!

今回のラストは、いつものフラれオチがなかったので、これは本当にいよいよ結ばれるのかとドキドキしてます。オチにヘコむ渋井の可哀想な姿を見るのも大好きだけど、やっぱり幸せになってほしいとも思います。がんばれ渋井!

8話で最も話題になった出来事

渋井の老いらくの恋がいよいよ成就?

遂にヲタ趣味も受け止める女性(三浦カモメ)と出会った渋井。いつもの恒例のオチもなく週マタギの恋は果たして実るのでしょうか?

ネットでは、渋井さんにピッタリな彼女と喜びの声も!

そして、カモメちゃんとの一夜の真相も気になるところです。

『デザイナー 渋井直人の休日』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『デザイナー 渋井直人の休日』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

渋井直人(光石研)52歳。独身。個人事務所をもつおしゃれデザイナー。焼鳥屋でカモメ(黒木華)とデートの帰りに渋井がついに告白!?さらに、募集していたアシスタントに24歳女性から応募が!ところが、面接に来たのはモード内田(ベンガル)というおじさんだった…。内田は渋井よりも一回りも年上で、超大御所のデザイナーだが、偏屈でパソコンのソフトも使えない。即戦力にならない内田を断ろうとするも…

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuinaoto/story/