ドラマル

『人生が楽しくなる幸せの法則』9話のネタバレ感想!忍成が告白!森&木原コンビに胸キュン

2019年3月7日に放送されたドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、ジャストライト物産の社員たちの団結力が見物!ジャストライト物産はワンオアエイトカンパニーの傘下になってしまうのでしょうか?

関連記事

『人生が楽しくなる幸せの法則』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『人生が楽しくなる幸せの法則』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『人生が楽しくなる幸せの法則』9話のあらすじネタバレ

ジャストライト物産は社長の神原重吉(田山涼成)が失踪して、弟の神原譲吉(阿南健治)が後を継ぎますが、ワンオアエイトカンパニーに吸収合併されることになります。

ちょうどいいブスの神様(山﨑ケイ)の今回のミッションは卒業試験でしたが、神様はそのことは告げずに、中川彩香(夏菜)木原里琴(高橋メアリージュン)皆本佳恵(小林きな子)それぞれに白紙のお題の巻物を渡します。
ちょうどいいブスになるための正念場にいる三人に、自分の未来を思い描いてなりたい自分を決めて自ら書き込むようにミッションを与えます。

本人たちには知らされていない卒業試験のチェックリストは、
□真実に向き合う勇気
□行動力
□本質を見極める力
□相手との距離感
□弱点の自覚
□コミュニケーション能力
□見返りを求めない
□チームワーク
□日々の積み重ね
□裏切らない心
□絆
でした。

総務課長の松澤初美(伊藤修子)は、自らのミッションをワンオアエイトカンパニーの第二秘書榊光太郎のボスの名前を暴くことと、榊にカクテル対決を挑みます。

ジャストライト物産の社員は、合併の相談窓口に乗り込んだ人たちは上手く丸め込まれて、逆に合併賛成に回ってしまいます。

中川は「会社がなくならない未来。」を実現したいと考え「闘わないブスより闘うブス。」という木原と「どうせ人生最後は笑える。」という皆本と、佐久間涼太(和田琢磨)と森一哉(忍成修吾)も加わって、合併を阻止しようと動き出します。

やるべきことを、
○同じ志を持つ仲間を集めること。
○社長を探すこと。
○情報漏洩の犯人を探すこと。
○裏で糸を引く黒幕を見つけること。
○仲間の目を覚まさせること。
にして、ビラ配り、署名活動から始めて、地道な活動でひとつひとつミッションをクリアしていきます。

カクテル対決で勝利した松澤は、社長の弟の譲吉が黒幕であったことを聞きだします。

署名と犯人と黒幕を突きつけて合併を阻止しようとする社員たちと、中川と佐久間の説得で会社に戻った重吉社長は、合併をギリギリで阻止できました。

今回のお題の回答は、
皆本が「ちょうどいいブスは仲間を大事にする。」
木原は「ちょうどいいブスは自分の居場所を自分で守る。」
中川は「ちょうどいいブスは世界を平和にする。」
でした。

チェックリストもオールクリアして、この回答で三人はめでたく卒業しました。
神様は、三人の記憶を消して、三人とお別れをします。

ちょうどいいブスに認定された三人は、めでたく意中の人、気になっていた人から告白されますが、なぜか逃げてしまいます。さてさてどうなっていくのでしょう。

スポンサーリンク

『人生が楽しくなる幸せの法則』9話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

「ワンオアエイトカンパニー」の社名が「一か八か」にかけていることがわかり、思わず微笑んでしまいました。
それからもうひとつは、社長の神原重吉(田山涼成)が「うに」で逃げていた。というのも笑えましたね。

「後から振り返ったら、人生で起こるほとんど全てのことは笑える。」と公園でたこの入ってないたこ焼きを食べて文句言っている皆本佳恵(小林きな子)に言った男性の言葉が印象的でしたね。
いつか笑えることなら、今でも笑えるはず。
どんなことがあっても、笑い飛ばす人生にしていきたいと思わせてもらえました。

9話で最も話題になった出来事

忍成が告白!森&木原コンビに胸キュン

忍成修吾さん演じる森一哉の告白が最大トピックに!回を重ねるごとに近づく森くんと木原さんの関係にときめきますよね。

『人生が楽しくなる幸せの法則』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『人生が楽しくなる幸せの法則』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

幸せを目前にして逃げ出してしまう中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)。その三人は黒い“ブスノート”を手にして“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)の記憶を取り戻す。そして再び神様に会うことを願うが、会う手立てが見つからない。そうするうちに、事態はますます悪化して……

出典:https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/story/