ドラマル

2019年3月1日

『デザイナー 渋井直人の休日』7話のネタバレ感想!渋井さんがヲタ芸を披露

2019年3月1日に放送されたドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』7話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、渋井直人がヲタ芸(ダンス)を披露します。可愛い渋井に、たまらなくおじキュン!

関連記事

『デザイナー 渋井直人の休日』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『デザイナー 渋井直人の休日』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「TSUTAYAプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『デザイナー 渋井直人の休日』7話のあらすじネタバレ

DJも趣味とする渋井直人(光石研)は、新しい大きな仕事が舞い込んだことに浮かれてオフィスの中で踊っていました。アシスタントの杉浦ヒロシ(岡山天音)も誘って一緒に踊るも、杉浦の仕事がほとんど進んでいないことに怒り、渋井から誘ったにもかかわらず「今後踊ってちゃダメだからね」などと釘をさして出かけます。

行きつけの古書店カフェへ行くと、マスター(池松壮亮)から先日店に渋井の元カノ・川口チワワ(臼田あさ美)が来たと聞きます。渋井は元カノなんかじゃないと否定するも、マスターや常連客の木村ひる美(川栄李奈)から、チワワは渋井に恋してるに違いないと囃し立てられ、渋井はすっかりその気になってしまいます。
ちょうどその日は、久しぶりにチワワから連絡があり会う約束があったのです。
チワワと再会して、歌舞伎を鑑賞したり、食事したり、神社でお参りしたりとデートを楽しむ渋井。気分が高まります。
夜も更けてBARへと行く渋井とチワワ。そこでチワワが渋井を誘った理由を明かします。
じつは不倫をしていて、歌舞伎も本来はその不倫相手と行く予定だったけれど、家族と幸せにしている姿を見てしまって遊ばれていたことに気付き関係を終わらせたとのこと。だからその鬱憤を晴らすべく、気兼ねなく話しができる渋井を誘ったのだと。そして最後には「いつまでも優しいお兄ちゃんでいてね」と言い添えます。

すっかりチワワに踊らされてしまった渋井は、一人さみしく雨に打たれます。

オフィスに戻ると仕事を終えた杉浦が渾身の自信作を披露してきました。
渋井はそれを手放しで褒め、杉浦と二人、アイドルの歌にのせてオタ芸ダンスをするのでした。

スポンサーリンク

『デザイナー 渋井直人の休日』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

音楽にのって微妙なダンスを披露する渋井がめちゃくちゃカワイイ!マイクを使ってロックスターのようなコンサートMCをする渋井の浮かれっぷりも、たまらなくおじキュンでした。

今回は、今までの回の雰囲気とは違ってデートが終始順調で、チワワもおおっぴらに「会えてうれしい」とか「楽しい!」と連呼してたから、神社でのラブラブな演出をみたときには、これは今回ついに結ばれるか?!と思ってしまいました。が、やはりここは渋井直人、ラストには切ないオチが。笑うとともにホロリときました。いつか本当に、幸せを掴んでほしい…!

7話で最も話題になった出来事

渋井さんがヲタ芸を披露

臼田あさ美さん演じるチワワちゃんが渋井さんのことを好きなんじゃ的な話しをピータードッグ店主(池松壮亮)と木村ひる美(川栄李奈)から聞いて、すっかり舞い上がっている渋井さん。目がトロンとしちゃっててカワキモかったですね。

結局、今の自分を知らない人と会いたかっただけという落ちで、心も体もズブ濡れになる残念な渋井さんでしたが、ラストは弾けて杉浦(岡山天音)くんと踊る姿が良かった!

『デザイナー 渋井直人の休日』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『デザイナー 渋井直人の休日』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

渋井直人(光石研)52歳。独身。個人事務所をもつおしゃれデザイナー。
ピータードッグの店主(池松壮亮)と、昔から付き合いがあるカメラマンの得部(杉本哲太)のもとを訪れた渋井。するとカメラマンを辞めたと衝撃の告白が。さらにニャオコ(三浦透子)が帰ってきてネコ語でのやり取りが始まるのであった…。「愛」について思い悩む渋井は、その日の帰り、たまたま立ち寄った居酒屋「檸檬」で、カモメ(黒木華)と意気投合する

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuinaoto/story/